就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

就活エージェント面談の服装について【初回面談の注意点も!】

20180401154528syukatuman-about

就活マンこと藤井智也が「読むことで他の就活生と圧倒的な差を付けられる情報」を発信しようと立ち上げた就活ブログです。今年で4年目をむかえます。

偏差値50の中堅大学から、倍率800倍の食品大手に入社した全技術を余すことなく共有します。
※本気で就活を成功させたい方のみ読んでください。

20200518154051

Twitter(@shukatu_man

f:id:shukatu-man:20200221113759p:plain

皆さん、こんにちは!服はとりあえずZARAで揃えておけばオシャレになれると錯覚している、就活マンです。

 

今回は就活エージェントの面談に着ていくべき服装について解説します。

僕は就活エージェントを「就活における家庭教師」と呼んでいますが、マンツーマンで求人を紹介してくれたり、選考支援してくれて本当に役立ちます。

 

そんな就活エージェントさんに対して、どんな服を着ていけば良いのか。

服装について迷うことは多いと思うので、詳しく解説していきますね!

 

就活エージェントとの初回面談の服装って迷いますよね。

そうだね。今回は服装だけじゃなくて、初回面談での注意点や持ち物についても詳しく解説していくよ!

就活エージェント面談で着るべき服装について

f:id:shukatu-man:20200221115432p:plain

 

では早速、就活エージェントとの面談で着ていくべき服について解説していきます。

結論から言うと、「何でも大丈夫だけどラフすぎる格好はNG」です。

 

服装は私服でもスーツでも何でも大丈夫

 

就活エージェントとの面談はスーツでも私服でも何でも問題ありません。

ちなみに僕が就活生の時は私服で面談していましたね。

 

就活エージェントとの面談の後に、そのままスタバで作業することが多かったので、私服で面談できるのは本当に助かりました。

 

就活エージェントの面談をしている人を見ても、8割が私服、2割がスーツといった感じでしたね。

スーツで来ていた人は、おそらくその日に会社説明会や面接などがあってのスーツだと思います。

基本的にみんな私服だったので、私服で問題ありませんよ!

 

ラフすぎる格好だけは避けるべき

 

就活エージェントとの面談の服装は何でも良いですが、ラフすぎる格好はNGです。

ラフすぎる服装がNGと言える理由は以下の2点。

 

【ラフすぎる格好がNGな理由】

・担当者からの印象が悪くなり懸命に支援してもらいにくくなる

・マナーがない人と思われて良い求人を紹介されなくなる

 

担当者からの印象が悪くなり懸命に支援してもらいにくくなる

ぜひ就活エージェントの立場に立って考えてみてください。

初回の面談に、サンダルにサイズ感の合わない服装で来た就活生に対してどう思いますか?

 

僕なら「ちゃんと支援を受けるつもりがないのだろう」と思いますね。確実に。

第一印象でそう思ったら、懸命にその人を支援してあげようと思わないはずです。

 

就活エージェントの担当者は、1人で複数人の就活生を担当しているので暇じゃない。

初回面談の印象が悪いような人には支援の手を抜く可能性は十分あります。

 

マナーがない人と思われて良い求人を紹介されなくなる

ラフすぎる格好で行くと、更に「マナーがない人」と評価されます。

 

そして「マナーがないような人には誰でも受かるような求人しか紹介できないな」と思われて、質の低い求人を紹介されてしまうリスクがあるんですよね。

 

就活エージェントの仕事は、就活生に内定を取らせることなので、その人のレベルに合った求人を紹介する傾向にあります。

第一印象でマナーがない人と評価されると、紹介される求人の質が下がる可能性があるので注意してください!!

 

なるほど!たしかに担当者の立場に立ったら、ラフ過ぎる格好は印象が悪いですね。

そうだね。「ラフ過ぎる格好=サンダルやダボダボの服装」と覚えておこう。これは避けるべきだよ。

オフィスカジュアルな服装を着て評価してもらうのもアリ

f:id:shukatu-man:20200221115427p:plain

ちなみに服装はあえて「オフィスカジュアル」で面談に行くのもアリです。

その理由は、自分が持っているオフィスカジュアルの服装を就活エージェントさんに評価してもらうため。

 

就活では、「私服可」という会社説明会や面接が多々あります。

そこで言う私服はオフィスカジュアルがベストなのですが、大学生にとってオフィスカジュアルって馴染みがないですよね。

 

そこでオフィスカジュアルの定義を見て、それに合う服装を就活エージェントとの面談で着ていって評価してもらうと良いですよ。

 

【オフィスカジュアルの服装おすすめ】

メンズ)

・Tシャツ+ジャケット+スラックス

・シャツ+スラックス

・ポロシャツ+チノパン

 

レディース)

・ブラウス+ジャケット+パンツorスカート 

就活エージェントとの初回面談での注意点

f:id:shukatu-man:20200221115417p:plain

 

ここまでの解説で、面談の服装についての理解は深まったと思います。

 

この章では、初回面談での2つの注意点について詳しく解説していきますね!

これから就活エージェントを利用する人は特に覚えておいてください。

 

①自分の話を親身に聞いてくれる担当者か確認する

 

まず最初の注意点は、担当者さんが自分の話を親身に聞いてくれる人かを確認することです。

就活エージェントは担当者の質によって、サービスの質が変わってしまうんですよね。

 

どれだけ評価の高い就活エージェントを利用しようが、担当者さんの質が低ければ利用する意味がありません。

むしろ就活エージェントを利用するデメリットが生じてしまうリスクさえあります。

 

よって初回面談の時に、担当者の質を測りましょう。

具体的にどうやって担当者の質を測れば良いのか?

 

担当者の質の測り方について

・なぜその求人を紹介してくれたのかを説明してくれるかどうか?

・なぜその求人を紹介したのか的確な回答をしてくれるかどうか?

・担当者からの自己分析が的を得ているかどうか?

 

上記の3点に着目することで、担当者の質を測ることができます。

良い就活エージェントは、自分に合った求人を理由を込みで紹介してくれるので、それができない担当者は質が低いと判断して切りましょう。

 

②自分に合わない求人を丸投げしてこないか確認する

 

次に求人を丸投げしてこないかどうかしっかり判断してください。

僕は1度転職活動をしたことがありますが、その時に利用した転職エージェントさんは求人をメールで大量に丸投げしてきました。

 

それではエージェントを利用している価値が低い。

よって、求人を丸投げしない担当者を頼ることが重要ですよね。

 

ジョブスプリングは仕組みが良い

ちなみにこうしたデメリットを潰せる就活エージェントがあります。

それは「ジョブスプリング」という就活エージェントですね。

 

ジョブスプリングは1人に対して4〜5社しか求人を紹介しません。

約1000社の求人の中から、厳選して紹介してくれるので、求人を丸投げされるリスクがなく、おすすめできます。

 

初回面談ではその担当者の質が高いかどうかを徹底的に意識することが重要なんですね。

そうだよ。質の低い担当者を頼ってしまうと、自分に合わないような企業に入社を強要されることがあったりとデメリットばかりだからね。 

就活エージェントとの初回面談の持ち物について

f:id:shukatu-man:20200221115437p:plain

 

続いて就活エージェントとの初回面談時の持ち物について解説します。

以下の一覧を参考にして持ち物を用意しておきましょう。

 

【就活エージェントとの面談に必要な持ち物】

・ノートとペン

・履歴書やエントリーシート(※あれば)

・自己分析ノート(※あれば)

 

基本的にはノートとペンだけ用意しておけば問題ありません。

 

用意できていれば、これに加えて履歴書やエントリーシートも持参すべきです。

担当者によってはエントリーシートを添削してくれる人もいますし、自己PRや長所短所などを伝える材料になりますので。

 

そして自己分析をノートでおこなった人は、自己分析ノートも持参しましょう。

とにかく担当者に自分のことを深く理解してもらうことが重要なので。 

【注意】リクルーター面談と就活エージェント面談は別物です

f:id:shukatu-man:20200221115422p:plain

たまに勘違いする人がいますが、就活エージェントとリクルーターは別物です。

 

就活エージェントは人材紹介会社で提供するサービスのこと。

一方でリクルーターは、企業に勤める社員が面接官となり選考することです。

 

リクルーター面談については、基本的にスーツで参加することをおすすめします。

私服に自信がなくても、スーツなら確実に好印象になりますからね。

 

余談ですが、僕はリクルーターがついたことがありません。

中堅大学だったので、特にそういった特別ルートはなかったんですよね。

 

もちろんリクルーターが付いた方が良いですが、付かなくても別に大丈夫です。

リクルーターがつかないことを悲観する人がいますが、そんなこと悩まずにどんどん自力での就活を進めていきましょう。

それに役立つ情報を就活攻略論でお伝えしていくので!!

おわりに

 

最後まで読んでくださり、本当にありがとうございました! 

就活エージェントとの面談に着ていく服装について理解できましたか?

 

サンダルやダル着などのラフすぎない格好なら、私服で問題ありません。

それよりも重要なことは担当者の質を見極めることです。

 

担当者の質を見極めるためにも、僕は必ず複数のサービスを利用すべきだと伝えています。

その方が紹介してもらえる求人の幅も広がりますしね。

 

僕がおすすめの就活エージェントランキングも用意しているので、ぜひ参考にしつつ、親身になってサポートしてくれる担当者さんに出会いましょう。

必ずや力になってくれるはずです。

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー