MENU

【利益率が高い優良企業35選】7業界でランキング上位の会社を厳選紹介!

20180401154528syukatuman-about

就活マンこと藤井智也が「読むことで他の就活生と圧倒的な差を付けられる情報」を発信しようと立ち上げた就活ブログです。今年で5年目をむかえます。

偏差値50の中堅大学から、複数内定を獲得し、食品大手に入社した全技術を余すことなく共有します。
※本気で就活を成功させたい方のみ読んでください。

» 就活マンとは?|運営者のプロフィールや立ち上げ経緯はこちら

20220609144604
20210428164338

ホワイト企業ナビ(23/24卒求人サイト)

→優良企業に特化した新卒向けの求人サイト。「残業時間・離職率・休日数」の3条件がすべて日本企業の平均よりも好条件である優良企業のみを掲載。※ただしまだ開始したばかりで掲載企業が少ない。



ミーツカンパニー(全国オンライン可)

→現状最もおすすめの就活エージェントの1つ。大手や穴場優良企業も多く紹介してもらえるのが最高。
※ただし担当者の質を初回面談で見極めることが超重要!

 

キミスカ(逆求人サイト)

オファーボックス(逆求人サイト)

→登録しておくだけで企業からスカウトが届く。自分の性格や価値観に合った企業とマッチングしやすい。
※利用する場合は必ずプロフィール入力に力を入れること。じゃないと利用しない方が良い。

20221005095101

f:id:syukatsu_man:20220322164346p:plain

 

今回の記事では、利益率が高い優良企業についてバシッと解説します!

(7つの業界別に紹介するから、どんな人でも気になる企業が見つかるはず!)

 

こんにちは!

就活を研究し続けて7年目、書いた記事は1000以上の就活マンです。

 

(このブログ以外にも、僕を含めた編集部が企業を厳選した求人サイト「ホワイト企業ナビ」の運営も開始しました! » 求人一覧を見る

 

経営状態の安定度を判断する際の指標として、利益率を見ることは非常に有効です。

実際、就職先の候補となる企業を探すにあたり、利益率を重視している就活生も多いのではないでしょうか。

 

しかし利益率が重要な指標だとわかっていても、具体的にどうやって優良企業を探せばよいかわからない人は少なくないと思います。

そこでこの記事では、主要な7業界における利益率の高い優良企業を厳選紹介します。

 

後半では、利益率の高い優良企業から内定を勝ち取る秘訣も共有しますよ。

客観的かつ明確な数値を参考に応募先を厳選したい人は、ぜひ最後までご覧ください。

 

たしかに利益率が高いと安定性にもつながるので気になります!

そうだよね。利益があるからこそ社員にも還元できるわけだから、ホワイト企業として必須の部分でもあるんだよ!

利益率が高い優良企業35選

f:id:syukatsu_man:20220322170037j:plain

 

さっそく厳選した優良企業を共有していきますね。

今回は195を超える業界の動向を独自に調査している「業界動向リサーチ」のランキング結果を参考に企業をピックアップしました。

 

はじめに結論を共有すると、利益率が高い優良企業は以下のとおりです。

 

【金融業界の優良企業】

  1. 株式会社アサックス
  2. 株式会社日産フィナンシャルサービス
  3. 株式会社日本取引所グループ
  4. 極東証券株式会社
  5. 松井証券株式会社

【IT業界の優良企業】

  1. 株式会社オービック
  2. AI inside 株式会社
  3. 株式会社ユーザーローカル
  4. トビラシステムズ株式会社
  5. 株式会社カナミックネットワーク

【小売業界の優良企業】

  1. 夢みつけ隊株式会社
  2. 株式会社ZOZO
  3. 株式会社ワークマン
  4. ブティックス株式会社
  5. 株式会社ニトリホールディングス

【不動産業界の優良企業】

  1. 中央日本土地建物グループ株式会社
  2. 京阪神ビルディング株式会社
  3. ユニゾホールディングス株式会社
  4. 株式会社テーオーシー
  5. 日本アセットマーケティング株式会社

【建設業界の優良企業】

  1. 明豊ファシリティワークス株式会社
  2. 新日本建設株式会社
  3. 技研ホールディングス
  4. 株式会社巴コーポレーション
  5. 第一建設工業株式会社

【自動車業界の優良企業】

  1. トヨタ自動車株式会社
  2. 本田技研工業株式会社
  3. スズキ株式会社
  4. 株式会社SUBARU
  5. いすゞ自動車株式会社

【食品業界の優良企業】

  1. 日本たばこ産業株式会社
  2. アリアケジャパン株式会社
  3. 大塚ホールディングス株式会社
  4. 株式会社ヤクルト本社
  5. 株式会社シャトレーゼ

 

以下では、各社の概要について順に解説していきます。

まずは金融業界の優良企業について順に確認していきましょう!

 

金融業界の優良企業① 株式会社アサックス

 

企業HP:株式会社アサックス

本社:東京都

主な勤務地:本社(恵比寿)、支店(銀座・新宿・池袋・上野・立川・横浜・大宮)

事業内容:不動産担保ローン

利益率:44.1%

 

【優良企業ポイント】

株式会社アサックスは、不動産担保ローン事業によって利益をあげている会社です。不良債権を出さない堅実な経営をモットーとして、顧客の多用な資金ニーズに応えている優良企業ですね。

 

そんなアサックスの利益率は44.1%でした。金融業界ではトップの数字であり、ほかの業界と比べても優れた業績となっています。

 

週休2日制(土日)で年間休日は120日以上と働きやすい環境です。通勤手当や住宅手当も用意されているので、都心でも毎月の出費を抑えられるでしょう。

 

金融業界の優良企業② 株式会社日産フィナンシャルサービス

 

企業HP:株式会社日産フィナンシャルサービス

本社:千葉県

主な勤務地:千葉、札幌、仙台、大宮、東京、名古屋、大阪、広島、福岡など

事業内容:オートクレジット、カーリース、日産カーライフ保険プラン、日産カード(クレジットカード)、メンテナンス商品

利益率:42.7%

 

【優良企業ポイント】

株式会社日産フィナンシャルサービスは、自動車×金融の領域で顧客となる消費者をサポートしている会社です。日産自動車を株主として金融事業を展開する会社ですね。

 

日産フィナンシャルサービスの利益率は42.7%でした。1位の会社を追随するような優れた利益率となっています。

 

週休2日制(土日)で年間休日は122日でした。借上社宅 や住居費用補助・人間ドッグ受診費用補助など福利厚生も充実していますよ。

 

金融業界の優良企業③ 株式会社日本取引所グループ

 

企業HP:株式会社日本取引所グループ

本社:東京都

主な勤務地:東京・大阪・海外(ニューヨーク・ロンドン・シンガポール・北京・香港など)

事業内容:金融商品取引所持株会社グループの経営管理及びこれに附帯する業務

利益率:38.5%

 

【優良企業ポイント】

株式会社日本取引所グループは、世界中の資金やあらゆる情報が集まる取引所を運営している会社です。日本経済の心臓部であるマーケットの提供を通じて、世界から選ばれる金融市場を創造している優良企業ですね。

 

そんな同社の利益率は38.5%で業界3位でした。社員数は1,100名程度と少数精鋭の会社ですが、優れた業績をあげているとよくわかります。

 

完全週休2日制(土日)で年間休日は120日でした。専門・専攻・文理などを一切問わず人材を募集しているので、日本経済の中心に関わる仕事に興味がある人はぜひ応募を検討してみてくださいね。

 

金融業界の優良企業④ 極東証券株式会社

 

企業HP:極東証券株式会社

本社:東京都

主な勤務地:東京・神奈川・大阪・名古屋など

事業内容:ディーリング業務・ブローカー業務・アンダーライティング業務・セリング業務・その他兼業業務

利益率:34.8%

 

【優良企業ポイント】

極東証券株式会社は「Face to Faceのコンサルティング」にこだわり、信頼を原点として証券サービスを提供する会社です。変化の速い同業界において、安定的かつ継続的な成長を実現してきた優良企業ですね。

 

極東証券の利益率は34.8%でした。給与・賞与待遇で実力主義を採用する少数精鋭主義の同社も、優れた経営状態であるとわかります。

 

完全週休2日制(土日祝)で年間休日は120日でした。入社4年目までは8割も家賃補助を受けられたり、白馬や軽井沢に保養施設を保有していたりと魅力的な福利厚生も多数用意する文句なしの優良企業ですね。

 

金融業界の優良企業⑤ 松井証券株式会社

 

企業HP:松井証券株式会社

本社:東京都

主な勤務地:東京都、北海道

事業内容:金融商品取引法に基づく金融商品取引業

利益率:34.0%

 

【優良企業ポイント】

松井証券株式会社は1918年(大正7年)に創業された独立系のインターネット証券会社です。従業員は170名程度と少数精鋭の会社ながら、ネット証券のパイオニアとして事業を展開する優良企業ですね。

 

そんな松井証券の利益率は34.0%でした。他社との系列関係が一切ない独立系の企業ながら、非常に優れた利益率となっています。

 

完全週休2日制(土日)で年間休日は120日以上、テレワーク制度や在宅勤務手当なども整備されています。社員一人ひとりの裁量が大きい証券会社で働きたい人は、就職先の候補として検討するとよいでしょう。

 

IT業界の優良企業① 株式会社オービック

 

企業HP:株式会社オービック

本社:東京都

主な勤務地:東京、横浜、名古屋、京都、大阪、福岡

事業内容:システムインテグレーション事業、システムサポート事業

利益率:45.3%

 

【優良企業ポイント】

株式会社オービックは、ITソリューションの提供を通じてさまざまな企業の経営課題解決・新たな利益創造に貢献している会社です。自社で開発した経営ソリューションが19年連続国内シェアNo.1となっているような優良企業ですね。

 

そんなオービックは、IT業界の利益率ランキングで1位となりました。27年連続で営業利益を伸ばしており、継続的に安定した成長を遂げている会社でもあります。

 

完全週休2日制(土日祝)で年間休日は126日、独身寮や軽井沢保養所・淡路島保養所なども整備しています。IT業界に関わらず日本を代表するような成長優良企業で働きたい人は、ぜひ内定獲得を目指してみてくださいね。

 

IT業界の優良企業② AI inside 株式会社

 

企業HP:AI inside 株式会社

本社:東京都

主な勤務地:東京都(原則リモートワーク)

事業内容:人工知能および関連する情報サービスの開発・提供

利益率:35.6%

 

【優良企業ポイント】

AI inside 株式会社は、人工知能に関連するサービスの提供を通じて利益をあげているIT企業です。従来の発想からかけ離れたイノベーションを生み出すAIを活用することで、豊かな未来社会の実現に貢献している会社ですね。

 

AI insideの利益率は35.6%で業界2位の結果でした。最先端の技術を活用するサービスだけあってか、優れた利益率となっています。

 

原則リモートワークを採用していたり、借上げ社宅制度があったりと非常に働きやすい環境です。AIに関わる仕事に従事したい人は、ぜひ応募を検討してみてくださいね。

 

IT業界の優良企業③ 株式会社ユーザーローカル

 

企業HP:株式会社ユーザーローカル

本社:東京都

主な勤務地:東京都

事業内容:Webサービス全般、Webマーケティング支援ツール「User Insight」提供、ソーシャルメディア解析ツール「Social Insight」運営、Webデータ分析システムの研究開発および調査など

利益率:30.5%

 

【優良企業ポイント】

株式会社ユーザーローカルは、ビッグデータや人工知能といった最先端技術を駆使して事業を展開しているIT企業です。ヒートマップアクセス解析ツール「ユーザーインサイト」などを提供することで世の中に価値提供している会社ですね。

 

ユーザーローカルの利益率は30.5%でした。IT業界で3位にランクインした同社も、非常に優れた業績をあげているとわかります。

 

住宅手当や書籍購入費負担制度・ドリンク無料制度など、あるとうれしい福利厚生も充実していました。歴史の浅い急成長のベンチャー企業で働きたい人には、優れた就職先の候補となるでしょう。

 

IT業界の優良企業④ トビラシステムズ株式会社

 

企業HP:トビラシステムズ株式会社

本社:愛知県

主な勤務地:名古屋本社、東京都、大阪府

事業内容:迷惑情報フィルタ事業など

利益率:26.7%

 

【優良企業ポイント】

トビラシステムズ株式会社は、迷惑電話をはじめとするセキュリティ領域の課題をテクノロジーの力を使って解決している会社です。愛知県に本社を構え、2020年に東証一部上場を果たしたIT系の優良ベンチャーですね。

 

そんなトビラシステムズの利益率は26.7%でした。直近で一部上場を果たしていることもあり、優れた業績をあげているとわかります。

 

完全週休2日制(土日)で、年間休日は125日(2021年度実績)でした。働きやすい環境で裁量大きく取り組める仕事がしたい人には、ぴったりの会社でしょう。

 

IT業界の優良企業⑤ 株式会社カナミックネットワーク

 

企業HP:株式会社カナミックネットワーク

本社:東京都

主な勤務地:東京都、愛知県、大阪府、広島県、福岡県、沖縄県

事業内容:介護・医療分野におけるASPサービス提供業務、介護・医療分野における情報提供サービス業務、システムインテグレーション業務など

利益率:26.1%

 

【優良企業ポイント】

株式会社カナミックネットワークは、ヘルスケア×ITの領域で事業を展開している会社です。具体的には、医療・介護の多職種間連携システムなどを提供することで利益をあげているIT企業ですね。

 

カナミックネットワークの利益率は26.1%で業界5位でした。業界内では5位でしたが、十分に優れた業績となっています。

 

中堅大学からの採用実績も豊富なので、高偏差値の上位大学に通う就活生でなくとも入社できる可能性があります。社会貢献度の高い事業に関わりたい人は、ぜひ積極的に応募してみてくださいね。

 

小売業界の優良企業① 夢みつけ隊株式会社

 

企業HP:夢みつけ隊株式会社

本社:東京都

主な勤務地:東京都

事業内容:自社保有会員(全国に約120万名、内アクティブ60万名)への通信販売、ダイレクトメール、カタログ類の編集と企画デザインなど

利益率:27.3%

 

【優良企業ポイント】

夢みつけ隊株式会社は、中高年男性向け趣味系通販を主力事業として利益をあげている会社です。具体的にはカタログ「夢みつけ隊」のほか、インターネット上の自社サイトの運営やオリジナル商品の企画開発などをしている会社ですね。

 

そんな夢みつけ隊の利益率は27.3%でした。利益率が低くなりやすい小売業界において、トップの業績となっています。

 

新卒採用については現在検討中となっていますが、小売業界における優良企業であることは間違いありません。顧客に夢と喜びを提供する会社で働きたい人は、定期的に人材募集状況をチェックしておくとよいでしょう。

 

小売業界の優良企業② 株式会社ZOZO

 

企業HP:株式会社ZOZO

本社:千葉県

主な勤務地:千葉県、茨城県など

事業内容:日本最大級のファッション通販サイト「ZOZOTOWN」やファッションコーディネートアプリ「WEAR」の運営など

利益率:21.0%

 

【優良企業ポイント】

株式会社ZOZOは、ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」の運営などを中心に世の中に価値提供している会社です。ファッション×テクノロジーの領域で時代の先端を走り続けている優良企業ですね。

 

そんな株式会社ZOZOの利益率は21.0%でした。テクノロジーを活用した企業だけあってか、小売業界ながら優れた利益率となっています。

 

完全週休2日制(土日祝)で年間休日は126日、社宅・家賃補助制度や時短勤務制度など福利厚生も充実していました。同社が手掛ける事業内容に興味がある人は、ぜひ積極的に応募するとよいでしょう。

 

小売業界の優良企業③ 株式会社ワークマン

 

企業HP:株式会社ワークマン

本社:東京都

主な勤務地:全国

事業内容:フランチャイズシステムで作業服、作業関連用品及びアウトドア・スポーツウエアを販売する専門店をチェーン展開

利益率:16.1%

 

【優良企業ポイント】

株式会社ワークマンは、フランチャイズ事業によって作業服やアウトドア製品を販売している会社です。近年では「ワークマン女子」などの言葉が流行になるなど、話題性や売上も向上している優良企業ですね。

 

ワークマンの利益率は16.1%で業界3位の結果でした。販売をフランチャイズ加盟店に任せることで、優れた経営状態を保っています。

 

独身寮や借上げ社宅制度・社有車貸与制度・帰省旅費制度など、魅力的な福利厚生もかなり充実している印象です。アウトドアなどの領域に関わる会社で働きたい人には、優れた候補となるでしょう。

 

小売業界の優良企業④ ブティックス株式会社

 

企業HP:ブティックス株式会社

本社:東京都

主な勤務地:東京都、大阪府

事業内容:商談型展示会事業、ハイブリッド展示会事業、M&A仲介事業

利益率:15.8%

 

【優良企業ポイント】

ブティックス株式会社は、介護業界を対象とした商談型展示会の開催などを中心に利益をあげている会社です。さまざまな分野において業界特有の課題・情報不足を解決するべくマッチングサービスを提供している会社ですね。

 

そんなブティックスの利益率は15.8%でした。ややニッチな事業をおこなう会社ですが、優れた業績をあげているとわかります。

 

従業員は100名程度と少なめなので、若い人材であっても大きな仕事を任せてもらえると予想できます。年齢に関わらずバリバリ働ける会社に魅力を感じる人は、内定獲得を目指してみるとよいでしょう。

 

小売業界の優良企業⑤ 株式会社ニトリホールディングス

 

企業HP:株式会社ニトリホールディングス

本社:東京都、北海道

主な勤務地:全国

事業内容:グループ会社の経営管理、並びにそれに付帯する業務

利益率:12.8%

 

【優良企業ポイント】

株式会社ニトリホールディングスは、住まいに関わる幅広い商品を手掛けるニトリグループの管理をおこなう会社です。同社の製品を使ったことがない人のほうが多いほど、世の中に欠かせない存在の優良企業ですね。

 

そんなニトリホールディングスの利益率は12.8%でした。非常に多くの製品を手掛けているにも関わらず、優れた業績をあげているとわかります。

 

週休2日制で年間休日は117日とやや少なめですが、ストックオプション制度やホームタウン制度などの珍しい福利厚生が整備されていました。ニトリの製品に仕事を通じて関わることを魅力的に感じる人は、ぜひ応募を検討してみてくださいね。

 

不動産業界の優良企業① 中央日本土地建物グループ株式会社

 

企業HP:中央日本土地建物グループ株式会社

本社:東京都

主な勤務地:東京都、大阪府

事業内容:ビジネス・オフィスビル、住まい・暮らし、不動産ソリューション、不動産投資・資産運⽤、ゴルフ事業など

利益率:107.5%

 

【優良企業ポイント】

中央日本土地建物グループ株式会社は、都市開発事業や不動産ソリューション事業を通じて世の中に価値提供している総合不動産ディベロッパーです。京橋エドグラン・REVZOなど、有名事業を数多く手掛けている優良企業ですね。

 

そんな同社の利益率は107.5%と圧倒的に高い数値でした。全部の業界を見ても、これほど高い利益を出している会社はなかなか見つかりません。

 

完全週休2日制(土日祝)で住宅手当や子供手当てなどを整備するなど、働きやすい環境整備にも力を入れている印象です。利益率を重視して会社選びをする人にとっては、これ以上ないような優良企業といえるでしょう。

 

不動産業界の優良企業② 京阪神ビルディング株式会社

 

企業HP:京阪神ビルディング株式会社

本社:大阪府

主な勤務地:大阪府

事業内容:オフィスビル・データセンタービル・商業施設・物流施設・場外勝馬投票券発売所(ウインズ)などの賃貸、建物管理、賃貸施設に係る建築工事の請負など

利益率:53.6%

 

【優良企業ポイント】

京阪神ビルディング株式会社は、大阪に本社を構えてオフィスビルやデータセンタービルなどを手掛けている不動産会社です。「ユニークで存在感のあるビル会社」を目指して時代のニーズに応える不動産を提供している会社ですね。

 

そんな京阪神ビルディングの利益率は53.6%でした。1位とは大きな差があるものの、それでも十分すぎるほど優れた利益率となっています。

 

完全週休2日制(土日祝)で年間休日は120日以上でした。安定した経営基盤を持つ会社で働きたい人は、就職先の候補として検討するとよいでしょう。

 

不動産業界の優良企業③ ユニゾホールディングス株式会社

 

企業HP:ユニゾホールディングス株式会社

本社:東京都

主な勤務地:東京都、神奈川県など

事業内容:不動産事業(ビル賃貸事業)・ホテル事業

利益率:28.7%

 

【優良企業ポイント】

ユニゾホールディングス株式会社は、不動産事業とホテル事業によって利益をあげる同グループの持株会社です。とくに有名なのは、東京都心や米国のオフィスビルなどを保有・賃貸・管理する不動産事業ですね。

 

ユニゾホールディングスの利益率は28.7%でした。1位・2位の会社は圧倒的な利益率でしたが、3位の同社も他業界と比べるとかなり優れた値となっています。

 

2022年3月時点では店舗スタッフ以外の求人は確認できませんでしたが、同社が優良企業であることは間違いありません。少しでも興味を持った人は、定期的に求人情報を確認するとよいでしょう。

 

不動産業界の優良企業④ 株式会社テーオーシー

 

企業HP:株式会社テーオーシー

本社:東京都

主な勤務地:東京都

事業内容:不動産事業、スポーツクラブ・温浴施設事業、リネンサプライ&ランドリー事業、電子商取引・情報処理事業、製薬事業など

利益率:25.6%

 

【優良企業ポイント】

株式会社テーオーシーは、国内最大級の総合流通ビル「五反田TOC」など首都圏を中心に不動産事業を展開する会社です。そのほかにもスポーツクラブ・温浴施設事業や製薬事業など、幅広いビジネスを手掛けている優良企業ですね。

 

そんなテーオーシーの利益率は25.6%でした。前年と比べても利益率が向上しており、着実に成長を遂げている優良企業とわかります。

 

完全週休2日制(土日祝)で河口湖/湯沢等の社有施設や福利厚生施設に関する優待制度を用意するなど、魅力的な制度も豊富です。少数精鋭の優良不動産会社で働きたい人は、積極的に応募してみるとよいでしょう。

 

不動産業界の優良企業⑤ 日本アセットマーケティング株式会社

 

企業HP:日本アセットマーケティング株式会社

本社:東京都

主な勤務地:東京都、大阪府、愛知県、北海道、熊本県

事業内容:テナント賃貸・不動産管理、施設の保守・メンテナンスなど

利益率:24.1%

 

【優良企業ポイント】

日本アセットマーケティング株式会社は、不動産の取得から賃貸管理・保守・メンテナンスなどのワンストップサービスを提供する総合不動産会社です。「顧客最優先主義」を企業原理として、顧客ニーズに合ったソリューションを提供する優良企業ですね。

 

日本アセットマーケティングの利益率は24.1%で業界5位でした。不動産業界では5位でしたが、ほかの業界を見るとかなり優れた業績となっています。

 

魅力的な福利厚生が豊富で、ワークライフバランスを実現しやすい環境です。挑戦する人を応援する社風なので、年齢関係なく仕事に取り組みたい人にもぴったりな会社といえるでしょう。

 

建設業界の優良企業① 明豊ファシリティワークス株式会社

 

企業HP:明豊ファシリティワークス株式会社

本社:東京都

主な勤務地:東京都、大阪府

事業内容:オフィスビル、庁舎、校舎、駅舎、工場、研究所、医療施設、データセンター等、各種施設及び働き方改革・オフィス移転プロジェクトにおける 「コンストラクションマネジメント」および「プロジェクトマネジメント」サービスの提供

利益率:14.8%

 

【優良企業ポイント】

明豊ファシリティワークス株式会社は、オフィス施設などに関する設計・マネジメントサービスの提供を通じて利益をあげている会社です。基本構想策定〜調達支援・移転支援まで幅広くサービスを提供している建設会社ですね。

 

そんな明豊ファシリティワークスの利益率は14.8%でした。ほかの業界と比べるとやや低めの数値ですが、建設業界ではトップの利益率となっています。

 

週休2日制(土日)で年間休日は125日でした。住宅手当や育児・介護休業制度などもあり働きやすい環境なので、同社の事業領域に興味がある人はぜひ応募を検討してみてくださいね。

 

建設業界の優良企業② 新日本建設株式会社

 

企業HP:新日本建設株式会社

本社:千葉県

主な勤務地:東京都、千葉県、神奈川県、大阪府、宮崎県など

事業内容:建設事業、開発事業

利益率:9.4%

 

【優良企業ポイント】

新日本建設株式会社は、共同住宅や官公庁・ホテルなどの建設事業を中心に利益をあげている会社です。マンションや一戸建ての分譲・賃貸、商業施設など、企画開発事業も同時に手掛けています。

 

そんな新日本建設の利益率は9.4%でした。建設業界のなかでは2番目に高い優れた業績をあげているとわかります。

 

完全週休2日制(土日祝)で年間休日は127日(2020年実績)でした。実力主義の給与体系・評価制度を導入しているので、年齢に関わらず実績で評価を受けたい人にはぴったりの会社といえます。

 

建設業界の優良企業③ 技研ホールディングス

 

企業HP:技研ホールディングス

本社:東京都

主な勤務地:東京都

事業内容:建設事業等を行う傘下グループ会社の経営管理及びそれに付帯する業務

利益率:8.0%

 

【優良企業ポイント】

技研ホールディングスは、製品事業や土木事業などをおこなう技研興業株式会社を傘下に持つ建設会社です。親会社としてグループ企業の経営管理をおこなう会社ですね。

 

そんな技研ホールディングスの利益率は8.0%でした。親会社とあってか建設業界のなかでトップクラスの利益率となっています。

 

ただ、親会社である同社の採用情報は確認できませんでした。同社に少しでも興味を持った人は、傘下のグループ企業における採用情報をチェックするとよいでしょう。

 

建設業界の優良企業④ 株式会社巴コーポレーション

 

企業HP:株式会社巴コーポレーション

本社:東京都

主な勤務地:東京都、栃木県など

事業内容:鉄構建設事業、不動産事業など

利益率:6.9%

 

【優良企業ポイント】

株式会社巴コーポレーションは、1917年(大正6年)創業の歴史ある総合建設会社です。創業時から受け継ぐ鉄骨加工の技術を駆使して、有名建築物の設計・制作・施工などを手掛ける優良企業ですね。

 

そんな巴コーポレーションの利益率は6.9%でした。完全週休2日制(土日祝)で、年間休日は123日となっています。

 

単身寮や社宅・会員制リゾート施設を保有するなど、福利厚生も充実していました。平均残業時間が月20時間以内と少なめなので、ワークライフバランスを重視して会社選びをする人にもおすすめです。

 

建設業界の優良企業⑤ 第一建設工業株式会社

 

企業HP:第一建設工業株式会社

本社:新潟県

主な勤務地:青森、宮城、秋田、山形、東京、新潟、長野など

事業内容:土木、建築、軌道等建設工事一式の請負、土木、建築、軌道工事の企画、設計、測量、監理およびコンサルティングなど

利益率:6.7%

 

【優良企業ポイント】

第一建設工業株式会社は、新潟県に本社を構えて土木・建設事業などを手掛ける総合建設会社です。鉄道を原点として建設・土木へと事業領域を広げ、現在では社会インフラ整備に幅広く関わる優良企業ですね。

 

第一建設工業の利益率は6.7%でした。数多く存在する建設業界の企業において、トップ5に入る優れた数値となっています。

 

完全週休2日制(土日祝)で年間休日は120日でした。社宅や独身寮・保養所なども完備しているので、福利厚生に不満を抱くこともまずないでしょう。

 

自動車業界の優良企業① トヨタ自動車株式会社

 

企業HP:トヨタ自動車株式会社

本社:東京都、愛知県

主な勤務地:愛知県

事業内容:自動車および関連部品の開発、製造、販売、その他

利益率:5.3%

 

【優良企業ポイント】

トヨタ自動車株式会社は、愛知県豊田市に本社を構える自動車メーカーです。世界的な会社であるトヨタの存在を知らない人はいないのではないでしょうか。

 

そんなトヨタ自動車は同業界の利益率ランキングで1位となりました。同社の利益率は5.3%となっています。

 

完全週休2日制(土日)で年間休日は121日、寮や社宅・選択型福利厚生制度を用意するなど労働環境には文句のつけようがありません。もちろん入社難易度は高いですが、少しでも興味がある人はぜひ積極的に応募してみてくださいね。

 

自動車業界の優良企業② 本田技研工業株式会社

 

企業HP:本田技研工業株式会社

本社:東京都

主な勤務地:東京都、北海道、埼玉県、栃木県、静岡県、三重県、熊本県など

事業内容:輸送用機器(二輪車・四輪車・ライフクリエーションなど)の研究・開発・製造・販売

利益率:5.0%

 

【優良企業ポイント】

本田技研工業株式会社は、トヨタ同様に日本を代表する自動車メーカーです。東京に本社を構えて、二輪車や四輪車・パワープロダクツを主要製品として事業を展開している優良メーカーですね。

 

そんな本田技研工業の利益率は5.0%でした。トヨタと同程度の利益率となっており、優れた業績をあげているとわかります。

 

「よく働き、よく遊べ」をモットーとする同社はワークライフバランスを重視しており、福利厚生や休暇制度なども十分整備されていますよ。ホンダの車をとくに魅力的に感じる人は、入社を目指して選考に進んでみるとよいでしょう。

 

自動車業界の優良企業③ スズキ株式会社

 

企業HP:スズキ株式会社

本社:静岡県

主な勤務地:全国

事業内容:二輪車、四輪車、船外機、電動車いす、産業機器の開発・製造・販売

利益率:4.6%

 

【優良企業ポイント】

スズキ株式会社は「価値ある製品を」をモットーとしてモノづくりに励む会社です。具体的にはアルトやワゴンR・ジムニーといった自動車などを手掛けている会社ですね。

 

そんなスズキの利益率は4.6%で業界3位でした。売上規模が大きい自動車業界での数値なので、この利益率でもかなり大きな売上をあげていると予想できます。

 

完全週休2日制(土日)で年間休日は121日でした。独身寮や医務室・通勤車両購入補助/購入資金貸付など魅力的な福利厚生も多いので、安心して働ける会社といえるでしょう。

 

自動車業界の優良企業④ 株式会社SUBARU

 

企業HP:株式会社SUBARU

本社:東京都

主な勤務地:栃木、群馬、東京、愛知、海外

事業内容:自動車ならびにその部品の製造、修理および販売/航空機、宇宙関連機器ならびにその部品の製造、販売および修理

利益率:2.7%

 

【優良企業ポイント】

株式会社SUBARUは、自動車と航空宇宙の領域で事業を展開する総合輸送機器メーカーです。「存在感と魅力ある企業」を目指して、同社らしさのつまった固有の商品・価値観を提供している優良メーカーですね。

 

そんなSUBARUの利益率は2.7%でした。上位3社と比べるとやや低めの利益率ですが、自動車業界のなかではトップクラスの値となっています。

 

完全週休2日制(土日)で年間休日は122日(2019年度)、独身寮や社宅・社員食堂なども整備されています。自分らしさを活かせる自動車メーカーに就職したい人は、SUBARUの内定獲得を目指してみるとよいでしょう。

 

自動車業界の優良企業⑤ いすゞ自動車株式会社

 

企業HP:いすゞ自動車株式会社

本社:東京都

主な勤務地:栃木、東京、神奈川

事業内容:自動車、輸送用機械器具、原動機の製品およびその部品ならびに関連する資材、用品の製造・販売

利益率:2.2%

 

【優良企業ポイント】

いすゞ自動車株式会社は、商用車(トラック・バス)やディーゼルエンジンの開発〜販売によって利益をあげている会社です。ディーゼルエンジンのプロフェッショナルとして、世界130ヶ国以上で事業を展開しているグローバル企業ですね。

 

そんないすゞ自動車の利益率は2.2%でした。週休2日制(土日祝)で、年間休日は121日となっています。

 

独身寮や社宅・保養所といった基本的なものだけでなく、食堂や売店・ベネフィットステーションなどの珍しい福利厚生も用意されていました。やや穴場の自動車メーカーを志望する人は、いすゞ自動車の入社を目指してみるとよいでしょう。

 

食品業界の優良企業① 日本たばこ産業株式会社

 

企業HP:日本たばこ産業株式会社

本社:東京都

主な勤務地:北海道、宮城、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、石川、静岡、愛知、京都、大阪、広島、香川、福岡、鹿児島

事業内容:国内・海外たばこ事業、医薬事業、加工食品事業を中心とした事業活動

利益率:14.9%

 

【優良企業ポイント】

日本たばこ産業株式会社は、「ひとのときを、想う。」という言葉のもとたばこ事業・医薬事業・加工食品事業を柱として利益をあげている会社です。世界130以上の国と地域で事業を展開しているグローバル企業でもありますね。

 

そんな日本たばこ産業の利益率は14.9%でした。週休2日制(土日)で、年間休日は120日以上となっています。

 

平均勤続年数が18.3年と長く、有給休暇の取得日数の平均が17.1日と多いことからも居心地のよい働きやすい環境とわかります。JTの価値観や考え方に共感できる人は、入社を目指して対策を進めるとよいでしょう。

 

食品業界の優良企業② アリアケジャパン株式会社

 

企業HP:アリアケジャパン株式会社

本社:東京都

主な勤務地:長崎県

事業内容:天然調味料の製造、加工及び販売/農畜産物の生産、加工、輸出入及び販売/水産物の加工、輸出入及び販売/医薬部外品の製造、輸出入及び販売/飲食店の経営など

利益率:14.5%

 

【優良企業ポイント】

アリアケジャパン株式会社は、天然調味料の開発〜販売などを通じて世の中に価値提供している食品メーカーです。ナチュラル・健康志向などのトレンドが広まる現代において、年々存在感を高めている優良企業ですね。

 

そんなアリアケジャパンの利益率は14.5%でした。数多くの企業が属する食品業界において、2番目に高い優れた利益率となっています。

 

食品の製造だけでなく、食のコンサルティングにまで携われる企業はほかに多くありません。月の平均残業時間が11.6時間とプライベートの時間も確保しやすいので、ワークライフバランスを重視する就活生にもおすすめです。

 

食品業界の優良企業③ 大塚ホールディングス株式会社

 

企業HP:大塚ホールディングス株式会社

本社:東京都

主な勤務地:全国

事業内容:医療関連事業・ニュートラシューティカルズ関連事業・消費者関連事業・その他の事業

利益率:10.4%

 

【優良企業ポイント】

大塚ホールディングス株式会社は、大塚製薬や大鵬薬品工業などを傘下に持つ大塚グループの持株会社です。傘下に持つグループ会社の経営管理をおこなう会社ですね。

 

そんな大塚ホールディングスの利益率は10.4%でした。持株会社ということもあってか優れた利益率となっていますね。

 

住宅手当や通勤手当・介護休暇といった基本的な福利厚生も用意されていました。完全週休2日制(土日)でプライベートの時間も確保しやすいので、公私のバランスを保って働けるでしょう。

 

食品業界の優良企業④ 株式会社ヤクルト本社

 

企業HP:株式会社ヤクルト本社

本社:東京都

主な勤務地:北海道、宮城、福島、茨城、埼玉、東京、神奈川、静岡、愛知、大阪、兵庫、広島、福岡、佐賀、海外

事業内容:食品、医薬品、化粧品などの製造、販売、その他

利益率:10.2%

 

【優良企業ポイント】

株式会社ヤクルト本社は、 ヤクルトをはじめとする食品の製造・販売を中心に利益をあげている会社です。一般的にはあまり知られていませんが、医薬品や化粧品を手掛けている会社でもありますね。

 

そんなヤクルト本社の利益率は10.2%でした。食品業界のなかでも4位に入るような優れた結果となっています。

 

完全週休2日制(土日)で独身寮が用意されており、働きやすい環境です。人々の健康に貢献する食品メーカーで働きたい人は、応募を検討してみるとよいでしょう。

 

食品業界の優良企業⑤ 株式会社シャトレーゼ

 

企業HP:株式会社シャトレーゼ

本社:山梨県

主な勤務地:全国

事業内容:洋菓子、和菓子、アイスクリーム、パン、飲料の製造・販売およびFC店の全国展開

利益率:9.6%

 

【優良企業ポイント】

株式会社シャトレーゼは、洋菓子や和菓子の製造・販売などにより世の中に価値提供している食品メーカーです。全国に店舗を構える会社なので、名前や会社の存在を認識している人が大半なのではないでしょうか。

 

シャトレーゼの利益率は9.6%で食品業界では5位でした。三喜経営(お客様・取引先・社員に喜ばれる経営)を掲げる同社は、着実に利益をあげているとわかります。

 

福利厚生ではカフェテリアプランを採用しており、個々人に合った内容を選択できます。健康診断や育児・介護を支援する制度なども豊富なので、待遇面で不満を抱くことはまずないでしょう。

 

またここで紹介した企業以外に、ホワイト企業をランキング形式で一覧化した記事も用意しました(1ヶ月かけてまとめた記事です!!)

ぜひ合わせて読んでくださいね!

» 【ホワイト企業ランキング375選】”必見の優良企業”を一覧でまとめてみた! 

 

業界ごとに利益率の水準は大きく変わるのですね!志望業界以外の企業はあまり調べたことがなかったので、とても参考になりました!

少なくとも1〜2社は気になる企業が見つかったはず。ここでは大まかな概要だけ紹介したから、興味のわいた企業があればより詳細な情報を調べてみてね!

そもそも利益率とは何か?

f:id:syukatsu_man:20220322170145j:plain

 

ここまでは、業界別に利益率の高い優良企業を紹介しました。

ただ、そもそも利益率とは何なのか・利益率が優れた会社はなぜ優良企業といえるのかなどが曖昧な就活生も一定数いるかと思います。

 

そこで本章では、利益率に関する補足事項を共有します。

企業の一覧だけでなく利益率の知識も得るとより理解度が高まるので、前章の内容と合わせてぜひ読み進めてみてくださいね。

 

【利益率とは?】

  • 利益率の概要
  • 利益率が優良企業を見分ける指標になる理由
  • 優良企業といえる利益率の基準値

 

利益率の概要

 

そもそも利益率とは、売上に対する利益の割合のこと。

いくら売上が大きくても、利益率が低いと最終的に会社に残るお金は少なくなります。

 

よって会社の経営状態を判断する上で、利益率を確認することは非常に重要です。

図にしてまとめると、ざっと次のようなイメージですね。

 

f:id:aoi_writer:20211019094422p:plain

 

売上をあげるためには経費や借金の返済といった支出もあり、最終的に手元に残るお金が利益であるとよくわかるはず。

 

就活生のなかには、売上と利益の違いを把握できていない人が少なくありません。

利益率の高さを適切に理解するためにも、言葉の定義を正しく認識しておきましょう。

 

利益率が優良企業を見分ける指標になる理由

 

では、利益率が優良企業を見分ける指標になるのはどうしてでしょうか?

前節でも少し触れましたが、これは利益率が高いほど手元に残るお金が多くなるため、会社の経営状態に余裕が生まれやすいからです。

 

社員にとって働きやすい会社にするには、給料や福利厚生といった待遇を改善するためにそもそも経営状態に余裕がないといけません。

経営状態に余裕がないと、当然ながら待遇改善に使えるお金も少ないですからね。

 

優良企業に求められる要素を実現するには前提として利益率の高さが必須となるため、つまりこの数値を見るとホワイト企業を見分けられるわけです。

また仮に待遇などがいい会社でも、利益率が低いと長期的には同じような高待遇を続けられなくなる可能性もあります。

 

本質的に優良度の高い会社で働きたいなら、利益率の高い企業を選ぶことが大切なわけですね。

新卒入社した会社で後悔したくない人は、利益率を欠かさずチェックしましょう。

 

優良企業といえる利益率の基準値

 

前提として、優良企業といえる利益率の基準値は業界によって異なります。

利益率の水準は、ビジネスモデルによって変動するものだからです。

 

その前提を踏まえた上で僕が考える基準は「利益率10%」ですね。

前章で紹介した7業界における利益率上位の会社を見ても、ほとんどの業界で10%以上であることがほとんどでした。

 

よって利益率が10%以上ある会社は、優良度が高いといえるかと。

繰り返しになりますが業界によって水準は異なるので、競合他社と比較したときの優位度を確認することも非常に重要です。

ある程度の目安を知りたい方は、この基準を参考にするとよいでしょう。

 

なるほど、優良企業を見分ける際には売上ではなく利益率を見ることが大切なんですね!

まさにそのとおりだよ。利益率には企業の本質的な優良度が反映される。適切に企業を見分けたい人は、必ず確認した上で選考に進もうね。

利益率が高い優良企業に就職するメリット

f:id:syukatsu_man:20220322170238j:plain

 

続いて本章では、利益率が高い優良企業に就職するメリットを紹介します。

何となくでも理解できている人が多いと思いますが、メリットを改めて整理することで入社を目指すモチベーションが上がります

 

高いモチベーションを維持して就活を進めるためにも、難易度の高い優良企業を目指すメリットを改めて認識しておきましょう。

 

【利益率が高い優良企業に就職するメリット】

  • 長期的に経営状態が安定している
  • 高待遇の環境で働ける

 

メリット① 長期的に経営状態が安定している

 

利益率の高い優良企業は、長期的に経営状態が安定している可能性が高いです。

盤石なビジネスモデルがないと、競合他社より優れた利益率にはなりにくいからです。

 

給料や福利厚生が充実しているような会社でも、好調なのは一時的で倒産やリストラに巻き込まれるケースはゼロではありません。

一方利益率を重視して会社を選べば、長い目で見て安定して働ける可能性があります。

 

新卒入社した会社で長期的に働きたい人も、利益率の高さを重視するとよいでしょう。

 

メリット② 高待遇の環境で働ける

 

利益率の高い会社は、社員に対して優れた待遇を用意している傾向にあります。

経営状態に余裕があるので、給料やボーナス・住宅手当や社員食堂などの福利厚生として社員に還元しやすいのかもしれません。

 

実際この記事で紹介したような会社を見ても、業界を問わず高待遇を用意しているところが大半でしたよね。

優れた労働環境の会社に入りたい人ほど、利益率の高さを重視すべきといえます。

 

安定した経営状態や高待遇の労働環境は非常に魅力的ですね!

適切に会社選びをすれば新卒入社した会社で後悔する可能性は下げられる。失敗したくない人は、利益率をチェックした上で入社する企業を決めるといいよ!

利益率の高い優良企業に入りたいなら就活エージェントを利用すべき

f:id:syukatsu_man:20220322170356j:plain

 

最後に本章では、利益率の高い優良企業から内定を勝ち取る秘訣を共有します。

結論、僕は就活エージェントの利用をおすすめしますね。

 

就活エージェントとは、人材会社が無料で就活をサポートしてくれるサービスのこと。

具体的には、次のようなサービスを提供してくれます。

 

【就活エージェントのサービス内容】

  • 就活相談
  • 自分に合った求人の紹介
  • 選考支援(ES添削や面接対策)
  • 企業との面接のセッティング
  • 面接後のフィードバック共有

 

サービスを提供してくれるのは、就活市場に精通したキャリアアドバイザーです。

就活支援を専門にしているので、的確な意見やアドバイスをくれるんですよね。

 

自分が就職先に求める条件を伝えると、希望に合った優良企業を紹介してくれます。

また要望に応じてES添削や面接対策・面接のフィードバック共有など、選考支援をしてくれる点も非常に魅力的ですね。

 

▼就活エージェント利用者の声

 

僕はこれまでに50以上の就活エージェントを分析してきました。

そんな僕がいま現役の就活生なら「ミーツカンパニー就活サポート」と「イロダスサロン」を併用して優良企業の入社を目指します。

 

いずれもオンラインに対応しているので、地方学生でも利用できるんですよね。

加えて非公開求人や特別選考ルートなど、普通に就活を進めては出会えない企業や選考ルートも数多く保有しているんです。

 

難易度の高い優良企業を目指す就活生なら、間違いなく利用しないと損かと。

上記以外におすすめのエージェントは別記事でまとめているので、そのほかの選択肢も比較したい人はぜひあわせて目を通してみてください!

 

 

無料でプロの支援を受けられるから活用しない手はないよ。情報感度の高い学生はもれなく使っているから、まだ利用していない人がいたらこの機会にぜひ!

本記事の要点まとめ

 

最後まで読んでくださり、本当にありがとうございました!

主要7業界における利益率の高い優良企業、これらのホワイト企業に入社するための秘訣などについて解説しました。

 

会社にどれだけのお金が残るかが決まる利益率は、経営状態の余裕度に影響を及ぼす重要な指標です。

よって優良企業に入社したいなら、会社選びの段階で確認しない理由がありません。

 

優良企業は人気が高いですが、就活エージェントを活用するなど適切な対策をすれば内定を獲得できる可能性は十分にあります。

新卒入社した会社で後悔したくない人は会社選び・対策などを妥協せずおこない、ぜひ心から満足できる優良企業の内定を勝ち取ってくださいね。

 

それでは、最後に本記事の要点をまとめて終わりとしましょうか!

 

【本記事の要点】

  • 業界によって平均的な水準は異なるが、利益率の高い会社はもれなく社員の待遇がよい。
  • 利益率は売上に対する利益の割合のことで、優良企業を見分ける重要な指標である。
  • 利益率の高い優良企業に入ると、長期的に安定した高待遇の会社で働ける。
  • 人気の高い優良企業で働きたいなら、就活エージェントをフルに活用して対策を進めるべきである。

 

今回の記事が少しでもあなたの役に立ったのなら幸せです。

就活攻略論には他にも、僕が4年に渡って書き続けた1000の記事があります。

ぜひ他の記事も読んでもらえると嬉しいです\(^o^)/