MENU

【就活エージェントがうざい・合わない】5つの対処法を解説!

20180401154528syukatuman-about

就活マンこと藤井智也が「読むことで他の就活生と圧倒的な差を付けられる情報」を発信しようと立ち上げた就活ブログです。今年で5年目をむかえます。

偏差値50の中堅大学から、複数内定を獲得し、食品大手に入社した全技術を余すことなく共有します。
※本気で就活を成功させたい方のみ読んでください。

» 就活マンとは?|運営者のプロフィールや立ち上げ経緯はこちら

20220609144604
20210428164338

ホワイト企業ナビ(23/24卒求人サイト)

→優良企業に特化した日本で唯一の求人サイト。「残業時間・離職率・休日数」の3条件がすべて日本企業の平均よりも好条件である企業のみを掲載。

20220923184805

ミーツカンパニー(全国オンライン可)

→現状最もおすすめの就活エージェントの1つ。大手や穴場優良企業も多く紹介してもらえるのが最高。

 

キャリアチケット(全国オンライン可)

→ミーツカンパニーと併用したいエージェント。優良企業の求人も多く選考対策も手厚い神サービス。

 

キミスカ(逆求人サイト)

オファーボックス(逆求人サイト)

→登録しておくだけで企業からスカウトが届く。自分の性格や価値観に合った企業とマッチングしやすいので絶対に両方登録しておくべき。

f:id:shukatu-man:20201115172701j:plain

 

こんにちは、就活を研究し続けて7年目の就活マンです。

 

(このブログ以外にも、僕を含めた編集部が企業を厳選した求人サイト「ホワイト企業ナビ」の運営も開始しました! » 求人一覧を見る

 

「就活エージェントがうざい」「担当アドバイザーと合わない」と悩んでいませんか?

僕は就活エージェントの利用をおすすめしています。

しかし、担当者の質によって左右されるサービスなので、中には対応が雑だったり、うざい担当者がいることは事実です。

 

電話がしつこかったり、ノルマを優先するような言動があったりすると、誰しも「うざい」と感じますよね。

僕も就活生のときに同じような思いをしたことがあり、ムカつく気持ちがよくわかります。

 

そこで今回は、就活エージェントがうざい・合わないと感じたときの対処法について解説します。

結論からいうと「うざい担当者は容赦なく切り捨てること」が重要です。

 

最後まで読めば「就活エージェントを効果的に活用する方法」がわかります。

ぜひ最後まで読み進めてみてくださいね!

就活エージェントがうざい・合わないと感じている学生は多い

f:id:shukatu-man:20201115174737j:plain

 

まずは実際に「就活エージェントがうざい・合わないと感じている学生の口コミ」をご紹介していきます。

今回はツイッターにて、就活エージェントに対するネガティブな口コミを集めました。

 

どのようなムカつく対応があるのか、順に確認していきましょう。

 

就活エージェントに対するネガティブな口コミ

 

就活エージェントに対するネガティブな口コミは、以下のとおりです。

電話がしつこかったり、自分に合わない企業を勧めてくる担当者が目立つますね。

 

【就活エージェントに対するネガティブな口コミ】

  • 電話がしつこい
  • 仕事ぶりが無能すぎる
  • 自分に合わない業界を進められた
  • 就活生を優先しないアドバイスをされた
  • 好き嫌いが激しい人には合わない
  • パートでよくない?といわれた
  • 学生を金ヅルとしか思ってない

 

電話がしつこい

営業の電話がしつこかったという口コミ。
優良企業ならまだしも、ブラック企業の紹介のために連絡しないでほしいですよね。
上記のほかにも「電話がしつこい」という声は多く見られました。

 

仕事ぶりが無能すぎる

仕事ぶりが無能すぎるという口コミ。
「高校生と変わらないくらい」と書かれており、就活のプロとしてのサポートは受けられなかったことがわかりますね。
そしてこの方も、しつこい電話を受けられたようです。

 

自分に合わない業界を進められた

自分に全然合わない業界を進められたという口コミ。
内定はもらえていないとのことなので、相当的外れな業界を進められたと考えられます。

 

就活生を優先しないアドバイスをされた

就活生の考えを尊重せず、エージェントの考えを優先されたという口コミ。
サポートを受けるために利用しているのに、エージェントの考えを押し付けられたら誰だって「合わない」と感じるでしょう。
意思疎通がうまくいかなかったとも書かれており、連絡が希薄な場合もあることがわかります。

 

好き嫌いが激しい人には合わない

好き嫌いが激しい人には、就活エージェントは合わないというツイート。
実際に利用した上での感想なので、意見に説得力がありますね。

 

パートでよくない?といわれた

パートでよくない?といわれた方の口コミ。
本気で就活をしようと思っているときに、こんなことを言われたら絶対にムカつきます。
就活生の意見をもっと尊重してほしいものですね。。

 

学生を金ヅルとしか思ってない

「学生を金ヅルとしか思っていない」と感じた方のツイート。
どのような対応をされたかは書かれていませんが、ノルマ達成のためと感じるような言動をされたのでしょう。
就活エージェントの利益を優先されると、一気に信頼がなくなりますよね。

 

やっぱり「エージェントがうざい」と感じている人は多いのですね…!

担当アドバイザーも人間だから、「学生との相性」や「当たり外れ」があるのは間違いないよ。それにしても、ここで紹介した口コミはひどい内容が多いなあ…。

就活エージェントよりもおすすめは逆求人サイト

f:id:shukatu-man:20201115174643j:plain

 

ここで補足的に僕が考える結論を紹介します。

そもそも就活エージェントを利用するよりも逆求人サイトの方がおすすめです。

 

逆求人サイトとは、プロフィールを登録しておくことで企業側からスカウトが届く求人サイトのこと。

自動的に企業との接点を獲得でき、更には書類通過した状態で選考に進める。

これらのメリットを考えると、就活生が利用すべきNo.1サイトと言えるんですよね。

 

就活エージェントから企業を紹介してもらうよりも、逆求人サイトの方が自分のことを気に入った企業と繋がることができます。

 

おすすめは就活生向けの大手3サイト。

すべて完全無料で利用可能なので、全て併用して1つでもスカウトを増やしましょう!

 

【絶対に併用利用すべき逆求人サイト3選】

 

OfferBox(オファーボックス)

ー利用企業数が7300社を超える最強の逆求人サイト

ー経済産業省や資生堂、マイクロソフトも利用するほどの信頼性

 

dodaキャンパス

ー利用企業数が6300社以上のこちらも大手逆求人サイト

ー21卒以降の学生が35万人も登録するほどの支持の高さ

 

キミスカ

ー大手企業のグループ会社など穴場企業が多い逆求人サイト

ー サイトの使いやすさや提供する適性検査の質はピカイチ

 

たしかに就活エージェントからの求人紹介は、担当者のレベルによって精度が左右されちゃいますよね。

そうなんだよ。逆求人サイトなら自分だけで利用できるし、手軽だよね。

うざい・合わないと思う就活エージェントの5つの特徴

f:id:shukatu-man:20201115174653j:plain

 

ここまでは、就活エージェントに対するネガティブな口コミをご紹介してきました。

続いては、口コミを元に「うざい就活エージェントの特徴」をまとめてご紹介します。

 

すでに就活エージェントを利用している学生は、担当アドバイザーに当てはまる特徴がないか確認しつつ読み進めてみてくださいね。

うざい・合わないと思う就活エージェントの特徴は、以下のとおりです。

 

【うざい・合わないと思う就活エージェントの特徴】

  • 希望していない求人ばかり紹介してくる
  • 上から目線で態度が高圧的
  • 自分の利益優先で就活生のことを考えていない
  • 決断を急かしてくる
  • 必要以上に連絡をしてくる

 

①希望していない求人ばかり紹介してくる

 

1つ目の特徴は、希望にマッチしていない求人ばかり紹介してくることです。

毎回的外れな求人を紹介されていたら、不要な連絡をされ続けているのと同じですよね。

 

就活生のためを思って、「あえて希望と異なる求人」を紹介しているのであれば問題はありません。

就活エージェントは就活市場に詳しいので、学生の適正を考えた上で求人を提案してくれる優秀なアドバイザーがいることも事実です。

 

しかしながら、やはり全員が優秀なアドバイザーとはいえません。

残念ながら、「内定が出やすい」「企業が人手不足」などの理由で求人紹介しているケースも少なくでしょう。

希望していない求人ばかり紹介してくる就活エージェントは、学生からうざいと思われます。

 

②上から目線で態度が高圧的

 

上から目線で、高圧的な態度をとってくるアドバイザーも嫌われやすいです。

いくら就活事情に詳しくても、上から目線で接しられたら誰しもうざいと感じます。

 

ただせさえ就活は不安やストレスが大きいのに、就活エージェントに高圧的な態度をとられると精神的な負担が増えますよね。

高圧的な態度をとる就活エージェントも、学生からうざい・合わないと思われるでしょう。

 

③自分の利益優先で就活生のことを考えていない

 

3つ目の特徴は、就活エージェントの利益を就活生より優先することです。

就活エージェントは、学生を企業に紹介することで企業から支払われる人材紹介手数料で成り立っています。

(詳しくは次章「ビジネスモデルに問題があるから」にて解説しています。)

 

これは悪い言い方をすると、「どんな企業でも内定を獲得させられたら利益が出る」ということです。

このビジネスモデルが原因で、学生の意見を考慮せず自分の意見を押し通す就活エージェントもなかにはあるようです。

 

自分の利益を優先されたら、アドバイザーを信用できなくなりますよね。

就活生の考えを優先しない就活エージェントも、学生からうざいと思われます。

 

④決断を急かしてくる

 

意思決定を急かしてくる就活エージェントも、学生から嫌われやすいです。

 

就活は今後の人生にも大きく影響するので、決断に時間がかかることも多いですよね。

にも関わらず決断を急かされると、就活生は精神的ストレスを感じてしまいます。

 

意思決定を急かされる理由は、エージェント都合であることがほとんどです。

たとえば、「早く回答しないと内定が取り消しになるかもしれない」などですね。

もちろん、就活生のためを思って急かすケースもあるとは思いますが。

 

決断を急かすことも、学生からうざいと思われるエージェントの特徴といえます。

 

⑤必要以上に連絡をしてくる

 

うざいと思う就活エージェントの特徴5つ目は、連絡が多いことです。

無料でサポートをしてもらっているとはいえ、必要以上に連絡されると迷惑ですよね。

 

頻繁に進捗を確認されたり、毎日のように営業電話がかかってきたりするとムカつくのも無理はないでしょう。

必要以上に連絡をしてくる就活エージェントも、学生からうざいと思われます。

 

こうしたうざい就活エージェントは容赦なく切ってOKです。そもそもそんなサービスを提供している会社側が悪いわけですからね。

うざい・合わないと感じる就活エージェントが存在する理由

f:id:shukatu-man:20201115174657j:plain

 

前章では、うざい・合わないと思う就活エージェントの特徴をご紹介しました。

では、なぜ「うざい就活エージェント」が出てきてしまうのでしょうか?

 

ここでは、就活エージェントの裏事情について確認していきましょう。

 

【うざい・合わないと感じる就活エージェントが存在する理由】

  • ビジネスモデルに問題があるから
  • アドバイザーに厳しいノルマが課されていることがあるから
  • サービスの質は担当アドバイザーに依存するから

 

①ビジネスモデルに問題があるから

 

もっとも根本的な原因は、就活エージェントのビジネスモデルにあります。

前述したように、就活エージェントは企業からの紹介手数料によって成り立っています。

 

就活生を紹介することで、企業から報酬をもらう仕組みですね。

(ちなみに学生が無料で利用できるのも、この構造があるからです。)

 

このビジネスモデルのせいで、内定獲得を優先しすぎるアドバイザーが存在します。

その結果として、「就活エージェントがうざい」と感じる学生が出てきてしまうわけですね。

 

②アドバイザーに厳しいノルマが課されていることがあるから

 

2つ目の原因は、アドバイザーに課される厳しいノルマです。

 

前述のビジネスモデルのため、就活エージェントはより多くの学生を企業に紹介する必要があります。

よってキャリアアドバイザーにも、ノルマが課されていることが多いです。

 

たとえば、以下などのノルマが課されています。

  

【キャリアアドバイザーに課されるノルマの例】

  • 企業への応募数
  • 面接を行った数
  • 内定者の人数
  • 紹介手数料の金額

 

これらの結果は、アドバイザー自身の評価にもつながります。

しつこく連絡されたり、意思決定を急かされたりするのはこのためです。

 

アドバイザーに課されるノルマも、うざい就活エージェントを生み出す原因となっています。

 

③サービスの質は担当アドバイザーに依存するから

 

サービスの質がアドバイザーに依存することも、うざい就活エージェントが出てきてしまう理由の1つです。

 

経験の浅い若手社員や、コミュニケーション能力が乏しい人が担当になったら、質の高いサポートは期待できません。

またサポートをしてくれるのも人間なので、就活生との相性が悪いこともあるはずです。

 

就活エージェントのサービスは、信頼できる担当者がついてはじめて利用価値が生まれます。

担当アドバイザーで質が変わることも、うざい就活エージェントが存在する原因となっているでしょう。

 

就活エージェントのビジネスモデルや、ノルマがあることに問題があるのですね…!

そのとおり。構造上うざいと思うようなアドバイザーが出てきやすいんだよね。

「就活エージェントがうざい・合わない」と感じた時の対処法

f:id:shukatu-man:20201115174701j:plain

 

ここからは就活エージェントがうざい・合わないと感じたときの対処法をご紹介していきます。

以下の5つについて、順に確認していきましょう。 

 

【就活エージェントがうざい・合わないと感じたときの対処法】

  • うざいと思った内容を指摘してみる
  • 改善されないなら担当を変えてもらう
  • 質の低い担当者は容赦なく切り捨てる
  • ほかの就活エージェントに切り替える
  • 自分自身に非がなかったか改めて考えてみる

 

①うざいと思った内容を指摘してみる

 

就活エージェントがうざいと思ったら、まずは不快に感じた内容を素直に伝えることをおすすめします。

誠実なアドバイザーだったら、すぐに対応を改善してくれるはずです。

 

サポートを受けているからといって、エージェントの意見すべてを受け入れる必要はありません。

うざいと思ったら我慢するのではなく、はっきりと自分の意志を伝えてみるとよいでしょう。

 

②改善されないなら担当を変えてもらう

 

うざいと思った内容を伝えても改善されないなら、担当を変えてもらえばOKです。

キャリアアドバイザーの変更は、まったく珍しいことではありません。

 

担当を変えてもらう方法は、主に以下の3つです。

 

【担当を変えてもらう方法】

  1. 担当者に「ほかの担当者の意見も聞きたい」と伝える
  2. 公式サイトの管理画面から、担当者変更の依頼をする
  3. 就活エージェントの代表電話にかけて、変更を依頼する

 

担当アドバイザーに直接伝えなくとも、担当を変えてもらう方法はありますよ。

うざいと思うようなアドバイザーに気を遣う必要はありませんが、直接言いにくい場合はほかの方法で依頼をしてみてくださいね。

 

③質の低い担当者は容赦なく切り捨てる

 

対処法の1つ目として、担当者にうざいと思った内容を伝えることをご紹介しました。

ですが、この方法に効果があるのは「ある程度質の高いアドバイザー」に限ります。

 

就活エージェントがうざいと思ったとき、もし質の低い担当者であれば容赦なく切りましょう。

就活エージェントの利用価値は、担当アドバイザーの質で決まります。

 

希望と違う求人ばかり紹介してきたり、自分の意見を聞いてくれなかったりしたら、サポートを受ける価値がありません。

エージェントの利益を優先される場合は、すぐに切り捨てることが賢明です。

 

④ほかの就活エージェントに切り替える

 

就活エージェント自体が合わないと感じた場合は、ほかのエージェントに切り替えることをおすすめします。

なぜなら、ひと括りに就活エージェントといっても、会社によってサービスの特徴はさまざまだからです。

 

すべての就活エージェントと相性が悪い人は、ほとんどゼロに近いはず。

仮に1つの就活エージェントが合わないと思っても、ほかのエージェントを利用しないのは非常にもったいないですよ。

ほかの就活エージェントに切り替えることも、うざいと思ったときの対処法の1つです。

 

ちなみに、複数のエージェントを活用すると相性のよい会社を見極められますよ。

(詳しくは、次章「うざい・合わないと思う就活エージェントを避けたいなら複数登録がもっとも効果的」にて解説しています!)

 

⑤自分自身に非がなかったか改めて考えてみる

 

就活エージェントがうざいと思ったときには、自分自身に問題がなかったか振り返ることも大切です。

もし自分自身に非があったら、担当者やエージェントを変えても改善が期待できませんよね。

 

振り返ってみてほしい項目は、以下の3つです。

 

【振り返ってみてほしい項目】

  • アドバイザーに誠実な態度をとっていたか
  • 提出物の納期を守っていたか
  • 自分の希望を明確に伝えていたか

 

就活エージェントの利用目的は、担当者とよい関係を築くことではありません。

しかしアドバイザーにネガティブなイメージを持たれてしまうと、やる気がないと思われ、親身なサポートをしてもらえなくなります。

 

最大限に就活エージェントを活用するためにも、上記の項目を一度振り返ってみるとよいでしょう。

 

うざい就活エージェントを避けるには“複数利用して厳選する”べき

f:id:shukatu-man:20201115174638j:plain

 

前章では、就活エージェントがうざいときの対処法を5つご紹介しました。

ですが、「そもそもうざい就活エージェントに出会いたくない」という方も多いでしょう。

 

こういった方には、就活エージェントの複数登録をおすすめします。 

複数登録するメリットは、以下のとおりです。

 

【複数登録するメリット】

  • 相性のよい就活エージェントを見極められる
  • 優秀な担当者と出会いやすくなる
  • 求人の選択肢が増える

 

複数のエージェントに登録しておけば、うざいと思う担当者がいてもすぐに切り捨てられます。

またサポートしてくれるアドバイザーを増やすことで、優秀な担当者に出会える可能性も高くなりますよ。

そして、よりよい求人を見つけやすくなることも複数登録のメリットです。

 

「電話をしつこくされる可能性が増える」などのデメリットもありますが。

少しでもうざいと感じることがあれば、すぐに利用をやめればOKです。 

うざい就活エージェントを避けたい方こそ、ぜひ複数利用してみてくださいね!

 

なるほど。複数登録しておけば、相性の悪いアドバイザーが担当になってもすぐに対処できるのですね!

そのとおり!うざい担当者はすぐに切り捨てればOK。優秀なアドバイザーに出会えるかもしれないし、複数登録はメリットが多いよ。

おすすめの就活エージェント3選【就活マンが厳選】

f:id:shukatu-man:20201115174648j:plain 

では最後に、おすすめの就活エージェントを3社ご紹介します。

 

僕はこれまで4年間ずっと就活記事を書き続け、就活を専門にしてきました。

就活攻略論でご紹介しているのは、僕が心からおすすめするサイトだけです。

 

以下の3社は自信を持っておすすめできますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

【おすすめの就活エージェント3選】

  1. DiG UP CARRER(ディグアップキャリア)
  2. Jobspring(ジョブスプリング)
  3. キャリアパーク就職エージェント

 

1位:DiG UP CARRER(ディグアップキャリア)

f:id:aoi_writer:20200927145150j:plain

 

総合おすすめ度:★★★★★

①利用しやすさ:★★★★★

②求人の質:★★★★★

③選考支援の質:★★★★★

 

「DiG UP CARRER」は僕がおすすめ度1位としておすすめする就活エージェント。

ディグ株式会社というベンチャー企業が運営しています。 

おすすめする理由は、以下のとおり。

 

【DiG UP CARRERをおすすめする理由】

  • 担当アドバイザーの人柄が非常に良い
  • 入社決定率が38%と圧倒的に高い
  • 利用満足度も90%以上と高い

 

僕はディグのキャリアアドバイザー5名全員と面識があるのですが、どなたも明るく話しやすい人たちでした!

本当に質の高いアドバイザーのみを採用されています。

 

そして、ディグ経由で内定を獲得して入社した人の割合が非常に高い。

一般的な平均は10%程度なので、実に3倍以上の実績です。

 

利用満足度も90%以上と、文句のつけようがありません。

心からおすすめできる就活エージェントなので、ぜひ利用を検討してみてくださいね!

 

 

2位:Jobspring(ジョブスプリング)

f:id:aoi_writer:20200908113801p:plain

 

総合おすすめ度:★★★★★

①利用しやすさ:★★★★★

②求人の質:★★★★★

③選考支援の質:★★★★★

 

第2位は、HRクラウド株式会社が運営している「Jobspring」です。 

Jobspringをおすすめする理由は、以下のとおり。

 

【Jobspringをおすすめする理由】

  • 各個人に合わせて厳選した3社を紹介してくれる
  • 電話・Web面談が可能

 

もっとも魅力的なのは、厳選した求人のみを紹介してくれること。

厳選した求人の中から3〜4社を厳選してくれるので、求人紹介の質が非常に高いです。

電話・Web面談が可能で、地方学生が利用できることもうれしいポイントですね。

 

以下の記事で利用者の評判をまとめていますが、良い口コミばかりでした!

興味のある方は、合わせてご覧くださいね。

 

 

3位:キャリアパーク就職エージェント

f:id:aoi_writer:20200908113812p:plain

 

総合おすすめ度:★★★★★

①利用しやすさ:★★★★★

②求人の質:★★★★★

③選考支援の質:★★★★・

 

3番目におすすめなのは、キャリアパーク就職エージェント。

ここは、上場企業のポート株式会社が運営する就活エージェントです。

 

おすすめする理由は、以下のとおり。

 

【キャリアパーク就職エージェントをおすすめする理由】

  • 安心してサービスを利用できる
  • 紹介求人の質が高い
  • 電話・Web面談に対応している

 

就活系のサービスは、学生をターゲットにした悪質なものも多いです。

その点「キャリアパーク就職エージェント」は大企業が運営しているので、サービスに安心感があります。

 

また大手からベンチャー企業まで、優良企業の求人を幅広くそろえていることも特徴的ですね。

Jobspringと同様に、地方学生でも利用が可能です。

 

キャリアパーク就職エージェントの評判は「キャリアパーク就職エージェントの評判まとめ|利用方法も解説!」にて解説しているので、こちらもぜひご覧ください!

 

ここでは、とくに利用価値が高い就活エージェントを3社ご紹介しました。 

ですが、このほかにも利用をおすすめしたい就活エージェントは多くあります。

 

おすすめの就活エージェントランキングを公開 

上記3社を含めて、おすすめの就活エージェントは別記事で解説しています。

より自分に合った就活エージェントを知りたい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

 

今回のまとめ

 

最後まで読んでくださり、本当にありがとうございました!

「就活エージェントがうざい・合わないと感じたときの対処法」について理解できたと思います。

本記事の要点をまとめておきますね。

 

【本記事の要点】

  • 就活エージェントがうざい・合わないと感じている学生は多い
  • ビジネスモデルが原因でうざいと思うアドバイザーが出てきやすい
  • うざいと思ったら、まずは指摘→改善されないなら担当を変えてもらう
  • 質の質の低い担当者は容赦なく切り捨てる
  • うざい就活エージェントを避けたいなら「複数登録」が効果的

 

就活エージェントは、構造上うざいと思うようなアドバイザーが生まれやすいです。

とはいえ、うざいと思ったときに就活生が我慢する必要はありません。

うざいと思った内容を指摘したり担当を変えてもらったりして、改善を促しましょう。

 

就活エージェントはサービスによって特徴がさまざまですし、利用価値の高い就活エージェントがあることも間違いありません。

特定のサービスに不満を感じたとしても、ぜひほかのエージェントを試してみてくださいね!

 

今回の記事が少しでもあなたの就活の役に立ったのなら幸せです。

就活攻略論には他にも、僕が4年に渡って書き続けた600の記事があります。

ぜひ他の記事も読んでもらえると嬉しいです\(^o^)/