就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

おすすめの就活ブログ10選【最低これだけは絶対に読むべき!】

20180401154528 alt=

どの就活サイトよりも『本質的な就活情報』のみを発信するメディアです。
※無価値な情報は一切公開しません。

運営者である就活マンは中堅私立大学から内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社しました。(その後1年で独立)

就活で他の就活生を圧倒できた理由は、経営学・経済学・心理学・文学などの書籍1000冊を元に就活に応用を効かせた「就活攻略法」を生み出したからです。

この知識が一人でも多くの就活生の成功に繋がることを心から願っています。
※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。

» 就活マンの自己紹介と「就活攻略論」が生まれた経緯はこちら!

----------------
★本日の就活攻略論お品書き

《本日の記事が解決する悩み》

・おすすめの就活ブログが知りたい

・就活に絶対に役立つブログだけ知りたい

 「読むだけで就活を圧倒的有利にしよう。」

----------------

皆さん、こんにちは!ブロガー歴4年になりましたでお馴染み、就活マンです。

f:id:shukatu-man:20190228151003p:plain

就活におすすめのブログやメディアが知りたいです!

わかったよ。「今、僕が就活生になったらこれを読む!」というブログとメディアを10個紹介しよう!

 

インターネット上には大量の就活情報が垂れ流されています。

その中でどのブログやメディアから情報を入手すれば良いのか、迷いますよね。

そこで本記事では、今僕が就活生だったとしたら絶対にこれを読むというブログとメディアを紹介しようと思います。

ぜひ情報収集の参考にしてくださいね! 

 

就活に役立つブログ10選(※メディア含む)

 

では早速、僕がおすすめする就活に役立つブログとメディアを紹介します。

最初に言っておくと、「就活特化ブログ」を何個も読む必要はないと考えています。

なぜなら書いている内容がそこまで変わらないため、更新頻度と質が高いブログを数個読んでおけば網羅できるからです。

その点を踏まえて、10のブログとメディアを紹介するのでこれらはぜひ毎日チェックするようにしてみてください!

 

① 就活攻略論

 

手前味噌で申し訳ないのですが、最初にこの「就活攻略論」を紹介します。

というのも、我ながら更新頻度と質はどの就活ブログにも負けないと考えているからです。むしろ負けないように日々考え抜いて記事を設計し、公開しています。

 

就活系ブログだけでなくとも、ほぼ毎日更新をしているブログはほとんどありません。

そして毎日更新をしているブログは、文字数が少なかったり質が低いことが多々あるので、そうはならないよう「数と質の両方」を取りにいっています。

(毎日更新している就活メディアは雇ったライターに記事を書かせていますね。)

 

世の中ではよく「数が質か?」という議論がされますが、僕の回答としては「両方」であり、それを就活攻略論を通して体現することで就活生に「努力」の重要性を知ってもらいたいと、そう考えて就活攻略論を運営しています。

正直、就活の情報だけを与えるのなら他のメディアで十分ですしね。だからこそ、僕は就活以上のこと、つまり「幸せ」や「人生」について役立つ情報を発信しようとそう心がけています。

 

そして僕は既存の質の低い就活メディアを淘汰するために、この就活攻略論を立ち上げました。

これからも就活界で最も有名なメディアになれるよう尽力していきますので、皆さん引き続き応援宜しくお願いします!!

 

就活攻略論のおすすめ記事一覧はこちら!

 

② ワンキャリアコラム

 

ワンキャリアが更新している就活記事は必見です。

ワンキャリアの記事は、僕が今でも読んで「素晴らしいな」と思いますね。新たな情報や発見があります。

 

正直言って、どの就活メディアや就活ブログを読んでも大したことが書いていないなと思いますが、その中でも良質な情報を提供している点に好感が持てますね。

特にグループディスカッションに関する記事は、内容が綺麗にまとまっていますし、構成も分かりやすい。

就活生はこうした良質な記事のみを何度も読み返すことが重要です。

 

ちょっと余談ですが、読書も同じで「質の低い本」は5分で読むのをやめて捨てます。しかし「質の高い本」は何度も何度も読み直すようにしています。

つまり質の低い情報はどれだけ取り入れても役に立たず、むしろ足を引っ張る可能性さえあるということです。

 

ぜひ就活生の皆さん自身で「このメディア、このブログは質が高いかな?」という視点を持つようにしてください。情報を取捨選択する力は、今後就活を終えても役立つ力ですからね!

 

ワンキャリアはこちら!

 

③ 無能の就活

 

この「無能の就活」がなければ、今の僕はいないと言えるでしょう。

無能の就活の運営者さんが発売されている「凡人内定戦略」こそ、僕が就活への見方を変えるきっかけになった本だからです。

 

 

僕は偏差値50の中堅大学出身です。

だからこそ、大学1年生の時は就活に対しての自信は全くありませんでした。「高学歴の人しか大手企業には入社できないのだろう。」そう思っていたのです。

 

しかしこの本に出会ってから、考え方が全く変わりました。

「中堅大学出身なのに、◯◯!」というように弱みを強みに変えれば良いのだと考えるようになったのです。

 

この本は凡人が内定を獲得するための方法を紹介する本であり、中堅大学出身者にとってはまさに考え方が変わる本だと思います。ぜひ僕と同じ境遇の就活生は一度読んでみてください。

この本を書かれた武野さんが運営しているブログも、更新頻度は低いですが、参考になりますよ!

 

無能の就活はこちら!

 

④ はたらこネット「職種図鑑」

 

次に紹介するのは、はたらこネットが提供している「職種図鑑」です。

もはや「職種理解」においては、この職種図鑑だけを見れば良いと思います。

 

下記の画像は「営業事務」という職種の説明ページですが、これを見て分かる通り、欲しい情報が完璧にまとめられていますよね。しかも綺麗です!

 

▼職種図鑑の「営業事務」の説明ページ

f:id:shukatu-man:20190301150015p:plain
画像引用:https://www.hatarako.net/contents/shokushu/eigyojimu/

 

就活攻略論でも、職種をわかりやすく理解するための記事を書いていますが、この職種図鑑の足元にも及びません。

» 【新卒向け】“職種一覧”をとにかく分かりやすく解説!

 

ぜひまだ職種についての理解が浅い方は、この職種図鑑を参考に色々な職種の存在を知ることをおすすめします。

職種というのはまさに「働き方そのもの」なので、どれが自分がやりたい業務なのかをしっかり理解するだけでも企業選びに役立ちますよ。

 

はたらこネット「職種図鑑」はこちら!

 

⑤ 業界動向サーチ

 

職種の理解については「職種図鑑」、そして業界の理解については「業界動向サーチ」が最もおすすめです。

この業界動向サーチというサービスは業界に特化した情報サービスで、下記のような情報を入手することができます。

 

・各業界の概要説明

・各業界の成長度

・急成長している業界

・注目の業界シェア(業界ごとにどの企業が上位シェアを占めているのか)

 

こうした情報をネットで簡単に入手できるサービスは他にありません。

最も効率的かつ質の高い情報源として、このサービスを知っていればまず問題ないでしょう。業界についての理解度が低い就活生は必ず読み込むことをおすすめします。

 

業界動向サーチはこちら!

 

⑥ 西野亮廣ブログ

 

次に紹介するブログは、お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣さんのブログです。

西野さんはオンラインサロンの運営など、多角的に活動されており、もはやお笑い芸人ではなく起業家ですね。

ちなみに僕が最もチェックしている人物は、下記の3人でして、この3人の活動や発言を追うことで10年後を捉えることができますね。

 

・堀江貴文さん

・西野亮廣さん

・前田裕二さん(SHOWROOM社長)

 

その中でも西野さんはブログを毎日更新されており、特におすすめの理由は西野さんの「アグレッシブさ」に触れることができる点にあります。

お笑いだけでなく様々な事業を同時並行的に進めている姿を見て、「自分はまだ甘いな」と思う機会を作ることができます。

 

正直言って就活生は、「忙しい!忙しい!」と言っているだけで効果的なことができていない人ばかりです。そんな自分を見つめ直し、気を引き締めるきっかけにもなるのでぜひ西野さんのブログを読んでみてくださいね! 

 

西野亮廣ブログはこちら!

 

⑦ 新R25

 

次に紹介するのは「新R25」というメディアです。

このメディアは非常にフランクに情報を伝えているメディアで、とにかく読みやすく就活生におすすめです。

「お金」に関する価値観を考えさせられる記事や、「経済」を理解できる記事だけでなく、エンタメな記事も豊富でとにかく読んでいて飽きないメディアです。

 

就活生におすすめの記事としては、下記のような記事がおすすめで、「新R25」の読者ターゲット層が20代・30代だからこそ、僕らに有益な記事が非常に多いですね。

 

▼就活生がドンピシャで読むべき記事も豊富! 

» 藤田晋が10年前から学生に「成長産業に身を置くべき」だと伝えつづけている3つの理由|新R25 - 20代ビジネスパーソンのバイブル

 

新R25はこちら!

 

⑧ TechCrunchジャパン

 

⑧〜⑩で紹介するメディアは、ニュースサイトですね。

よく「就活生は日経新聞を読みなさい」と言われますが、僕はこの意見に反対です。

なぜなら日経新聞には読み方があり、就活生がいきなり日経新聞を購読しても、そこから有益な情報を取得できるようになる頃には、もう就活は終わっているからです。

 

大抵の「日経新聞読んでます!」という人は自己満足で終わっている人が多いですし、新聞を読むよりもNewspicksなどのニュースキュレーションサービスを利用した方が早いと僕は考えています。

 

そして就活生が読むべきニュースサイトとしては、まずは「TechCrunch」を挙げますね。最新のITニュースを取得することができるので、時代の流れを読むのに最適なサイトで、僕も逐次チェックしています!

 

TechCrunchジャパンはこちら!

 

⑨ THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)

 

次に紹介するニュースサイトは「THE BRIDGE」です。

これは「ベンチャーニュース」がメインで、大企業志向の人はあまり参考にならないかもしれませんが、時代の流れを読むのに重要なメディアなのでチェックしておいて間違いはありません。

 

ザ・ブリッジはこちら!

 

⑩ ビジネスインサイダージャパン

 

最後に紹介するニュースサイトが「ビジネスインサイダージャパン」です。

こちらは経済ニュースやベンチャーニュースなど幅広い情報を提供しているメディアなので、就活生全員におすすめします。

 

実際、就活で時事問題などを出される機会はそこまでありませんが、たまに「今気になるニュースは?」といった質問をされる場合があります。

そのような場合でも、この「ビジネスインサイダージャパン」を読んでいれば気になったニュースの1つや2つは答えることができると思うので、ぜひ空いた時間にでも購読する癖をつけておくことをおすすめします!

 

ビジネスインサイダージャパンはこちら!

 

 

読むべき就活ブログは最低限で良い

 

就活生はとにかく様々な就活ブログを読もうとします。

しかし最初に言ったとおりで、個人が運営しているような就活ブログは書いてあることは大抵似通っていますね。

それらをいくら大量に幅広く読んだところで、その深さは変わりません。

 

よって僕がおすすめするのは、「就活に特化した知識」だけを入手するのではなく「教養や新たな考え」や「ビジネス知識」も同時に入手することです。

今回紹介した10のブログやメディアは、実は下記のような目的別に情報源を分けています。

普通の就活生は「就活に特化した知識」しか入手しようとしませんが、それだけでは差別化できませんし、就活を終えたら使えなくなる情報ばかりで人として成長することができません。

 

ぜひ手に入れる情報の目的を多様化させて、教養を深め、魅力的な人材になれるよう心がけてみてください。

 

【就活に特化した知識を入手】

・就活攻略論

・ワンキャリア

 

【職種についての知識を入手】

・はたらこネット「職種図鑑」

 

【業界についての知識を入手】

・業界動向サーチ

 

【教養や新たな考えを入手】

・西野亮廣ブログ

・新R25

 

【ビジネス知識を入手】

・THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)

・TechCrunchジャパン

・ビジネスインサイダージャパン

 

就活に役立つブログと併せて読むべき本はこれだけ

f:id:shukatu-man:20190121230703p:plain 

では就活に役立つブログ、メディアについて把握したところで、併せてぜひ読んで欲しい「本」についても簡単に触れていきたいと思います。

情報源としては、「ブログ・メディア」と「本」を網羅できれば完璧ですね。

ちなみに「就活に特化した知識」を得るための本は、ほとんどネット情報で十分なので必要ありません。

 

本として購入すべきは、下記の条件を満たすものです。

・ネットで入手するよりも圧倒的に本の方が情報取得効率が高いもの

・ネットでの情報が薄いもの

この条件を満たす本を、本記事では5冊紹介します。 

 

まず「ネットで入手するよりも圧倒的に本の方が情報取得効率が高いもの」が、企業情報を紹介している「就職四季報シリーズ」です。

1ページに2社の情報が掲載されており、それを読むだけで「事業内容」「平均年収」「残業時間」「離職率」「男女比」「内定が出た大学名」などの情報を一発で知ることができます。

これはネットの数百倍の情報取得効率だと言えるでしょう。購入はマストです。

 

 

次に紹介するのが、「SPIやテストセンターの問題集」ですね。

これらは「ネットでの情報が薄いもの」を満たします。

SPIやテストセンターで出題される問題はネットにも情報がありますが、こうした勉強に関しては本の方が問題数や解説が充実しているので、本一択です。

(だから就活攻略論ではSPIやテストセンターなどの記事をほとんど書いていません。本の方が良いからです。)

 

 

ここまでお疲れ様でした!

本記事で紹介した情報源を押さえておけば、9割の就活生よりも知識が豊かになることは間違いありません。 

就活は大学のサポートが薄く、親も頼れないので不安だと思います。

しかし不安は「行動」でしかかき消すことはできない。だからこそ、こうした情報源を押さえて情報によって武装することで不安を少しずつでも解消していきましょうね。

  

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー