就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

【要注意】就活で「資格の嘘」をつくことのデメリット

20180401154528syukatuman-about

就活マンこと藤井智也が「読むことで他の就活生と圧倒的な差を付けられる情報」を発信しようと立ち上げた就活ブログです。今年で4年目をむかえます。

偏差値50の中堅大学から、倍率800倍の食品大手に入社した全技術を余すことなく共有します。
※本気で就活を成功させたい方のみ読んでください。

20200518154051

Twitter(@shukatu_man

----------------
★本日の就活攻略論お品書き

《本日の記事が解決する悩み》

・就活で資格に関しての嘘をついても良いのか知りたい

・資格に関して嘘をつくことのデメリットが知りたい

 「読むだけで就活を圧倒的有利にしよう。」

----------------

皆さん、こんにちは!結局一番大事だと思う資格は運転免許でお馴染み、就活マンです。

 

f:id:shukatu-man:20181213153305p:plain

先日、20卒の就活生からこんな質問を頂きました。

「資格がないのですが、嘘をついてでも書くべきでしょうか?」

就活において嘘をつこうとする人は実際多いですよね。

僕もすべての企業に第一志望ですと答えていました。(心の中ではすべて第一志望だったのでw)

 

しかし資格に関して嘘をつくことは絶対におすすめしません!

本日の記事ではそんな資格について嘘をついてしまうことによるデメリットを紹介していこうと思います。

 

就活で資格について嘘をつくデメリット

f:id:shukatu-man:20181213164021j:plain
余談「イケメンは悲しんでいる姿も絵になるなぁ。」

 

では早速、就活にて資格に関する嘘をつくことのデメリットを話していきます。

資格に関する嘘はデメリットしかないので、しっかりと理解してくださいね。

 

資格の嘘は企業に「退職させる口実」を与えてしまう

 

まず最初に、資格に関する嘘は正直バレにくいと思います。

「色彩検定持っていますよ!」と嘘をついたとこで、企業はそれを確かめることはしないですからね。

しかしながら資格について嘘をついていると、バレた時に企業はあなたを退職させる口実ができてしまいます。

日本はクビにすることのハードルが非常に高い国です。だからこそ、企業としては“使えない人材”を採用してしまった時のダメージが非常に大きいんですよね。

 

大企業において優秀な人も、使えない人も同じぐらいの給料である理由はここにあります。つまり優秀な人が稼いだ利益を、使えない人に補填しているイメージですね。

 

そこで話を戻すと、もしあなたが使えない人材であった場合、資格に関する嘘がバレたらそれを口実にして企業はクビにすることができます。

よって将来的に何かのタイミングで資格に関する嘘がバレ、クビにされないためにも就活で資格に関する嘘をつくことはやめましょう。

 

 

技能に直接関わる資格の嘘は問題化する

 

これは転職者などに多い嘘ですが、例えば「システムエンジニア歴1年」などの経歴を偽ることも、企業側からクビにされるリスクがあります。

他にも「食品衛生管理者」や「FP(ファイナンシャルプランナー)」など、技能に直接関わるような資格は、嘘がバレやすいでしょう。

 

「あっ、◯◯さんって食品衛生管理者の資格持っているんだよね?◯◯工場の責任者として名前を貸して...」

みたいになった場合に、もうどうしようもなくなってしまいますからね!

 

転職する際に転職しずらくなる

 

そして資格に関しての嘘が一番まずいのが、転職に響くということです。

企業は転職者を採用する際に、「なぜ前職を辞めたのか?」という点を非常に気にします。そこで調査した結果、「資格に関する嘘がバレてクビになった」と分かれば、優秀な人材じゃなかったからこそクビになったと簡単に分かりますよね。

 

更には企業は業界内の繋がりが強いことが多いです。

よって「◯◯さんは資格の嘘でクビになったんだよ」ということが、簡単に業界内の別企業にバレてしまいます。

転職にも影響が出る可能性があるので、将来を考えてもデメリットしかないことが分かりますよね!

 

転職にも影響が出るのは、最悪だよね。

 

解雇が認められる重大な経歴詐称について

 

資格の他にも例えば「学歴詐称」も企業が解雇する口実となります。

またもう一つ注意が必要なことが「健康状態」に関する虚偽です。

 

本人が「この持病は隠しておいて問題がないだろう」と判断しても、もし企業が「その持病があることを知っていたら採用しなかった」と言ってしまえば退職させる理由となります。

 

隠し事は極力しないように、正々堂々と就活することが重要です。

持病が原因で不採用となることも、もちろんあります。そこは企業の価値観です。

しかし、それを知った上で受け入れてくれ対応してくれる企業に入社しましょう。

そのために就活を頑張るんです!!

 

そもそも就活で資格について嘘をつくメリットは少ない

 

この記事の冒頭で僕はすべての企業に「第一志望です」と答えていたと話しましたよね。

第一志望と答えることのメリットは非常に大きいからそうしてました。

なぜなら企業は新卒採用において「志望度の高さ」と「適性の高さ」を重要視しているからです。第一志望と答えることで、「志望度の高さ」を抜群にアピールすることができます。

 

しかし一方で、資格に関してはそもそも持っていても選考で有利になりません。

むしろツイッターではこう発信しました。

 

就活において「TOEIC900点」や「中小企業診断士」など誰にでも分かる突出した実績は面接官に有能さを伝えることができる。しかし注意すべきは「TOEIC700点」や「留学経験あり」などの実績。本人はその実績にやたら自信を持ち、ESの書き方や面接に手を抜く。つまりその実績は足手まといかもしれない。

 

つまり、資格を持っていることでその資格に自信を持ちすぎて努力を怠るので、足手まといにさえなりえるということです。 

そもそも資格を持っていても選考で有利にならないのだから、当然嘘をつく必要はないですよね。

 

TOEICなどの語学資格はなくても切り抜けられる

f:id:shukatu-man:20181213160005j:plain余談「このプレートわざわざ作ったのかな?」

 

資格を持っていることで有利にならないと話すと、多くの「TOEIC信者」が怒ります。笑

もちろんTOEICで高得点を持っている人は素晴らしいと思います。

僕なんてTOEICは350点ですからね。

 

しかし必要以上にTOEICに固執していると本質を見失います。

その本質とは何かというと、次の3点です。

  • 外資系に就職するのであればTOEICは有効
  • 日本企業でグローバル展開をしている企業は少ない
  • 日本企業で海外展開に携われるのは上層エリートのみ

つまりは、外資系企業に入社するのであればTOEICをアピールすることは非常に有効ですが、日本企業に入社を志望している場合は要注意だということです。

そもそもグローバル展開をしている企業は少ないですし、その中でも海外事業に携われるのは上層のエリートの場合がほとんど。

入社してすぐに海外事業に携わりたいなら、外資系に入社した方が良いと思いますよ。

 

TOEICの資格が必要なのは楽天ぐらい

 

日本企業でTOEICの高得点が必須な企業は楽天ぐらいでしょう。

実は僕は楽天の選考を受けており、選考を進んでいたのですが、入社前にTOEIC800点が必要なことを面倒に思い選考を辞退しました。

 

楽天はこのように社内のグローバル化を進めているので、特殊な例ですが、ほとんどの日本企業でTOEICを必須としている企業はあまり聞きません。

 

TOEICがなくても「入社後に努力します」でOK

 

ここが非常に重要なのですが、先程の楽天の場合でもTOEICは内定の獲得後に取得すれば良いということでした。

そして外資系企業含めて、英語が必要な企業の場合は「入社してから必死に努力します!」と言えばなんとかなります。

 

これはまさに企業が新卒を「種」だと考えているからです。可能性の種ですね。

中途採用(転職者)と比べて新卒には即戦力を求めていません。

だからこそ入社後の努力をアピールすれば良いのです。

これこそが僕が資格が全く必要ないと言う理由です。

 

どんな勉強もそうですが、必要になったタイミングで勉強するのが一番身になります。

僕は大学の時から独立や起業に関しての勉強をしていました。

しかし実際にサラリーマンを辞めて、いざ自分が個人事業主になったタイミングで勉強し直すと吸収するスピードが半端じゃないほどに高まっているんですよね。

 

つまりインプットとアウトプットを同時にできる環境が最強だということです。

ぜひ資格がないことについて詰められてたこの話をしてください。

「インプットとアウトプットが同時にできるタイミングで注力します。」と。

 

英語力がなくても必要になったら都度身につければ良いだけ!自分は必要になったタイミングでめちゃくちゃ努力できる人間だとアピールできれば問題ないんだよね!...それを知らない人が多すぎる。

 

資格について嘘をつくぐらいなら早期内定を取ろう

 

「資格について嘘をつこうかな!」と考えている人は、そもそも就活を成功させたいがゆえにそんな発想になってしまっていますよね。

 

そこで就活を成功させるための『代案』を提示させていただきます。

それは就活攻略論では何度も言っていますが、「早期内定の獲得」です。 

 

早期内定とは文字とおり、早い時期の内定です。

なぜ早期内定が重要かと言うと「余裕」が手に入るからです。

 

僕が就活生の時に感じたのですが、内定がないことに悩んでいる就活生は面接で焦りや緊張が出すぎてしまい、オーラがないんですよね。

面接官は新卒を採用する際に、「可能性」を重要視します。この可能性とは将来活躍して、利益を上げる可能性ですね。

 

内定がない状態がずっと続くと、自信を失いオーラがなくなります。

すると面接官はその人に「可能性」を感じません。

 

僕が22社の内定を獲得できた理由はそこにも理由があって、5月までに8社の内定を持っていました。だからこそ、すべての面接に対して「別に落ちてもいいや」という余裕がありました。

そして余裕がでると面接官は「優秀そうな学生だ」と勘違いしてくれます。だから選考はどんどん通過。完全にポジティブなスパイラルに入ります。

 

これこそが「早期内定」の重要性です。

そして早期内定を獲得するためには、選考会へ積極的に参加しましょう。

「選考会って何?」という方は別記事で詳しく書いているので参考にしてください。

» 就活イベント「選考会」に参加できるおすすめサービス【知る人ぞ知る】

 

本日の記事によって資格についての嘘は絶対につかない方が良いと分かって頂けましたか?

デメリットの多い行動を取るのであれば、別のところにその知恵を活かしましょう。笑

本質的な思考こそが就活を有利に運びますからね! 

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー