就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

【インターンシップは参加すべき?】意味や目的を徹底解説しました!

20180401154528syukatuman-about

就活マンこと藤井智也が「読むことで他の就活生と圧倒的な差を付けられる情報」を発信しようと立ち上げた就活ブログです。今年で4年目をむかえます。

偏差値50の中堅大学から、倍率800倍の食品大手に入社した全技術を余すことなく共有します。
※本気で就活を成功させたい方のみ読んでください。

20200518154051

Twitter(@shukatu_man

----------------
★本日の就活フルコースお品書き

《本フルコースが解決する悩み》

・インターンシップは参加すべきなのか知りたい

・インターンシップの意味と目的が知りたい

 「読むだけで就活を圧倒的有利にする快感。ぜひご堪能くださいませ。」

----------------

皆さん、こんにちは!目玉焼きには絶対ケチャップでお馴染み、就活マンです。

f:id:shukatu-man:20180831133622p:plain

今回の記事は、主に20卒以降の学生に向けた記事になります。

就活準備と聞いて、一番に思いつくことにインターンシップがありますよね!

 

このインターンシップですが、ほとんどの大学生が

“なんとなく”行った方が就活に有利になりそう!

という漠然としたイメージを持っています。

 

結論としては、なんとなくでも行った方が良いのですが、何事も目的をはっきりしてからじゃないと本気になれません。なぜ行くと有利になるのか、なぜ自分がインターンシップへ行くべきなのか、まずは目的を明確化することが大切です。

 

よってこの記事を通して、インターンシップに参加する目的をはっきり理解できるように書き上げました。ぜひ参考にしてくださいね! 

そもそもインターンシップって何?

 

ここはサクッといきますね。

そもそもインターンシップとは何か?

インターンシップとは、企業への就業体験のことを言います。

 

そして、このインターンシップを理解する上で重要なことが、開催期間で分けて考えるという視点です。

インターンシップはその開催期間によって、「ワンデーインターン」「長期インターン」に分けることができるんですよね。

これら開催期間が異なるインターンシップは、それに参加して得られるメリットが全く異なります。

 

だからこそ、それぞれのメリットを把握した上で自分がどんな目的を持って参加するのかが重要になるのです!

 

ワンデーインターンシップとは 

最近、ワンデーインターンって言葉をよく聞くけど1日だけ就業体験ができるの!?

 

ワンデーインターンシップ、これはつまり1日だけ参加するインターンシップのことです。

そしてこのワンデーインターンシップですが、ほとんどの企業は『自社の宣伝』のためにこれを開催しています。

自社の宣伝とはどういうことかと言うと、企業も人材を集めるためには露出を増やす必要がありますよね。CMをよく流しているような大手企業は、何もしなくても就職希望社が大量に集まってきます。

しかし、一方で知名度の低い企業はマイナビやリクナビなどの求人サイトに掲載しても就職希望者が集まらないことも多い。

 

そこで、インターンシップを開催することで、就活前に自社を知ってもらう機会を作る。それが『自社の宣伝』としても目的です。

 

そして、なぜ1日だけのインターンなのか?

簡単です。開催するのが楽だからですよ。

 

こちらは何度か紹介しているグラフですが、ご覧ください!

f:id:shukatu-man:20180828211421p:plain

(引用:https://www.recruitcareer.co.jp/news/20180215_01.pdf

 

このグラフは、リクルートキャリアさんの『就職白書』から引用しています。

見て分かる通り、インターンシップを実施している中でも53%が1日のインターンシップですね。(2018年度)

 

つまり今、日本に存在するインターンシップの半分以上がワンデーインターンシップ。

なぜこんなに多いのか?

 

はい。何度も言いますが開催が楽だからです。

 

ワンデーインターンシップに参加するメリット

 

では、ワンデーインターンシップに参加するメリットをお伝えしていきますね。

【ワンデーインターンシップに参加するメリット】

・その企業に詳しくなれる。

・インターン参加者限定の選考に入れる可能性がある。

僕が考えるに、メリットは上の2つです。

 

まず、ワンデーインターンシップは『自社の宣伝』という目的で企業は行うので、自社の説明をめっちゃしてきます。笑

別にこれは悪いことではないのですが、例えばその企業に全く興味がないのに、とりあえずで参加した場合は完全に時間の無駄になりますね。

 

ここで注意ですが、その説明ではだいたい自社の良い部分だけ話します。
(だって、入社希望者増やしたいもん。)

その話を聞いただけで「ここめっちゃいい会社じゃん!」と判断するのではなく、社員さんにアポを取って裏事情を聞きましょう。

 

一方で、その企業にもともと興味があって入社を希望している人にとってはメリットがあります。

その企業の知識が増えますし、企業によってはインターン参加者だけの特別ルートでの選考を用意しているところもありますので!

 

以上のことから結論としては、

ワンデーインターンシップは興味がある企業のものだけ参加しましょう!

 

中長期インターンシップとは

ワンデーインターンは分かった。じゃあ、中長期インターンはどんなインターンなの??

 

次に中長期インターンシップは、1週間以上のインターンシップであり、実際にその企業の社員として、仕事を任せてもらいます。

多くの中長期インターンシップは時給が発生する場合も多いですね。

 

 そして、この中長期インターンシップを実施している企業に対する僕の意見ですが、

ちゃんとインターン生を活用できている企業はすごいね!

です。

 

これはどういうことかと言うと、1週間以上にわたってインターン生にしっかりと業務を教えたり、仕事を経験させてくれる企業は“オペレーション能力”に長けている優秀な企業だと思うんですよね。

 

一方で、中長期インターンシップで雑用しか任せられないような企業は、オペレーション能力の低い雑魚企業なので、入社することをおすすめしません。笑

 

インターン生を長期で受け入れるということは、守秘義務や教育する人材の確保など、本当に大変です。

それがうまくできている企業は、本当に素晴らしいなと僕自身思っているので入社するならそういう企業がいいですね!

 

中長期インターンシップに参加するメリット

 

この中長期インターンシップに参加するメリットはこちらです。

【中長期インターンシップに参加するメリット】

・その企業に対する理解がもはや深海レベルで深くなる。

・実体験による職種理解ができる。

僕が考える就活の超成功パターンの一つが、中長期インターンで入って気に入った企業にそのまま入社することです。

これは倍率が超高い大手企業だと難しいですが、中小企業ではインターン生をそのまま採用するところも多いです。
(だって実際インターンとして活躍していたら、そのまま人材として欲しいでしょ。企業もその子のことを面接とか以上に理解できているし。)

 

中長期インターンに参加することで、参加した先の企業の理解は誰よりも深まります。

だからこそ、その企業にそのまま入社する選択肢を持つことができますし、ミスマッチも起きない。これは本当に大きな参加メリットになりますよね。

 

一方で、参加先の企業に入社しないとしても大きなメリットがあります。

それが、職種理解です。

 

職種とは、営業や事務、研究、技術職などのことを指します。

(職種理解が超簡単にできる記事はこちら:【新卒向け】“職種一覧”をとにかく分かりやすく解説! - 就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

 

実際に中長期インターンに参加することで、たとえば「自分って営業に合ってるな!」とか、「私って事務職、意外と合ってないかも。友達がインターンとしてやってる営業の方が面白そう!!」といった発見があります。

 

こうした“実体験による職種理解”は、今後の企業選びで最強の武器の一つになります。

だって、面接などで「なぜその職種が良いの?」と聞かれた時に、「インターンで実際に経験してみて・・・」という“経験ベース”で語れますからね! 

 

【結論】バイトなんかしてないで、中長期インターン参加しよう!

 

はっきり言います。

バイトなんかで得られるものはほとんど『お金』だけです。

なぜなら、バイトは時間をお金に変えているだけだから。

 

コミュ力がつくとか色々反論があるかもしれませんが、

それは中長期インターンでもつきます。

 

今回の記事で話したメリット、つまり参加する目的は就活を成功させる上で重要です。

もちろん参加しなくても就活攻略論を読んで実践していれば、就活で下手こくことはないでしょうが、参加した方が成功しやすいことは明白です。

 

 

バイトはやめて、いざ中長期インターンシップへ!

 

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー