就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

大学院生のための就活|就活対策とスケジュールを総まとめ!

20180401154528syukatuman-about

就活マンこと藤井智也が「読むことで他の就活生と圧倒的な差を付けられる情報」を発信しようと立ち上げた就活ブログです。今年で4年目をむかえます。

偏差値50の中堅大学から、倍率800倍の食品大手に入社した全技術を余すことなく共有します。
※本気で就活を成功させたい方のみ読んでください。

20200518154051

Twitter(@shukatu_man

----------------
★本日の就活フルコースお品書き

《本フルコースが解決する悩み》

・大学院生の就活の時期やスケジュールが分からない

・大学院生が就活をする上での注意点を知りたい

・大学院生は就活で有利になるのか知りたい

・理系(または文系)の大学院生の就活の仕方を知りたい

・大学院生ならではの面接での立ち回りをマスターしたい

 「読むだけで就活を圧倒的有利にする快感。ぜひご堪能くださいませ。」

----------------

皆さん、こんにちは!見た目で文系だと思われがちなのですが、こう見えて理系ですでお馴染み、就活マンです。

f:id:shukatu-man:20180819175507p:plain

 

僕は学卒ですが、理系だったので友人には院卒が多くいます。

内定を22社獲得し、倍率800倍の食品企業に入社したことは大学内では有名になっていたので(裏で就活攻略法を生み出すために死ぬほど努力していましたが)、院卒の友人から就活に関する相談をされることが非常に多かったんですよね。

 

そこでこんな事実を知ることになりました。

院卒だからといって、就活の情報を大卒より持っているわけではない。

むしろ、研究が忙しくて就活の情報を全然持っていない人が多かったのです。

 

これを知っていたので、大学院卒の方にも就活の情報を届けていきたい!

そんな思いからこの記事の執筆を行うことにしました。

 

この記事を読めば、院卒ならではの悩みが解消するようになっています。

ぜひ参考にしてみてくださいね!! 

 

大学院生の就活の時期はいつからなのか 

 

まず大学院生の就活がいつから始まるのか知っておいてください。

修士二年になってすぐの4月から採用選考が開始される。

ここで注意点なのですが、修士二年の4月から採用選考が開始されるということは、つまりは修士一年の時から就活準備が必要ということです。

 

最後の手順で詳しくは解説しますが、修士一年の時から自己分析やSPIの勉強を開始する必要があるということになります。

これ、結構ハードでして、なぜなら大学院生は学会の準備や、修士二年になると卒業研究なども同時並行で行う必要があるからです。

 

よって、本当に早め早めに今できることを終わらせていきましょうね。

後から楽をするためには、今努力するしかありませんから!

 

大学院生の就活スケジュールとは

 

ではここで、大学院生の就活スケジュールを整理したいと思います。

分かりやすいように、図を作成しました!

f:id:shukatu-man:20180819193339p:plain

【修士一年】

7月〜2月  インターンシップ
7月〜翌7月 自己分析
7月〜翌7月 業界・企業研究

 

【修士二年】

3月〜9月  企業説明会
3月〜10月 ES提出
4月〜    筆記試験・面接
4月〜    内定

(期間はあくまで基本的な目安です。)

 

見て分かる通りですが、大学院生はほとんどの期間で、何かしら就活に関わる活動をする必要性があります。

まずはこのスケジュール感をしっかりと把握してください。

大学院生は就活で学卒よりも有利なのか

 

次に大学院生が就活をする上で、知っておくべき情報をお伝えしますね。

この議題は非常に興味あるのではないかと思うのですが、そもそも大学院生は就活に有利なのでしょうか。

 

僕が考える結論はこちらです。

その専門性を活かせる職種ならば圧倒的に大学院生は有利。

実際に僕が入社した大手食品企業では採用した“研究職”10名はすべて大学院生でした。

一方で、僕を含めた営業職13名はうち10名が学卒です。

 

つまり、研究職など大学院生としての専門性を重視する職種に就く際は圧倒的に有利だと言えますね。

しかし、大学院で学んだ専門性を一切活かせないという場合には有利になることはありません。 

 

ここで一つ注意なのですが、僕が考えるに大学院で習得したことを企業で活かそうとして、無理やりな企業選びはしない方が良いと思っています。なぜなら視野が狭くなってしまうから。

「サンクコスト」という言葉を知っておいて欲しいのですが、人は「せっかく時間やお金を費やしたのだから、絶対にそれを活かしたい!」と強く考える特性を持っています。

 

f:id:shukatu-man:20180820131302p:plain

 

わざわざ大学院に行ったのだから、大学院で習った専門性を企業で活かさないと!!と考えるんですよね。

もちろん、大学院で身につけたことが仕事にも活かせれば、それに越したことはない。

しかし、世の中そんなにうまくはいかないので、サンクコストのせいで視野が狭くなり、企業選びの幅を狭めてしまうのは絶対におすすめできません!

ある程度、割り切ることは必要だと思っています。

 

なぜ就活ではなく大学院に進んだのかを明確化しよう

 

ここで更に大学院生が、就活で最も意識すべき注意点について話したいと思います。

注意点はこちらです。

なぜ大学院へ進学したのか、“誰が聞いても納得できるレベルまで”明確化しておこう。

他の就活サイトでもこれは書いてありました。

しかし、「なぜ大学院へ進学したのか言えるようにしておこう」ぐらいのラフな表現でしたね。そんなラフで甘えた表現ではだめ!笑

 

はっきり言いますよ?

大学院へ進学した理由をはっきり言えない人は、就活からの逃げが大半です。

おそらく「大学院に進学してもう少し進路について見つめる期間が欲しい」とか「院生の方が有利と聞きまして」のような理由が多い。

(厳しい言い方してごめんなさいね!)

 

僕は大学院に行けるほどの環境がなかったので、大学院への進学の選択肢は皆無でした。しかし、大学院に行った友人にその理由を聞くとだいたいの人が「大学院に進学してもう少し進路について見つめる期間が欲しかった」と答えます。

 

...僕から言わせてもらえば大学四年間何してたの?なんですよ。

これはかなり厳しい言い方をしていると思われるかもしれませんが、面接官も同じこと思ってます!!!!!

 

だからこそ、 「大学院に進学してもう少し進路について見つめる期間が欲しかった」なんて曖昧な理由を答えてはダメです。

 

ではどう答えれば良いのか。

おそらく大学院へ進学した理由で、他人が納得できる理由はこれしかないでしょう。

【大学院へ進学した明確な理由(他人が納得できる理由)】

「◯◯の分野について、大学のリソースを最大限に活用して知見を深めたかった。」=「専門性の習得」

つまり、何かの分野への知識や経験を大学のリソース(資源)を使って深めるために大学院へ進学したという理由、つまり「専門性の習得」こそが進学理由としては納得性は高いですね。正直、大学院へ行くメリットってこれしかないと思います。

(もちろんこれ以外に明確な理由があれば、それを企業に伝えれば良いですよ。)

 

しかし、大学院へ進学した理由が「専門性の習得」だとすると、一つ大きな問題が出てきてしまいます。次はそれを解説していきますね。

 

「大学院へ進学したのになぜうちの会社に?」問題

 大学院への進学理由が「専門性の習得」だとすると、就活において大きな問題が生じてしまいます。

 

その問題とは、

「大学院で得た専門性、うちの会社で活かせないけど、なぜうちの会社を志望するの??」と聞かれる問題

です!!

 

僕が分析するに、この問題にうまく対処できる大学院生は就活でうまくいきます。

ですが、うまく対処できる人はめっちゃ少ない!

なぜ対処できる人が少ないのかと言うと、この問題がいかに就活の成功を左右するほどの大きな問題かを認識しておらず、ほとんどの人が対処法を考えないからでしょうね。

(就活はそんなに甘くないぞ!!笑)

 

こんな話をしたら、「じゃあどう対処すれば良いんですか?」そんな声が聞こえてきたので早速対処法を教えましょうか。

 

【 大学院へ進学したのになぜうちの会社に?問題への対処法】

 

「大学院で学んだことが社会に出て、必ずしも活かせないことは進学当初から認識しておりました。

(まずはここで自分でも認識してますアピール!→面接官はちゃんとこいつは分かって大学院へ行ったんだなと感じる。)

しかし、私は大学生活を送る中で◯◯の分野への興味が増し、深めたいとの気持ちが強まりました。今大学院で学んでいることへの知識は、相当に深めきったので悔いはありませんし、満足しています。

(ここで大学院で学んでいることへの未練は捨てたことを面接官に認識させる)

私は、次の興味の矛先を貴社の◯◯の事業に見出したで、大学院で学んだ専門性に関係がなくとも生涯をかけて働きたいと思っています。

(興味の矛先が、「大学院の研究」よりも今は「貴社の◯◯事業」に向いているという志望理由を明確に伝える)

 

これで確実に面接官は納得しますね。

一つ注意ですが、「興味がすぐに移り変わる人」と思われる可能性があるので、最後の「生涯をかけて働きたいと思っています。」を強めに言いましょう。

(こうした細かいテクニックが決まった時の快感は最高ですよ。)

 

ここでは、大学院での専門性とは全く関係のない企業を志望する際の対処法をお伝えしましたが、当然専門性が活かせる企業に入社する場合は必要ありません。

 

しかし、すべてがすべて専門性が活かせる企業とはいかないと思います。

このような対処法も一つの武器としてぜひ持っておいて欲しいなと考えています!

 

こうした“生じる可能性のある問題”をあらかじめ意識して対処法を考えておく。
これができる人は就活では無双できるよ!

大学院生が行うべき就活の手順

 

ここからは、大学院生がおこなう就活の手順を簡単に解説していきます。

 

手順① 自己分析

 

自己分析に関しては、こちらの記事で12000文字にわたって詳しく解説しています。

【自己分析は8ステップ!】やり方のおすすめ方法を解説します! - 就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

 

そもそも「自己分析」という言葉って非常に分かりにくいですよね。

よって就活攻略論では自己分析をこう定義しています。

自己分析とは『過去の出来事に対する自分の考えをとにかくアウトプットすること』

つまり、過去の出来事を整理して、その出来事に対する自分の考えをアウトプットする作業が自己分析なのです。

 

よって自己分析は、とにかく手と頭を動かすことが最優先!

記事を参考に完了させましょうね。

 

手順② 企業選び

 

企業を選ぶ際に重要な作業は、『企業の選択軸』をまず定めてしまうことです。

この企業の選択軸に関しては、こちらの記事で解説しています。

自己分析の簡単なやり方【3つのステップで完了します!】 - 就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

 

実際に企業の選択軸はこちらです!

【企業を選ぶための『選択軸』】

◯職種

(営業・研究・事務・工場・企画・総務etcどれに合うのか)

◯残業時間

(自分の時間が必須かどうか)

◯安定かスキルアップか≒企業規模

(一社のみでずっと働きたいor転職ありきで様々なスキルを身につけたい)

◯給料

(気にするorそこまで気にしない)

◯人

(どんな性格の人と相性が良いか)

自己分析から見えた自分の考えを元に、これらの選択軸を明確化していくことで企業選びは格段に楽になります。

むしろこの軸が定まっていない状態での企業選びは、ゴールのないマラソンになってしますので、確実に設定するようにしてくださいね!!

 

手順③ SPI・テストセンターの勉強

 

次に、自己分析や企業選びと同時並行でおこなうべきなのが、SPIとテストセンターの勉強です。

SPIやテストセンターは最低限の学力があるのかどうかを判断するテストであり、ここを突破しないことには面接さえも受けることができません。

 

この勉強方法ですが、本屋に行ってSPIとテストセンターの問題集を買ってとにかくやるだけです。シンプルですね!

(シンプルなことをしっかりとやる!これも就活攻略法の一つですからね!)

 

手順④ エントリーシート・面接対策

 

最後にエントリーシートと面接対策です。

大学院生のための面接対策の記事を別途用意しましたので、ぜひこちらを参考に面接対策をしていきましょう!

(大学院生のための面接対策:【大学院生のための就活】院生がすべき『面接対策』について! - 就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-) 

【その他】大学院生が気になる就活のこと

 

ではこれまで説明したことに加えて、大学院生からよくされる質問を紹介していきますね!

もし本日の記事以外で、質問があればLINE@に質問を投げてください。

随時こちらに追加していきたいと思います。

 

大学院生は給料が学卒よりも高いのか

 

これは結構気になることかと思います。

せっかく二年も費やして、学費も費やして大学院に入ったのだから、学卒よりも給料が高いのか!?

 

結論から話すと、企業によってはやはり院卒の方が高いです。

平成29年賃金構造基本統計調査結果(初任給)を見ると、院卒の平均初任給は23万円。大卒は20万円なので、平均で3万円程の違いがあるようです。

特に大企業だと院卒は初任給からしっかりと大卒よりも高い給料が設定されています。

しかし中小企業やベンチャー企業だと、あまり差はなさそうですね。

 

まとめ『大学院生は就活をとにかく効率化するべき!』

ここまでお疲れ様でした!

読んでいただいて分かった通り、 大学院生の就活の特徴は『とにかく忙しい』ということです。

 

大学院生は学会発表や、卒業研究と同時並行で就活を行う必要があります。

一方で大学三年生はふんだんに時間をかけて就活をしています。

(大学三年生は就活のフィールドにおいてはライバルですからね。)

 

ここで重要だと思うことは、とにかく『効率的に就活をすること』だと僕は思います。

 

自分に全く合わないような企業をマイナビで適当に選び、選考して落ちる。

こんな無駄なことに時間を費やしている暇は、大学院生にはありません。

 

よって効率的な就活で重要なことは、自分に合った企業選びだと就活攻略論では定義しています。

【効率的に就活するために重要なこと】

自分に合った企業のみを的確に選び選考すること。

自分に合った企業を選ぶためには、第一に正しい自己分析が大切です。自己分析の方法はこの記事でも解説しましたね!

 

次に僕も秋採用支援という形で、関東と関西の企業を志望する方へ支援しているのですが、キャリアアドバイザーさんを味方につけるのは本当におすすめです!

なぜかというと、キャリアアドバイザーさんは業界知識や各企業のことを熟知しているから。

大学院生は忙しいので、そこまで1社1社の研究ができないと思うのですが、そこを解消するためにキャリアアドバイザーを使うのは賢いやり方だと思います。

 

(ちなみにメールとかが鬱陶しい企業のキャリアアドバイザーさんをつけるのはオススメしません。連絡手段が複雑だったりするので逆に面倒になる。)

 

もし関東か関西の企業への就職を希望している大学院生がいたら、僕とキャリアアドバイザーさん2人での支援もしているので、ぜひ活用してみてくださいね!

詳細はこちらに書いています↓
19卒限定『秋採用支援』について - 就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

 

 

ではでは締めに入っていきましょうか!

このマニュアルで書いたことは、正直、最低限の知識になります。 

就活攻略論の他の記事も読み込んで、どんどん就活攻略法を身につけていってください。

 

今頑張れば、将来楽ができる!

僕はそんな思いで毎日努力しているので、ぜひ皆さんもこの思いで頑張ってみてはどうでしょうか!!

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー