MENU

【就活イベントで着るべき服装は?】私服の場合のおすすめ等も解説!

20180401154528syukatuman-about

就活マンこと藤井智也が「読むことで他の就活生と圧倒的な差を付けられる情報」を発信しようと立ち上げた就活ブログです。今年で5年目をむかえます。

偏差値50の中堅大学から、複数内定を獲得し、食品大手に入社した全技術を余すことなく共有します。
※本気で就活を成功させたい方のみ読んでください。

» 就活マンとは?|運営者のプロフィールや立ち上げ経緯はこちら

20220609144604
20210428164338

ミーツカンパニー(全国オンライン可)

→現状最もおすすめの就活エージェントの1つ。大手や穴場優良企業も多く紹介してもらえるのが最高。

キャリアチケット(全国オンライン可)

→ミーツカンパニーと併用したい就活エージェント。ホワイト企業の求人も紹介され、選考対策も手厚い神サービス。

キミスカ(逆求人サイト)

オファーボックス(逆求人サイト)

→どちらも主要の大手サイト。登録しておくだけで企業からスカウトが届くので、早めに登録しておく。

20220429171913

就職Shop

→20代の転職に特化。ホワイト企業の求人も非常に多い。リクルートが運営元で現在すべてオンライン対応。

レバテックキャリア

→ITエンジニアやWeb業界の転職において評判が抜群に良いエージェント。利用者20万人と圧倒的に支持されている。年収アップ率も77%と超高い。

f:id:syukatsu_man:20210714132923p:plain

 

こんにちは!

就活を研究し続けて7年目、書いた記事は1000以上の就活マンです。

 

(このブログ以外にも、僕を含めた編集部が企業を厳選した求人サイト「ホワイト企業ナビ」の運営も開始しました! » 求人一覧を見る

 

今回は「就活イベントで着るべき服装」について解説していきます。

就活イベントに参加する際「面接とは違うし、どんな服装で行けばいいのかわからない…」という人も多いですよね。

 

とくに「服装自由」「私服可」となっている場合は、余計に悩んでしまうかと。

そこで本記事では、そういったケースごとのおすすめ服装例も共有します。

 

本題であるイベントに集中するには、正しい服装を知っておくべきです。

この記事を読んで、安心して就活イベントに参加出来るようにしましょう!

 

たしかに選考とは違うので、どんな服装をすべきか悩んでしまいますね。

初参加だったり服装の指定がないときは、より迷ってしまうよね。今回の記事ではそこら辺も含めて「就活イベントにふさわしい服装」について網羅的に解説していくよ!

就活イベントとは

f:id:milysong:20210709115916j:plain

 

まずはじめに、就活イベントの概要について簡単にご紹介しておきますね!

就活イベントとは、就活生が参加する説明会やセミナーの総称です。

就活イベントの多くが「合同説明会」か「就活セミナー」の2種類に分けられます。

 

▼就活イベントの種類

就活セミナー ESの書き方や面接対策など就活ノウハウを教わるイベント
合同説明会 複数の企業が集まり就活生に会社説明を行うイベント

 

「就活イベント」とまとめられることが多いですが、内容はまったく違うんです。

就活セミナーは、就活に向けた対策などが行われるイベントで企業が行うものもあれば、大学で開催されるものもあります。

 

一方の合同説明会は、いくつかの会社が集まって自社のブースを設け会社説明を行うイベントです。

数十社が集まる大規模なものから、数社程度のみで行われる規模のものまであります。

 

それぞれについて、ふさわしい服装があります。

よって次の章から、それぞれの就活イベントにふさわしい服装を共有していきますね!

 

就活セミナーは無料のものでも参加価値が高い

就活セミナーには有料のものと無料のものがあります。

正直、僕の意見としては有料のセミナーに出る必要は全くないですね。

 

それだけ無料のセミナーでも質の高いものは多くありますよ!

ただ、参加経験が浅いと、どのセミナーに出るべきか悩みますよね。

 

そこで就活を7年研究している僕が「就活セミナーおすすめランキング【1位〜11位】|無料で参加価値の高いセミナーを厳選!」にて、無料で参加価値の高いセミナーをまとめました!

 

「参加すべきセミナーがわからない」「どんなセミナーがあるか知りたい」という人はぜひ参考にしてください。

 

就活マンがおすすめする就活イベント

僕はこれまで7年に渡って就活を研究し続けてきました。

その中で、いろんなイベントに参加したり評判について調査なども行ってきました。

 

そんな僕が”本当に参加価値がある”と感じたイベントを記事にまとめました。

ランキング形式で、僕が自信を持っておすすめできるイベントを厳選しています。

 

「就活イベントを探す手間を省きたい」「価値のあるイベントだけに参加したい」という就活生にとって、必ず役立つ記事なので、ぜひ読んでみてください!

 

 

就活イベントでも種類が分かれるんですね。

大きく2種類だね。セミナーも合同説明会も無料のものでも非常に質が高いんだ。次章以降で、本題である服装について解説していくよ。

就活イベントにふさわしい服装【就活セミナー編】

f:id:milysong:20210709124016j:plain

 

就活ノウハウを教えてもらう就活セミナーには、基本的にリクルートスーツで行くようにしましょう。

とくに面接対策などが行われる場合は、本番を想定してスーツを着ていくべきです。

 

色は落ち着いた黒やネイビーなど暗めのものを選ぶのがおすすめ。

明るめのグレーなども問題はありませんが、黒のリクルートスーツを着ている就活生が多いので浮いてしまう可能性があります。

 

また、ストライプなど柄が入ったスーツも派手な印象を与えてしまうので避けるのがベター。

無地でシンプルなスーツを選ぶようにしましょう。

 

▼就活セミナーにおすすめのスーツ【男性向け】

f:id:milysong:20210712153908p:plain

 引用:AOKI「究極の就活スーツ

 

 ▼就活セミナーにおすすめのスーツ【女性向け】

f:id:milysong:20210712154050p:plain

引用:AOKI「究極の就活スーツ

 

カバンや靴なども、スーツと同じ色か近しい色のものを選んでみてくださいね。

また、ピアスやネックレスなどのアクセサリーもつける必要はありません。

 

ただ企業ではなく、大学が主催している就活セミナーであれば普段大学に行くときの服装で問題ないですよ。

 

イメージは面接などに行くときと同じようなスーツですね。

基本的にはベーシックな就活の服装で参加すれば問題ないよ!

就活イベントにふさわしい服装【合同説明会編】

f:id:milysong:20210709124029j:plain

 

合同説明会にふさわしい服装も、基本的には就活セミナーと同じです。

多くの企業が集まるイベントなので、どの業界や企業にも悪い印象を与えないようにリクルートスーツで参加しましょう。

 

なお、合同説明会の場合、各企業の資料やパンフレットを大量にもらいます。

そのため、容量が十分にあるカバンを持っていくようにしましょう。

 

▼就活イベントに持参すべきもの

f:id:syukatsu_man:20210714144245p:plain

 

僕がおすすめする就活カバンは以下の記事でご紹介しています!

就活用のカバンで他の学生と大きく差がつくわけではないので、とにかく「コスパの良いカバン」のみを厳選してピックアップしました。

 

「就活用のカバンってどう選べばいいのかわからない…」という就活生はぜひチェックしてみてくださいね!

 

 

確かにたくさんの企業が集まっている説明会だともらう資料も多そうですし、大きいバッグが必要ですね。

会社説明資料なんかはA4サイズの書類であることが多いから、A4書類が入るかどうかはカバンを選ぶ上で要チェックだよ。

就活イベントで「服装自由」「私服可」の記載がある場合は?

f:id:milysong:20210709120103j:plain

 

就活イベントの基本的な服装についてお伝えしました。

しかし、中には「服装自由」や「私服可」と書かれているイベントもありますよね?

スーツを指定されるよりも、逆に難しいと感じてしまうでしょう。

 

結論からいうと、「服装自由」「私服可」の記載がある場合はスーツでも私服でもどちらでもOKです!

この場合、服装が就活を進める上で悪い影響を与えることはないからです。 

 

ただ、服装自由と書かれていても実際はリクルートスーツで参加する就活生がほとんど。

「どっちでも良いが一番迷う…」という就活生はリクルートスーツで参加しましょう。

 

私服で参加する場合

私服で参加する場合には、普段遊びにいくときのような私服はNG。

就活イベントなどで言われる「私服」とは、オフィスカジュアルを指している場合が多いです。

 

シャツにジャケットを羽織るなど、ほどよくカジュアルさのあるきれい目の服装を心がけましょう。

 

上着もボトムスも、ネイビーやベージュなどの落ち着いた色を選ぶのがおすすめ!

靴は男性は革靴、女性は低いヒールを合わせてみてください。

 

▼オフィスカジュアルの例【男性向け】

f:id:milysong:20210712155133p:plain

引用:Biz front 「セットアップジャケット

 

▼オフィスカジュアルの例【女性向け】

f:id:milysong:20210712155813p:plain

引用:DailyMORE「オフィスカジュアルの正解と失敗
 

基本的に私服で参加する場合には、オフィスカジュアルを意識すれば問題ありません。

しかし、業界によっては本当の私服を見たいという意図がある場合も。

 

たとえば、アパレル業界であれば就活生の私服を見てセンスや個性などを判断することが多いです。 

また、IT業界も働くときにラフな服装でOKな企業が多いので、就活イベントでも「私服可」となっている場合がよくあります。

 

どの業界の就活イベントなのかによって、オフィスカジュアルでいくのか自分をアピールする私服でいくのかを合わせると良いでしょう。

 

どんな私服で参加すべきか迷ったときは「OB訪問」を行うのがおすすめ!

「オフィスカジュアルがいいのか、本当の私服がいいのか分からない」という方は、事前にOB訪問を行っておくのがおすすめ。

 

参加する企業のOB訪問を行って、先輩社員の服装を確認しておくとどのような服装が良いのかわかりやすいですよ!

 

以下の記事で、OB訪問のやり方とおすすめのOB訪問アプリをご紹介しています。

注意点やおすすめの手土産などもまとめているので、この1記事でOB訪問に関する知識がすべてわかりますよ!

 

「就活イベントに参加する前にOB訪問を行っておきたい」「OB訪問ってまず何からすればいいのか分からない」「OB訪問に使えるアプリやサイトが知りたい!」という就活生は必読です! 

 

 

私服可の就活イベントに参加する場合の注意点

 

私服で就活イベントに参加する場合は、以下の3点に注意しましょう。

 

【私服可の就活イベントに参加する場合の注意点】

  • 「清潔感」を必ず意識する
  • サンダルやダメージジーンズなどカジュアルすぎるものはNG
  • 女性でスカートを履く場合は必ずストッキングを着用する

 

まず、就活イベントに参加する上でかなり大切なのが「清潔感」。

服装は相手へ与える印象に大きく影響します。

好印象を持ってもらうためにも、必ず清潔感を意識しましょう。

 

清潔感はスーツでも意識すべきポイントですが、私服の際はより清潔感をふまえて服装を考えるべき。

スーツよりも清潔感があるかどうかがぱっと見でわかりやすいからです。

 

アパレル業界やIT業界などの就活イベントに参加する場合でも、サンダルやダメージジーンズなどカジュアルすぎる服装はNGです!

清潔感がないように見えてしまい、印象がよくありません。

 

あくまでも「就活イベント」だということは忘れずに、ある程度の清潔感はキープしつつカジュアルさを取り入れるようにしましょう。

 

また、女性でスカートを履いていく方は必ずストッキングを着用してください。

ビジネスの場では、ストッキングを着用するのがマナーです。

就活イベントでも脚が見える服装で参加する場合は、ストッキングを必ず履くようにしましょう。

 

就活イベントで私服を指定する企業には意図がある!

「服装自由」や「私服可」以外に、私服を指定するイベントもあるんです。

スーツではなく私服で参加を条件にしている企業には、以下のような意図があると考えられます。

 

【私服を指定する企業の意図】

  • 普段どおりの学生の姿が見たいから
  • リラックスして参加してほしいから
  • TPOを守れるかを見たいから
  • グループワークなどを行うから

 

私服を指定する企業の意図としては、上記でお伝えしたセンスや個性を見たいなどの他に「普段どおりの姿が見たい」「リラックスしてほしい」などの意図があります。

 

また、「TPOを守れるかを見たい」という意図であえて私服を指定する企業も。

TPOとは、「Time(時)・Place(場所)・Occasion(場合)」のこと。

 

私服でも”就活イベント”という場に合った服装ができるか、最低限のマナーがあるかどうかを判断するのです。

その他には、グループワークを行うため動きやすい服装で来てほしいという場合もあります。

 

自分が参加する就活イベントの企業や業界、内容をしっかり把握してどのような私服でいくべきか判断してください。

 

服装指定なしの就活イベントに参加する場合の注意点

 

就活イベントの中には、服装についての指定がないイベントもよくあります。

そんなときは、リクルートスーツで行くのが無難です。

 

何も指定がないからと、遊びに行くような格好や適当な服装で行くのは控えておきましょう。

就活イベントは基本的にスーツで参加する就活生が多いので浮いてしまいますし、企業からも「マナーがない」と思われてしまいます。

 

参加予定の就活イベントで服装についての記載がなく迷っている就活生は、リクルートスーツで行くのがおすすめです!

  

オフィスカジュアルかスーツが無難ですね。

就活の本質は服装ではないからね。服装は無難にしつつ、それよりも選考対策に意識を向けるべきだね。

就活イベントの服装は事前にチェックしてもらっておくべき!

f:id:milysong:20210709120023j:plain

 

ここまで読んでいただければ、就活イベントで着るべき服装のイメージがある程度できたかと思います。

ただ、会場に行くまで不安がある就活生も多いですよね。

 

その場合は、就活のプロや企業の現役人事に事前確認してもらうのがおすすめ。

具体的には、以下の方法が実践しやすいかと思います。

 

【就活イベントの服装を事前確認してもらう方法】

  • 逆求人型サイトを使って現役人事に確認してもらう
  • 就活エージェントを利用して就活のプロに確認してもらう
  • 大学のキャリアセンターで確認してもらう 

 

方法① 逆求人型サイトを使って現役人事に確認してもらう

 

まず僕が最もおすすめする方法が「逆求人型サイトを使って現役人事に確認してもらう方法」です。

 

逆求人型サイトとは、プロフィールを入力するだけで企業からオファーが届くサービスのこと。

ここでオファーがもらえた企業とはチャットでやり取りをすることができます。

 

つまり、そこで繋がった企業人事に服装の相談も可能。

やはり就活で評価する立場にあるのは人事なので、その人に見てもらうのが効果的ですよね!

 

【絶対に併用利用すべき逆求人サイト3選|すべて完全無料】

※これら大手3サイトをすべてプロフィールを登録しておくことで、自動的に企業が自分のことを認知してくれて、勝手にスカウトが届く仕組みは現状最効率かと。

 

キミスカ

ー大手企業のグループ会社など穴場企業が多い逆求人サイト

ー サイトの使いやすさや提供する適性検査の質はピカイチ

 

Offerbox(オファーボックス)

ー利用企業数が7300社を超える最強の逆求人サイト

ー経済産業省や資生堂、マイクロソフトも利用するほどの信頼性

 

dodaキャンパス

ー利用企業数が6300社以上のこちらも大手逆求人サイト

ー21卒以降の学生が35万人も登録するほどの支持の高さ

 

方法② 就活エージェントを利用して就活のプロに確認してもらう

 

次におすすめするのが「就活エージェントに確認してもらう」方法です。

就活エージェントは毎年多くの就活生をサポートしているため、就活のプロと言える存在。

 

f:id:syukatsu_man:20210714233511p:plain

 

就活全般のサポートを行ってくれるので、当然服装に関する相談も可能。

就活イベント自体を主催している企業のエージェントもいるので、そこに事前確認をしておけば間違いないですね。

 

ただ、就活エージェントって年々数が増えていてどれを使うべきか悩むかと。

そこで就活攻略論では、多くの就活エージェントの中から本当におすすめできるサービスについて「就活エージェントおすすめランキング【1位〜17位】」にて詳しく解説しました!

 

”どの就活エージェントを使うべきか悩んでいる””それぞれの特徴を知りたい”という人は必ず読んでほしい記事です。

 

方法③ 大学のキャリアセンターで確認してもらう

 

最後の方法は「大学キャリアセンターで確認してもらう方法」です。

これが最も気軽で簡単に実践できる方法ですね。

 

キャリアセンターの職員も毎年多くの就活生のお世話をしているので、就活イベントに適した服装についても把握しています。

まだ利用していない人は、一度利用することをおすすめしますよ!

 

 

事前に確認しておけば安心してイベントに参加できますね。

特に初めて参加する場合は心配だよね。相談相手を作る意味でも、これらのサービスを利用することは本当におすすめだよ。

本記事の要点まとめ

 

最後まで読んでくださり、本当にありがとうございました!

就活イベントに適した服装について、ある程度理解が深まったかと思います。

 

就活イベントには、基本的にリクルートスーツで参加すれば問題ありません。

スーツで参加する就活生がほとんどなので浮くこともないでしょう。

 

ただし、服装自由や私服の指定がある場合には、その企業や業界、イベントの内容を含めて判断するようにしてください!

 

また、私服で参加する場合にも清潔感は必ず意識することが大切ですよ。

就活イベントは選考に直接関係するものではありませんが、企業の採用担当者と関わる大切な機会でもあります。

 

今回お伝えした内容を参考に、良い印象を与えられる服装を意識して参加してみてくださいね!

では、最後に本記事の要点をまとめて終わりましょう。

 

【本記事の要点まとめ】

  • 就活イベントは主に「就活セミナー」と「合同説明会」の2種類に分けられる
  • 基本的にはリクルートスーツで参加すれば問題ない
  • 「服装自由」「私服可」の場合は、リクルートスーツもしくはオフィスカジュアルで参加する
  • スーツでも私服でも「清潔感」は必ず意識する
  • 「逆求人型サイト」「就活エージェント」などを利用して事前確認をしておくべき

 

今回の記事が少しでもあなたの役に立ったのなら幸せです。

就活攻略論には他にも、僕が4年に渡って書き続けた900の記事があります。

ぜひ他の記事も読んでもらえると嬉しいです\(^o^)/