就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

会社説明会ですべき20の質問例【内定に繋がる質問はこれ!】

20180401154528syukatuman-about

就活マンこと藤井智也が「読むことで他の就活生と圧倒的な差を付けられる情報」を発信しようと立ち上げた就活ブログです。今年で4年目をむかえます。

偏差値50の中堅大学から、倍率800倍の食品大手に入社した全技術を余すことなく共有します。
※本気で就活を成功させたい方のみ読んでください。

20200518154051

Twitter(@shukatu_man

----------------
★本日のお品書き

《本記事が解決する悩み》

・会社説明会でするべき質問例が知りたい

・良い質問と悪い質問の違いが知りたい

 「読むだけで就活を圧倒的有利にしましょう。」

----------------

皆さん、こんにちは!会社説明会の最後の質問コーナーで高学歴をアピールする人超苦手でしたでお馴染み、就活マンです。

f:id:shukatu-man:20191206123700p:plain

最初に断言します。

本記事を読めば、「会社説明会ですべき質問例」だけでなく、「絶対にNGな質問」「会社説明会で着目すべき良い企業の見分け方」まで把握することができます!

 

会社説明会の最後に「何か質問はありますか?」と聞かれる場面があります。

そこで何を聞けば評価されるのか?と僕が就活生の時も思っていました。

 

結論を話すと、ネットだけでは得られない情報や、選考に役立つ「求める人物像」のようなことを聞くのがおすすめなんですよね!

本記事にて、それらを詳しく解説していきます。

 

基本的に就活での「質問」って何を聞けば良いのか迷いがちですよね。

目的もなく「とりあえず質問して覚えてもらうか」という思考は無意味だからね。戦略的に質問を考えていこう! 

会社説明会での質問マナーについて

f:id:shukatu-man:20191208114107p:plain

 

会社説明会で質問する際に、まずは基本的なマナーを押さえておきましょう。

 

多くの就活生は「質問した方が目立てる」と考えていますが、会社説明会で質問することによって評価されることはほとんどありません。

(結局のところ、大事なのは各選考なので!!)

 

しかしマナー違反である質問をしてしまった場合は、マイナス評価されかねない。

だからこそ、最低限の質問マナーを押さえる必要があるんですよね。

 

【会社説明会での基本的なマナー】

  1. 調べたらすぐに分かる質問はしないこと
  2. 自分だけに関係のある質問はしないこと
  3. 1つの質問に留めて簡潔に質問すること
  4. ネガティブな質問はしないこと

 

マナー① 調べたらすぐに分かる質問はしないこと

 

これは会社説明会だけでなく面接での逆質問でも言えることですが、「調べたらすぐに分かるような質問はしない」でください。

僕が就活生の時も、調べれば分かる質問をする就活生が大量にいました。

 

例えば、「御社のビジョンを教えてください」「力を入れている事業は何でしょうか?」などの質問は、会社のホームページや決算報告書に書いてあることが多いんですよね。

 

企業研究が足りていないと判断される

このように調べたら分かるような質問をした場合、人事から「企業研究が足りていない人物」とマイナス評価される可能性があります。

たしかに人事の立場に立ったら、「それサイトに書いてますけど?」と思いますよね。

 

会社説明会での質問は、徹底的に調べた上でするように。

「とりあえず質問しておくか」という軽い気持ちで質問するなら、しない方が無難ですね。

(調べてから個別に質問したり、面接の逆質問で質問すれば良いですから!)

 

たしかに調べて分かるようなことを質問する人は評価されないですよね。

 

マナー② 自分だけに関係のある質問はしないこと

 

次に「自分だけに関係のある質問はしないようにすること」は重要です。

会社説明会は、他にも参加している就活生がいます。

そんな中で、例えば「◯◯に住んでいるのですが、そこからの通勤は可能ですか?」といった自分にだけ関係のある質問をすれば、人事からは「個別質問は後で受けますね!」と言われてしまうだけです。

(言われなくても、そう思われます)

 

更には「周りに配慮できない自分勝手な就活生」としてマイナスな印象を与えてしまう可能性が高い。

よって他の就活生にも役立つ回答が期待できる質問をするようにしましょうね!

 

マナー③ 質問は1度に1つの質問に留めて簡潔に質問すること

 

続いて、3つ目のマナーですがこれはかなり重要!

「質問は1度に1つに留めて簡潔に質問すること」が本当に重要です。

 

会社説明会の質問タイムで「質問が3つあります。」と切り出して質問する人がいますが、あれは完全にアウトですね。

以前、次のようにツイートしました。

 

会社説明会の質問タイムで、
「質問が3点あります。」と切り出す人は配慮が足りないよね。
 
・自分だけが時間を独占している
・面接官としては3つも覚えるのが大変
・3つあると必ず1つはどうでも良い質問
 
理由は上記。
たくさん質問すれば良いってもんじゃない。

 

3つも質問するのは他の就活生の時間を奪っています。

更には、そもそも面接官が3つも同時に回答を考えるのは大変なんですよね。

(どんな時も相手の立場に立って考えて行動することが重要です!)

 

1問!質問の核から話すこと!

よって、会社説明会での質問は1問!

そしてその1問は、質問の核(聞きたいこと)から話す!

これを徹底してください。

 

「私は大学時代に◯◯をしていたので、◯◯なんですけど、◯◯ですか?」と物語形式でぐだぐだ質問するのはNGです。

何を聞きたいのか、質問の核をバシッと質問するようにしてくださいね。

 

たしかに会社説明会で浅い質問を複数する人っていますよね。

めちゃくちゃいるよ。僕が人事だったら、マイナス評価するねー。

 

マナー④ ネガティブな質問はしないこと

 

最後、4つ目のマナーについて。

「会社説明会での質問ではネガティブな質問はしないようにすること」がベターです!

 

ネガティブな質問とは、残業時間、年間休日、年収、離職率、ノルマの有無などですね。

これらを会社説明会ですることで、人事との間に気まずい雰囲気ができます。

そうなると、あなたの印象は非常に悪くなってしまいますよね。

 

【NGな質問例】

  • 残業時間は実際どのぐらいなのでしょうか?
  • 年間休日は◯◯と記載されていますが、本当でしょうか?
  • 20代での平均年収はどの程度でしょうか?
  • 年間のボーナスはいくらでしょうか?
  • 離職率はなぜ上がっているのでしょうか?
  • 営業にノルマなどはありますか?

 

こうしたネガティブな情報に関しては、口コミサイト(Openwork・転職会議・カイシャの評判)を見るか、またはOB訪問で現場の社員さんに聞きましょう。

人事は「新卒を予定数採用する」という使命があるので、ネガティブな質問への回答をにごす傾向にあるので、どっちみち聞かない方が良いですよ。

 

これら4つの最低限の質問マナーを押さえた上で、質問することが重要だよ!

なるほど!たしかに言われてみれば、どれもマイナス評価に繋がりそうなものばかりですね!

会社説明会ですべき10の質問例

f:id:shukatu-man:20190930171714p:plain

 

では基本的な質問マナーを押さえた上で、僕がおすすめする会社説明会での質問を紹介していきますね。

質問する際のポイントは2点あります。

・「それはなぜか?」とあらかじめ深堀りする

・職種を明確にして質問する

 

質問に対して「◯◯です」とだけ、回答されても意味ありません。

「それはなぜか?」という“理由”まで深堀りすることで、本質を理解することができるんですよね。

 

次に同じ会社でも職種ごとに仕事も社員の特徴も、求める人物像も違います。

よって、自分が志望する職種を明確にして質問する方が、質問の精度が上がりますよ!

 

①「働いている社員さんの特徴」に関する質問

【質問例】

・御社で働いている◯◯職の方々はどのような性格の方が多いでしょうか?

・御社で働いている◯◯職の方々と相性が良い性格はどんな性格の人ですか?またそれはなぜですか?

 

早期の離職理由の上位を締めるのが「人間関係」です。

よって、入社前に自分に合う人が多い職場なのかをできるだけ確かめておくことが重要なんですよね。

 

例えば僕は「怒る人」がめちゃくちゃ嫌いです。

よって怒る人が多い職場だったらすぐに辞めたくなる。だったら最初から穏やかな人が多い職場に入社する選択を取るべきですよね。

 

自分の苦手なタイプの人の特徴を明確化せよ! 

自分が苦手なタイプの人の特徴を明確化する

そういう人が多い職場を避ける

 

上記は非常にシンプルですが、就活生でこれができている人少ないんですよ。

内定を取ることに意識を向けすぎていますが、このように入社後のミスマッチがないように行動することが重要です! 

 

②「活躍する人材の特徴」に関する質問

【質問例】

・御社の◯◯職で活躍する人材の特徴を教えてください。またそれはなぜですか?

・御社の◯◯職で20代から活躍している人物はいますか?またその方の特徴を教えてください。

・今後御社で活躍するだろう人材の特徴を教えてください。またそれはなぜですか?

 

続いて、活躍する人材の特徴を把握することは重要です。

例えば「うちの会社の営業は行動力がある人が活躍しやすい」という企業もあれば、「うちの会社の営業は担当する会社の数が少ないから、ふところに入る愛嬌がある人が活躍しやすい」などなど、活躍する人材の特徴はそれぞれ違います。

 

やっぱり社会人になってから気楽に働くためには、ある程度は活躍する必要がある。

だからこそ、事前にその会社で活躍する人の特徴を把握し、自分がそれに当てはまるのかを考えることが有効です!

 

③「求める人物像」に関する質問

【質問例】

・◯◯職の新卒採用において、御社が求める人物像はどんな方でしょうか?またそれはなぜですか?

・御社が足りない、今後増やしたいと考えている人材の職種や特技、性格的な特徴はありますか?またそれはなぜですか?

・御社の採用ページに求める人物像は◯◯とありましたが、この他に求める人物像としてはどんな人がいますか?

 

次に「求める人物像」を深堀りしておくことで、 内定取得率を上げましょう。

新卒採用において、人事は毎年「今年は◯◯な人を採用しよう」という求める人物像を設定します。

当然、それに当てはまる人材が採用されやすいんですよね。

 

よって、その求める人物像に自分が当てはまる場合、それをアピールすることに全力を注ぐことで内定獲得に繋がるのです!

 

求める人物像を把握する

自分がその求める人物像に当てはまると判断する

自己PRや長所、ガクチカなどでその特徴を全力アピールする

 

せっかく求める人物像に近いのに、違うことをアピールしては勿体ない。

だからこそ、序盤でその企業が求める人物像を把握しておくことが内定獲得のポイントになってきますよ。

 

「第二に求める人物像」を聞くのも有効

ちなみに僕が使っていたテクニックなのですが、、、

企業の採用ページや就職四季報に書かれている求める人物像(=第一に求める人物像)ではなく、その次に求める「第二に求める人物像」を聞き出すことも有効なんですよね。

 

複数人採用する場合、求める人物像が1パターンなんてありえません。

企業はチームなので、チーム全員が同じ性格じゃ機能しない。

 

よって、全面に打ち出している求める人物像以外にも、求める人物像があるはずです。

これを質問によって聞き出しましょう。

第一の求める人物像、更には第二の求める人物像にも自分が当てはまるなら、全力でその2つを押せば良いです。

 

第二の求める人物像だけに当てはまる場合でも、 「求める人物像としては◯◯とあったのですが、第二に◯◯という人物像も求めていると回答されていたので、私はその第二に求める人物像のタイプだと考えております!」のようにアピールできますよね!

  

④「現場の雰囲気や社風」に関する質問

【質問例】

・御社の◯◯職の現場の雰囲気はどのような雰囲気でしょうか?比較的張りつめた雰囲気なのか、穏やかな雰囲気なのか実際の現場の雰囲気が知りたいです。

・上下関係に関して質問です。上司と部下の関係性として、フランクなのか厳しいのか、どちらが多いですかね?

 

次に、現場の社風を聞いておくことでミスマッチを減らせます。

「張りつめた雰囲気か穏やかな雰囲気か」ってめちゃくちゃ重要ですよね?

別に張りつめた雰囲気が悪いとかではなく、どっちが自分に合っているのか?という話です。

 

ちなみにこの現場の雰囲気については、職種ごとに異なります!

よって「◯◯職の雰囲気はどうですか?」と、職種を明確にして質問することが重要ですよ。

 

⑤「具体的な業務内容」に関する質問

【質問例】

・◯◯職の具体的な業務内容を教えてください。

・◯◯職の1日の業務スケジュールを教えてください。

・事務職はずっとPCの前で作業しているイメージなのですが、御社の事務職の方の働き方はやはりPC業務が多いのでしょうか?

 

続いて具体的な業務内容を聞くことで、入社後のイメージを膨らませることができます。

 

職種ごとの業務内容、1日のスケジュールについては採用ページに書かれていないことが多く、就活生側も“イメージだけで”判断している可能性があります。

よって職種を明確化しつつ、具体的な業務内容を質問することで「その業務が自分に合っているか」の確認をしてください。

 

営業の場合は「ルート」か「飛び込み」か判断できる

ちなみにこの質問をすることで、特に営業職の場合にルート営業か、飛び込み(新規開拓)営業かを把握することができます。

 

同じ営業職でも、ずっと取引があるお客さんを回るだけの比較的ラクな営業か、新規開拓する必要のある比較的厳しい営業かで、全く負荷が異なるので把握しておくと良いですよ!

(どっちが良いかではなく、どちらもメリットデメリットあります。飛び込みだとキツイですが、営業力が付きますね。)

 

⑥「評価制度」に関する質問

【質問例】

・御社の◯◯職では若いうちから活躍することで評価される仕組みがありますでしょうか?

・御社の◯◯職の評価制度について詳しく教えてください。

 

次に評価制度もサイトなどには書いていません。

「早いうちから評価されて役職をつけたい」という人は、こうした評価制度について詳しく質問しておくことをおすすめします!

(向上心が高い人は、20代から役職がついたりする企業の方が合ってますしね!)

 

また具体的に「20代で役職をもっている社員さんがいますか?」と突っ込んだ質問をしても大丈夫です。

むしろその方が理解しやすいので、ぜひ質問してみてください。

 

⑦「働きやすい環境」に関する質問

【質問例】

・御社は女性の働きやすい環境作りに注力している印象があります。具体的に、女性の社員さんがよく利用する制度について教えてください。

・御社の女性の職場復帰率はどのぐらいなのでしょうか?実際に職場復帰した事例を教えてください。長く働きたいと考えているので、質問させて頂きました。

・御社の社員さんが口を揃えて言う「御社の良いところ」はどこでしょうか?

 

続いて、働きやすさについての質問も重要ですよね。

特に女性の場合は、「女性の働きやすさ」への配慮は本当に企業ごとに異なるので、詳しく聞いておくと良いですよ。

 

その際のポイントですが、「実際に◯◯な人の例を教えてください」のように、「本当にそういう人がいるのか?」という視点で質問することです。

そうしないと「一応、◯◯の制度があります」とだけ回答されてしまい、実際にはそれを使えない雰囲気の会社である可能性もありますからね。

 

(内定獲得後は、このような部分も含めて入社前にOB訪問をしておくことをおすすめします!!おすすめのOB訪問アプリは別記事にて。)

 

 

⑧「会社の強み」に関する質問

【質問例】

・御社は◯◯業界で最大のシェアを占めております。競合他社を圧倒する秘訣はどこにあるのでしょうか?

・社員の方から見て、御社が競合他社と比較して、特に差別化しているところはどこでしょうか?

 

最後におすすめの質問は「その会社の強み」について聞くことです。

社員さんから見たその会社の武器、強み、差別化要因は非常に参考になります。

 

会社の強みを聞いて志望動機に活かすテク

競合他社と比較した時の強みを知れば、それを「志望動機」に繋げることも可能なんですよね。

 

評価される志望動機にポイントは「なぜ競合他社ではなく、その会社でないといけないのか?」に回答できることです。

よって、質問の回答で聞いたことをそのまま「◯◯という強みを持つのが競合他社の中でも御社だけであり、その強みに私自身が惚れているから」と回答できますよね。

 

このように言われたら人事も「おお、うちの強みを理解してそこに惚れてくれているのか!」と確実に思います。企業研究できてるなとも評価されます。

ぜひこの戦術を使ってみてください。マジで効きますよ。

 

ここでの質問例はたしかにネットで書いていないですね!

そしてどれも「聞く価値がある情報」だよね。「それを聞いたところでどうするの?」という質問をする人も多いから、差別化できるよ! 

質問の回答を内定に繋げる方法

f:id:shukatu-man:20191208122541p:plain

ここまで紹介した質問は、聞く価値がある情報ばかりです。

更にこれらの質問を「内定に繋げる」にはどうすれば良いか?詳しく話します。

 

面接にて「回答をうけて更に魅力を感じた」がキラーワード

 

質問して得た回答は、面接に活かしてこそ内定に繋がります。

具体的な手順は以下ですね。

 

会社説明会で得た回答

「その回答に賛同し、更に魅力を感じた」と面接で話す

 

例えば、会社説明会にて「上司と部下の関係性として、フランクなのか厳しいのか、どちらが多いですかね?」と質問したとしましょう。

人事からの回答は「うちの会社は非常にフランクですよ。上下関係も厳しくないです」だったとします。

 

その回答に対して賛同し、更に魅力を感じたと面接で話せば良いですよね。

例えば志望動機の最後にもで、次のセリフを加えたらグッドですよ!

 

「更に御社への魅力が、先日の会社説明会で倍増致しました。

というのも、人事の◯◯様に社内での上下関係の厳しさについて質問したところ、「比較的フランクだよ」という回答を頂いたんですよね。

もちろん最低限の上下関係のマナーを押さえることが必須ですが、私はフランクな上下関係だからこそ、自分が上の立場に立った時にも、後輩の率直な意見やアイデアを取り入れることができると感じています。

御社の先進的な商品はそうした社風によって生まれているんだなと実感し、非常に魅力を感じました。」

 

実際に聞いた内容をベースに語ることの重要性

このように実際に社員さんから聞いたことを面接で活かすのは有効なテクニックです。

なぜならその会社で働いている人の回答は「事実」なので、そうした事実に基づく自分の意見は、説得性が高いからですね! 

 

これは会社説明会だけでなく、OB訪問での質問、更には面接での逆質問で得た回答を次に繋げる時のポイントでもあります!

ぜひここで覚えておいてください。

 

質問の回答をただもらって満足するのではなく、次の選考に活かすことで内定の獲得に繋がるんですね!

まさにそのとおり!そこで差が生まれてくるからね。  

まとめ

 

最後まで読んでくださり、本当にありがとうございました。

会社説明会ですべき質問だけでなく、「なぜその質問をすべきなのか?」更には「そこで得た回答をどう活かすか?」まで踏み込んで理解してもらえたなら嬉しいです。

 

ちょっと脱線しますが、「質問力」って社会人になってから本当に重要。

更には僕が出会った優秀な人って、みんな質問力がありますね。

 

やっぱり“自分で考える・行動する”ということができない人って、調べたら分かることばかり質問してくるんですよね。

そんな人には「ググレカス!」と言いたいところですが、それは心の中にそっと隠して優しく「ググれば?」と言いますw

 

ぜひ就活を機に、質問力を磨いてください。

社会人になった時も、質問力があれば「調べたら◯◯だったのですが、実際にどうですかね?」とか「調べたら◯◯で、自分は◯◯だと思うのですが、どうでしょうか?」など、質問のレベルが1段階上がり、必ず評価されます。

 

就活で得た知識やスキルを、社会人になっても活かすこと。

僕は就活攻略論を書く上で、これを皆さんが実践できる情報を書くことを意識しています。

 

では、あなたが生涯に渡って活躍する人材になることを心から祈っています!

(出世したら、吉野家の牛すき鍋膳でもおごってくださいね!笑)

  

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

p.s. この記事 ↓ も合わせて読むと良いですよー!

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー