就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

【エステーに採用される方法は?】採用大学やエントリー方法を解説!

20180401154528syukatuman-about

就活マンこと藤井智也が「読むことで他の就活生と圧倒的な差を付けられる情報」を発信しようと立ち上げた就活ブログです。今年で4年目をむかえます。

偏差値50の中堅大学から、倍率800倍の食品大手に入社した全技術を余すことなく共有します。
※本気で就活を成功させたい方のみ読んでください。

20200518154051

Twitter(@shukatu_man

f:id:shukatu-man:20200715100029j:plain

 

こんにちは、就活を研究し続けて7年目の就活マンです。

 

今回は「エステー株式会社」から採用されるための方法を解説します。

ムシューダや脱臭炭など、認知度の高い商品を数々開発している化学メーカーですね。

 

僕が大学生の時も化学メーカーは多数受けていました。

年収が比較的高く、残業時間も少ないホワイト企業が多い業界です。

 

それゆえに人気も高い。

そこでどうすればエステーから採用されるのかを詳しく解説していきます!

エステーとは?|会社の概要について解説

f:id:shukatu-man:20200715101310p:plain

引用:エステー株式会社「公式サイト

 

株式会社エステーは化学系メーカーですが、自社の事業を「空気ビジネス」と称している企業です。

消臭力、脱臭炭、ムシューダなど、まさに空気を変えるビジネスを展開しています。

 

テレビCMもよく流しているので知名度が高く、それゆえに内定難易度も高い。 

会社概要を以下にまとめておきました。

 

社名 エステー株式会社
設立 1948年8月31日
資本金 70億6,550万円
従業員数 連結 1,032名 / 単体 442名

 

エステーのエントリー方法について

 

それでは早速、エステーのエントリー方法について解説します。

エステーのエントリーは「マイナビ」からするのが最も簡単ですね。

 

エステーの公式サイトからエントリーすることもできますが、結局はマイナビ経由でのエントリーが早いのでマイナビからエントリーすることをおすすめします。

 

【エステーにエントリーする方法】

  1. マイナビの検索にて「エステー」を検索
    (22卒の場合はこちらがエステーの求人ページとなります。)
  2. エステーの求人ページから「エントリー」をクリック
  3. 必要情報を確認して送信してエントリーが完了
  4. 後日エステーからエントリーシートの送信を求められる
  5. エントリーシート提出にて本エントリー完了
    (その後は指示に従って選考を進めていきましょう) 

 

エステーから採用されるためのポイント

f:id:shukatu-man:20200715112117p:plain

ここまでエステーのエントリー方法を解説してきました。

ここからは踏み込んだ話をしていきましょう。

 

エステーの内定倍率は非常に高い

 

まずエステーの内定倍率は高いです。

詳細な倍率は公表していないですが、過去の採用人数は公表しています。

 

f:id:shukatu-man:20200715101304p:plain

【エステーの過去の採用実績】

2020年度:18名(予定)

2019年度:23名

2018年度:21名

2017年度:13名

2016年度:15名

引用:エステー株式会社「採用データ

 

あれだけテレビCMをうっているのにも関わらず、この採用人数の少なさ。

 

「売上は安定しているのに採用人数が少ない大企業」はホワイト企業の可能性が高いんですよね。

そんなに採用しなくて良いほどに離職率が低いってことなので!

 

エステーの知名度の高さと、この採用人数の少なさから内定倍率が非常に高いことが簡単に分かりますよね。ゆうに50倍は超えているでしょう。

 

徹底的に自己分析を深めることが前提

 

まずこのレベルの知名度を誇る大企業を受ける場合は、適当に就活をしている人じゃまず受かりません。

勉強をしないで東大に受かる人がいないように、徹底的な対策が必要になります。

 

そして僕が考える就活の1番の対策は「徹底的な自己分析」なんですよね。

以前、次のようにツイートしました。

 

就活生は「自分の労働力」を売り込む営業マンである

 

そもそも就活生の中には、自分の強みと弱みを理解しないまま選考に進む人がいます。

それは「自社の商品の強みと弱みを知らない営業マン」ですよ。

 

そんな営業マンがいたら売れないのは当然ですよね?

 

「その商品の良いところはどこですか?=強み」

「その商品には欠点がありますか?=弱み」

「その商品があると私の生活はどう良くなるんですか?=自己PR」

 

これらを答えられない就活生は評価されません。

だから僕はこの就活攻略論を通して、自己分析の重要性を語ってます。

 

自分という名の商品を理解する。それが就活生がすべき最初の1歩です。

それにも関わらず、自己分析が非常に甘い人ばかりなんですよね。

 

自己分析が甘いと、面接で聞かれたことへの回答が甘くなる。

そりゃそうで、理解してないんだから仕方ないですよね。

 

自分がめちゃくちゃよく知っていることを友達におすすめするシーンを想像してください。

何を聞かれても「それは◯◯なんだよね!」「よくぞ聞いてくれました!◯◯はさ」というように、スラスラ回答できるはずです。

 

具体的な自己分析の方法について

よって就活中盤だろうが自己分析を深堀りしましょう。徹底的に。

具体的な自己分析の方法については、8ステップで解説した記事を用意しています。

この記事は10万回以上読まれている記事なので、ぜひ参考に!

 

 

志望度の高さをとにかく示そう

 

自己分析を深めることは内定のための前提です。

エステーほど倍率が高い企業の場合は、「他の就活生と変わりがない」という状態だとまず受かりません。

 

面接官の立場に立てば当然ですよ。

倍率が50倍だとしましょう。それはつまり50人に1人しか受からない。

その他49人よりも評価される必要があるってことです。

 

他49人との差別化を徹底的に考える

他の49人との差別化を考える時、すぐ就活生は「自分には特別な能力や経験がありません」と言います。

 

そんなあなたに伝えたい。

一流の営業マンは商品が何でも売るんや

これを覚えておいてくださいw

 

「自分には特別な能力や経験がありません」と言っている人は、「自社の商品がしょぼいから売れないんだ」と言い訳ばかりしている営業マンと同じですね。

 

商品力がなくても「志望度の高さ」は誰にも負けない

「商品力=自分の能力や経験」と考えてみましょう。

僕も学歴は中堅大学だし、留学もしてない。TOEICは300点ぐらいw

要するに僕も商品力がなかったんですよね。

 

そこであらゆる“売り方”を考えた。(それが就活攻略論になったわけですが)

 

その売り方の1つが「志望度の高さを徹底的に伝えること」です。

商品力がなくても「志望度が誰よりも高い」ということは示せるよな、と。

 

僕がもしエステーを受けるなら、面接でこんなものを持参しますね。

 

【エステーの商品10種類を大学生目線でランキング化してみた】

 

1位:脱臭炭(★★★★★) 

玄関の見えないところに配置しておくだけで、僕のめちゃくちゃ臭い足の匂いが玄関から消えた。冷蔵庫から飛び出しても効果があるし、若者は冷蔵庫の匂いよりも玄関の匂いをよくして、女子からモテたいという気持ちがあるのでこれは最高。

 

2位:ムシューダ(★★★★★)

・・・・・

3位:・・・・・・・

・・・・・・・・

 

この企画書を1枚の紙に書いて、胸ポケットに忍ばしておきます。

そして面接の最後の逆質問のタイミングで「こんなものを用意したので、よければ見てもらえませんか?」と言うんですよ。

 

他の49人と同じことをして埋もれるだけなら、少しでも差別化を考えて爪痕を残してやった方が、その積極性や思考力が人生の後々で活きてくる!!!

 

と僕は考えています。

「え!こんなことしていいんですか?」と就活生から聞かれることがあるのですが、「逆になんでしちゃいけないんですか?」と聞きたい。

 

相手が嫌がること、迷惑行為じゃありません。

「自社のことをこんなに調べてくれたんだ」と嬉しく思うはずです。

(これを迷惑と感じるような社員が勤めている会社に入社したくないですし...w)

 

志望動機の納得性を深める

こうした思い切った差別化と合わせて、志望動機の納得性も高めましょう。

「志望動機の納得性の高さ=志望度の高さ」になり、直結します。

 

具体的な志望度の書き方は下記の記事で書いているので、そちらを参考に。

とにかく「なぜ他の化学メーカーではなくエステーじゃないといけないのか」を考え抜くことがポイントになりますよ。

 

 

なるほど!自分の能力や経験に自信がないならないで、志望度の高さを伝えまくったりと別の売り方を考えることが重要なんですね。

そうだよ。できることをし尽くして、それでダメなら仕方ない。でも適当に他の就活生と同じことをして落ちるのは必然でしょ。 

エステーの過去の採用大学|学歴フィルターはあるか?

f:id:shukatu-man:20200715112122p:plain

 

それではこの章にて、エステーの過去の採用大学を見てみましょう。

リクナビに情報が載っていたので引用しますね。

 

採用実績校

大阪市立大学、岡山大学、神奈川大学、関西大学、関西学院大学、学習院女子大学、学習院大学、北九州市立大学、北九州工業高等専門学校、九州産業大学、京都外国語大学、京都工芸繊維大学、近畿大学、熊本大学、群馬大学、慶應義塾大学、工学院大学、神戸大学、埼玉大学、静岡大学、信州大学、上智大学、成城大学、専修大学、大東文化大学、千葉大学、中央大学、津田塾大学、東海大学、東京外国語大学、東京学芸大学、東京経済大学、東京工業大学、東京女子大学、東京大学、東京電機大学、東京都立産業技術高等専門学校、東京農業大学、東京農工大学、東京理科大学、東北大学、東洋大学、獨協大学、名古屋大学、南山大学、新潟大学、日本女子大学、日本大学、福岡大学、福島工業高等専門学校、法政大学、三重大学、宮城大学、明治学院大学、明治大学、山口大学、横浜市立大学、立教大学、立命館大学、龍谷大学、早稲田大学

引用:リクナビ「エステー株式会社の採用情報

 

こうして見ると、学歴フィルターは案外なさそうですね。

「東洋大学」が過去の採用大学に含まれています。東洋大学は偏差値が理工学部で47ぐらいなので中堅ですよね。

 

明らかに高学歴しか採用しないというわけじゃなさそうです。

だからこそ、先ほど解説したような自己分析と志望度の高さを伝える工夫が活きてきそうです。

  

今回のまとめ

 

最後まで読んでくださり、本当にありがとうございました! 

エステーの採用について理解が深まったら嬉しいです。

 

個人的にエステーは非常におすすめの企業ですね。

商品力もあるし、化学メーカーは参入障壁が高いので1度商品が店頭に置かれると継続しやすい。競争が少ない分、営業が楽です。

 

ぜひ内定を獲得するためのあらゆる工夫を実践してください。

心から応援しています!!

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。