就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

自己分析におすすめのアプリ&サービスまとめ【就活生向け】

20180401154528syukatuman-about

就活マンこと藤井智也が「読むことで他の就活生と圧倒的な差を付けられる情報」を発信しようと立ち上げた就活ブログです。今年で4年目をむかえます。

偏差値50の中堅大学から、倍率800倍の食品大手に入社した全技術を余すことなく共有します。
※本気で就活を成功させたい方のみ読んでください。

20200518154051

Twitter(@shukatu_man

----------------
★本日の就活攻略論お品書き

《本日の記事が解決する悩み》

・自己分析におすすめのアプリが知りたい

・自己分析の方法が知りたい

 「読むだけで就活を圧倒的有利にしよう。」

----------------

皆さん、こんにちは!実写版アラジンを2回見ましたディズニー好きでお馴染み、就活マンです。

f:id:shukatu-man:20190709002748p:plain

自己分析におすすめのアプリやサービスが知りたいです!

なるほど!では今回は自己分析におすすめのアプリだけでなく、やり方まで詳しく解説していくね。

 

自己分析をするにあたって、役立つアプリやサービスは知りたくなりますよね。

僕も就活生の時は、いかに自己分析が効率的にできるのかを考えていました。

 

そこで今回の記事では就活に役立つアプリやサービスについて詳しく解説します! 

最初に言っておくと、アプリやサービスは自己分析の「補助」としての役割しかありませんが、利用すると自己分析を効率化できるので、ぜひ利用してみてください。

 

自己分析におすすめのアプリやサービスまとめ

f:id:shukatu-man:20190709005205p:plain

 

では早速、自己分析に役立つアプリとサービスを紹介します。

今回の記事では合計4つ紹介しますが、全てを利用する必要はありません。

 

目的に応じて必要だと思ったアプリやサービスを利用しつつ、最後の章で紹介する「おすすめの自己分析の手順」に従って自己分析を進めていきましょう。 

 

①Offerbox(適職診断360°)

f:id:shukatu-man:20190709004641p:plain

おすすめ度:★★★★★

 

最初に紹介するのが、スカウト型求人サイトの「Offerbox(オファーボックス)」が提供している『適職診断360°』というサービスです。

こちらはiosアプリも出ているのですが、スマホやパソコンからでも利用できるのでぜひ利用してみてください!

 

『適職診断360°』の説明を公式サイトから引用します。

適性診断360度とは、友達からあなたのことをみて「適性診断」を実施してもらい、その結果を確認し、客観的な評価も知ることができるOfferBoxの機能の一つです。

 

つまり「友達から見た時のあなた」について客観的なデータを入手できるのです。

友人にも『適職診断360°』を実施してもらうことで、互いに自己分析を深めることができます。

 

この適性検査を受けることで下記のようなデータを入手することができます。

 

▼適職診断360°で得られるデータ

f:id:shukatu-man:20190709004029p:plain
画像引用:http://offerbox.jp/columns/es/5877.html

 

非常に詳細なデータが手に入り、なおかつ友人から見た自分の性格や価値観を知ることができるのは自己分析の参考データとして有用です。

 

よく友達と自己分析をする人がいますが、こうしたサービスを利用しないとただお互いの性格を言い合うだけになってしまいます。

よってこうしたサービスを利用して、より詳細かつ有益なデータを入手することをおすすめします。

 

 

②キミスカ 適性診断

f:id:shukatu-man:20190528165635p:plain

おすすめ度:★★★★★

 

次におすすめするのが、こちらもスカウト型求人サイトの「キミスカ」が提供している『適性診断』というサービスです。

 

先ほど紹介した、オファーボックスの『適職診断360°』は友人に協力してもらう必要があります。

協力してもらえるような友人がいるなら良いのですが、いない場合はキミスカの適性診断なら1人でできます。(僕は友達少ないんで、完全にこっち派ですw)

 

15分ほどで回答できる質問に答えることで、自分の性格だけでなく「どんな職種に向いているのか」といった職種適性などがデータで入手できます。

自己分析を進める上で、非常に参考になる客観的データなのでキミスカに登録後、必ず診断を受けてみましょう。

 

またこのキミスカは僕が個人的に大好きなサービスなので、運営会社さんに直撃インタビューを行っています!

インタビュー内容と利用方法をまとめた記事を用意しているので、ぜひそちらを参考にして利用してみてください。

 

▼キミスカの使い方とインタビュー内容はこちらから!

» 【キミスカの無料適性検査がすごい!】“中の人”に突撃してきた!

 

③適職診断!自己分析!性格・適性判定!

f:id:shukatu-man:20190709004808p:plain

おすすめ度:★★★・・

 

次に紹介するのは、「適職診断!自己分析!性格・適性判定!」というアプリです。

非常に手軽に自分に合った職種をおすすめしてくれるアプリですね。

 

得られるデータが少ないので、おすすめ度は低めに設定しています。

正直「こんなアプリもあるんだよ!」ぐらいに紹介していますので、気になる人は利用してみてください。

暇な時間などにサクッと利用する上ではちょうど良い自己分析アプリだと思います。

 

 

④ストレングスファインダー

f:id:shukatu-man:20190709171040p:plain

おすすめ度:★★★★・

 

最後に紹介するのが、自分の突出した資質(≒長所)を見つけるための『ストレングスファインダー』という適性検査サービスです。

 

これはWeb上で177個の質問に答えることで、34の資質の中から自分の突出した資質を知ることができます。

資質としては、「達成力」「公平性」「慎重さ」「目標志向」「責任感」などがあります。

 

自分にはどんな資質があるのかを客観的に知ることで、就活では「長所」や「職種選び」で役立ちます。

 

おすすめ度がオファーボックスやキミスカより低い理由としては、有料であるという点ですね。

「さぁ、才能に目覚めよう」という書籍を購入し、そこに付いているコードをWebで入力することで受験することができます。

本を購入するお金と手間がかかってしまうので、少しおすすめ度を低く設定しました。

 

しかしこのストレングスファインダーの結果は、就活だけでなく今後の社会人生活やプライベート、転職でも使えるデータなので受験して損はありません。

 

▼ストレングスファインダー公式サイトはこちらから!

» ストレングスファインダー®とは | ストレングスファインダーで強みを活かす 株式会社ハート・ラボ・ジャパン
(画像もこちらから引用致しました。)

自己分析アプリを使用する上での注意点

f:id:shukatu-man:20190709005043p:plain

 

ではここまでで自己分析におすすめのアプリとサービスを紹介しました。

アプリやサービスを利用する上で少しだけ注意点があるので、併せて解説していきますね。

 

信頼できる企業が提供しているか確認すること

 

まずは利用するアプリやサービスが信頼できる企業が提供しているものか確認する必要があります。

信頼できないアプリだと特に個人情報が流出したり、悪用される危険性もあります。

 

途中で紹介した「適職診断!自己分析!性格・適性判定!」というアプリは「株式会社エスキュービズム(公式サイト)」という企業が提供しているのですが、こちらの会社は、2006年に設立し、資本金も1億を超える大手企業です。

 

他の3つのアプリ、サービスも全て信頼できる大手企業が提供しているので責任もってここで紹介させていただきました。

 

アプリやサービスだけでは完結しないことを理解すること

 

次に自己分析はアプリやサービスを使っただけでは完結しません。

そもそも自己分析の目的は「企業選びの軸を作ること」と「企業に対して自分について語れるようになること」の2つだと僕は定義しています。

 

それはアプリを使って、適性検査しただけでは達成できないんですよね。

自分の過去の出来事を深堀りして、自分の考えや価値観をアウトプットすることで始めて自己分析は少しずつ完了していきます。

 

よって次の章にて僕がおすすめする自己分析の手順を解説します。

アプリを利用しただけで満足せず、自己分析を実行していきましょう!

 

おすすめの自己分析の手順

f:id:shukatu-man:20190709005053p:plain

 

アプリやサービスを利用しただけでは自己分析は完了しないんですよね?

そうだよ。

ではどうやって自己分析を進めれば良いのでしょうか?

 

まず僕から見てほとんどの就活生が「自己分析」を深く理解していません。

大学から「しなさい」と言われて、仕方なく始めている人が多いのですが、自己分析は就活における方位磁針の役割をします。

自分がどんな企業に合うのか、どう自分について企業に伝えていくのか、それを決定するのが自己分析なんですよね。

 

それら基礎知識を含めて、就活攻略論では「8ステップで完了する自己分析法」という記事を用意しています。

ぜひまずはこの記事を読んで、自己分析についての理解を深めてください!

 

▼8ステップで完了する自己分析法はこちら!

» 【自己分析の方法は8ステップ!】絶対評価されるおすすめのやり方!

 

こちらの記事を通して、まずは自己分析の定義と目的を理解しましょう。

その次に今回の記事で説明した、適性検査を受けることで「客観的データ」を入手します。(特にキミスカとオファーボックスがおすすめです)

 

入手したデータを参考にしつつ、8ステップの記事で解説する流れで自己分析を完了してください!

それを就活中にするだけで、適当にマイナビで出てきた企業をポチポチするようなこともなくなりますし、エントリシートや面接で自分のことをより深く説明することができるようになります。

 

自己分析は地味な作業かつ、意外と時間がかかります。

しかし10年後、どういう状態にあれば自分は幸せでいれるのかを考える良い機会になります。ぜひ諦めず実行してくださいね。

 

本日の記事はいかがだったでしょうか!

自己分析におすすめのアプリやサービスは意外と少ないです。

やり方については記事でまとめているので、そちらを参考にしつつ自己分析を深めましょう。

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー