就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

自己PRで「責任感」をベースに“絶対評価させる”書き方のコツ【例文あり】

20180401154528syukatuman-about

“月に10万人以上の大学生”に読まれる「就活の攻略本」です。
全400記事を僕1人で執筆しています。

ライターが書いたありきたりな情報ではなく、偏差値50の中堅大学から「倍率800倍の食品大手への入社」と「22社からの内定」を獲得した“全技術”を公開しています。
(就活を專門に書き続けて4年が経ちました)

またこの就活攻略論は、僕がこれまで読んだ累計1000冊の書籍を「就活の攻略」に転用することで生まれました。
(ビジネス書・心理学・経済学・経営学を基盤としています)

※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。

» 就活マンの自己紹介と「就活攻略論」が生まれた経緯はこちら!

----------------
★本日の就活攻略論お品書き

《本日の記事が解決する悩み》

・自己PRで「責任感」をアピールする方法が知りたい

・自己PRの書き方が知りたい

 「読むだけで就活を圧倒的有利にしよう。」

----------------

皆さん、こんにちは!最近またドラゴンボールにドハマリしていますでお馴染み、就活マンです。

f:id:shukatu-man:20191109154901p:plain

自己PRの書き方について、就活攻略論では多くの記事を公開中。

そこで本記事では「責任感」をアピールする方法に特化して、解説していきます!

 

責任感をアピールするコツは、それがどう会社に活きるのかを鮮明にすること。

ただ「責任感があります!」だけでは、評価されにくいので注意が必要ですね。

 

責任感を自己PRとしてアピールしようと考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね!

 

まさに「責任感」をアピールしようと考えていたので、ぜひ教えて欲しいです!

わかったよ!責任感をアピールして、評価されるようになろう!

自己PRで責任感をアピールする3つのコツ

f:id:shukatu-man:20191109161855p:plain

 

自己PRで責任感をアピールする場合に、僕が重要だと考えるコツが3つあります。

それは以下の3つですね。それぞれ詳しく解説します。

(これら3つのコツを実行できないと、他の就活生と同じような差別化できない文章になってしまいます!)

 

・責任感が会社でどう役立つのかを明確化する

・なぜ責任感を重視しているのかを深堀りする

・責任感に関する「信条」を考える

 

①責任感が会社でどう役立つのかを明確化する

 

まず「責任感」という強みって、意外と抽象的な強みですよね。

 

そもそも自己PRは、「私にはこんな強みがあって、それがあなたの会社でこう活かすことができるから良い関係が作れますよ!」と伝えることです。

 

よって、責任感という抽象的な強みが、その会社でどう役立つのか、どう活かせるのかをめちゃくちゃ深堀りする必要があるんですよ。

 

強みを伝えるだけではダメ

これに尽きます。

自己PRの下手な就活生って、「私の強みは責任感です!」と強みを伝えるだけで終わってしまう。

それだと面接官に「責任感の使いみちはあんたが考えてよ!」と丸投げしているだけですからね。

 

売れない営業マンは、ダイソンの掃除機の「吸引力」について延々と語ります。

吸引力はどのぐらいあって、どんな実験で証明されていてということを語る。

それじゃ売れない。

 

売れる営業マンは、ダイソンの掃除機の「吸引力によってどう生活が変わるのか」を語ります。

家事をする時間が将来これだけ短くなるとか、掃除の手間が減って生活レベルが上がるとかね。

それらを語ることで、他の掃除機との差別化を図ることができて、他の掃除機よりも高くても売れるのです!

 

よって責任感も、ただ「責任感が強みです!」とだけ自己PRで語るのではなく、それがいかに会社で役立つのか、活かせるのかを深堀りして相手を納得させられるようにしましょう!

 

ちなみに責任感を求める企業の割合は22%  

責任感を求める企業の割合は22%です。

だからこそ、責任感がどう役立つのかを明確化して伝えないと、「責任感を重視しています!」という企業から評価されなくなってしまいます。

 

こちらは経団連が「新卒を採用する上で選考にあたって特に重視した点」をまとめたデータなので、ご覧ください。

 

f:id:shukatu-man:20191110120152p:plain

図引用:日本経済団体連合会「2018 年度 新卒採用に関するアンケート調査結果

 

上記の図を見てのとおり、「責任感」は8番目に位置していますね。

 

22%の企業が選考において責任感を重視したということです。

反対に言えば、78%の会社は責任感をそこまで重視していないんですよ!

 

ですが、責任感がどう役立つのを明確化して、それを伝えることができれば問題ありません。

責任感がどう役立つのかを明確化することの重要性が分かりましたか?

 

責任感自体を求める企業はそれほど多くないからこそ、責任感がどう役立つのか、会社で活かせるのかを相手にイメージさせることが重要だよ!

 

②なぜ責任感を重視しているのかを深堀りする

 

責任感がその会社でどう役立つのかを明確化したら、次に「なぜ責任感を重視しているのかを深堀りすること」が2つ目のコツになります。

 

なぜ数ある能力の中で、「責任感」を自己PRとして伝えるのか?

それを説明できるようになっておけば、面接で「なぜ責任感を重視しているのか?」と聞かれても答えられるようになりますからね。

 

反対に、ここを深堀りしておかないと面接で「なぜ責任感を重視しているの?」と聞かれても「うーん、責任を持つことは大事だからですかね」ぐらいの浅い回答しかできなくなってしまいます。

 

なぜ責任感を重視しているのか?

 

↓ ①深堀り

 

責任感を持つことで、仕事の本気度が高まるから!

 

↓ ②なぜ責任感を持つと本気度が高まるのか?

 

「失敗できない」「中途半端ではいけない」という意識が自分にプレッシャーをかけるから

 

↓ ③なぜプレッシャーが本気度に繋がるのか?

 

自分はプレッシャーがかかることで全力を出せるタイプの人間だから

 

上記のように3回以上の深堀りをすることで、かなり本質が見えてきます。

ここまで深堀りすることができれば、面接で「なぜ責任感を重視しているのか?」と聞かれても次のように答えることができる。

 

「私はプレッシャーを感じることによって、全力を出せる人間だからです。

だからこそどんな小さな仕事や作業にも責任感を持つことによって、自分ごと化して「絶対に失敗しないようにしよう!」「中途半端で終わらせないようにしよう!」とプレッシャーをかけるようにしています。」

 

このように回答できれば、面接官も納得しますよね。

これをセリフとして覚えておけ、ということではなく、事前に深堀りしておけば、このような感じに回答できるので重要ですよってことです!

 

このように深堀りする作業は、自己PRだけでなくエントリーシートに書いた全てのことに対して行うことが効果的だからね!

  

③責任感に関する「信条」を考える

 

そして最後のコツになりますが、僕は「自己PRに信条を導入する」というテクニックをおすすめしています!

 

信条とは、自分の中で大切にしている言葉のようなものですね。

ここでは「責任感を大事にしている理由となる信条」を用意するのが良いです。

 

例を出します。 

僕もわりと責任感を重視しているタイプなのですが、その理由はこんな信条を持っているからです。

 

「どんな小さな仕事も工夫することでやりがいを感じる」

これはホリエモンこと堀江貴文さんの本に書かれていたニュアンスなんですよね。

 

どんな小さな仕事も工夫することでやりがいを感じるからこそ、すべての仕事や作業に責任を持つことが重要だと感じている。

そんなことを伝えることができますよね!

 

信条を伝えることで面接官の記憶に残る

この信条って、相手の記憶に残りやすいんですよね。

更には読み手や聞き手が「なるほど!だから責任感は重要なんだな」と責任感の重要性を伝えることにも繋がります。 

 

この信条を自己PRにどう導入するのかは次の章にて説明します。

よってここでは、自己PRに信条を入れることがコツなんだなと覚えておいてください。

 

たしかに信条が入っていると、その信条が記憶に残りやすいですね!

面接官に「勉強させてやろう」ぐらいの気持ちで自己PRを作ると良いよ!

自己PRで責任感をアピールするための文章構成

f:id:shukatu-man:20191109161900p:plain

 

僕が自己PRを作成する上で重要視するコツを伝えることができました。

この章では、具体的に責任感をアピールする自己PRの文章構成をお伝えしますね!

 

評価される自己PRの文章構成

 

評価される文章構成を僕は以下のように定義しています。

 

【評価される自己PRの文章構成】

①貢献できる能力

②具体的な貢献内容

③根拠となるエピソード(課題・行動・結果)

④自分の信条

⑤入社後の豊富

 

貢献できる能力

まずはその会社で貢献できる能力を書きます。

何度も言いますが、自己PRっていうのは「自己アピール」じゃありません。

 

「自分にはこんな能力があって、あなたの会社でこう活かせるから、うまく関係性を築けますよ」と伝えるのが自己PRです。

 

よって最初の結論として、「自分にはこんな能力があって」ということを冒頭で伝えることが重要になります。

 

具体的な貢献内容

次に「あなたの会社でこう活かせるから」という、具体的に役立つ内容やどう活かせるのかを伝えましょう。

これはコツの部分でも話しましたよね。

 

「責任感がある」という強みによって、その会社にどんなメリットを与えることができるのか?どう利益を生み出すことに繋がるのか?

それらを伝えることで、面接官に「たしかにこの子を採用すれば自社にメリットがあるな」と思ってもらうことが重要になります! 

  

根拠となるエピソード

次に「根拠」を提示しましょう。

責任感を強みとして伝えるのなら、そもそもなぜ「自分には責任感がある」と言い切れるのかという根拠を提示する必要がありますよね。

 

ただ単に「責任感があるんです!」とだけ伝えてしまうと、相手からしたら「本当に責任感があるんですか?そう言い切れる理由は?」と思われてしまいますから!

 

根拠としては、やはり実際の経験。つまりエピソードが有効です。

責任感があることを証明するエピソードを伝えて、責任感があることの納得性を高めましょう!

 

自分の信条

次に導入するのが、コツの部分でもお話した「信条」です。

「こんな信条があるから責任感を大事にしているんですよ!」ということを伝えることで、面接官の記憶に残ります。

更には、「なるほど!だから責任感を重視しているんだね」という納得度を高めることにも繋がります。

 

入社後の豊富

そして最後は文章の締め作業に入りましょうか。

締めとしては、「入社後の豊富」を話すのが一番!

 

ここで重要なことは文末を「活躍したいと思います」などの“願望”や、「活躍できると思います」などの“推定”にしないこと。

「必ず活躍します」という“断定”や、「必ず活躍することを誓います」などの“宣誓”がおすすめです!

 

新卒にはこのぐらいの勢いを求める企業の方が多いからです。

ぜひ自信を持って、文末を断定や宣誓にしていきましょうね!!

 

ちなみに、ここで解説した自己PRの作成法については別記事でも解説しています。

もっと詳しく自己PRの文章構成について知りたい方は併せてご覧くださいね。

 

自己PRで責任感をアピールする例文

f:id:shukatu-man:20191109161849p:plain

 

では責任感をアピールするための文章構成を把握したところで!

作成方法に沿って作った「責任感をアピールする例文」を紹介していきますね。

 

責任感をアピールする自己PRの例文

 

では早速、責任感をアピールする自己PRの例文を紹介します。

その次にNG例文も用意したので、併せて読んでみてくださいね! 

 

【責任感をアピールする例文】

 

「私はどんな小さな仕事にも妥協しない責任感によって、貴社に貢献します。(①)

 

責任感を持って仕事をすることで、例え小さな仕事でも本気でのぞむことで誰よりも早く仕事を覚えて、利益を生みます。(②)

 

この責任感を発揮したエピソードが大学時代にあります。

私はゴミ拾いのボランティア活動をしていたのですが、1度参加した人の再度の参加率が低いという問題がありました。

これに対してリーダーではなかったのですが、自分ごと化し、以下の提案をリーダーにしました。

・ゴミ拾いの後に、懇親会を実施して仲間意識を強める

・新しい参加者に対して「ありがとうの声カード」を届ける

ありがとうの声カードとは、これまでのボランティア活動に対して届いた、街の声をまとめたものです。

これらの施策は実際に行われ、リピート参加率が倍になりました。(③)

 

私がこれほど責任感を持つことを重視する理由は、「どんな小さな仕事も工夫することでやりがいを感じる」という信条を大事にしているからです。(④)

 

貴社に入社後は、この責任感によって小さな仕事にも妥協せず、必ずすぐに即戦力になり利益を生むことを約束します。(⑤)」

 

責任感をアピールする自己PRの“NGな”例文

 

次にNGな例文も併せて紹介しましょうか。

どんな点がNGなのか、続けて解説していきますね!

 

【責任感をアピールするNG例文】 

 

「アルバイトではバイトリーダーを担い、サークルではサークル長を務めました。

私は責任感が強いです。これらの役割を担った理由は、私に責任感があるからです。

アルバイトでは10人の他のスタッフに指示を出したり、シフト管理をするまでになりました。社員さんが私の責任感を信用してくれたからだと思います。

サークルは50人規模だったので、まとめるのが非常に大変でしたが、失敗させるわけにはいかないという責任感を持って取り組みました。

貴社に入社したらこの責任感を十分に活かします。」

 

これまで100枚以上の自己PRを添削してきましたが、こういう感じの文章を書く就活生めちゃくちゃ多いです。

なぜNGなのかを解説します!

 

結論がよく分からない

まず結論がよく分かりませんよね。

いきなりエピソードから入ってしまっているので、結論が分かりづらいです。

 

必ず結論から話すようにしましょう。

自己PRにおいては、「こんな能力がある。だからこう役立てます」というのが、結論になりますね!

 

責任感があるよアピールしかしていない

次にこの文章は、責任感があるよっているアピールだけで終始しています。

こうなってくると単なる「説明文」なので、責任感があること以外、これを書いた人の考え方や価値観を知ることはできません。

 

そして何よりもこうした説明文は読んでいて飽きますよね。

おそらく半分読んだところで、読むのをやめられてしまうでしょう。

大手なら速攻シュレッターですねw

 

責任感が会社でどう役立つのか文章からイメージできない 

そしてこの文章の大きな欠陥は、責任感が会社でどう役立つのか読み手がイメージできないことにあります。

 

責任感があることをアピールしているだけなので、「そもそも責任感ってそんな重要なん?」と読み手に思われてしまう。

実際に責任感を重視する会社は、途中で話したとおり22%しかないんです。

 

よって必ず「責任感が会社でどう役立つのか」を明記しましょう。

徹底的に面接官の立場に立って、納得度を高めてください!

(そして、「こいつ、採用したいっ!!!!」と思わせましょう)

 

例文はいかがだったでしょうか! 

責任感以外にも自己PRの例文を見たい人のために、別記事にて自己PRの例文を20例用意しました。

「他の例文も読んでみたい! 」という方は併せてご覧ください。

 

 

また僕が作成した例文ではなく、「他の就活生が書いた自己PRが読みたい!」という方は、無料のエントリーシート閲覧サービスを利用しましょう。

おすすめを3つ紹介した記事を別で用意しておきましたよ!

 

 

他の就活生が書いた自己PRも見て、自分の作成した文章と比べることが重要だよ!

他の就活生が書いたESを見れるサービスなんてあるんですね!

自己PRで責任感をアピールする際の注意点

f:id:shukatu-man:20191110134937p:plain

では最後に、責任感を自己PRでアピールする上での注意点をまとめますね。

自分が作成した自己PRが注意点に当てはまらないかをチェックしながら読んでもらえると良いと思います!

 

結論ファーストを徹底すべし 

 

これは何度言っても足りないですね。

必ず結論ファーストです!

 

自己PRにおける結論は、「こんな能力がある。だからこう役立てます(雇うメリットがあります)」なので、冒頭ではこれを述べるようにしてください。

 

NG例文のところで書いたとおり、相手に伝わる文章が書けない人は、結論を書かずにいきなりエピソードから入ります。

 

これは私生活でも同じですよ。

「あのさ、昨日こんなことがあってさ、こんな人がいてさ、こんな状況でさ...」

こっちからしたら「で、結論は?」ですよね。

友達とかなら、これでも良いかもですが、初対面の面接官なら完全アウトでーす。

 

責任感をアピールする人は非常に多いことを自覚すべし

 

次に責任感をアピールする人はめっちゃ多いです。

 

試しに「自己PR せ」までGoogleで入力してみてください。

予測に「自己PR 責任感」というのが上位に表示されます。

それほど責任感を書こうとする人が多いということですね。

 

他の就活生と差別化するために、「どう役立つのか」の深堀りと、「信条」の記載を僕はおすすめしています。

ここを徹底することで、責任感をアピールする他の就活生よりも優位を取ることができますからね!

 

責任感は仕事にどう役立つのかイメージしにくい言葉だと自覚すべし

 

そして最後に「責任感」という言葉は仕事への役立ちがイメージしにくいんですよね。

それがどう役立つのか理解するのが難しい。

 

「積極性」とかなら、仕事にどう役立つのかイメージしやすいですよね。

だからこそどう役立つのかを限界まで考え抜くこと。

そしてそれを自己PRにてプレゼンすることです!

 

まとめ

 

最後までお疲れ様でした!

責任感を自己PRとしてアピールする方法について、理解できましたか?

 

自己PRに関しては、途中でも紹介した「エントリーシート閲覧サービス」を利用すれば、他の人が書いた自己PRをいくらでも見ることが可能です。

 

特におすすめのユニスタイルについて、詳しく書いた記事を用意しているので、ぜひこの記事を読んだら見てみてください。

 

 

今回の記事を通して、面接官に評価されるような自己PRを完成させ、就活が少しでもうまくいくことを心から願っています。

これからも情報の提供という形で、あなたの就活を陰ながら応援していきますね。

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー