MENU

【レバレジーズのインターン内容と参加方法】選考倍率や過去の出題課題を解説!

20180401154528syukatuman-about

就活マンこと藤井智也が「読むことで他の就活生と圧倒的な差を付けられる情報」を発信しようと立ち上げた就活ブログです。今年で5年目をむかえます。

偏差値50の中堅大学から、複数内定を獲得し、食品大手に入社した全技術を余すことなく共有します。
※本気で就活を成功させたい方のみ読んでください。

20210228101058
20210428164338

【現状最もおすすめの就活エージェント(完全無料)】

 

ミーツカンパニー就活サポート(全国対応)

キャリアチケット(全国対応)

 

上記の2つを併用して1社でも多くの企業を紹介してもらうのがおすすめです!

(無料で内定獲得までサポートしてくれるし、合わなかったら使うのを止めれば良いだけなので、就活塾などを利用するより良いと僕は思ってます)

 

▼利用者の声

f:id:syukatsu_man:20210429162224j:plain

 

こんにちは!

就活を研究し続けて7年目、書いた記事は800以上の就活マンです。

 

今回は「レバレジーズのインターンシップ」について解説していきます。

人材紹介やソフトウェア開発などを事業の柱とする同社は、毎年就活生からも人気の高い企業です。

 

人気企業だけあって、インターンシップの倍率も非常に高くなっています。

ただ、インターン内容の評判は非常に高く、選考にも有利に働くのは間違いない。

 

だからこそ、レバレジーズのインターンに興味のある人は多いですよね。

本記事では、レバレジーズのインターンの参加方法から内容・選考フロー・評判まで徹底的にまとめたので、ぜひ最後まで読んでくださいね!

【就活マンの意見】大手企業のインターンの参加価値は低い

 

先に聞いてもらいたいことがあります。

そもそも僕は、大企業が実施するインターンシップの参加はあまりおすすめしていません。

 

なぜなら、大企業が開催するインターンシップの多くが1日限りの「会社PR」に終わってしまっていることがほとんどだからです。

 

たしかに、中には短期間でも学生にとって有益なインターンを実施してくれる大企業はあります。

ただ、それはあくまで少数の話なんですよね。

 

そこで僕がおすすめするインターンシップが「長期インターンシップ」です。

なぜなら、1日で終わるインターンシップに比べて、より深く職種や企業について理解が深まるから。

 

ぜひ大手企業のインターンシップばかりに目を向けるのではなく、中堅やベンチャー企業による「価値のあるインターン」を探してください!

ちなみに長期インターンシップの探し方は「【長期インターンシップの探し方6選】大学生と就活生必見!」にて詳しく解説しています。

 

また、インターンシップ以外に僕が就活の成功において重要な6つのポイントをまとめています。

就活マンが考える“就活を成功させるために必須の6大ポイント”を共有」にて詳しく解説しているので、インターン参加前に必ず押さえておいてくださいね。

 

たしかに1日のインターンだと、得られるものも限られますよね。

間違いないね。そもそも大手はインターンをしなくても就活生が集まるから、選考直結型にする意味がないんだよね。

レバレジーズのインターン概要

f:id:kazamidori1214:20210415204744p:plain

 

レバレジーズは、「IT・人材・メディア」の三本柱で、人が働きやすい環境づくりを創出するコンサルティング企業です。

働く社員の平均年齢が若いのも大きな特徴ですね。

 

就活エージェントの「キャリアチケット」を運営しているのもレバレジーズです。

キャリアチケットが全国展開していることからも、成長中の企業だということがわかりますよね。

 

レバレジーズの会社概要

 

企業名:レバレジーズ株式会社

設立:2005年4月6日

本社:東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア24F・25F

事業内容:自社メディア事業|人材関連事業|システムエンジニアリング事業

 

設立からまだ15年あまりと新しい企業ですね。

ただ、人材紹介以外にも自社メディア事業やシステムエンジニアリング事業など、IT業界にも幅広く事業を展開しています。

 

レバレジーズ株式会社公式サイト:

https://leverages.jp/

 

レバレジーズのインターンの種類

 

レバレジーズにはいくつかの種類があります。

具体的には以下のとおりですね。

 

<レバレジーズサマーインターン 0→1コース>

複数の分野の事業案から選択して、プライシング・サービスデザイン・業務フロー構築などの戦略について意見を交わすインターンシップです。

 

<レバレジーズサマーインターン 0→10コース>

事業デザイン力について深く学ぶことができ、本格的なビジネスリーダーの素養が身に着けられるインターンシップです。

 

<エンジニア職【プロダクト開発コース】湯けむりハッカソン>

熱海で開催されるエンジニア職特化のインターンです。

実践的なサービス開発をすることができ、エンジニアやデザイナーとして働くプロセスを体験できます。

 

レバレジーズのインターンの倍率

 

レバレジーズのインターンはワンキャリア実施の就活口コミアワードにおいて、インターン部門でGOLD賞を受賞するほど話題になっています!

 

レバレジーズが2018年度に開催したサマーインターンでは、約4,000人の応募があり選考通過率が2%程度でした。

4,000人中80人程度を倍率に言い換えるなら約50倍です。

 

非常に狭き門だといえます。

ただ、そのインターンに参加できれば、それだけでもかなりの自信に繋がるので、ぜひ挑戦すべきですね!

 

専門職向けのインターンもあるんですね。

どれに参加しても代表取締役や部長クラスのメンターと関われるから、とても価値があるインターンシップなんだ。だからこそ高倍率にもなるんだよ。

レバレジーズのインターンの日程・選考フローについて

f:id:kazamidori1214:20210415204747j:plain

 

次のこの章では、レバレジーズのインターンの日程や選考フローについて解説していきます。

レバレジーズでは、いずれのインターンシップも6月から9月の期間の3日間(主に金曜日から日曜日)に開催されます。

 

応募締切は、一次から三次の締切日で分けられています。

また、「湯けむりハッカソン」だけは二次締切までです。

 

【過去のエントリー締切日】

 

<レバレジーズサマーインターン 0→1 0→10>

ES免除エントリー締切 2018年5月2日(水)
一次締切 2018年5月11日(金)
二次締切 2018年6月15日(金)
三次締切 2018年6月30日(土)

 

<エンジニア職【プロダクト開発コース】湯けむりハッカソン>
一次締切 2018年7月16日(月)
二次締切 2018年8月20日(月)

 

「0→1」と「0→10」は早い時期に申し込みをすれば、ESが免除されるエントリーが可能です。

 

また、「0→1」と「0→10」は面接が1回から2回、「湯けむりハッカソン」は面接のほか、Web適性検査が実施されています。

 

レバレジーズのインターン課題・実施内容について

f:id:kazamidori1214:20210422145822j:plain

 

次にレバレジーズのインターンで出された課題と実施内容について解説します!

各コースは学べる内容が異なるだけで、基本的な3日間の流れは同じです。

 

レバレジーズのインターン課題

 

まずは、レバレジーズのインターンで出題される課題について共有します。

年度によってテーマが異なる可能性はありますが、基本的なフレームワークは一緒です。

 

【レバレジーズインターンの課題】

レバレジーズのアセットを活用した新規事業立案を企画せよ。初期投資額は10億円で5年で黒字化が可能なものに限る。また、収支報告書やマーケティング戦略もあわせて考案すること。

 

初期投資額が10億円とスケールの大きいビシネスを想定した事業立案となっています。

設定が具体的なので、実現可能なレベルの戦略を立案しなければいけません。

学生がやってしまいがちな「机上の空論」ではダメだということですね。

 

また、レバレジーズでは事前課題でビジネス本を2冊読むことになっています。

読み込んでおかなければ当日のインターンで理解が追い付かなくなるので、最低でも指定されたビジネス本は絶対に読み込んでおきましょう!

 

レバレジーズのインターンの流れ

 

それでは、次にレバレジーズのインターンの流れを見ていきましょう。

3日間で新規事業を立案する能力が培われるように組まれたスケジュールです。

 

【インターンシップ実施内容】

1日目:チーム紹介、ワーク開始

2日目:ワーク(中間報告、ブラッシュアップを含む)

3日目:発表資料作成、懇親会

 

1日目

午前中は、まずチームの組み合わせと参加するメンターの発表が行われます。

インターンに参加するメンバー同士で顔合わせをして雰囲気をつかむ時間ですね。

 

その後、チームビルディングのために用いられるゲームのひとつ「マシュマロ・チャレンジ」が開催されます。

 

マシュマロ・チャレンジは与えられた備品でどれだけ高い塔を建てることができるかをチームで競うものです。

ゲーム終了後、しっかりと役割分担や試行錯誤ができていたかを各チームで振り返り、その後のワークにつなげます。

 

レバレジーズの紹介をしたのち、午後からは新規事業立案に関するテーマ、課題が発表されます。

ここでいよいよ本題のワークが始まります。

 

2日目 

前日発表されたテーマについて引き続きワークを行う一日です。

どれぐらい話が進められたのか中間発表をチームで行い、経営企画室長やマーケティング部のスタッフからフィードバックがなされます。

 

フィードバック後は、ブラッシュアップを行い、これを計3回繰り返します。

そのため、2日目は常に考えを巡らせてアイデアを発信していかなければならず、「この日が一番大変だった」と語る学生は多いです。

 

3日目 

3日目は発表日です。

午前中、発表するためのスライドを作成したり提出する資料の精査を行ったりします。

 

午後からはチームごとにプレゼンテーションを行い、質疑応答に答えていきます。

プレゼンに関して詰めの甘い部分があれば厳しい質問で追求されることも。

 

全ての発表が終わったら、評価の高かったチームの発表がされて夜は懇親会をして終了です。

レバレジーズの社員と会社に対する想いや自分が将来やりたいことなど語り合って、良い印象を残せるように努めましょう。

 

かなりしっかりとしたスケジュールが組まれてますね。

レバレジーズは、社員がインターン生に深く関わっていくことで有名。つまり、学ぶ姿勢を持ってワークに取り組めば担当者に良い印象を与えることもできるんだ!

レバレジーズのインターンの応募方法

f:id:kazamidori1214:20210415204803j:plain

 

レバレジーズのインターンに関してはご理解いただけたかと思います。

この章では、実際にレバレジーズのインターンに応募する方法を解説していきますね。

 

エントリーの流れからES、面接のことまで具体的に見ていきましょう。

エントリーの流れは以下のとおりです。

 

【レバレジーズのインターンエントリーの流れ】

  1. レバレジーズのインターン特設サイトを開く。
  2. エントリーフォームから必要情報を入力する。
  3. エントリーシートを提出する。

 

ESで聞かれることは当然年度によって異なる可能性があります。

ここからは過去の課題内容などについて共有していきますね。

 

①エントリーシートの設問内容

 

まずはエントリーシートの設問内容から。

2020年に開催されたインターンのエントリーシートの設問は以下のとおりです。

 

【エントリーシートの設問内容】

設問①:
大学生時代に取り組んだことと簡単な実績を教えてください。箇条書きで構いません。(長期インターン、アルバイト、長期留学、部活動、サークルなど)

 

設問②:
高校時代までに取り組んだことと簡単な実績を教えてください。箇条書きで構いません。

 

ガクチカの内容が大学だけでなく、高校時代まで含まれるのは珍しいですね。

レバレジーズは若手でも裁量権があり、「自分自身で考えて行動する力」が求められます。 

 

そのため、ESでは就活生が学生時代にどのような考えを持って自身の課題を進めてきたかという「自走力」の有無をESの時点で確認しているんでしょうね。

 

②面接での質問内容

 

次に面接で実際に聞かれた質問内容について。

レバレジーズインターンの一次面接、二次面接において聞かれた質問は以下のとおり。

 

【インターンにおける面接での質問内容】

  • 学生時代に頑張ったこと
  • インターンの志望動機
  • どのような軸で会社を選んでいるかとその理由
  • 将来のビジョンとその理由や原体験
  • どうしてインターンに興味を持ったのか
  • インターンでどのようなことをしたいか
  • 何か将来成し遂げたい夢はあるか

 

難しいものやイレギュラーなものはなく、ごく一般的なインターンの質問ですね。

特別な対策は必要ないので、普通どおりの面接対策で対応できます。

 

また、レバレジーズは「関係者全員の幸福」を企業理念としているので、自分たちの働きでどれだけ他者に貢献できるのかを追求しています。

 

そのため、成し遂げたい夢などを聞かれたときは「他人のために動いたエピソード」があれば強力ですね。

 

 

このインターン選考を経験すれば本選考対策にもなりますね。

大きなアドバンテージになるよね。本選考の時点である程度エントリーシートの型ができているのは大きいよ。

レバレジーズのインターンの評判は?

f:id:kazamidori1214:20210415204756j:plain

 

レバレジーズのインターンのESや面接で聞かれることはわかったと思いますが、実際にインターンに参加した人からの評判も気になりますよね。

そこでこの章では、レバレジーズのインターンの評判についてお話しします。

 

【レバレジーズのインターンの評判】

  • インターンとしての質が高い
  • 社員の熱量がハンパじゃない

 

評判① インターンとしての質が高い

 

レバレジーズのインターンは熱量が高く、質も担保されていることがうかがえます。

また、参加することで成長にもつながると言われているため、単なる企業のPRだとは言えませんね。

 

評判② 社員の熱量がハンパじゃない

 

こちらもレバレジーズの熱量について語られていて、インターンシップに対する良い評判です。

3日間メンターと時間を過ごすことで、レバレジーズで大切にしている「論理的思考」や「自走力」も身につけることができます。

 

Twitter以外にもレバレジーズのインターンへ参加した学生の評判があったので、それらをまとめました!

良い評判、悪い評判それぞれありましたね。

 

【レバレジーズインターンの良い評判】

  • メンターの熱意があって、本気と学生と向き合っている印象
  • 昼食や夕食はチーム内で食事をするため、社員との交流がしやすい
  • 時間も長く体力的にもきついインターンだったが、和気あいあいと雰囲気良く進めることができた

 

【レバレジーズインターンの悪い評判】

  • 時間がギリギリだった
  • 体力的にきつかった

 

社員が本気で向き合うからこそ価値がある。

その反面、体力的にはきついというのがリアルな声ですね。

 

ただ、全体としては良い評判が多いという印象でした。 

レバレジーズインターン最大の特徴は、新規事業立案に関して学生だけでなく、レバレジーズの社員と一緒に考え、学びを得るところ。

 

課題解決のほか、レバレジーズ社員の考え方や理念もコミュニケーションを通じて学ぶことができます。

志望度の高い就活生は参加すべきインターンといえますね!

 

レバレジーズのインターン生は採用で優遇されるのか?

f:id:kazamidori1214:20210415204754j:plain

 

インターンに参加すれば、本選考で優遇されるのかは気になりますよね。

結論からいうと、レバレジーズのインターンを経験すれば新卒の採用で優遇されるチャンスがあります。

その理由は下記の2点があるからですね。

 

【インターン生が優遇される理由】

1. インターンで選考免除になる

2. インターンを通して情報収集・社員へのアピールができる

 

理由① インターンで選考免除になる

 

 

名だたる大企業の中、レバレジーズもインターン参加で選考が有利になることは有名なようです。

 

実際、インターンの取り組みで良い印象や結果を残すことができた学生は、一次面接をパスして二次面接から受けられるという声もあります。

 

理由② インターンを通じて情報収集・社員へのアピールができる

 

インターンルート選考以外にも、レバレジーズのインターンシップに参加する本質的なメリットがあります。

それは企業の情報収集や社員へのアピールができるという点です。

 

レバレジーズのインターンシップでは、学生とメンターがひとつのチームになって3日間新規事業の立案を行います。

そのため、直接社員と話ができるチャンスが非常に多い。

 

レバレジーズのリアルな情報や雰囲気を知ることができるため、インターンを経験していない学生よりも志望動機をつくりやすく、書類選考や面接でより説得力の高いアピールができますよ。

 

なおさらインターンに参加するメリットを感じますね。

間違いないね。それにインターンを通過できなかったからといって、選考には影響しないから応募しない手はないよね!

レバレジーズのインターンに受かるための必須対策

f:id:kazamidori1214:20210415204750j:plain

 

レバレジーズのインターンは非常に狭き門で対策が必須です。

次に、レバレジーズのインターンに受かるための必須対策を3つご紹介します!

 

【レバレジーズのインターンに受かる方法】

  • 過去のエントリーシート情報を収集する
  • OB訪問にて情報収集を行う
  • エントリーシートの質を徹底的に高める

 

対策① 過去のエントリーシート情報を収集する

 

まず必ず押さえておくべきなのが「過去のES情報を集めること」ですね。

エントリーシートを通過しなければ面接を受けることすらできません。

 

そこで僕が最もおすすめするのは、実際に選考を通過したESを無料閲覧できる神サイトの「ユニスタイル」です。

 

f:id:kazamidori1214:20210426183941p:plain

 

確認したら、レバレジーズのインターンのエントリーシート情報もありましたよ!

実際に通過したエントリーシートを見れるのは本当に大きいですよね。

 

利用方法も非常に簡単で「unistyle無料会員登録」から登録さえすればすぐに利用することができますよ!

 

対策② OB訪問にて情報収集を行う

 

次にするべき対策が「OB訪問にて情報収集を行うこと」です。

これもかなり大きなメリットがありますね。 

 

なぜなら、現役の社員から有益な情報をたくさんもらえるからですね。 

レバレジーズで働く社員の中には、インターンを経験した人がいるかもしれませんし、何よりも本選考を通過したときの話が聞けます。

 

また、OB訪問をした上でインターンシップも顔を出すことができれば、本選考でも大きなチャンスがありますよね!

 

Check!

▼OB訪問相手の探し方まとめ!

» 【OB訪問相手の探し方10選】ツテがない就活生でも大丈夫!

 

▼OB訪問特化アプリのおすすめランキング!

» OB訪問アプリおすすめランキング【1位〜15位】

 

対策③ エントリーシートの質を徹底的に高める

 

最後にすべき対策は「エントリーシートの質を徹底的に高めること」です。

先ほど解説したとおり、インターン選考にはエントリーシートも含まれます。

 

何より、エントリーシートの質を高めることは本選考対策にも繋がります。

レバレジーズの本選考でも当然エントリーシートの提出はあるので、インターン時点で評価されるエントリーシートを作っておくことが重要です。

 

\インターン選考までに必ず押さえておくべき施策!/

20210121113948

 

エントリーシート対策が重要なんですね。

そうだね。こうして見てみるとインターンの対策は、本選考を受けるためのポイントと大差ないことがわかるよね!

本記事の要点まとめ

 

最後まで読んでくださり、本当にありがとうございました!

レバレジーズのインターンについて、網羅できたかと思います。

 

レバレジーズはインターン通過率が非常に低く、難易度が高いのは間違いない。 

ですが、参加する価値の高いインターンシップであることも事実。

 

参加前から倍率を見て諦めてしまうのはめちゃくちゃもったいないです。

とにかく事前の情報収集とエントリーシート対策を徹底することで、十分勝負することができますよ!

 

それでは最後の本記事の要点をまとめて終わりとしましょうか。

 

【本記事の要点】

  • 前提として大企業のインターンよりも長期インターンがおすすめである。
  • レバレジーズのインターンは50倍を超える高倍率である。
  • 社員の本気度の高さなどから、インターンの評判は良い傾向にある。
  • インターン選考にはエントリーシートと面接対策が必要。
  • 対策として「ユニスタイルの活用」「OB訪問」「エントリーシートの質の向上」がおすすめである。

 

今回の記事が少しでもあなたの役に立ったのなら幸せです。

就活攻略論には他にも、僕が4年に渡って書き続けた800の記事があります。

ぜひ他の記事も読んでもらえると嬉しいです\(^o^)/