MENU

【ホワイト企業の見分け方】絶対に見るべき12の指標を解説します!

20180401154528syukatuman-about

就活マンこと藤井智也が「読むことで他の就活生と圧倒的な差を付けられる情報」を発信しようと立ち上げた就活ブログです。今年で5年目をむかえます。

偏差値50の中堅大学から、複数内定を獲得し、食品大手に入社した全技術を余すことなく共有します。
※本気で就活を成功させたい方のみ読んでください。

» 就活マンとは?|運営者のプロフィールや立ち上げ経緯はこちら

20220609144604
20210428164338

ホワイト企業ナビ(23/24卒求人サイト)

→優良企業に特化した日本で唯一の求人サイト。「残業時間・離職率・休日数」の3条件がすべて日本企業の平均よりも好条件である優良企業のみを掲載。※ただしまだ開始したばかりで掲載企業が少ない。

20221107140602

ミーツカンパニー(全国オンライン可)

→現状最もおすすめの就活エージェントの1つ。大手や穴場優良企業も多く紹介してもらえるのが最高。
※ただし担当者の質を初回面談で見極めることが超重要!求人紹介の精度が高い担当者だけを継続利用!良い担当者だと神サービスだけど、担当者が微妙だと利用価値ゼロ。

 

キミスカ(逆求人サイト)

オファーボックス(逆求人サイト)

→登録しておくだけで企業からスカウトが届く。自分の性格や価値観に合った企業とマッチングしやすい。
※利用する場合は必ずプロフィール入力に力を入れること。じゃないと利用しない方が良い。

20221005095101

 

こんにちは!

就活を研究し続けて7年目、書いた記事は1000以上の就活マンです。

 

僕が就活をしていて難しいと思ったのが、とにかく企業選びでした。

どれだけ選考対策をうまくやって評価されても、そもそも選んだ企業が自分に合わなかったら元も子もない...。

 

要するに就活や転職では、どれだけうまく対策するかよりも「自分に合う企業をいかに見分けられるか、選択できるか」が必要であり、大前提となるんですよね。

 

ちなみに僕のおすすめのキャリアは、とにかく働きやすいホワイト企業に就職すること。

そこで心に余裕を持ちながら、就業時間後に副業をしたり、将来的なキャリアをじっくり考えたり、プライベートの時間を充実させる方法を考えたりする。

 

何事も心の余裕が大事だと思うんですよね。

(もちろん最初からバリバリ働くのもおすすめですが、それに合わない人がそういったキャリアを選ぶと心が速攻で病むので注意が必要かと)

 

そこで今回は、ホワイト企業の見分け方を徹底解説していきます。

僕が今、就活生ならこの視点で求人を見たり、口コミサイトを見るので、「働きやすい企業に入社したいよ!」という方は参考にしてくださいね。

 

ちなみに僕が週1回のペースで配信している「就活攻略論公式ライン」では、優良企業に特化した情報発信をおこなっているので、ホワイト企業に入社したい人はぜひ追加しておいてください!もちろん完全無料です!

(ホワイト企業の求人情報や、ホワイト企業リストの共有、ブラック企業の見分け方の共有などおこなってます!)

 

働きやすいホワイト企業に入社したいのですが、具体的な見分け方や探し方が分からない状況です!

見分け方が分からない状態で求人を見るのは非効率だから、見分けるための視点をこの記事を通して押さえていこう!

そもそもホワイト企業とは?

 

就活生のみなさんは、ホワイト企業と聞いてどんな企業を想像しますか?

「残業がない企業」「業績が良い企業」など考え方は人それぞれ違いますよね。

 

認識がズレているとこの後の説明にも齟齬が生じるかもしれません。

なのでまずは、そもそもホワイト企業とは何なのか?について確認しておきましょう!

ホワイト企業に明確な定義はない

 

実は、ホワイト企業に明確な定義はありません。

一般的には「働きやすい企業」を指すことが多いですが、何をもって働きやすいのかは人それぞれ。

 

「毎日定時で帰れる企業」という人もいれば、「残業があっても給料が高ければOK」という人もいます。

よって働きやすさをホワイト企業の基準にするには曖昧すぎる。

 

なので、ホワイト企業の基準は一律にあるものではなく自分で決めるものだと思っておいてください。

極端に言えば、あなたがホワイトだと思えばどんな企業だろうとホワイト企業です!

 

ホワイト企業を社員を大切にする企業だと考える

 

ホワイト企業に明確な定義はないと説明しましたが、あえて基準を決めるとすれば「社員を大切にする企業=ホワイト企業」が最も適切だと僕は考えています。

なぜなら、ホワイト企業によく見られる「残業が少ない」「年収が高い」「研修が充実している」といった特徴は、すべて社員を大切にしているがゆえの結果だから。

 

その結果社員の定着率が良くなり、企業としての業績も伸びていく。

つまり、ホワイト企業は「企業が社員を大切にする→社員がしっかり働いてくれる→業績アップ→さらに社員を大切にできる」という流れができているんですよね。

 

なので、ここから先の説明は「ホワイト企業=社員を大切にする企業、社員が幸せな企業」という認識で読み進めてください。

 

「ホワイト企業を見分けるときは、社員を大切にしているかどうかを考えれば良いということですね。」

「その通り!自分が社員を大切にしている企業だと感じれば、そこはホワイト企業ということになる。具体的なポイントは人それぞれだけど、この軸を忘れないようにしよう!」

ホワイト企業の見分け方|確認すべき12の指標

 

ホワイト企業に明確な定義はなく人によって感じ方は異なるため、「〇〇だったらホワイト企業!」と一概に言い切ることはできません。

ただ、ホワイト企業によくある傾向は存在します。

 

その傾向に当てはまる企業であればホワイト企業である可能性が高く、そうでなければブラック企業の可能性が高い。

 

では具体的にどこを確認すれば見分けられるのでしょうか?

ここからは、本題であるホワイト企業の見分け方について12個の指標を解説していきます。

 

【ホワイト企業の見分け方|確認すべき12の指標】
  1. 残業時間が短いか
  2. 年間休日数がしっかり確保されているか
  3. 3年後離職率が低いかどうか
  4. 平均年収が業界平均よりも高いか
  5. 今後も需要が落ちない業界の事業かどうか
  6. 福利厚生が充実しているかどうか
  7. 有給消化率が高いかどうか
  8. 利益率が業界平均よりも高いかどうか
  9. 自社の強み(競合優位性)が明確にあるかどうか
  10. 研修制度がしっかりと整っているかどうか
  11. 女性の働きやすさに配慮されているかどうか
  12. 国からの認定を受けているかどうか

 

見分け方① 残業時間が短いか

 

1つ目のポイントは、残業時間が短いかどうか。

ホワイト企業は社員のワークライフバランスもきちんと考えているので、残業時間が短い傾向にあるんですよね。

 

残業時間が少ないとプライベートの時間を確保でき、心身をリフレッシュできます。

しかもプライベートが充実すると仕事のモチベーションも上がるので、企業にとっても良い結果となる。

 

なので、ホワイト企業を探す場合は残業時間が少ないところを選ぶようにしてください。

目安は、業種によっても異なりますが月平均25時間くらい。

これより大幅に多い企業は働きにくい可能性があるので注意してくださいね。

 

見分け方② 年間休日数がしっかり確保されているか

 

続いて、年間休日数がしっかり確保されているかどうかも重要なポイントです。

一般的に働きやすいと言われる企業は、年間休日数が多い(120日以上)傾向にあるんですよね。

 

土日祝日+お盆や年末年始などの長期休暇でだいたい120日なので、これくらいあればカレンダー通りの生活ができるというイメージ。

 

120日より大幅に少ないと「休みが少ない」と不満を感じるかもしれません。

なので、ホワイト企業を狙うなら年間休日数が120日以上あるかどうかを確かめるようにしてください。

 

ちなみに、労働基準法では105日が最低基準となっています。

年間休日数が105日に近い企業はブラック企業である可能性が高いので注意してくださいね。

 

見分け方③ 3年後離職率が低いかどうか

 

3つ目の見分け方は、3年後離職率が低いかどうかです。

ホワイト企業は社員を大切にするのでそう簡単に人は辞めません。よって離職率も低くなる傾向があるんですよね。

 

逆に離職率が高い企業は、何かしら問題があって社員が不満を持っているからどんどん人が辞めていく……。

 

引用元:厚生労働省の調査「新規学卒者の離職状況

 

厚生労働省の調査によると大卒就職者のうち約3割が入社3年以内に辞めているので、それより低いかどうかが目安となります。

3割以下ならホワイト企業である可能性が高く、それより高ければ高いほどブラック率も高くなる。

 

なので、離職率が3割以下でなるべく低い企業を狙うようにしてください。

離職率は就職四季報やブンナビ、企業ホームページなどで調べられますよ。

 

見分け方④ 平均年収が業界平均よりも高いか

 

同業他社と比べて平均年収が高いこともホワイト企業の大きな特徴です。

給料が高いのは、その企業の業績が安定していて社員にもきちんと還元されているからなんですよね。

 

よって「業界平均より年収が高い=社員を大切にしている(その余裕がある)」ということになります。

業界ごとの平均年収は以下の通り。

 

引用元:国税庁「民間給与統計調査の概要ー平均給与

 

業界別のデータと見比べて、平均年収が高ければホワイト企業である可能性が高いということですね。

ただし、中には「残業代が多いから年収も高くなる」「業務が大変だから高めに設定されている」というパターンもあります。

 

平均年収が高くても激務だったらホワイト企業とは言えないので、年収だけでなく月の基本給や賞与、手当などもそれぞれ確認するようにしてくださいね。

 

見分け方⑤ 今後も需要が落ちない業界の事業かどうか

 

こちらは企業というより業界の見極め方なんですが、業界として今後需要が落ちないのかどうかも重要なポイントです。

需要が落ちていく業界だと、安定的に利益を上げることが難しくなるので待遇が悪化する可能性があるんですよね。

 

たとえば、ブライダルやパチンコ、百貨店、出版業界などは今後大きな成長が期待できないので、これらの業界でホワイト企業を探すとなると選択肢は少なくなるかもしれません。

 

もし選択の余地があるのであれば、他の業界も視野に入れた方が良いですね。

ただし、伸び悩む業界の中にもホワイト企業は存在します。

衰退業界=100%ブラック企業というわけではないので、あくまで参考のひとつとして頭に入れておいてくださいね。

 

見分け方⑥ 福利厚生が充実しているかどうか

 

6つ目の見分け方は、福利厚生が充実しているかどうか。

福利厚生というのは、給料以外に企業が社員やその家族に実施する報酬やサービスのことで、大きく分けて法定福利厚生と法定外福利厚生があります。

 

【福利厚生の種類】

  • 法定福利厚生:健康保険、介護保険、厚生年金など
  • 法定外福利厚生:交通費、住宅手当、社員食堂、資格取得支援など

 

法定福利厚生はどの企業にもありますが、法定外福利厚生は企業が独自に設定するため企業によって内容が異なるんですよね。

よってホワイト企業を見分けるためには、法定外福利厚生がどれくらい充実しているかに着目してください!

 

法定外福利厚生が充実している企業ほど社員を大切にしている傾向があり、社員の満足度も高くなりやすいです。

企業同士で比較しやすい要素でもあるので、応募段階で福利厚生はしっかりチェックしておきましょう!

 

見分け方⑦ 有給消化率が高いかどうか

 

有給消化率の高さもホワイト企業を見分けるポイントの1つですね。

ホワイト企業は社員を大切にしているので、仕事量を適正に管理しプライベートも尊重してくれます。

 

「仕事が第一優先じゃないとダメ」「休む暇がない」ということがないので、有給休暇もとりやすい雰囲気があるんですよ。

よってホワイト企業は有給消化率が高い。

 

なお、厚生労働省の「令和3年就労条件総合調査の概況」によると、平均有給消化率は56.6%、平均年間取得日数は10.1日となっています。

 

引用元:厚生労働省「令和3年就労条件総合調査の概況

 

なのでこれより高いかどうかを目安にしてください。

企業ごとの有給消化率は就職四季報やブンナビ、口コミサイトなどで調べられますよ。

 

見分け方⑧ 利益率が業界平均よりも高いかどうか

 

見分け方の8つ目は、利益率が業界平均よりも高いかどうかです。

利益率というのは、売上に対してどれだけの利益を出せたかを示すもの。利益率が高ければ儲かりやすく、低ければ儲かりにくいという意味になります。

 

利益率が高い企業は効率的に利益を生み出せているということなので、社員への還元もしやすいんですよね。

よって利益率が高い企業はホワイト率が高い。

(ただしそうでない企業もあるので、あくまで参考のひとつに)

 

なので、有価証券報告書や決算短信、会社四季報などで利益率を調べてみてください。

ちなみに、利益率は業界によって大きく異なるので業界平均と比較して高いかどうかを見るようにしてくださいね。

 

見分け方⑨ 自社の強み(競合優位性)が明確にあるかどうか

 

続いて、自社にしかない強み(競合優位性)が明確にあるかどうかも確認してください。

というのも、ホワイト企業でありつづけるためには他社と差別化し打ち勝つことが必要だからです。

 

たとえば、ケーキを販売しているお店を想像してください。

ケーキ屋は、ケーキ屋だけでなくショッピングモールのケーキ売り場やコンビニなどさまざまなライバルが存在しますよね。

 

そんな中、ただ美味しくて安いケーキを提供するだけのケーキ屋はライバルに打ち勝つことができません。

ライバルに勝てないようなケーキ屋は売上が伸びないので、当然従業員にも還元しにくくなる。

 

一方、「似顔絵ケーキを作れる」「食べても太らないケーキがある」など、他にはない独自の強みを持っているケーキ屋であれば安定した売上を確保できます。

すると従業員の給料を上げたり福利厚生を充実させたりできるようになる。

 

つまり、「自社にしかない強み(競合優位性)がある→ライバル企業に勝てる→売上が安定→社員に還元できる=ホワイト企業」ということ!

なので、待遇や労働環境に加えぜひ事業の競合優位性にも着目してください。

 

見分け方⑩ 研修制度がしっかりと整っているかどうか

 

研修制度がしっかりと整っていることもホワイト企業の特徴のひとつです。

ホワイト企業は社員を大切にするので、コストや手間がかかってもきちんと研修をしてくれるんですよね。

 

その方が社員に長く働いてもらえて、結果的に企業の利益になることを知っているから。

たとえば、ビジネスマナーや社内ルールなど基本的なことを学ぶ座学や職種別研修をしっかり実施してくれる企業は社員を大切にしていると言えますね。

 

新入社員研修以外にも、入社〇年後研修やフォローアップ研修、マネジメント研修などがあるとさらに良い。

逆に、いきなりOJT(実務をしながら覚えていく)に入る企業は正直微妙だと思います。

 

研修にかかる時間や費用をケチってすぐにでも働かせようとするブラック企業かもしれません。

なので、応募段階で入社後にどのような研修があるのかを確認しておくことをおすすめします。

 

見分け方⑪ 女性の働きやすさに配慮されているかどうか

 

女性の働きやすさに配慮できている企業は、女性にとっても男性にとっても働きやすいホワイト企業である可能性が高いです。

なぜなら、多様な働き方をサポートしている企業は社員を大切にする考えがあり、それを実行できる余裕があると判断できるから。

 

たとえば、時短勤務や託児所などが整っている企業はワーキングマザーも働きやすいですよね。

ですが、余裕のないブラック企業は育休や時短勤務ができないことも少なくありません。

(制度としてあっても実際は取りにくい雰囲気がある)

 

また、女性が長く働ける=差別やハラスメントがないという見方もできるため、治安の良さにもつながります。

なので、ホワイト企業を見分ける際には女性が活躍しやすい環境かどうかにも着目してみてください。

 

見分け方⑫ 国からの認定を受けているかどうか

 

ホワイト企業は国からの認定を受けていることも多いです。

厚生労働省や経済産業省が定めた基準をクリアしている証拠になるので、信ぴょう性のある判断材料になるんですよね。

具体的には、以下のような認定制度がホワイト企業を見分けるときに役立ちます。

 

【ホワイト企業の代表的な認定制度】

  • ホワイト企業トップ500
  • くるみんマーク
  • ユースエール認定制度
  • えるぼし認定制度
  • 安全衛生優良企業公表制度

 

企業がこれらの認定を受けるのは、自社イメージを向上し採用面で有利になるため。

「認定を受けている=採用に力を入れている」と言えるため、社員を大切にしているホワイト企業である確率が高いんですよ。

 

「これらの特徴がある企業は社員を大切にする企業、つまりホワイト企業ということですね。」

「全項目をチェックするのは大変だし、すべてを完璧に満たす企業は少ないかもしれないね。だから自分にとって重要だと思う指標をピックアップして、それを満たすホワイト企業を見つけよう!」

ホワイト企業かどうか見分けるのに便利なツールやサイト

 

ここまでホワイト企業の見分け方について説明してきましたが、ポイントが多くて難しく感じる人もいるかもしれません。

そんなときは、就活向けのツールやサイトを活用するのがおすすめです。

より高い精度で見分けるためにも、ぜひ以下のツールやサイトを使ってくださいね。

 

【ホワイト企業かどうか見分けるのに便利なツールやサイト】
  1. 就職四季報・業界地図
  2. 就活・転職エージェント
  3. ホワイト企業ナビ

 

①就職四季報・業界地図

 

まずおすすめするのが、就職四季報や業界地図といった就活生向け書籍。

就職四季報は事業内容や平均年収、残業時間、離職率、採用実績など就活生が知りたい情報がぎゅっとまとめられた企業情報誌です。

 

5,000社にも及ぶ企業が掲載されているので、企業同士を比較するときにはかなり役立つんですよね。

 

しかも企業のPR記事ではなく客観的なデータがまとめられているので、信ぴょう性も高い。

そして業界ごとに企業の特徴を調べたい場合は業界地図が便利です。

 

業界動向や企業勢力、主要企業の業績などがマッピング形式でまとめられているので、世の中にどんな企業があるのか、どの業界のどの企業が伸びているのかが一目で分かるんですよ。

 

就職四季報と業界地図は企業研究・業界研究でも役立つツールなので、使って損はありません!

 

②就活・転職エージェント

 

就活・転職エージェントとは、人材会社が提供する無料の就職支援サービスです。

なぜ就活・転職エージェントがおすすめなのかというと、希望条件や強みを伝えるだけで自分に合う求人に出会えるから。

 

たとえば、「〇〇業界で平均年収が高い企業を教えてください」とお願いすればそれに合う求人を紹介してもらえます。

気になる企業があったときは、給料や年間休日数など面接では聞きづらいことを担当アドバイザーに確認することも可能なんですよ。

 

加えて、求人紹介だけでなく内定獲得までしっかりサポートしてくれるので就活の効率がぐっと向上します。

 

ちなみに、就活エージェントの中でも特におすすめなのは「ミーツカンパニー就活エージェント」と「キャリアチケット 」の2社。

 

これらは全国対応でオンライン面談にも対応しているので、ホワイト企業を探すときにはぜひ活用してくださいね。

この他にもおすすめの就活エージェントを知りたい人はこちらもチェックしてください。

 

 

③ホワイト企業ナビ

 

ホワイト企業ナビ」は、「残業時間が月平均25時間未満+3年後離職率3割未満+年間休日数120日以上」という3条件を”すべて満たす”企業のみを掲載した求人サイトです。

 

 

僕はこれまで5年以上に渡り就活関連の情報発信をしてきましたが、「ブラック企業を根絶したい」という信念のもと、4月からついにホワイト企業ナビをスタートしました。

 

ホワイト企業ナビは大手求人サイトと違って掲載求人に条件を設けているので、社員を使い倒すブラック企業を選んでしまう心配がありません。

加えて、編集部が1社ごとに丁寧にヒアリングしているのでリアルな情報が分かる。

 

掲載企業を厳選しているため現状求人数は限られていますが、ホワイト企業だけを探せるのはホワイト企業ナビだけです。

役立つ就活ノウハウやイベント情報も発信しているので(迷惑にならない頻度で!)、興味がある方はぜひ登録してみてください。

 

「これらを使えばより効率的かつ高精度でホワイト企業を見分けられるんですね。」

「そうなんだよ。業界地図や就職四季報を使って自分で調べつつ、就活エージェントやホワイト企業ナビに登録しておくのが効率的だよ。」

求人(求人票)を元にしたホワイト企業の見分け方とポイント

 

気になる求人を見つけたときに、「この企業はホワイト企業かな?大丈夫かな?」と考えることがありますよね。

 

実は、求人票からホワイト企業を見分けるにはいくつかポイントがあるんですよ!

ここでは、求人(求人票)を元にホワイト企業を見分ける方法について共有していきます。

 

【求人(求人票)を元にしたホワイト企業の見分け方とポイント】
  1. 採用人数が従業員数に対してあまりに多くないか
  2. 曖昧な表現が多かったり体育会系の匂いがしないか
  3. 基本給があまりに高くないか

 

①採用人数が従業員数に対してあまりに多くないか

 

まず1つ目に、採用人数が従業員数に対して多すぎないかどうかを確認してください。

というのも、採用人数が多すぎるのはそれだけ人がたくさん辞めているからだと判断できるから。

 

ちょっと考えてみてください。

残業が少なくて給料も高い、業績も好調なホワイト企業だったら誰も辞めませんよね?

人が辞めなければ採用人数もべらぼうに多くなることはありません。

 

一方ブラック企業はどんどん人が辞めていくので、その分人材を補充しようとする。

なので、採用人数に対して従業員数があまりに多い企業は避けた方が良いです。

目安は従業員数に対して10%くらい。

 

それより大幅に多い企業は、何かしら問題があって人が辞めていくブラック企業だと思ってください。

 

②曖昧な表現が多かったり体育会系の匂いがしないか

 

次に、求人票に曖昧な表現が多かったり体育会系の匂いがしないかも確認してください。

求人票に具体的な業務内容や労働条件を掲載していない企業は、就活生に詳しいことを知られたくないブラック企業かもしれません。

 

そして過剰なキャッチフレーズやキラキラワードは、内容の薄さをごまかすために使われている可能性があります。

例えば、以下のようなワードが多い企業は要注意です。

 

  • お客様の笑顔がやりがいです
  • 情熱第一
  • 一緒に夢を実現しよう
  • アットホームな雰囲気です
  • 大切なのはあなたのやる気

 

これらが1つでも書かれていたら絶対ブラック企業というわけではありませんが、あまりに多くて内容が薄い企業は注意してください。

逆に、業務内容や待遇(年収や福利厚生、年間休日数など)が具体的に掲載されているならホワイト企業である可能性が高いです。

 

③基本給があまりに高くないか

 

給料が高い企業は魅力的に映るかもしれませんが、基本給があまりに高い企業には何か裏があるかもしれません。

 

たとえば、「みなし残業代を多く含んだ給料」「ノルマがめちゃくちゃ厳しい仕事」「初任給は良いけど昇給しない」というパターン。

つまり、なんとか人材を集めようと基本給を高く設定している(高いように見せている)可能性があるんですよね。

 

言うなれば「釣った魚に餌をやらない企業」。

これではいくら基本給が高くてもホワイト企業とは言えません。

なので、基本給が低すぎる企業も避けた方が無難ですが、あまりに高い企業にも注意してくださいね。

 

「給料が高かったりキラキラワードが多かったりと、一見魅力的に見える企業でも注意が必要なんですね。」

「その通り!いくつか求人を見ていると「お、この企業はちょっと怪しいな」というのが分かるようになるから今から意識しておこう。」

口コミサイトを元にしたホワイト企業の見分け方とポイント

 

ホワイト企業を見分ける際には、求人票や企業ホームページだけでなく口コミサイトを参考にするのもおすすめです。

 

口コミサイトは実際に働いたことのある人からの意見が載っているので、忖度なしのリアルな情報を得られるんですよね。

では次に、口コミサイトを元にホワイト企業を見極めるときのポイントを説明していきます。

 

【口コミサイトを元にしたホワイト企業の見分け方とポイント】
  1. 多くの投稿に共通するネガティブな要素がないか
  2. パワハラに関する口コミが投稿されていないか

 

①多くの投稿に共通するネガティブな要素がないか

 

口コミサイトを参考にするときは、多くの投稿に共通するネガティブな要素がないか確認してください。

口コミサイトは不特定多数の人が書き込んでいるため、正確な情報とは限りません。個人的な恨みや冷やかしで書かれている可能性も考えられます。

 

ですが、ネガティブな内容が共通して複数ある場合は注意が必要です。

たとえば、「残業ありきで仕事が降ってくる」「上司より早く帰れない雰囲気」といった内容が複数ある場合は、本当に残業が多い企業である可能性が高いですね。

 

反対に、少し悪い口コミがあったとしても同じ内容が複数投稿されていなければそこまで気にしなくても良いかと。

なので、口コミサイトに悪い口コミが共通していないかを見てホワイト企業であることを確認するようにしてくださいね。

 

②パワハラに関する口コミが投稿されていないか

 

次に、パワハラに関する悪い口コミが投稿されていないかも確認してください。

たとえば「ノルマを達成できないとみんなの前で怒鳴られる」「業務に無関係なことまでさせられた」といった内容はパワハラに該当しますね。

 

パワハラがあるのは社員を大切にしていない証。ホワイト企業とは正反対と言えます。

しかもパワハラが起こる企業はコンプライアンス意識が低いため、さまざまな場面で不当な扱いを受ける可能性がある。

 

そんな企業には入社したくありませんよね。

なので、悪い口コミの中でも特にパワハラ関係はしっかりチェックしておいてください。

 

「気になる企業を見つけたら、応募する前に口コミサイトをチェックした方が良いんですね。」

「そうだ!求人票や会社説明会ではだいたいどの企業も「うちは働きやすい」とアピールする。でもそれは建前である可能性もあるから、リアルな情報を得られる口コミサイトを活用した方が良いんだ。」

 

面接でホワイト企業かどうか見分ける際のポイント

 

面接は採用担当者と直接会える機会なので、ホワイト企業かどうかを見分ける絶好のチャンスです。

自分をアピールすることで精一杯になってしまうかもしれませんが、ポイントを押さえておけば判断しやすくなります。

 

では、面接でホワイト企業かどうかを見分けるにはどんなことに注目すべきなのでしょうか?

 

【面接でホワイト企業かどうか見分ける際のポイント】
  1. 圧迫面接をしてこないか
  2. やたらと挫折経験や苦労したことばかり聞いてこないか

 

①圧迫面接をしてこないか

 

1つ目のポイントは、圧迫面接をしてこないかどうかです。

圧迫面接というのは、意図的に答えにくい質問をしたり学生の発言を否定したりと必要以上に圧力をかける面接。

 

命令口調で話しかけたり無視をしたりするケースもあります。

なぜそれが判断材料になるのかというと、学生に対して高圧的な態度をとってくる面接官がいる企業は、普段から社員に対しても横柄な態度をとっている可能性が高いから。

 

学生の反応を見るためにあえて高圧的な態度をとる場合もあるようですが、個人的にはそれも企業としては微妙だと思いますね。

本来企業と学生は対等な関係であり、企業の方が上の立場というわけではないので。

 

本当にホワイト企業だったら面接でも学生に対して常識ある態度で接するはずです。

よって、面接を受けるときは面接官の態度にも十分注意してください。

 

②やたらと挫折経験や苦労したことばかり聞いてこないか

 

2つ目に、挫折経験や苦労したことばかり聞いてこないかもチェックしてください。

なぜなら、やたらとストレス耐性をチェックしてくる企業は仕事もキツイ可能性が高いから。

 

キツイ労働環境に耐えられる人材を探しているから、挫折経験や苦労したことを聞いてくるんですよね。

 

簡単に言えば、「誰でもいいから使い倒せる人がほしい」という本音が含まれている可能性がある。

なので、面接でやたらストレス耐性ばかり探ってくる企業には十分注意してください。

 

テレビ業界や広告業界などの人気業界は応募者も多いことからストレス耐性をチェックすることも多いようですが、超人気企業でもないのに聞いてくるところはブラック企業かもしれません。

 

「面接って企業が学生を評価する機会だと思っていましたが、学生が企業を判断することも可能なんですね。」

「まさにその通りだ。面接は緊張して質問に答えるのに精一杯になるかもしれないけど、企業の方が上の立場ということはないから冷静に臨もう。」

ブラック企業の見分け方

ここまでホワイト企業の見分け方について紹介してきましたが、実はホワイト企業を見分けるためには「ブラック企業を避ける」という視点も大切です。

なぜなら、ブラック企業の特徴に当てはまる企業を避ければホワイト企業を選ぶことにつながるから。

 

たとえば、残業時間が極端に長いならブラック企業、そうでないならホワイト企業の可能性が高い。

有給消化率が極端に低いならブラック企業、そうでないならホワイト企業。

 

加えて、労働集約型かどうか、顧客が個人ではないか、ブラック企業だと知れ渡っていないかという要素も関係してきます。

簡単に言えば、ブラック企業とホワイト企業は逆の特徴を持っているんですよね。

 

なので、ホワイト企業を見分ける際はブラック企業の特徴も頭に入れておいてください。

以下の記事ではブラック企業の見分け方について紹介しているので、もっと詳しく知りたい人はぜひ読んでくださいね。

 

 

その他ホワイト企業の見分け方に関してよくある質問

 

最後に、ホワイト企業の見分け方に関してよくある質問に回答していきます。

 

【その他ホワイト企業の見分け方に関してよくある質問】
  1. 就活生(新卒)がホワイト企業に関して必ず確認すべき点はありますか?
  2. ホワイト企業かどうかをOB訪問で見分けるポイントはありますか?
  3. そもそもホワイト企業に入社すべきだと思いますか?

 

質問① 就活生(新卒)がホワイト企業に関して必ず確認すべき点はありますか?

 

「社会人を経験したことがないので、自分にとってのホワイト企業が分かりません。新卒の入社企業を決める際はどんなことを確認すれば良いのでしょうか?」

 

就活生(新卒)がホワイト企業に関して確認しておくべきポイントは以下の3つ。

 

  • 残業時間と離職率は特に注目
  • 自己分析を徹底的に行う
  • 内定獲得後に現場の社員さんから直接話を聞く

 

まず残業時間と離職率は働きやすさに直結する要素なので、特によく確認しておいてください。

就職四季報や求人票、企業説明会、OB・OG訪問などあらゆる手段を使って情報を集めておくのがベスト。

 

また、自己分析をしてどんな企業が自分に合っているのか明確化しておくことも重要です。

たとえば働きやすさと自己成長どちらが大切なのか。

 

働きやすさの方が大切なら労働条件を重視すればいいし、自己成長を優先したいなら業務内容や評価制度(成果主義か年功序列か)を重視すればいい。

一言でホワイト企業といっても具体的に何を求めるかは人によって異なるので、自分にとってどんな企業がホワイト企業なのかをはっきりさせておいてください。

 

そして可能なら内定獲得後に現場の社員さんから直接話を聞くこと!

これは自分のイメージと実際の仕事に乖離がないかの最終チェックですね。

これら3点を確認すれば、新卒就活生でも入社後のギャップを最小限にできると思いますよ。

 

質問② ホワイト企業かどうかをOB訪問で見分けるポイントはありますか?

 

「今度気になっている企業のOB訪問をする予定です。せっかくなのでOB訪問を通してホワイト企業かどうかを見極めたいのですが、どうすればいいですか?」

 

OB訪問でホワイト企業かどうか見分けるには、以下のポイントを意識してください。

 

  • あらゆる角度から労働条件を確認する
  • 打ち解けたらネガティブな質問もしてみる
  • OBと自分の価値観が合うかどうかも確認する

 

給料や残業の多さ、有給の取りやすさなどの労働条件については、聞き方を工夫するとより具体的なイメージを掴めるようになります。

 

たとえば、残業の多さについて聞きたいときは「大体いつも何時頃帰宅しますか?」「就業後に趣味を楽しむことはありますか?」「一番忙しいときはどれくらいでしたか?」という聞き方をする。

 

すると残業がどれくらいあってどんな生活になるかをより明確にイメージできるんですよ。

せっかくの機会なので、会社に対する不満など面接では聞きづらいネガティブな質問をしてみるのもおすすめ(ただしいきなり聞くと失礼な印象になるので、ある程度話が進んでから)。

 

そして、訪問するOBと自分の価値観が合うかどうかも確かめてください。

正直、仕事って職場の人たちとの相性もかなり重要なんですよね。価値観が合わない人が集まっている職場だと、仕事内容や労働条件が良くても不満を持ちやすいです。

 

OB訪問は社員と1対1で話せる貴重な機会なので、「話していて違和感はないか」「一緒に働けそうな人か」という視点も持って臨んでくださいね。

上記の3点を意識することで、ホワイト企業かどうかを見極める重要なヒントを得られますよ!

 

質問③ そもそもホワイト企業に入社すべきだと思いますか?

 

「そもそもホワイト企業に入社すべきなのでしょうか?」

 

個人的には、ホワイト企業に入社した方が良いと考えています。

なぜなら、まだ社会に出たことがない状態で自分が歩みたいキャリアを明確化することは難しいから。

 

仕事とはどういうものなのか、何を目指したいのか、就活生のみなさんはまだあまりイメージできていない部分も大きいと思います。

 

その状態でホワイトでない企業(=社員を大切にしない企業)に入社すると、心身共に疲れてしまってキャリアが曖昧なまま働き続けることになるかもしれません。

なので、まずはホワイト企業に入社してゆっくり考える時間と心の余裕を持つのが良いと思いますよ。

 

本記事の要点まとめ

 

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました!

本記事では、ホワイト企業の見分け方について詳しく説明してきました。

 

ここで改めてお伝えしたいのは、会社説明会や求人票などのイメージだけで「なんとなくこの企業良さそう」と決めつけないこと!

採用側は学生に良いイメージを持ってもらいたいと思っているので、だいたいどの企業も良いことしか言わないんですよ。

 

たとえブラック企業であっても良い企業に見えてしまう。

しかし、細かい条件や特徴を1つ1つ確認していけば本当にホワイト企業なのかどうかが見えてきます。

 

なので、ぜひここで紹介した指標やポイントを参考に企業を見分ける癖をつけてください。

そしてホワイト企業に入社しましょう!

 

ちなみに僕が全力でホワイト企業をまとめた「【ホワイト企業ランキング375選】”必見の優良企業”を一覧でまとめてみた」という記事も公開しているので、ぜひ今回の記事と合わせて参考にしてもらえると嬉しいです!

 

それでは最後に本記事の要点をまとめて終わりましょうか!

 

【本記事の要点】

  • ホワイト企業を見分けるには、12個の指標を確認することが大切である。
  • 12個の指標とは、残業時間、年間休日数、3年後離職率、平均年収、今後の需要、福利厚生、有給消化率、利益率、競合優位性、研修制度、女性の働きやすさ、国による認定。
  • ホワイト企業かどうかを見分ける際は、就職四季報・業界地図、就職(転職)エージェント、ホワイト企業ナビを活用するのがおすすめ。
  • ホワイト企業を見分けるためにはブラック企業の特徴を知っておくことも大切である。