就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

Fラン大学とは?|Fランク大学を一覧で紹介します!

20180401154528syukatuman-about

就活マン(@shukatu_man)こと藤井智也が就活の全知識を込めた「就活專門ブログ」です。

ありきたりな情報ではなく、
偏差値50の中堅大学から「倍率800倍の食品大手への入社」と「22社からの内定」を獲得した“全技術”を公開しています。
(就活を專門に書き続けて4年・計400記事・累計300万PVを突破しました!)

※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。

» 就活マンの自己紹介はこちら!

f:id:shukatu-man:20190611141807p:plain

皆さん、こんにちは!偏差値50の大学から倍率800倍の大手食品企業に入社しましたでお馴染み、就活マンです。

 

就活でよく聞く「Fラン大学」について気になる人は多いですよね。

もともとこの言葉は河合塾が作った言葉で、合否判定ができない大学を指しています。

 

簡単に言うと、偏差値が低い大学をまとめた言葉ですね。

そんなFラン大学について、本記事では大学一覧だけでなく、就活でどう評価されるかなど学歴フィルターなども兼ねて解説していきます。

 

僕はFラン大学に在学しています。やっぱり就活では不利になるのでしょうか?

そのあたりも含めて、今回はFラン大学について詳しくまとめていくね!

Fラン大学(Fランク大学)の定義とは?

f:id:shukatu-man:20190517004651p:plain

 

まずはFラン大学に関する基礎知識を固めていきましょう。

 

そもそも、Fラン大学とは「Fランク大学」の略称です。

もともとは河合塾が2000年に大学ランクに「Fランク」を追加。

その時にFランク大学という言葉が定着したみたいですね。

 

現在では、河合塾は「Fランク大学」を「BF(ボーダーフリー)」と表記しています。

しかし「BF大学」ではなく、もともとの「Fランク大学」が定着して、今まで使われているのです。

(たしかにFランク大学の方が呼びやすい)

 

河合塾の公式サイトに、BFについて詳しく記載されています。

なお、ボーダーラインの設定基礎となる前年度入試結果調査データにおいて、不合格者数が少ないため合格率50%となる偏差値帯が存在せず、ボーダーラインが設定できなかった場合、ボーダー・フリー(BF)としています。

引用:河合塾「入試難易予想ランキング表

  

Fランク大学というのは、もともと河合塾が決めた「Fランク大学」から来ている言葉だと覚えておけば問題ありません。

逆にここがわかっていないと、「Fって何だよ」と思いますよね!

 

なるほど!Fランク大学っている分類をもともと河合塾が作ったことがあって、それが定着したんですね!

そうなんだよ!Fランク大学は今では「BF」と書かれていて、合否判定ができない大学のことを指しているよ!

Fランク大学に分類される大学一覧

f:id:shukatu-man:20200125151240p:plain

 

では実際にどの大学がFラン大学と言われるでしょうか?

大学スクールナビさんに一覧が掲載されていたので、こちらに転載します。

 

【北海道・東北地方のFラン大学】

ノースアジア大学、旭川大学、宮城学院女子大学、郡山女子大学、弘前学院大学、札幌学院大学、札幌国際大学、札幌大学、札幌大谷大学、札幌保健医療大学、尚絅学院大学、星槎道都大学、盛岡大学、仙台大学、仙台白百合女子大学、稚内北星学園大学、東北公益文科大学、東北工業大学、東北女子大学、東北生活文化大学、東北文化学園大学、東北文教大学、苫小牧駒澤大学、函館大学、八戸学院大学、八戸工業大学、富士大学、福島学院大学、北海学園大学、北海商科大学、北海道科学大学、北海道情報大学、北海道千歳リハビリテーション大学、北海道文教大学、北翔大学

 

【関東地方のFラン大学】

つくば国際大学、ヤマザキ動物看護大学、宇都宮共和大学、浦和大学、横浜商科大学、横浜創英大学、関東学園大学、亀田医療大学、駒沢女子大学、恵泉女学園大学、江戸川大学、高崎商科大学、高千穂大学、国士舘大学、埼玉工業大学、作新学院大学、秀明大学、十文字学園女子大学、女子美術大学、尚美学園大学、昭和音楽大学、松蔭大学、城西国際大学、常磐大学、人間総合科学大学、杉野服飾大学、聖学院大学、聖徳大学、千葉科学大学、川村学園女子大学、相模女子大学、足利大学、筑波学院大学、鶴見大学、田園調布学園大学、東京医療学院大学、東京家政学院大学、東京家政大学、東京工芸大学、東京純心大学、東京情報大学、東京成徳大学、東京聖栄大学、東京富士大学、日本映画大学、武蔵野音楽大学、文京学院大学、文星芸術大学、明海大学、和光大学、和洋女子大学

 

【北陸地方のFラン大学】

金城大学、金沢学院大学、敬和学園大学、新潟産業大学、北陸学院大学、北陸大学

 

【中部地方のFラン大学】

愛知みずほ大学、愛知学泉大学、愛知工科大学、愛知産業大学、愛知文教大学、岡崎女子大学、岐阜女子大学、金城学院大学、健康科学大学、皇學館大学、山梨英和大学、常葉大学、身延山大学、人間環境大学、聖隷クリストファー大学、静岡英和学院大学、静岡産業大学、静岡福祉大学、中京学院大学、中部学院大学、朝日大学、東海学院大学、同朋大学、浜松学院大学、豊橋創造大学、名古屋経済大学、名古屋芸術大学、名古屋産業大学、名古屋造形大学、名古屋文理大学、鈴鹿大学

 

【関西・近畿地方のFラン大学】

芦屋大学、関西医療大学、関西国際大学、京都ノートルダム女子大学、京都華頂大学、京都光華女子大学、京都先端科学大学、京都文教大学、高野山大学、四天王寺大学、種智院大学、森ノ宮医療大学、神戸海星女子学院大学、神戸学院大学、神戸国際大学、神戸女学院大学、聖泉大学、大阪音楽大学、大阪樟蔭女子大学、大阪人間科学大学、大谷大学、東大阪大学、姫路獨協大学、兵庫大学、平安女学院大学、明治国際医療大学

 

【中国・四国地方のFラン大学】

エリザベト音楽大学、くらしき作陽大学、宇部フロンティア大学、岡山学院大学、岡山商科大学、岡山理科大学、吉備国際大学、広島国際学院大学、広島国際大学、広島女学院大学、広島都市学園大学、広島文化学園大学、広島文教大学、高松大学、山陽学園大学、四国学院大学、四国大学、松山東雲女子大学、聖カタリナ大学、川崎医療福祉大学、倉敷芸術科学大学、中国学園大学、東亜大学、徳山大学、徳島文理大学、梅光学院大学、美作大学、福山平成大学

 

【九州・沖縄地方のFラン大学】

ルーテル学院大学、沖縄キリスト教学院大学、沖縄国際大学、沖縄大学、活水女子大学、久留米工業大学、宮崎国際大学、宮崎産業経営大学、九州看護福祉大学、九州共立大学、九州国際大学、九州産業大学、九州女子大学、九州情報大学、九州保健福祉大学、志學館大学、鹿児島国際大学、鹿児島純心女子大学、崇城大学、西九州大学、西南女学院大学、西日本工業大学、第一工業大学、第一薬科大学、筑紫女学園大学、長崎ウエスレヤン大学、長崎純心大学、南九州大学、日本経済大学、日本文理大学、別府大学、保健医療経営大学

 

Fラン大学は名前を書けば受かるのか?

 

ちなみにこのFラン大学ですが、「名前を書けば受かる」のはその年の状況次第です。

実際に都市部では、人口の増加などによって店員割れが改善され始め、Fラン大学の偏差値が上がってきています。

 

▼都市部のFラン大学が消滅していってる!

news.yahoo.co.jp

 

偏差値の低い大学をFランク大学と呼びますが、大学によっては今後Fラン大学ではなくなる大学も出現していきそうですね。

(逆に今までFラン大学じゃなかったところが、定員割れなどによってFラン大学化していく可能性もあります)

 

これらの大学が現状、Fラン大学と呼ばれているんですね!

Fラン大学の就活事情について、次の章から解説していこうか。

Fラン大学生の就活事情とは?

f:id:shukatu-man:20200125120643p:plain

この章ではFラン大学の学生の就活事情について解説します。

まずFラン大学に通うことによる就活でのデメリットは以下ですね!

 

【Fラン大学生の就活でのデメリット】

・学歴フィルターがかかりやすい

・高学歴層に圧倒されてしまう

 

学歴フィルターがかかりやすい

 

Fラン大学の就活時のデメリットはここですね!

とにかく学歴フィルターによる足切りを受けやすいです。

 

特に人気の大企業だと、倍率が数百〜数千倍になることがあります。

数人の人事でそれらを選考することは不可能なので、「まずは学歴で足切りしよう」ということになり、Fラン大学がその対象とされがちです。

 

ですが、ここで諦めてはいけません。

Fラン大学に通っていた僕の友人も、学歴フィルターで落ちたと実感したのは少なかったそう。

どこもかしこも学歴フィルターを利用するとは限らないので、学歴フィルターにとらわれすぎに前向きに行動することが重要です!

 

SPIなどの適性検査対策をしっかりすべき

あとFラン大学生は単純に勉強が苦手な傾向があります。

よって、SPIなどの適性検査の筆記試験の対策が弱く、そこで落とされることが多々あります。

(それを本人が学歴フィルターだと勘違いしてしまうことも多い...)

 

よってFラン大学生は特にSPIなどの適性検査対策に注力すべきですね。

そこである程度の得点が出せれば、学力による足切りを回避できる可能性が高まります!

 

 

高学歴層に圧倒されてしまう

 

次にFラン大学生は高学歴層に圧倒されがちです。

例えば集団面接で一緒になった就活生が「東京大学の◯◯です」と言えば、「うわ!東大かよ!もう終わった...」と諦めモードになってしまう。

そんな心で負けていたら、評価されるものもされなくなってしまいます。

 

学力が高いことと仕事ができることはイコールじゃない

ここで意識すべきがこれです。

マジで学力が高いことと、仕事ができるかどうかはイコールじゃないんですよね。

 

僕が新卒で入社した企業は、大手食品企業だったので旧帝大出身の人がゴロゴロいました。

でも全然仕事できないんですよね。ずっと資料を作っていて、会話は下手くそ。

営業成績もぶっちぎりで抜いてました。

 

よって東大だからすごいとか考えずに、「学歴はないけど仕事はできるぞ!」という信念を持って突き進むことが本当に重要ですよ!!

 

そもそも就活は学力だけで決まらないからこそ、面白いんだよ!

なるほど!たしかに高学歴でも、エントリーシートの内容が薄かったり、全然面接で話せないような人が多いんですよね。

Fラン大学でも東京大学でも就活で成功できるかは分からない

f:id:shukatu-man:20190327150711p:plain

 

まず大前提をお話しますね。

「Fラン大学だから」と言って、就活が成功するかどうかは全く関係ありません。

 

それはなぜか?

そもそも就活の成功とは「10年後の幸せ」だと僕は定義しているからです。

つまりどの企業に入社したからと言って「10年後自分が幸せかどうか」なんて分からないですよね。

 

「この企業に入社すれば絶対に10年後幸せだ」という企業は存在しない。

これが就活の難しさであり、面白さだと僕は考えています。

 

僕は倍率800倍と言われる大手食品企業に入社しました。

内定が決まった時は喜びましたし、周りも「すごいすごい!」とチヤホヤしてきた。

しかし実際に入社してみると、40代50代の社員はほとんど向上心がなく、食品企業ならではのユルイ感じが僕には本当に合わなかった。

その結果、1年で退職するという決断を下すことになります。

 

よってまずは大前提として、「知名度の高い企業に入社したら就活は成功」「大企業に入社したら就活は成功」という勘違いは捨てましょう。

 

僕の東大卒の知り合いも、社会人になってから上司と合わずに毎日悩んでいる人がいますからね。

 

「知名度の高い人気企業に入社することが就活の成功」というのは勘違いだと言うことですね。

そのとおり!Fラン大学出身だと「知名度の高い人気企業」に入社することは難しいけど、それが就活の成功ではそもそもないんだよ。

たしかにFラン大学だと内定率は下がる

f:id:shukatu-man:20190227131008p:plain

 

東京大学に在学していようが、Fラン大学に在学していようが、10年後の幸せは就活では決まりません。

どこに入社しようが、その答えは10年後にしか分からないからです。

 

しかし就活において、たしかにFラン大学であることで内定率は下がります。

それはなぜか?「学歴」という1つの判断材料で不利な状況にあるからです。

 

学歴フィルターは「優秀なフィルター」であるという事実

 

そもそも「学歴フィルター」を否定する人も多いですが、学歴フィルターは非常に優秀なフィルターだと僕は考えています。

 

なぜなら小学校〜高校まで与えられた仕事といえば「勉強」だけですよね。

その「勉強」で成果を出したということは1つの実績です。

実績を評価するのは企業として当然であり、僕を含めて勉強における実績を残せなかった人には「言い訳」しかありません。

 

勉強ができることは能力の根拠になる

 

そしてなぜ学歴フィルターが優秀なフィルターであるかというと、そもそも勉強を頑張ったということは与えられたことをし続ける「継続力」やもっと成績をあげようという「向上心」、もともとの賢さである「地頭の良さ」などの能力を証明するからです。

 

もちろん勉強ができるからと言って、「営業力」があるかどうかと言われるとそうとは言えませんが、「研究職」などで学歴が重視される理由は納得できますよね。

 

学歴は数々の能力を証明する材料であるのは事実です。

だからこそ学歴フィルターを使う企業があることは当然です。

 

しかしこの事実を踏まえてFラン大学でも就職を成功させる思考法、そして具体的なポイントがあるんですよね。

次の章からそれら本題に踏み込んでいきたいと思います。

 

Fラン大学でも就職を成功させる思考法

f:id:shukatu-man:20190225141424p:plain

 

では「学歴フィルター」に関するネガティブな情報は終わりにして、Fラン大学でも就職を成功させる思考法についてお話したいと思います。

ここは超重要なポイントなのでしっかりと押さえてくださいね。

 

成功させるポイントは「戦略的にキャリアを考えること」

 

僕がFラン大学に在学する大学生に伝えたいことは大きく1つです。

それは「戦略的にキャリアを考えてください」ということ。

 

就活生は「最初に入社する企業はどこにしよう」という1社目だけを考えている人が多いんですよね。

マイナビの調査によると「転職を前向きに考えている人」は7割以上*だとされていますが、転職について詳しく勉強していて、知識のある就活生はほとんどいません。

*参考:https://www.mynavi.jp/news/2019/04/post_20002.html

 

Fラン大学生は特に「1社目」の選択においては弱者です。

先ほど解説したとおり学歴フィルターもありますし、新卒においては判断軸がほとんどないので仕方ありません。

 

しかし「2社目」の選択においては「学歴」の重要性が薄まるんですよね。

2社目の選択とはつまり転職です。では転職で重視されることは何か?

それは「実績」と「スキル」です。

 

就活においては「学歴」の重要度が高いですが、転職においては「1社目で積んだ実績と身につけたスキル」の重要度が高いんですよ。

 

これが分かると、転職を考えた上での就活が可能になります。

「自分はどんな仕事なら実績を残せるのか?」「どんな会社なら実績を残せるのか?」と考えることができますからね。

 

なるほど!Fラン大学生は就活においては弱者であるけど、転職においては1社目で得たスキルや実績が物を言うのか。

そのとおり!10年後の幸せを考えた時に新卒で自分にぴったりの企業に入社できる確率は低い。だからこそ転職も視野に入れた戦略的な就活が特にFラン大学生には必要なんだよ。

 

転職を考えた上での戦略的就活

 

Fラン大学生は特に転職を視野に入れて、戦略的なキャリア構築が必要だと話しました。 

では具体的にどんな企業に入社すれば良いのでしょうか。

それは以下です。

 

・今後伸びると予測される業界

・現在伸びていて今後も伸びると予測される業界

 

もうこれに尽きますね。

伸びる業界に身を置くことで、圧倒的にスキルと実績が得られます。

しかもこれらの業界の人気度は「就活生からの人気度」とは異なるんですよ。

 

就活生から人気の企業はほとんどが「知名度」で決まるので、例えば「トヨタ」よりも「AI(人工知能)を扱っている愛知のベンチャー企業」などは人気度が圧倒的に低くなります。

しかし業界の伸びとしてはトヨタは今後、自動運転化していく流れに乗れなければ衰退していくことは確実です。

一方で人工知能は業界として確実に伸びていきます。

 

つまりFラン大学生はこうした「知名度は低いが成長度が高い企業」を狙って就職することで、そこで圧倒的なスキルと実績を残し、転職を有利に進めるという戦略を取ることができるんですよね。

(反対にトヨタに入社して10年たった人でも、そのスキルがトヨタでしか使えないようなものなら転職市場では評価されません。)

 

安定した人生を送りたいFラン大学生は手残り給料と残業時間を見るべし

 

もちろん伸びる業界を選んで就活をする戦略が全員に合うかというとそうとは言えません。

伸びている業界だからこそ忙しかったり、ベンチャー企業となれば激務である企業も少なくないからです。

 

そこで「安定した人生を送りたいFラン大学生」に向けても情報を提供します。

とは言ってもこの世に安定など存在しないので、1アドバイスとして聞いてください。

 

福利厚生ではなく「手残り給料」を見よう

 

まず就活生のほとんどが「福利厚生!」と口を揃えて言いますが、福利厚生って言葉の意味は広いです。

結局のところ福利厚生として大きいのは一人暮らしの場合は「家賃補助」と「通勤手当」だと思います。

 

例えば「家賃補助が5万円出る企業」と「家賃補助が出ない企業」の場合、それは手取りで5万円の差が出ます。

基本給が20万円でも税金などがもろもろ引かれるので、手取りは17万ぐらいになります。この17万円から自腹で5万円の家賃がかかると、手取りは12万円。

 

12万円では豊かな生活はできないでしょうね。

しかし家賃補助があれば、17万円のまんまで一人暮らしすることができます。

 

更に「家賃補助なし、通勤手当なし」の場合を想定してみましょう。

通勤するための電車の定期が毎月2万円かかるなら、家賃を払って残った12万円から更に2万円が引かれてしまいます。すると残りは10万円ですね。

光熱費に1万円、携帯料金に1万円、食費に2万円、奨学金の返済に2万円・・・となればもはやお金は余りません。

 

このように福利厚生の中でも「家賃補助」や「通勤手当」「光熱費負担」など手取りの給料に大きく関わる部分を特に重要視すべきなのです!

 

就活生から人気の低い企業でも、これら「家賃補助」や「通勤手当」「光熱費負担」がめちゃくちゃしっかりしている企業は多いです。

比較的安定して生きていきたいタイプの人は、ここらへんを狙いうちして就活をすることで豊かな人生を送ることができると思いますよ!

 

たしかに就活における人気度は知名度に依存するから、「家賃補助」や「通勤手当」「光熱費負担」などの条件面で良い企業を狙うのは効率的ですね!

そのとおり!◯◯商事などの有名商社に入社しても、結局めちゃくちゃ忙しかったら人生は豊かにならないしね。

 

結局残業が少ないと豊かな人生になるよね

 

「家賃補助」や「通勤手当」「光熱費負担」などの条件面は重要です。

実際、僕の知り合いの人でも「仕事はめっちゃつまらないし、社員とは性格が合わないけど、家賃が全額補助で光熱費も全部負担。残業もほとんどないから続けているよ!」という人がいます。

 

このように条件が良ければ、仕事終わりに「副業」について勉強できたり、それこそ「転職」に関する知識を付けることもできますよね。

 

人生は時間そのものです。

80歳で寿命だとして、人間には30000日しかありません。

その30000日をどう使うかで幸せかどうか決まるんですよね。

 

そこで残業が大量にあれば、やはり人生は豊かに過ごせないでしょう。

時間をすべて企業に取られてしまっては、余裕を持つことができないからです。

 

もちろん「成長している業界に身を置いて、最高のキャリアを積んでいくぞ!」というタイプの人は若いうちは特に残業も沢山して実績とスキルを付けるべきだと思います。

しかし比較的安定志向の人は残業するのではなく、自分の時間を増やした方が良いと思うんですよね。

 

ここは完全に個人の性格によるので、自分がどのタイプの人間なのかを考えることが重要です。

僕は一匹狼で一人で仕事をすることに幸せを感じるタイプなので、独立して一人で黙々と成長するのが大好きですが、安定志向な人は残業が少なく、家賃補助などの条件がしっかりとした企業でまったり生きることが良いのではないでしょうか!

  

本日の記事はいかがだったでしょうか!

まずはFラン大学生は「知名度の高い企業に入社することが就活の成功」だという認識を捨ててください。

それがまずは第一歩です。

 

それよりも成長を重視する人なら「伸びている業界・伸びる業界」を選ぶこと、そして安定を重視する人なら「家賃補助など手残りの給料が増える条件のある残業の少ない企業」を選ぶことが重要だと僕は考えています。

 

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー