就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

【保存版】Fラン大学の就職戦略|複数内定はこう獲得せよ!

20180401154528syukatuman-about

就活マンこと藤井智也が「読むことで他の就活生と圧倒的な差を付けられる情報」を発信しようと立ち上げた就活ブログです。今年で4年目をむかえます。

偏差値50の中堅大学から、倍率800倍の食品大手に入社した全技術を余すことなく共有します。
※本気で就活を成功させたい方のみ読んでください。

20200518154051

Twitter(@shukatu_man

f:id:shukatu-man:20200125155716p:plain 

皆さん、こんにちは!偏差値50の大学からでも徹底した戦略によって内定22社獲得した、就活マンです。

 

僕は偏差値50の中堅大学からの就活成り上がり組です。

就活中は、高学歴層をいかにして打ち負かしてやろうかと考えていました。

 

就活攻略論はそんな僕が運営するがゆえに、学歴に自信がない読者さんも多いとのこと。

よって今回は「Fラン大学〜中堅大学生が取るべき就活戦略」を徹底的に解説していこうと思います。

 

一緒に高学歴層に打ち勝ちましょう。

就活は学歴ですべてが決まらない。だから最高に面白いんだよなぁ。

 

 

いよいよ低学歴層向けの就活戦略をまとめてくれるんですね!

そうだよ!今回の記事は、高学歴層に勝つために僕が実行した戦略をまとめたものだから、ぜひ参考にして欲しい!

Fラン就活生が就職活動時に押さえるべき高学歴層の弱み

f:id:shukatu-man:20200125180237p:plain

 

僕は就活でも、今の仕事でもかなり戦略を立てるタイプです。

中堅大学からでも評価されるためには?」と、とにかく戦略を考えたんですよね。

その基本理念をまずはここで解説していきましょう。

 

Fラン就活生が知るべき2つの相手

 

「彼を知り己(おのれ)を知れば百戦殆からず」

これは孫氏という中国の兵法書に書かれた1文です。

 

要するに、相手の実情と自分の実力を知ればどんな戦いにも勝てるということ。

ここで重要なことは「相手を知ること」です。

 

Fラン大学生にとって「相手」は2ついます。

【Fラン大学生にとっての相手とは】

・高学歴層の就活生

・面接官(企業の人事)

 

Fラン大学生が就活で評価されるためには、高学歴層の就活生を知ること、そして面接官を知ることが第一に重要です。

「自分はFランだからダメだ」とか嘆いている暇はありません。

諦めたらそこで試合終了って誰かが言ってました。

 

高学歴層の就活生の弱みを理解すること

 

そんな相手である高学歴層の弱みを把握することができれば!

こちらは、そこを補強することで差別化し評価されることができます。

 

じゃあ高学歴層の弱みってなんだよ?

これまで多くの就活生を見てきて、高学歴層には以下の2つの弱点があります。

 

f:id:shukatu-man:20200125162245p:plain

【高学歴層の弱み】

・話すのが得意じゃない人が非常に多い

学力とコミュニケーション力は全く比例しません。むしろコミュニケーションが苦手で、1人で勉強に集中していたようなタイプの人も多いので、面接で差別化することが容易に可能ですね。

 

・学歴に依存して必死に+αの行動を取ろうとしない人も多い

学歴がある人に足りないものは「必死さ」です。雑草魂がありません。イケメンが努力しないのと一緒です。就活では僕が知りうる「+α」の行動がめちゃくちゃあります。王道の就活法だけを実践する高学歴層と差をつけてやりましょう。

 

最初に言っておくと、これらの弱点がない高学歴層には勝てません。

話すのが得意で、めちゃくちゃ行動している東大生には勝てないです。仕方ない。

(もちろん就活では企業との相性が大事なので、彼らよりも評価されることもありますが、基本的には勝てないってことです)

 

でもこれらの弱点を持つ高学歴層の就活生、めちゃくちゃ多いです。

よってこれらの弱点を把握した皆さんは、ここを補強することによって彼らよりも評価される人材になりましょう。

これがまず押さえるべき、基本戦略の土台となります。

 

なるほど!高学歴層の就活生が持つ弱点をこちらは補うことで、面接官から評価されるという戦略ですね!

具体的にどう補強すれば良いのかを次の章から解説していくよ! 

Fラン大学生の就職戦略【企業選び編】

f:id:shukatu-man:20200125180625p:plain

 

ここでめちゃくちゃ重要な「肝」の話をします!

 

Fラン大学生が就活を成功させるための肝を早速ですがお伝えします。

それは「企業とどう接点を作るか」にあるんですよね。

 

Fラン就活生の多くが、高学歴層と同じような就活の動きをしてしまう。

それじゃ差別化できないから、当然評価されない。内定も出にくい。

 

もっと戦略的に企業との接点の作り方を持つべきなんです! 

では具体的に、Fラン就活生はどのように企業と接点を作るべきなのか?

以下にまとめました。

 

f:id:shukatu-man:20200125160842p:plain

まとめると、まずは全力で中小〜中堅企業の内定を取りに行く

それによって心理的余裕と、「他の企業から評価されている証明」を獲得。

 

同時にスカウトサイトのプロフィールにめちゃくちゃ力を入れる

学歴よりも個性を大事にする企業との接点を持つことで、2社目以降の内定を獲得。

 

更には中小規模の合説にバシバシ参加して、直接話して評価してもらう。

「最初に会う」という行動によって、学歴が関係ない状態を積極的に作る。

 

これが僕が考える、現状の最適解ですね!

この戦略を確立するために、スカウトサイトの運営元に直接取材に行って活用方法を聞きまくったり、多くの就活生からの評判をまとめてきました。

 

Fラン大学生は無駄に大手にOB訪問しようとしたり、意味も分からず大量にエントリーだけする人が多いですが、上記の戦略を取った方が確実に効率的です。

1つ1つの動きを詳しく解説していきます。

 

①中堅企業からの内定獲得

 

まずはとにかく「早期内定」を取りに行きましょう。

早期内定は主に中小〜中堅企業から出やすいので、このあたりの企業からの早期内定の獲得が非常に重要になります。

 

早期内定による2つのメリット

・「とりあえず入社できる企業がある」という圧倒的な心理的余裕が生まれる

・内定を持っていることが他社から評価されている証明になる

 

早期内定には上記の2つのメリットがあります。

そしてどちらも超最強のメリットかつ、Fラン就活生の武器になる。

 

早期内定の具体的な獲得手段については別記事でまとめました。

こちらの記事を参考にして、早期内定の獲得に全力を投じましょう。

 

  

②スカウトサイトの複数利用

 

次に就活攻略論では何度も紹介している「スカウト型就活サイト」は複数利用しましょう。

これはFラン大学生が企業との接点を作る上での、要になるサービスです。

 

【スカウト型就活サイトとは?】

就活生がプロフィールを登録し、それを企業の人事が読んで、気になった就活生にスカウトを送るタイプの求人サイトのこと。

(マイナビやリクナビのように就活生側からアプローチするのとは真逆の仕組み)

 

スカウトサイトは学歴依存しない唯一の求人サイト 

スカウトサイトの2大巨塔の1つ、オファーボックスの担当者さんからもらったデータが以下です。

スカウトサイトは学歴によるスカウトの受信割合に大きな差がないんですよね。

f:id:shukatu-man:20191119121123p:plain

そもそもスカウトサイトを利用する企業は、わざわざ1人1人のプロフィールを読んでスカウトを送るため、学歴だけで判断しません。

↑ここがスカウトサイトをFラン就活生が使うべき理由です!

それがこのようにデータとしても出ているってことですね。

 

利用すべきは大手2社

 

就活に特化していて、かつスカウトが一斉送信ではない無料サイトは2社です。

キミスカとオファーボックスの2大サイトは確実に利用しましょう。

 

この2サイトについては、どちらも運営会社に取材に行きました。

担当者さんと直接話をして、低学歴層こそ利用すべきサイトだと確信しましたね。

 

スカウトサイトの活用方法

スカウトサイトを利用する上で重要なことは「プロフィールにめちゃくちゃ力を入れること」です。

特にFラン就活生は絶対にここで手を抜かず、何度も何度もプロフィールを推敲しましょう。少しでも評価される文章に日々改良し続けることが重要です! 

 

高学歴層の就活生はこうしたスカウトサイトのプロフィールで手を抜きがちです。

だからこそ、学歴に自信のない僕らはプロフィールに注力して、学歴ではなく、自分の個性で勝負することが有効になるんですよね!!

 

【スカウトサイトの運用方法】

・とにかくプロフィールに力を入れる

オファーボックスの担当者さんから聞くところによると、「自己PR」と「3つのキーワード」と「人柄が分かる写真の掲載」に力を入れることがスカウトを受ける上で重要とのこと。

 ↓

・スカウトを受けたらその企業について口コミサイトで調べる

転職会議・Openwork・カイシャの評判の3つの口コミサイトが大手なので、就活生も必ずこれらの口コミサイトをフル活用すべし。

 ↓

・気になる企業の担当者とサイト上のチャットで「会って話したい」と頼む

Fラン就活生はとにかく会って話すことに注力すべし。学歴ではなく自分自身を見てもらうためには会うことが重要。

 

▼この2サイトは利用者の評判も非常に良い!

 

 

なるほど!スカウトサイトという比較的学歴を重視しない舞台で、プロフィールに力を入れることで差別化し、評価されるということですね!

そのとおり。スカウトサイトはプロフィールさえ記載すれば後は待つだけで効率も良いんだよね!

 

③中小規模の合説による人事とのコネの作成

 

次に学歴の低さを薄めるための戦略として、「人事と直接会う」という戦略があります。

学歴が低いとそもそも面接まで進むのが難しく、会って判断してもらうのにハードルがあります。

そこでエントリー前から人事に会えるようなイベントに参加することで、学歴ではなく自分自身を評価してもらうことができるんですよね。

 

【エントリー前に人事と会えるイベント】

・中小規模の合同説明会(ミーツカンパニーや学内説明会)

・選考会

× 大型の合同説明会

 

大型の合同説明会は参加するな

注意点として、大型の合同説明会は参加価値が低いです。

大型の合同説明会とは、下記の画像のようにリクナビやマイナビなどが開催する参加者が数千人規模の合同説明会のことを指します。

 

f:id:shukatu-man:20200126111743p:plain
画像引用:リクナビ「就職説明会のひとつ、“合同企業説明会”とは?

 

大型の合同説明会は参加しても人事とコネができません。

参加者が多すぎるので、1:1で話す時間がそもそも少ないですし、学生と名刺は交換しないと決めている企業も多いです。

(僕が就活生の時、行ったことがあるのですが1周して無意味だと判断したのですぐに帰宅しました)

 

合同説明会は中規模がベスト

合同説明会にわざわざ参加するのは、人事とのコネ作りです。

人事と直接話して、評価されることで特別ルートで採用されたり、リクルーターを付けてもらうことが目的なんですよね。

そのためには、参加者が数十人規模の中小規模の合同説明会がベストです。

 

▼中小規模の合説の様子

f:id:shukatu-man:20200114164339j:plain

 

中小規模の合同説明会でおすすめは、以下の2つです。

特にミーツカンパニーは年間10万人が利用する超有名イベントなので、知っている人も多いかもしれません。

 

【中小規模の合同説明会】

・学内合同説明会

・ミーツカンパニー(民間企業が開催するイベント)

 

下はミーツカンパニーさんから貰った画像なのですが、 人事と座談会形式でみっちり話す時間が設けられています。

僕も就活生の時は何度も参加したイベントなのですが、人事の方に気に入られるとイベント後に1:1で話す時間をもらえました。

 

▼ミーツカンパニーは人事とのコネが作りやすい

f:id:shukatu-man:20200114164359j:plain

【ミーツカンパニーのうまい活用方法】

・とにかく行きやすい会場での開催はすべて参加する

ミーツカンパニーは毎回参加企業が異なるので、あらゆる業界に目を通す上でも複数参加する価値が高いイベントと言える。

・人事の人に積極的に質問する

気になった企業は選考に進みたいことを直接伝えることで、コネを作ることができる。特に中小〜中堅企業では特別ルートで選考される場合もあるのでグイグイ頼むべし。

 

 

選考会情報はdigmeeで取っておく

次に多くの就活生が知らないのが「選考会」というイベントです。

これは企業が採用目的で行う会社説明会とグループワークが一体化したイベントで、評価されると一部選考が免除される「選考パス」を入手可能。

 

選考会は人事と直接話す時間も多く、かつ直接会った上で評価されるイベントです。

しかしこの選考会はどこで開催情報を得られるのか知らない人がほとんどですよね。

 

この選考会情報をLINEで届けてくれるサービスがdigmee(ディグミー)です。

登録の仕方を簡単に解説しておきます!

 

公式サイトに移動して「LINE」を追加

digmee公式サイト 」に移動して、【digmeeをLINEで友達登録】をクリックする!

f:id:shukatu-man:20191114151540p:plain

LINEの指示に従って会員情報を入力

LINE追加後に送られてくるメッセージから、会員情報を入力する。

※この登録をしておかないと「選考会」の情報が届きません。

f:id:shukatu-man:20191114151547p:plain

完了です

これで登録は完了です!

LINEで不定期に選考会の情報が入ってきます。頻度も程よいのが良いですよ!

 

本章のまとめ

 

以上、企業選びの戦略としては「早期内定」「スカウトサイト」「人事との直接のコネ作り」が現状ベストだと僕は考えています。

 

これに加えて普通の就活生同様にマイナビやリクナビで気になる企業にエントリーすること。

それだけで他の就活生と1手2手先をいくことができます。

(スカウトサイトなどをうまく活用し、中小規模の合説に積極的に参加しているFラン就活生って本当に少ないので、めちゃくちゃ差別化できますよ!)

 

ここで紹介したサービスは全て無料なので、利用するデメリットはありません。

利用することによるメリットが大きすぎるので、うまく活用して企業との接点をうまく獲得していきましょう!!

 

たしかに普通の就活生はマイナビやリクナビからのエントリーと、たまに大型の合同説明会に参加するぐらいですよね。

そうなんだよ。でも今は様々な就活のやり方、企業との接点の持ち方があるから、それら情報を入手して行動することで大きく差別化することができるんだ!

Fラン大学生の就職戦略【選考対策編】

f:id:shukatu-man:20200126121805p:plain

 

企業との接点の持ち方についてマスターしたところで、ここからは選考対策について詳しく解説していきたいと思います。

 

就活は簡単に言うと、「気に入った企業を見つけてそこから内定を獲得すること」なんですよね。

この記事の構成も、「気に入った企業を見つける(=企業との接点作り)」と「そこから内定を獲得する(=選考対策)」に分けて解説しています。

 

どれだけ企業との接点をうまく作れても、志望動機が適当だったり、魅力的な自己PRができなければ評価されることはありません。

 

そこでFラン就活生が徹底的に注力すべき選考対策を紹介します。

それは以下の2つです!この2つを血を吐くまで追求し続けてください!w

 

f:id:shukatu-man:20200125161359p:plain

 

①SPIなどの適性検査を徹底する

 

まず、Fラン就活生はSPIなどの適性検査の対策を徹底してください。

学歴フィルターを利用していると公言している企業はありませんが、僕の体感や周りの意見を聞くに、エントリー段階で学歴フィルターをかける企業よりも、適性検査で足切りをしている企業の方が多いように感じています。

 

【ポイント】

エントリー段階で足切りしている企業よりも、適性検査の結果で足切りしている企業の方が圧倒的に多いと予想される。

 

この理由は簡単で、学歴が低くてもその中に自社に合う人材がいる可能性が高い。

そこで、エントリー段階で全員を落とすのではなく、適性検査で最低限の学力をチェックしつつ、自社と適性が高い就活生を見つける方が効率的だからです!

 

特に今は売り手市場なので、相当な人気企業でない限り適性検査結果を元にして、慎重に選考する方が得策です。

これらの理由から適性検査まで足切りされない可能性が高い。

逆に言えば、適性検査で良い結果を出せないと、学歴関係なく落とされます。

 

対策すべきは「能力検査」のみ

適性検査は「能力検査」と「性格検査」に分けられます。

能力検査とは、数学の問題だったり国語の問題など、いわゆる学校でするようなテストですね!

対策すべきはこの能力検査の方で、性格検査は対策すべきではありません。

 

なぜ性格検査の対策をすべきでないのか?

それは「ありのままの自分の性格を評価してくれる企業に入社すべきだから」です。

性格を偽って評価されても、そんな化けの皮はすぐ剥がれるし、入社後のミスマッチの原因にしかなりません。

 

僕が考える就活の成功は「10年後に幸せでいること」なので、性格を偽って内定を獲得し、自分に合わない企業に入社してしまったら意味ないんですよ。

 

能力検査の対策方法について

では具体的に能力検査はどう対策すれば良いのか?

とにかく問題集を解くことに尽きます。

できる限り繰り返し解いて、問題に慣れましょう。

 

おすすめの問題集やSPIなどの適性検査の種類を解説した記事を別に用意しています。

そちらの記事を参考にして、とにかく能力検査で高得点を取れるようにしておきましょう。

 

就活において、努力でなんとかなる部分は徹底的に努力すること。

これが本当に重要だと僕は思います。

 

自分の性格がその企業に合うかどうか、それは努力ではなんともなりません。

しかし、能力検査で高得点を取れるようになることは努力でなんとかなりますよね!

じゃあ、やろうよ。

 

 

なるほど!たとえFラン就活生だろうが、能力検査で高得点が取れれば「基礎的な学力がある」と評価されるんですね。

そのとおり!適性検査を足切りにしている大企業は本当に多いから、ここを落とすのは本当にもったいない! 

 

②就活3大質問の徹底的な深堀り

 

能力検査の対策をしつつ、絶対にすべきが就活3大質問の徹底的な深堀りです。

ここでのポイントは“徹底的な”にあります!!!!

 

就活3大質問とは、自己PR・志望動機・学生時代に最も力を入れたこと(ガクチカ)の3つの質問のことを指します。

これらはほぼ全ての企業で質問される超頻出質問なので、こんな呼ばれ方がされていますね。

 

徹底的な深堀りのやり方

これら就活3大質問への回答を充実させることはマストです。

正直、これら3つの質問への回答が浅い人を見ると「そんな時間あって何をしてるの?」と辛いツッコミを入れたくなるのですが、それほど就活生が優先的にすべき選考対策なんですよね。

 

では、具体的にどうやって“徹底的に”深堀りするのか?

そのやり方は簡単で、自分が書いた回答に対してあらゆる角度から「なぜ」という質問を自問自答するのです。

 

【就活3大質問の深堀り方法】

自分が書いた回答に対して、あらゆる角度から「なぜ」を追求する。

 

これは重要すぎる選考対策なので、下記のようにツイートもしました。

詳細なやり方については「ガクチカの書き方」の記事で解説しているので、そちらを読み込んでください!

 

 

Check!

▼志望動機の書き方についてはこちら!
» 【新卒必読】面接で“絶対評価される”志望動機の答え方!

▼自己PRの書き方についてはこちら!
» 自己PRの例文20選|就活で“絶対に評価される”自己PRの例文集

 

面接が得意な人と苦手な人の違い

このように自分の回答に対して「なぜ」と深堀りすることで面接で無双できるようになります。

そもそも面接が得意な人と苦手な人の差は何か考えたことはありますか?

それは「常に物事を深く考えているかどうか」だと僕は考えています。

 

面接ってそもそも聞かれた質問に対して答えるってのが基本ですよね。

その答えの納得性が高ければ、聞き手は深く納得し評価します。

 

納得性の高い回答ができる人は、それを普段から考えて行動しているんですよ。

なぜそれに打ち込んだのか、なぜその結果が出たのか、なぜそれ以外のことはしなかったのか、などなど、普段から深く考えて行動している。

だからこそ面接で何を聞かれてもスラスラと納得性の高い回答ができるんです。

 

【面接が得意と感じるロジック】

普段から物事を考えて行動している

→よって何を質問されても「その考えていること」をさらっと回答できる

=面接が得意な人として認識されるし、自分自身でも面接が得意だと考える。

 

普段から物事を考えて行動しない人こそ事前の深堀りが重要

ここまでの解説が理解できれば、物事を深く考えて行動していない人。

つまりは面接が苦手な人こそ、「なぜ」による事前の深堀りが重要だと分かるはずです。

 

「なぜそれが自己PRになるのか?」「なぜその長所がその会社で活かせると思ったのか?」「なぜその業界なのか?」「なぜ競合他社ではなくその企業じゃないとダメなのか?」「なぜその企業に魅力を感じたのか?」「なぜその企業と出会えたのか?」「なぜ学生時代にそれに打ち込んだのか?」「なぜその結果を出すことができたのか?」・・・

 

なぜによる深堀りは徹底的におこなってください。

Fラン就活生はこの作業によって、高学歴就活生を面接で蹴落とすことができる。

騙されたと思ってマジでやってみて。

 

なるほど!とにかく出題頻度の高い就活3大質問を徹底的に深堀りすることが重要なんですね!

そうだよ!高学歴の就活生でここまで深堀りしている人は少ないし、面接が苦手な人も多いからここで差別化をはかろうね!!

おわりに

 

最後まで読んでくださり、本当にありがとうございました! 

Fラン就活生だけでなく、中堅大学に通う就活生の多くが、高学歴層と同じことをします。いや、むしろ高学歴層よりも努力しません。

 

努力しないくせに、ただ学歴のせいにして就活を諦めるのは勿体ない。

心からそう思っています。

 

僕が大学生の頃、先輩からは「うちの大学から大手は行けないよ」と言われました。

それを鵜呑みにして諦めていたら、今の僕はいません。

 

「じゃあ先輩達がしなかった戦略を立てて行動すれば良い」

ただそう考えて、就活を研究し尽くし、結果として大手食品企業に入社することができた。

 

その理由はただ努力したからではなく、“正しい戦略を立てた上で努力したから”なんですよね。

努力すれば良いなんてのは甘いです。戦略を立てましょう。

学歴に自信がないあなたにとって、1つの戦略をこの記事を通してお伝えできたのなら本当に嬉しく思います。

 

1万字に及ぶ長い記事をいつも読んでくださって本当にありがとう。

そんな読者の皆さんがいるからこそ、孤独にスタバで執筆し続けることができます。

 

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

 ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー