MENU

就活サイト・DEiBA(出会いの場)の評判とは?【15人の利用者口コミ】|利用メリット・デメリットまで解説!

20180401154528syukatuman-about

就活マンこと藤井智也が「読むことで他の就活生と圧倒的な差を付けられる情報」を発信しようと立ち上げた就活ブログです。今年で5年目をむかえます。

偏差値50の中堅大学から、複数内定を獲得し、食品大手に入社した全技術を余すことなく共有します。
※本気で就活を成功させたい方のみ読んでください。

» 就活マンとは?|運営者のプロフィールや立ち上げ経緯はこちら

20220609144604
20210428164338

ホワイト企業ナビ(23/24卒求人サイト)

→優良企業に特化した新卒向けの求人サイト。「残業時間・離職率・休日数」の3条件がすべて日本企業の平均よりも好条件である優良企業のみを掲載。※ただしまだ開始したばかりで掲載企業が少ない。



ミーツカンパニー(全国オンライン可)

→現状最もおすすめの就活エージェントの1つ。大手や穴場優良企業も多く紹介してもらえるのが最高。
※ただし担当者の質を初回面談で見極めることが超重要!

 

キミスカ(逆求人サイト)

オファーボックス(逆求人サイト)

→登録しておくだけで企業からスカウトが届く。自分の性格や価値観に合った企業とマッチングしやすい。
※利用する場合は必ずプロフィール入力に力を入れること。じゃないと利用しない方が良い。

20221005095101

f:id:syukatsu_man:20210325092026j:plain

 

こんにちは!

就活を研究し続けて7年目、書いた記事は800以上の就活マンです。

 

(このブログ以外にも、僕を含めた編集部が企業を厳選した求人サイト「ホワイト企業ナビ」の運営も開始しました! » 求人一覧を見る

 

今回は、グループディスカッションの実践経験を積めるイベントを開催する就活サイト「DEiBA」(出会いの場)の評判を解説します。

 

ある程度の人数が集まらないと練習ができないグループディスカッションは、一般的な面接練習と違って練習機会が少ないので苦手意識を持つ就活生も多いですよね。

 

「DEiBA」は、そんな就活生のためにグループディスカッションの解法パターンをレクチャーし、実践経験を積ませてくれます。

しかもその場には企業の採用担当が立ち会っているので、ディスカッションでの振る舞いが良ければオファーをもらうことも可能なんです。

 

このように、かなり独特なサービスを提供している個性的な就活サイト「DEiBA」。

利用するにあたって、前もって利用者の評判を確認しておきたいですよね。

 

本記事では、利用者の口コミをもとにしたメリット・デメリット、利用法まで解説しているので、ぜひ最後まで読んでください!

就活サイト・DEiBA(出会いの場)とは?|サービス概要

f:id:aibolic:20210324124928j:plain

 

総合おすすめ度:★★・・・

①利用企業数:★★・・・
②使いやすさ:★★・・・
③就活の効率化:★★・・・

 

DEiBA」は株式会社デアイカンパニーが運営する就活サービスです。

グループディスカッションの実戦経験を積めるイベント「出会いの場」を主催する就活サイトですね。

 

サービスは以下の流れで進行します。

 

【DEiBAのサービスの流れ】

  1. エントリー(会員登録)をする
  2. イベント参加を申し込む
  3. マイページを作成する
  4. グループディスカッション対策特別講座(ガイダンス)に参加する
  5. 「出会いの場」に参加する

 

「出会いの場」ではグループディスカッションの練習を5〜10回行うのですが、その前に必ずグループディスカッション対策特別講座(ガイダンス)に参加しなければいけません。

 

ガイダンスでグループディスカッションの問題形式別解法パターンをしっかりと学んだ上でないと、実戦演習に挑んでもあまり効果的ではないからでしょうね。

実戦に備えて、学んだことをしっかり吸収しておくことが大切です。

 

DEiBA公式サイト:

https://deiba.jp/s

 

就活サイト・DEiBA運営会社「株式会社デアイバカンパニー」の詳細

 

DEiBA運営会社の「株式会社デアイバカンパニー」の詳細は以下のとおり。

 

設立:2011年4月8日

資本金:45,025,000円

代表者:清水 達也

本社所在地:東京都千代田区神田神保町3丁目6番 能楽書林ビル6F

 

DEiBAの評価は、利用者がグループディスカッションに慣れているかどうかで大きく変わってきます。

 

グループディスカッション初心者からは高い評価を受けていますが、一方で、グループディスカッション慣れしている人にとっては物足りなさを感じることもあるようです。

 

ある種、グループディスカッション初心者向けのサービスと割り切ってもいいのかもしれません。

 

グループディスカッションを練習する機会がなくて困ってたんですよ!

グループディスカッションは、練習しておかないと本番で手も足も出ないことが多いからね。その意味でこのサービスは貴重だな。

【総評】DEiBA(出会いの場)は利用すべき就活サイトか?

f:id:aibolic:20210324133738j:plain

 

DEiBAの評判を共有する前に、僕が考える総評をお伝えします。

DEiBAは利用すべき就活サイトなのか?結論はこちら。
 

【DEiBAに関する結論】

グループディスカッションが苦手な人は利用するといい。ただし、このサイトで就活が完結するわけではない。

 

DEiBAは、良くも悪くもグループディスカッション演習特化型の就活サイトです。

だから、グループディスカッションに苦手意識を持っている人は積極的に参加して、たくさん経験を積むといいでしょう。

 

逆に、グループディスカッションが得意な人にとっては、イベントで長時間拘束されるわりに実りが少ないので無理には勧めません。

 

なぜなら、イベントに参加する就活生の大半はグループディスカッション初心者or苦手意識のある人なわけですから、ハイレベルなディスカッションにはなりづらい傾向があるからです。

 

ディスカッション後の企業説明会目当てで参加するという手もありますが、そもそも「出会いの場」参加企業はイベント前日にならないと告知されません。

企業と就活生の偶発的な出会いを狙いとして、このようなシステムになっているようです。

 

つまり、いざイベントに参加しても、自分にとって全く興味を持てない企業しか来ていない可能性が大いにあります。

なので、ディスカッション後の企業との対話会目当てで参加するのはあまりに非効率。

 

それなら、事前に参加企業がわかっている他の就活イベントに参加した方がよっぽど有意義でしょう。

 

その意味で他の就活サイトを併用することが必要不可欠と言えます。

少しでも就活を効率化したいのなら、会員登録後にプロフィールを埋めるだけで企業から求人が届く「逆求人型サイト」がおすすめですよ!

 

【就活マンがおすすめする逆求人型サイト】

僕が最もおすすめする逆求人型サイトは「オファーボックス」です!

7000社以上が利用していて、学歴による受信歴の偏りがないのも魅力的。

逆求人型サイトは他にもありますが、圧倒的におすすめです。

 

また、DEiBAをこのように結論付けた理由として、DEiBAの良い点・懸念点を共有しておきますね。

 

【DEiBAの良い点】

  • グループディスカッションの解法パターンを学べる
  • グループディスカッションの実践演習ができる
  • 採用担当者からフィードバックをもらえる
  • 評価が高ければ企業からオファーがもらえる

 

【DEiBAの懸念点】

  • イベントの拘束時間が長い
  • グループディスカッション慣れしている人には物足りない
  • 参加企業が前日まで分からない
  • リアルイベントは東京・大阪に集中している
 

参加企業がイベント前日まで分からないって斬新ですね。

大企業が参加していたら大々的に告知するだろうから、参加企業の多くはベンチャー企業や中小企業なんだろうな。

就活サイト・DEiBA(出会いの場)に関する良い評判まとめ

f:id:aibolic:20210324143338j:plain

 

この章から、DEiBAに関する評判を見ていきましょう。

まずはDEiBAの良い評判から共有しますね。

 

Twitter上での口コミをまとめると、以下の8つの意見に分けられました。

 

【DEiBAの良い評判】 

  • グループディスカッションの勉強になる
  • グループディスカッションの仕組みが理解できる
  • 自分の客観的評価がわかる
  • 就活仲間ができる
  • YouYubeチャンネルが参考になる
  • 参加企業がよかった
  • 就職先となる企業と出会える
  • 楽しかった

 

 良い評判① グループディスカッションの勉強になる

 

 

 

とにかくDEiBA関連の口コミで多かったのが、グループディスカッションの勉強になったという意見でした。

グループディスカション演習特化型の就活サイトなので、当然といえば当然ですね。

 

グループディスカッションの経験を少しでも多く積みたいという方は積極的に参加することをおすすめします。

結局、就活も受験と同じで、本番までにどれだけ練習して、失敗してきたかで勝敗が決まるものです。 

  

良い評判② グループディスカッションの仕組みが理解できる

 

 

DEiBAでは1日のイベントで5〜10回のグループディスカッション演習を行います。

ディスカッションの議題は毎回異なるので、常に新鮮な気持ちで討論することができるでしょう。

 

回数をこなすことで、グループディスカッションの仕組みやコツを体で理解できるようになってきますよ。

本番前に100回演習できたら怖いものなしじゃないでしょうか。

 

良い評判③ 自分の客観的評価がわかる

 

 

 

グループディスカッションはやったらやりっぱなしで終わるのではなく、ディスカッション終了後に企業の採用担当の方からフィードバックがもらえます。

 

フィードバックを生かして次のグループディスカッションに臨む。

これを繰り返していけば、自然と上達していくことでしょう。

 

良い評判④ 就活仲間ができる

 

 

  

「出会いの場」に参加する就活生は、皆グループディスカッションを上達したいという向上心のある人たちです。

 

そんな人たちと苦楽を共にするわけですから、仲良くならないわけがない。

就活仲間ができると、仲間からも刺激をもらえるので、一人で就活をするよりも励みになりますよね。

 

良い評判⑤ YouTubeチャンネルが参考になる

 

 

DEiBAは「DEiBA就活チャンネル」というYouTubeチャンネルを開設しています。

そこで就活相談会や模擬面接、グループディスカッション実況といった就活にまつわるコンテンツを配信しているのですが、YouTuberとして顔出ししているのが、まさかの清水社長

 

今まで数多くの就活生を見てきた清水社長ならではの辛口コメントは、きっとあなたの就活に気づきを与えてくれるはずです。

 

良い評判⑥ 参加企業がよかった

 

 

参加企業はイベント前日にならないと告知されないので、毎回どんな企業が参加するのかドキドキします。

この方はDEiBAで良い企業と出会えたようで、なによりです。

 

良い評判⑦ 就職先となる企業と出会える

 

 

こちらの方は、DEiBAで出会った企業にそのまま内定したようですね。

DEiBAでは、グループディスカッションが終わった後にマッチングが行われ、選ばれた企業とグループで対話ができます。

 

その後のフリータイムでは自由に企業ブースを訪ねて質疑応答をしたり、次回会う約束を取り付けたりすることが可能です。

そこから内定を獲得した人も多いようですよ。

文字どおり、イベントが「出会いの場」としてちゃんと機能していますね。

 

良い評判⑧ 楽しかった

 

 

 

「就活鬱」なんて言葉が定着してきた昨今、トータルで見ると辛いことや過酷なことの多い就活において、一時でも楽しさを感じられる瞬間があるのは素敵なことです。

たまにこういう機会がないと、就活そのものが嫌になってしまいますからね。

 「出会いの場」で元気をチャージして、次の選考に挑みましょう!

 

楽しそうなイベントなので、僕も参加してみたいです!

GD練習ができて、就活仲間ができて、そのうえ企業とも出会える。無料で利用できるのが信じられないね。

就活サイト・DEiBA(出会いの場)に関する悪い評判まとめ

f:id:aibolic:20210324203516j:plain

 

続いてDEiBAに関する悪い評判を見ていきます。

こちらもTwitter上で口コミをまとめると、以下の2つに分けられました。

 

【DEiBAの悪い評判】

  • 理系学生向きではない
  • 疲れる

 

悪い評判① 理系学生向きではない

 

 

 

グループディスカッションの経験を積めることに関しては好印象だったようですが、理系学生と企業との「出会いの場」として考えるとあまり魅力的な空間ではなかったようです。

 

理系学生が企業との出会いを期待していくのなら、他のイベントの方が良さそうですね。

あとはもう、「今日はグループディスカッションの練習をしに行く」と割り切ってイベントに臨むしかなさそうです。

  

悪い評判② 疲れる

 

 

 

「出会いの場」では、グループディスカッションの練習5〜10回と、その後の企業との対話会・フリータイムを一気に行います。

そのため、イベント開催時間は5時間もの長丁場。

 

イベント終了時には相当疲労が溜まっているので、「疲れた」という感想ももっともです。

 

たしかに拘束時間も長いので、タフなイベントですね。

そこが耐えられないなら参加すべきではないね。自分に合うイベントなのかはしっかりと考えておくべきだよ。

就活サイト・DEiBA(出会いの場)を利用する7つのメリット

f:id:aibolic:20210324210241j:plain

 

DEiBAに関する評判を見てきたところで、利用するメリット・デメリットも確認していきましょう。

まずは、以下の7つのメリットについて解説していきますね。

 

【DEiBAを利用するメリット】

  • グループディスカッションの問題形式別解法パターンを学べる
  • グループディスカッションの経験を積める
  • 採用担当目線のフィードバックをもらえる
  • 企業のオファーをもらえる
  • 今まで知る機会のなかった企業と出会える
  • 企業の人とガッツリ話せる
  • ハイレベルな就活仲間ができる

 

メリット① グループディスカッションの問題形式別解法パターンを学べる

  

「出会いの場」への参加申し込みをしたら、イベント開催日の前週に行われる「グループディスカッション対策特別講座(ガイダンス)」の参加が必要です。

 

このガイダンスで問題形式別解法パターンを学べるので、右も左もわからない状態でグループディスカッションに突入する、ということがありません。

 

まずは座学でグループディスカッションについて学びを深めてから、実戦に挑みましょう。

 

メリット② グループディスカッションの経験を積める

 

DEiBAのメリットといえば、やはりこれでしょう。

イベントでは最低5回、最高10回のグループディスカッション練習を行います。

 

今までグループディスカッションの練習をしたことがない人でも、イベントの終了時にはある程度のコツが掴めているのではないでしょうか。

 

一度のイベントでコツが掴めなかったなら、次のイベントにも参加すればいいんです。

グループディスカッションも他の面接練習と同様、どれだけ場数を踏めたかで習熟度が変わってきますよ。

 

経験を積めば積むほど、あなたのグループディスカッション・スキルは高まっていくので、自分が満足いくまで参加しつづけるといいでしょう。

 

メリット③ 採用担当目線のフィードバックをもらえる

 

イベント参加者がグループディスカッションを繰り広げる様子は、企業の採用担当の方にチェックされています。

 

グループディスカッションが終わったあとは、採用担当の方からディスカッション中の発言や振る舞いをもとに、論理的思考力、実行力、協調性といった観点からフィードバックをもらえるので、やりっぱなしで終わりになりません。

 

人はフィードバックをもらえた方が早く上達します。

「出会いの場」には、グループディスカッションを上達させる仕組みが整っていると言えます。

 

メリット④ 企業のオファーを受けられる

 

グループディスカッションで好成績を残した就活生は、その場で採用担当の方からオファーを受けることができます。

オファーの内容は、特別選考やインターンシップへの招待であることが多いようです。

 

すぐに内定に直結するオファーではありませんが、従来の選考過程の一部をショートカットできたり、企業の内部を知ることができたりするので、就活生にとってもメリットは大きいのではないでしょうか。

 

メリット⑤ 今まで知る機会のなかった企業と出会える

 

「出会いの場」では、イベント前日まで参加企業の告知がなされません。

つまり、どんな企業が参加するのかわからない状態でイベント参加を申し込むことになります。

 

今まで自分が全く想定していなかった業界・業種の企業と出会う機会も多いでしょうから、毎回が新しい発見の連続となることは間違いありません。

 

就活に対する自分の視野が広がりますし、未知の世界に挑戦するきっかけとなるかもしれませんよ。

 

メリット⑥ 企業の人とガッツリ話せる

 

「出会いの場」では、グループディスカッション終了後に、マッチングによって選ばれた企業とグループでの対話ができる「対話会」という時間が設けられています。

 

その後はフリータイムが用意されているので、対話会で気になる企業が見つかったら積極的に話しかけにいきましょう。

 

対話会もフリータイムも、企業の方と近い距離でさまざまなことを話せる貴重な時間です。

有効に活用してください。

 

メリット⑦ ハイレベルな就活仲間ができる

 

「出会いの場」に参加する就活生の多くは、「グループディスカッションのスキルを上達させたい」という強い志を持って集まっています。

そんな人々と長時間苦楽をともにするわけですから、仲良くならないわけがありませんよね。

 

ハイレベルな就活仲間ができると、「あいつに負けないように自分もがんばろう!」という気持ちになって就活への張り合いが出てくるので、高いモチベーションを維持できるようになりますよ。

 

こんなにグループディスカッションを練習できる機会は今までなかったので、ありがたいです!

きっと他の人もグループディスカッションの練習機会なんてそんなにないはずだから、ここは差をつけるチャンスだね!

就活サイト・DEiBA(出会いの場)を利用する5つのデメリット

f:id:aibolic:20210324221002j:plain


次に、DEiBAを利用するデメリットについても解説していきますね。

就活サービスを選ぶ際は、メリットよりもデメリットを把握することが重要になるので、しっかりと確認しましょう。

 

【DEiBAを利用するデメリット】

  • イベントの拘束時間が長い
  • グループディスカッション慣れしている人には物足りない
  • 興味のない企業の説明を聞かされる
  • リアルイベントは東京・大阪がほとんど
  • 大手企業の参加は少ない

 

デメリット① イベントの拘束時間が長い

 

「出会いの場」開催日の前週でガイダンスに参加する時間も含めると、かなりの時間をこのイベントに費やすことになります。

 

イベント参加が有意義な経験となればいいですが、そうでなかった場合は多大な時間を浪費したことになるでしょう。

 

申し込みをする前に、イベント参加が自分にとって有意義なものになりうるかを問い直すことをおすすめします。

 

デメリット② グループディスカッション慣れしている人には物足りない

 

「出会いの場」は、ガイダンスも含めてグループディスカッション初心者か苦手意識を持っている人対象のイベントです。

 

グループディスカッションが得意な人にとっては、周りのレベルが低く感じられて物足りないでしょうから、参加する価値はあまりないと言えます。

 

デメリット③ 興味のない企業の説明を聞かされる

 

「出会いの場」のシステム上、自分が興味のある企業が当日来るとは限りません。

もちろん、魅力的な企業との偶然の出会いがある可能性はありますが、その逆だってあるでしょう。

 

出会う企業がことごとく自分の興味の範疇に入らないことだって容易に起こりうるということです。

そうなった場合の対話会やフリータイムはまさに時間の無駄そのもの。

 

デメリット④ リアルイベントは東京・大阪がほとんど

 

仙台、福岡、広島、名古屋、札幌、岡山、金沢などでも開催実績はあるようですが、やはり頻繁に開催しているのは東京と大阪の2会場のみです。

 

最近はZOOMによるオンライン開催も実施しているようなので、地方の就活生も参加しやすくなりましたが、実地で練習をしたいのであれば東京・大阪に行くしかありません。

 

デメリット⑤ 大手企業の参加は少ない

 

イベントに参加する企業の多くはベンチャー企業や中小企業です。

大手企業の参加が全くないわけではありませんが、絶対数は少ないので、大手企業目当てで参加するのは非効率と言えるでしょう。

 

グループディスカッションが得意な人は行かなくてよさそうですね。

ああ、その時間を別のイベントに回した方が効率的だね。

就活サイト・DEiBA(出会いの場)の利用方法

f:id:aibolic:20210315222041j:plain

 

では続いて、DEiBAの利用方法について解説していきますね。

以下の流れで会員登録を行なってください。

 

【DEiBAの会員登録方法】

  1. DEiBA公式サイトにて「エントリー」をクリック
  2. 「エントリー」ページに情報を入力して仮登録
  3. 登録案内メール内のURLをクリック
  4. 詳細な個人情報を入力して登録完了

 

会員登録方法 

 

登録はPCでもスマホでも可能ですが、今回はPC画面で説明していきますね。

 

DEiBA公式サイトにて「エントリー」をクリック

まずはDEiBA公式サイトにアクセスし、画面右上の「エントリー」をクリックしましょう。

 

f:id:aibolic:20210324225520j:plain

 

「エントリー」ページに情報を入力して仮登録

「エントリー」ページに情報を入力して、仮登録を済ませましょう。 

 

f:id:aibolic:20210324225811j:plain

 

登録案内メール内のURLをクリック

登録案内メール内のURLをクリックすると、個人情報の詳細を入力する画面に遷移します。

入力を終えたら会員登録完了です。

 

f:id:aibolic:20210324230053j:plain

 

就活サイト・DEiBA(出会いの場)と併用すべき逆求人サイト

f:id:syukatsu_man:20210216151914j:plain

 

ここまでの解説にて、DEiBAの理解は深まったと思います。

ただ、冒頭でも説明したとおり、DEiBAだけでは対策が不十分なのも事実。

 

グループディスカッションだけが就活ではないですからね。

そこで活用すべきなのが「逆求人サイト」です!

 

逆求人サイトではベンチャー以外の企業も多数登録されています。

つまり、大手や中小企業との出会いも必然的に増えるわけです。

 

また、逆求人サイトは複数のサイトを利用することを僕は推奨しています。

なぜなら、サイトによって利用企業が大きく異なるから。

 

そこで今回、僕がおすすめの逆求人サイトを他に3つ紹介しておきますね!

 

1位:オファーボックス

f:id:shukatu-man:20191117192306p:plain

 

総合おすすめ度:★★★★★

①利用企業数:★★★★★
②使いやすさ:★★★★★
③就活の効率化:★★★★★

 

オファーボックス 」は株式会社i-plug(アイプラグ)が運営する逆求人型の就活サイトです。

全国7800社が利用する就活サイトで、逆求人型の就活サイトの中で企業の利用数がトップです。

 

f:id:shukatu-man:20210207171438p:plain

 

こうしたスカウトサイトを利用することで、「自分と適性が高い企業」と出会うことができるので、エントリー数を増やしたり企業を探す際には最も効率的です。

(企業側が自分のことを見て判断してくれるから!)

 

またオファーボックスでは、学歴によって受信数の偏りがないので、僕のような中堅大学の就活生にはありがたいですね!

これはスカウトサイトならではのことで、プロフィールから個性を見た上で評価されることを意味しています。

 

▼学歴が低かろうがしっかりとスカウトが届く!

f:id:shukatu-man:20191119121123p:plain

更には利用する就活生からの評判も非常に良いですね。

東証一部上場企業からスカウトが届いた時の喜びは半端ないです!

 

 

オファーボックス公式サイト:

https://offerbox.jp/ 

 

 

2位:キミスカ

f:id:shukatu-man:20190528165635p:plain

総合おすすめ度:★★★★★

①利用企業数:★★★★★
②使いやすさ:★★★★★
③就活の効率化:★★★★★

 

キミスカ」は株式会社グローアップが運営する逆求人型の就活サイトです。

 

特に特徴的なのが、スカウトに種類があることで、「プラチナスカウト」と「本気スカウト」は1社あたりの月間送付数に制限があります。

よってプラチナスカウト、または本気スカウトが届いた企業は、あなたのことを相当評価しているということがすぐに分かるんですよね。

 

▼届くスカウトに種類があるのが特徴!

f:id:shukatu-man:20210207171953p:plain

 

精度の高い適性検査も無料で受験できる

またこのキミスカの魅力は、無料で受けられる適性検査にもあります。

下記の通り、15分の検査で「性格の傾向」から「職務適性」、更にはあなたの長所や短所までを分析してくれます。

僕はこれまで20以上の適性検査を受検してきましたが、キミスカの適性検査をダントツにおすすめします。

 

▼キミスカの適性検査で取得できるデータ

f:id:shukatu-man:20181212001025p:plain

f:id:shukatu-man:20181212001236p:plain

 

キミスカ公式サイト:

https://kimisuka.com/

 

 

3位:dodaキャンパス

f:id:shukatu-man:20200930190159p:plain

 

総合おすすめ度:★★★★★

①利用企業数:★★★★・
②使いやすさ:★★★★★
③就活の効率化:★★★★★

 

逆求人型の就活サイト、おすすめ3位は「dodaキャンパス 」です。

就活生の5人に1人が利用しており、利用企業数も6200以上と非常に多いのが特徴ですね。

 

f:id:shukatu-man:20210207172952p:plain

 

また、運営会社である「株式会社ベネッセi-キャリア」は、大手転職サイトのdodaを運営するパーソルと、教育系大手のベネッセによる合弁会社。

それゆえに、企業との繋がりが広く今後も更に利用企業数は増えていくことが予想されます。

 

サイトの使いやすさも抜群なので、5人に1人が利用しているのも納得できます。

 

逆求人型の就活サイトとしては、これら上位1〜3位は併用しましょう。

プロフィールはコピペで使いまわしができるし、複数のサイトを併用することでスカウトの受信数を増やすことができますからね!

 

dodaキャンパス公式サイト:

https://campus.doda.jp/

 

 

就活サイト・DEiBA(出会いの場)に関するよくある質問

f:id:aibolic:20210222181008j:plain

 

この章では、DEiBAに関するよくある質問に答えていきます。

 

【DEiBAに関するよくある質問】

  • 応募したら全員参加できますか?
  • 参加日程を変更したいのですが、どうすればいいですか?
  • イベントの参加企業は教えてくれますか?
  • 応募をキャンセルするにはどうすればいいですか?
  • 事前ガイダンスの日程変更・キャンセルをするにはどうすればいいですか?
  • 予約中のイベントを参加前にキャンセルするにはどうすればいいですか?
  • スーツを着て参加した方がいいですか?

 

質問① 応募したら全員参加できますか?

 

事前課題の「ガイダンス受講」と「プロフィール作成」を行えば、応募者は全員参加できますよ!

 

質問② 参加日程を変更したいのですが、どうすればいいですか?

 

マイページ上での変更はできません。

https://deiba.jp/s/inquiryに問い合わせてください。

 

質問③ イベントの参加企業は教えてくれますか?

 

事前課題の「ガイダンス受講」と「プロフィール作成」を行い、参加が確定した人にのみイベント前日に告知します。

これは、「出会いの場」が偶発的な出会いを目的としたイベントだからです。

 

なお、「出会いの場 オンライン」「出会いの場 ターゲット」ほか一部イベントの参加企業は当日まで非公開となります。

 

質問④ 応募をキャンセルするにはどうすればいいですか?

 

マイページ上での変更はできません。

https://deiba.jp/s/inquiryに問い合わせてください。

 

質問⑤ ガイダンスの日程変更・キャンセルをするにはどうすればいいですか?

 

「マイページ>イベント応募>ガイダンス申込」から予約の変更ができます。

イベント参加にはガイダンスの受講が必須なので、参加希望なら必ずどこかでガイダンスを受講してください。

 

質問⑥ 予約中のイベントを参加前にキャンセルしたいんですが?

 

予約後、イベントへの参加をキャンセルする場合はhttps://deiba.jp/s/inquiryに問い合わせてください。

無断キャンセルをした場合、今後のイベント参加ができなくなる可能性があります。

 

質問⑦ スーツを着て参加した方がいいですか?

 

服装は自由で、私服参加の人が多いです。

私服で参加しても問題ないですよ!

 

DEiBAのよくある質問ページ:

https://deiba.jp/s/informations/view/237 

 

本記事の要点まとめ

 

最後まで読んでくださり、本当にありがとうございました!

DEiBAについての理解が深まったと思います。

 

DEiBAは、グループディスカッション経験を積むと同時に、企業オファーをもらえる「出会いの場」に参加できる就活サイトです。

 

ただ、グループディスカッションに特化した就活サイトなので、ここだけに頼らずに他の就活サイトと併用するのがおすすめですよ!

 

それでは最後に、本記事の要点をまとめて終わりましょう。

 

【本記事の要点】

  • DEiBAに登録することで、グループディスカッションの経験を積めるイベント「出会いの場」に参加できる。
  • グループディスカッションに特化した就活サイトなので、他の逆求人サイトを併用するのがおすすめ。
  • 最大の懸念は、グループディスカッションが得意な人にはイベントが物足りなく感じる恐れがある点。

 

今回の記事が少しでもあなたの役に立ったのなら幸せです。

就活攻略論には、僕が4年に渡って書き続けた700以上の記事があります。

ぜひ他の記事も読んでもらえると嬉しいです\(^o^)/