MENU

【朝日新聞の秋採用情報まとめ】選考の有無と内定獲得方法!

20180401154528syukatuman-about

就活マンこと藤井智也が「読むことで他の就活生と圧倒的な差を付けられる情報」を発信しようと立ち上げた就活ブログです。今年で5年目をむかえます。

偏差値50の中堅大学から、複数内定を獲得し、食品大手に入社した全技術を余すことなく共有します。
※本気で就活を成功させたい方のみ読んでください。

» 就活マンとは?|運営者のプロフィールや立ち上げ経緯はこちら

20210228101058
20210428164338

【現状最もおすすめの就活エージェント(完全無料)】

 

ミーツカンパニー就活サポート(全国対応)

キャリアチケット(全国対応)

 

上記の2つを併用して1社でも多くの企業を紹介してもらうのがおすすめです!

(無料で内定獲得までサポートしてくれるし、合わなかったら使うのを止めれば良いだけなので、就活塾などを利用するより良いと僕は思ってます)

 

▼利用者の声

f:id:syukatsu_man:20220104152949p:plain

 

今回の記事では、朝日新聞の秋採用情報についてバシッと解説します!

(そもそも秋採用枠があるのか、どうしたら内定が獲得できるのかなど)

 

こんにちは!

就活を研究し続けて7年目、書いた記事は1000以上の就活マンです。

 

新聞社のなかでも超大手の朝日新聞。

気になってはいるけど、なかなか選考に関する情報がないと悩んでいる就活生は多いのではないでしょうか?

 

そこで本記事では、朝日新聞の秋採用実施の詳細や、秋採用ならではの選考対策を解説していきます。

春の就活でうまくいかなかった人も、挽回する最後のチャンスになりますよ。

 

また、朝日新聞の過去の採用大学や就職難易度といったデータも共有するので、ぜひ活用してくださいね!

 

朝日新聞の秋採用の情報ってなかなか見つからないんですよね……

この記事を読めば、朝日新聞の秋採用に関してしっかり把握できるよ。他の就活生に差をつけるためにもぜひ最後まで読んでみてね!

朝日新聞は秋採用を実施しているのか?

f:id:ezculture:20211224181806j:plain

引用:公式ホームページ「朝日新聞社

 

まず最初に、朝日新聞が秋採用を実施しているのかについて解説します。

そもそも朝日新聞が秋採用をしていなければ、この記事の意味がないですからねw

 

結論から言うと、朝日新聞は例年秋採用を実施しています。

 

2021年12月29日時点で朝日新聞は2022年度の新卒採用を終了しているため、秋採用についての詳細は残念ながら不明です。

しかし、公式ホームページのFAQから例年秋採用を実施していることがわかります。

 

Q:春、秋、社会人など、どの採用試験で合格したかによって、入社後に違いはありますか?

A:ありません。私たちは多様な人材を求め、春、秋、社会人で、採用試験を実施していますが、給与体系などは同じです。

 

引用:朝日新聞Recruit Site「採用に関するFAQ

 

また、春の採用試験で不合格になった人は、秋の採用試験で再チャレンジすることも可能とのこと。

よって、朝日新聞が秋採用を実施していることは間違いありませんね。

 

そもそも秋採用とは?

 

秋採用という言葉の意味を知っていますか?

秋採用とは、具体的には8月〜11月頃にかけて行われる採用活動を指す言葉です。

 

f:id:ezculture:20211224180112j:plain

 

企業が秋採用を実施するのには、空いている採用枠を埋めるためだったり、留学帰りの優秀な人材を確保するためだったり、さまざまな意図があります。

企業によっては、内定辞退者が出たときの穴埋めとして秋採用を実施するところもありますね。

 

どの企業にも言えるのは、春に比べて秋採用の方が採用枠が圧倒的に少ないということ。

ほとんどの企業は春の採用活動で採用枠がほぼ埋まってしまうため、秋採用は限られた枠を争うことになります。

 

このほか、秋採用に関する詳しい解説は「【秋採用とは?】今までの採用と何が違う?特徴と立ち回り方を共有!」にてまとめているので、理解が足りないと感じる人はこちらも合わせて参考にしてください。

 

朝日新聞のような大手に秋採用で入社する方法

 

朝日新聞は秋採用を実施しているため、新聞社を狙う就活生ならぜひこのチャンスをモノにしたいところ。

しかし、秋採用は春採用に比べて採用枠が少なくなるのが普通です。

朝日新聞のような大手であれば、なおさら倍率は高くなるでしょう。

 

では、大手の秋採用という少ない枠を勝ち取るために、どう動けば良いか。

僕のおすすめは、就活エージェントを利用することです。

 

就活エージェントは人材のプロが就活生の希望に沿って、一人ひとりに合った求人を紹介してくれます。

なかでも秋採用に積極的な企業を紹介してくれるため、効率よく探せるのです。

 

f:id:ezculture:20211224180004p:plain

 

それだけでなく、就活エージェントは書類選考や面接など、選考に関するあらゆる対策をアドバイスしてくれます。

一人で就活を進めるより課題が見つかりやすいため、内定の確率はグッと上がるでしょう。

 

おすすめの就活エージェントは?

f:id:ezculture:20211230203428p:plain

 

ちなみに、僕のイチオシの就活エージェントは「ミーツカンパニー就活サポート」です。

ミーツカンパニー就活サポートは、僕が就活生の頃に実際に利用し、2社から内定をもらっています。

 

入社実績などが非常に優れている点でかなりおすすめなんですが、実際に利用してみて体感したのは何より、担当の方のサポートの手厚さです。

どんな悩みも安心して相談できるため、厳しい争いになるであろう秋採用についてもしっかりサポートしてくれるでしょう。

 

【ミーツカンパニー就活サポートのおすすめポイント】

  • 面談満足度90%、入社実績14000人
  • 僕も現役時代に2社の内定を獲得したサービス
  • 運営元が大きく、保有求人数2500社以上

 

面談満足度90%、入社実績14000人という実績から安心して利用できますし、運営元が大きいため紹介してもらえる求人の選択肢も広がります。

秋採用という少ない枠を効率的に探して、手厚いサポートを受けるなら絶対にミーツカンパニー就活サポートがおすすめですね。

 

また、ミーツカンパニー以外にも就活エージェントは多数存在します。

その中で、就活を7年研究してきた僕が本当におすすめできる就活エージェントについては、以下の記事で厳選しているので、こちらも合わせて参考にしてください!

 

 

他にも秋採用を実施している企業はある?

 

秋採用で就活を進めている人は、朝日新聞以外にも複数の企業を受けたいと考えていることでしょう。

例として、秋採用を実施している大手企業は以下のとおりです。

 

【秋採用を実施している大手企業一覧】

 

調べてみると、秋採用を実施している大手企業は意外と少なくないようですね。

とはいえ、春採用よりは圧倒的に少ないのが事実。

秋採用で就活を本格化する予定の人は、こうした情報は逐一チェックしておくべきです。

 

また、あわせてぜひ読んでほしいのが以下の記事。

秋採用の情報がなかなか見つからないという人のために、就活攻略論では秋採用を実施ている企業を一覧でまとめています。

 

こちらの記事では、大手だけでなく中小企業の秋採用についても網羅しているほか、秋採用を実施している企業の探し方も詳しく解説しています。

秋採用はいかに情報を得るかが攻略の鍵。

 

正直、ここまで秋採用に踏み込んで研究しているサイトはそう多くありません。

ぜひ以下の記事も参考にしてみてくださいね!

 

 

秋採用を実施しているとわかれば、あとは行動あるのみですね!

そうだね。朝日新聞以外にも秋採用を実施している企業はあるから、就活エージェントなどを利用して効率的に進めていこう!

朝日新聞の秋採用で内定を獲得するための必須対策

f:id:ezculture:20211230154416j:plain

 

では朝日新聞の秋採用で、少ない枠から内定を獲得するにはどうすれば良いか。

先ほど解説した秋採用の特色も踏まえて、具体的な対策を紹介します。

 

【朝日新聞の秋採用で内定を獲得するための必須対策】

  • なぜ秋採用での応募なのか説明できるようにする
  • 新聞やメディア記事を読みこむ
  • 朝日新聞の求める人材を知る

 

対策① なぜ秋採用での応募なのか説明できるようにする

 

朝日新聞は春にも採用試験を行なっていることから、「なぜ秋採用で応募したのか」ということをしっかり説明できるようにする必要があります。

 

普通なら、第一志望の企業は春の採用試験を受験しますよね。

そのため、しっかりとした理由を説明できないと「とりあえず秋も採用を行なっているから応募した」とみなされ、志望度が低いと判断される可能性があります。

 

例えば、新聞社とは全く別の業界を軸に就活していた人の場合。

この場合、その当時別の業界を軸に活動するなかで、何を感じて軸を切り替えたのか具体的に説明できると良いですね。

さらに、そのうえで朝日新聞でやりたい仕事についても具体的に説明できればかなり納得感が上がります。

 

ほかにも、留学などで春採用を受けられなかった場合は、どうして留学しようと思ったのか、そのうえでどうして朝日新聞で働きたいと感じたのかなどを説明できるようにしましょう。

 

総じて、自分がとってきた行動に対して、常に「なぜ」という理由を説明できるように準備しておくのがマストといえます。

 

 

対策② 新聞やメディア記事を読みこむ

 

朝日新聞の採用FAQによると、「朝日新聞を読んでいるかどうかを選考の判断にはしていません。」という回答があります。

よって、普段から朝日新聞を読んでいないから選考を受けられない、というわけではありません。

 

f:id:ezculture:20211230213522j:plain

引用:朝日新聞Recruit Site「採用に関するFAQ

 

しかし、朝日新聞を受けるなら朝日新聞は当然のこと、他社の新聞や発行しているメディア記事を読み込むことは必須です。

 

なぜなら新聞というものは、その企業の傾向や大事にしているトレンドがすべて詰まっているから。

新聞社について企業研究するなら、新聞を読み比べることが近道となるわけです。

 

他社の新聞やメディア記事を読みこみ、自分なりに「朝日新聞でこんな仕事をして貢献したい」という思いを伝えることができれば、秋採用でも内定の確率は上がるはず。

よって、企業研究のためにも新聞やメディア記事は必ずチェックしましょう。

 

対策③ 朝日新聞の求める人材を知る

 

朝日新聞がどんな人材を求めているか知ることも、対策として必須。

なぜなら、求める人材にマッチしていなければ、「この人と一緒に働きたい」とは思ってもらえないからです。

 

朝日新聞が求める人材については、リクナビの採用ページにて確認できます。

 

【朝日新聞の求める人材】

  • 選考基準は人物本位。コミュニケーション能力が求められる仕事です。面接を重視しています。
  • 記者・ビジネス・技術部門・デザイナーの併願ができます。

引用:リクナビ2022「株式会社朝日新聞社

 

このように、コミュニケーション能力を最重要視していることがわかります。

コミュニケーション能力なんてどの企業でも一緒じゃないか、と思う人も多いと思いますが、とりわけ新聞社で働くなら、並の回答では納得できる志望動機とはならないでしょう。

 

なぜなら、新聞は取材が命だからです。

取材はコミュニケーション能力が最も問われる仕事といっても過言ではありません。

 

また、記者職以外の部門においても、コミュニケーション能力は非常に重要です。

例えば朝日新聞社では、記者部門以外にビジネス部門という部署がありますが、こちらも広告提案や新聞販売のコンサルなど、高いコミュニケーション能力を必要とする職種です。

 

よって、朝日新聞の求める人材として刺さるアピールをするには、コミュニケーション能力について触れる必要があるということですね。

 

「コミュニケーション能力」を具体的にアピールするには

といっても、就活における「コミュニケーション能力」という言葉は、非常に抽象的。

頻繁に聞く言葉ではありますが、しっかり説明できる人は正直社会人でもなかなかいないでしょう。

 

僕の結論では、就活において「コミュニケーション能力」をアピールするためには、もっと具体的な能力に言い換えて伝えるのが最も効果的です。

 

例えば、自分から話すのが得意でなくとも、相手が話しやすい雰囲気を作る。

これも立派な「コミュニケーション能力」といえますよね。

 

このように「コミュニケーション能力」をさまざまな要素に分解し、それに沿う形で、自分のこれまでの行動を振り返って具体的なエピソードを伝えるのが正しいアピールといえます。

 

ちなみに、「コミュニケーション能力」を自己PRに落とし込む方法については、以下の記事でもっと詳しく解説しています。

漠然としていていまいちアピール方法がわからなかったという人も、この記事を読めば就活でのアピール方法がしっかりと理解できるはず。

ぜひチェックしてみてください!

 

 

【補足】秋採用で内定を獲得するには秋採用向けの対策が必要

 

秋採用に特化した対策って、ネットで検索してもなかなか見つからないと感じている人も多いのではないでしょうか。

一方で、先ほど述べたように秋採用は難易度が上がるため、就活生としては絶対に秋採用に特化した対策を取りたいですよね。

 

そんな人のために、就活について7年以上研究を続けている僕が、秋採用情報をまとめた記事を紹介したいと思います。

こちらの記事では、秋採用で内定を獲得する方法を4ステップでわかりやすく解説しています。

 

朝日新聞以外の企業も秋採用で受験する人は、ぜひこちらの記事を読んで、しっかり対策を練ってくださいね!

 

 

新聞社ならではの特化対策が必要なんですね。

そのとおり。さらに秋採用となると、秋採用に特化した対策も必須だよ。

朝日新聞の就職難易度

f:id:ezculture:20211230154411j:plain


秋採用や対策はわかったけど「実際のところ朝日新聞の就職難易度ってどれくらいなの?」と疑問に思う人もいるでしょう。

いくら志望度が高いとはいえ、選考を受ける上で難易度は知っておくべきです。

 

結論から言うと、朝日新聞の就職難易度は非常に高く、国内でもかなりの難関企業であるといえます。

 

誰もが知っている企業だからと言ってしまえばそれまでですが、数字で見るとその難易度の高さがハッキリと見えるでしょう。

東洋経済オンラインの「入社が難しい有名企業ランキングTOP200社」によると、朝日新聞は50位にランクインしています。

 

さらに秋採用となれば、非常に高い難易度となることが予想されます。

先ほど解説した対策や、秋採用に特化した対策は絶対におさえておきましょう。

 

わかってはいましたけど、やっぱり難関企業なんですね……

たしかに難関企業ではあるけど、だからといって諦める必要はないよ!さっき紹介した対策を徹底すれば、必ずチャンスはあるからね。

朝日新聞の採用大学

f:id:ezculture:20211230154409j:plain

 

これほどの大手新聞社となると、採用大学についても気になりますよね。

朝日新聞の過去の採用大学をチェックしてみましょう。

 

【朝日新聞の採用大学】

青山学院大学、跡見学園女子大学、大阪大学、京都大学、近畿大学、慶應義塾大学、神戸大学、国際基督教大学、信州大学、上智大学、専修大学、多摩美術大学、中央大学、筑波大学、東京大学、東京学芸大学、東京女子大学、東京理科大学、同志社大学、長崎国際大学、名古屋大学、奈良女子大学、一橋大学、兵庫県立大学、北海道大学、宮城学院女子大学、明治大学、立教大学、立命館大学、早稲田大学、その他全国の国公立大学、私立大学、大学院

 

引用:マイナビ2022「(株)朝日新聞社

 

上記のとおり、全国の国公立や、有名私立の実績が強い傾向にあります。

しかしなかには専修大学といった中堅大学の名前もあることから、決して学歴フィルターで足切りしているわけではなさそうですね。

 

優秀なライバルたちに差をつけるには

足切りがないとはいえ、解説してきたとおり朝日新聞の秋採用は非常に狭き門です。

有名大学の優秀な人材が、応募に殺到することは容易に想像できます。

 

そのため、朝日新聞の内定を獲得するには、他の就活生との明確な差別化が必須。

特に学歴や経歴に自信のない人は、以下の記事を参考に、しっかり意識して差別化を行うのがおすすめです。

 

\中堅大の僕が実行した差別化戦略をまとめました!/
20210519171458

 

こちらの記事は、他の就活生よりも評価されるための差別化戦略を徹底解説したものです。

記事中で解説しているノウハウは、すべて僕が就活生時代に実際に実行したもの。

そして、この差別化戦略によって超大手食品メーカーに入社しています。

 

そんな僕がまとめた戦略なので、実行すれば必ず内定の確率は上がると保証できます。

朝日新聞の秋採用という狭き門を乗り越えるためにも、絶対にチェックしておいてください!

 

普通の選考対策だけでは、他の就活生に埋もれてしまうってことですね。

そのとおり!「差別化」は誰でも実行できる戦略だから、就活生は今すぐ試してみてほしいな。

朝日新聞の選考・就職に関するよくある質問

f:id:ezculture:20211230154414j:plain

 

最後に、朝日新聞の選考・就職に関する疑問を解消しておきましょう。

細かな疑問を解消しておけば、余裕を持って選考に臨めますからね!

 

【朝日新聞の選考・就職に関するよくある質問】

  • 朝日新聞はホワイト企業
  • 海外で働くチャンスはある?

 

質問① 朝日新聞はホワイト企業?

 

結論から言うと、朝日新聞はホワイト企業といえます。

ホワイト企業の定義は人によってさまざまですが、一般的には福利厚生が整っていて、働きやすい環境がホワイト企業と呼ばれる要因。

その点では、以下のように好意的な口コミが多く見られました。

 

f:id:ezculture:20211230213520j:plain

引用:ライトハウス「株式会社朝日新聞者の口コミ

 

このように、特に家賃手当や財形貯蓄など、福利厚生が充実しているという声が多数見られました。

また、会社の雰囲気からも探ってみると、以下のような口コミも見受けられます。

 

f:id:ezculture:20211230213518j:plain

引用:ライトハウス「株式会社朝日新聞者の口コミ

 

社風としては若く明るい雰囲気で、新人教育もしっかりしているようです。

就活生としては新人が働きやすい環境かどうかは非常に重要ですよね。

その点から見ても、朝日新聞はホワイト企業であると判断できます。

 

ただし一方で、記者や編集など新聞に関わる仕事にやりがいを見いだせない人にとっては、若干厳しい環境ではあるという声もわずかに見られました。

当然といえば当然ですが、事業の軸である新聞というメディアに面白さを感じなければ、人によってはホワイト企業ではないかもしれませんね。

 

入社後のギャップで悩まないためにも、就活の段階でしっかりと企業研究することが重要。

先ほど紹介した就活エージェントに相談するなどして、企業研究を進めていきましょう。

 

質問② 海外で働くチャンスはある?

 

朝日新聞は、海外で働くチャンスも多い企業です。

国内のニュースだけでなく海外の情報も届けるため、世界の5総局、32支局で特派員が取材などを行なっています。

 

Q:海外で働く機会はありますか?

A:あります。朝日新聞社のネットワークは海外にも広がっていて、5総局、32支局で特派員が活躍しています。特派員以外でも、必要に応じて海外出張をして取材をしています。ビジネス部門では、メディアビジネスや企画事業、デジタル事業などで海外出張は珍しくありません。海外に駐在することもあります。また、英語、中国語を始めとした海外留学制度もあります。

 

引用:朝日新聞Recruit Site「採用に関するFAQ

 

このように、海外転勤や出張の機会は非常に多いでしょう。

そのための留学制度も充実しているため、将来的に海外で活躍したい人にとってはかなりやりがいのある企業といえますね。

 

本記事の要点まとめ

 

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました!

朝日新聞の秋採用情報について、しっかり理解できたかと思います。

 

結論、朝日新聞は秋採用を実施していることは間違いありません。

といっても秋採用は競争率が高いため、春採用以上に徹底した対策が必要といえます。

 

そのためには、新聞社志望としての選考対策だけでなく、就活エージェントを活用したり、差別化戦略をとることが重要。

国内でも有数の大企業のため、他の就活生に埋もれないために徹底した差別化が必要といえますね。

 

ちなみにこの記事を読み終わったら、次に「【秋採用を行う出版社15選】内定獲得方法も合わせて解説!」も読んでみてください。

朝日新聞のほかに秋採用をしている出版社をまとめており、中には中小企業もあるので、朝日新聞よりも難易度の低い秋採用実施出版社を把握できますよ!

 

それでは、最後に本記事の要点をまとめて終わりとしましょうか!

 

【本記事の要点】

  • 朝日新聞は毎年秋採用を実施している。
  • 就活エージェントを利用することで秋採用に積極的な企業を知ることができる。
  • 朝日新聞の秋採用対策としては「なぜ秋採用での応募なのかを説明できるようにする」「新聞やメディアを読み込む」「朝日新聞の求める人材を知る」ことが重要である。
  • 朝日新聞の就職難易度は非常に高くなっている。

 

今回の記事が少しでもあなたの役に立ったのなら幸せです。

就活攻略論には他にも、僕が4年に渡って書き続けた1000の記事があります。

ぜひ他の記事も読んでもらえると嬉しいです\(^o^)/