就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

【OpenES】学業・ゼミ・研究室などで取り組んだ内容で絶対評価される書き方!

20180401154528syukatuman-about

どの就活サイトよりも『本質的な就活情報』のみを発信する就活専門ブログです。
※無価値な情報は一切公開しません。

運営者である就活マンは中堅私立大学から内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社しました。(その後1年で独立)

就活で他の就活生を圧倒できた理由は、経営学・経済学・心理学・文学などの書籍1000冊を元に就活に応用を効かせた「就活攻略法」を生み出したからです。

この知識が一人でも多くの就活生の成功に繋がることを心から願っています。
※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。

» 就活マンの自己紹介と「就活攻略論」が生まれた経緯はこちら!

----------------
★本日の就活フルコースお品書き

《本フルコースが解決する悩み》

・学業/ゼミ/研究室で取り組んだ内容の“魅力的な書き方”が分からない

・学業/ゼミ/研究室で取り組んだ内容の文章例を見てみたい

・そもそも書くことが全く思いつかない

 「読むだけで就活を圧倒的有利にする快感。ぜひご堪能くださいませ。」

----------------

皆さん、こんにちは!いよいよ今まで書いた就活記事の合計が300記事を突破。日本イチの就活マニアでお馴染み、就活マンです。

f:id:shukatu-man:20181120204921p:plain

 

まず最初に断言しておきますね。

この記事さえ読めば「学業・ゼミ・研究室などで取り組んだ内容」に関して、他の就活生よりも面接官の記憶に残って評価される文章が書けるようになります。

 

ちなみに他の就活サイトでは「研究内容を具体的に書きましょう」や「ゼミの内容をより詳しく書いてください」といったありきたりな解説で終わっています。

(就活本でも大抵はそんなことしか書いてないので無意味です。)

しかしそんなありきたりな書き方をしたところで、他の就活生も全く同じことをするので差別化できません。

 

「学業・ゼミ・研究室などで取り組んだ内容」を完璧に書き上げる手順

 

今回の記事を1つ読むだけで「学業・ゼミ・研究室などで取り組んだ内容」を書けるようになってもらうために、5つの手順で解説していきます。

1つ1つの手順を丁寧にこなしていくことで、OpenESだけでなく通常のエントリーシートにも活用できる技術を学ぶことができると思うので丁寧に読み込んでもらえると嬉しいです。 

 

▼この記事はこちらの手順に沿って解説していきますね! 

f:id:shukatu-man:20190127123300p:plain

①OpenESの重要性を理解する

②わかりやすい文章で書くことを学ぶ

③面接官の興味を「誘う」技術を学ぶ

④自己分析で学業やゼミから学んだことを把握する

⑤他人が書いた文章を読んで質を高める

 

①OpenESの重要性を理解する

f:id:shukatu-man:20180928134934p:plain

 

まず基本的なことですが、みなさんが今、何気なく書こうといる「OpenES」の重要性は非常に高いということを最初に理解してください。

 

ではなぜOpenESがそれほどまでに重要なのか?

通常のエントリーシートは提出する1社にしか読まれませんよね。

しかしOpenESは複数の企業に同じものを提出することができます。つまり使い回すことができる。

 

よってOpenESは「素晴らしい1枚」を完成させることができれば、それをOpenESで提出できる全ての企業に提出することで、提出した全ての企業から評価されることができます。

反対に「質の低い1枚」で満足してしまえば、提出するすべての企業から低い評価を受けてしまうのです。

 

僕は就活が開始された初期にこのことに気づいたので、とにかくOpenESには力を入れましたね。友人にどの企業でも書類落ちする人がいたのですが、その友人のOpenESを見たらあまりに内容がひどかった。

そこでスタバに駆け込み、添削をしてあげた結果、その後に提出した企業の選考ですべて通過したという実話があります。

つまりそれほどにOpenESは重要だということです。

 

【ポイント】

OpenESは複数の企業に同じものを提出できるがゆえに、作成した1枚の重要性が非常に高いという特性を持っている。

 

「学業・ゼミ・研究室などで取り組んだ内容」を書き上げる上での重要な2つのポイント

 

OpenESの重要性を理解したところで、「学業・ゼミ・研究室などで取り組んだ内容」の書き方の2つのポイントを紹介しておきます。

f:id:shukatu-man:20181212101743p:plain

とにかくこの2つが非常に重要です。

下記がOpenESの入力画面ですが、見てわかるとおり入力可能文字数は「250字以下」となります。

250字を最大限に活用して、わかりやすく、かつ面接官の興味を誘える文章を書くことが重要です。

 

▼OpenESの実際の入力画面

f:id:shukatu-man:20180118132329p:plain
画像引用: リクナビ|OpenES

 

では次の章から具体的な書き方を解説していくよ!

 

②「学業・ゼミ・研究室などで取り組んだ内容」はわかりやすい文章で書くことが重要

f:id:shukatu-man:20190226152415p:plain
 

ではこの章からは具体的な書き方を解説していきます。

まず一番に大切なことですが、とにかく分かりやすい文章を書くことが重要です。

 

一見「分かりやすく書くなんて当たり前でしょ!」と思うかもしれません。

しかし、今回のお題である「学業・ゼミ・研究室などで取り組んだ内容」を書こうとする時、多くの人は「難しい専門用語」を無駄に使おうとするんですよね。

 

なぜ難しい専門用語を使おうとするのでしょうか?

それは「私って知識あるよ!」というアピールがしたいんですよね。

 

つまり、優秀アピールです!!

 

あなたの知り合いにもいませんか?知識が豊富だとアピールするために無駄に専門用語とか使う人。(僕が嫌いなタイプですw)

 

しかしここで一つ注意点なのですが、志望する職種が「技術職」や「研究職」のようにプロフェッショナルな知識を要する職種であれば、専門用語を使用することはアピールに繋がります。

なぜなら「専門知識を持っていること」が仕事に直結するから。

 

こうした例外もありますが、ほとんどのその他職種において、あなたが大学(または大学院)で学んだ知識を活かすことはできません。

だからこそ、あなたのOpenESを読む人は、そんな難しい専門用語を言われたところで理解することができない。

すると何も伝わらないOpenESになってしまいます。

 

ここで勘違いしてはいけないのが、面接官も私達と同じ人間なんですよ。

何でも知ってるスーパーマンではありません。 

 

よって難しい専門用語を使えば優秀だと評価されるのではなく、専門用語を使ったところで面接官は何も理解できない。

だからこそ専門用語ではなく分かりやすい言葉で伝えるべきです!

 

ここでこんな声が聞こえてきました。

「専門用語は読んで分からなくても、面接で詳しく解説すれば良いんじゃないの??」

 

たしかに読んで分からなかった部分を面接で聞いてくるかもしれません。

しかし、理解してくださいね。面接時間は有限なのです!!!!

 

限られた面接の時間を専門用語の説明に使うのはもったいない。

何より専門用語の説明をしても、あなたがその企業に適した人材であるということを示す『考え方』や『人柄』を伝えることはできませんよね。それでは採用されません。よくわからない人間なんて採用しないですから。

よって極力OpenESの段階から難しい言葉を避けておく方が良いのです!

 

では、わかりやすい言葉で書くことの重要性を理解したところで、具体的な書き方を見ていきましょう。

 

【ポイント】

特に「学業・ゼミ・研究室などで取り組んだ内容」では難しい専門用語を使って、優秀アピールをしたくなるところ。そこはグッとこらえて、読み手がスラスラと読むことのできる簡単の言葉で書くようにしましょう。

 

分かりやすい文章で書いた例文

 

「分かりやすい言葉にする重要性は分かったけど、どんな感じで直せばよいのか分からない」と思うので実際の例を上げて説明していきますね!

 

僕が大学時代は化学を専攻していました。

あえて「難しい専門用語」を使って研究内容を書くとこんな感じになります。 

 

【難しい専門用語を使って書いた場合】 

 

「私はがん細胞に対しての農薬成分グリチルレチン酸による衰退作用についての研究を行っておりました。薬を添加後、がん細胞内の組織を毎秒定点観察し、その効果を測ります。....」

 

 読んでみていかがですか?
 あなたが人事部だったら、こう思うはずです。

 

「んー。なんか難しいことやってんなぁ。」

 

そもそも人気企業の人事部は毎日何百ものOpenESを読んでいます。

そこで読みにくい文章が現れたら、読む気は失せますね。

そして何より難しい言葉を用いると機械的な文章になってしまいパーソナリティが全く伝わりません。人間味のない文章になってしまう。

 

では専門用語をなくして、とにかく分かりやすい文章に変えるとどうなるでしょう!

 

【分かりやすい言葉を使って書いた場合】 

 

「私はがん細胞に対して、農薬でも使われている成分を使った薬をかけることで、今までになかった効果が期待できるといった研究を行っていました。...」

 

こちらの方が断然読みやすくないですか?

機械的な文章ではないので、こちらの方が読んでいて理解しやすいと思います。

 

③面接官の興味を「誘う」技術を使って差別化をはかる

f:id:shukatu-man:20190223133943p:plain
 

では「わかりやすい文章を書くこと」の重要性を把握したら、次に他の就活生と差別化するためのテクニックを紹介します。

「学業・ゼミ・研究室などで取り組んだ内容」で差別化する方法ですが、僕が「誘い」と呼ぶ技術があります。 

 

この「誘い」とは何を誘うのかというと、それは「面接官の興味」を誘います。 

OpenESだけでなく、エントリーシートの役割は読まれた時に「この子とぜひ会って話してみたい」と思わせることなんですよね。読んでも何も興味が湧かない文章では、全く差別化することはできませんし、自社に欲しいと思ってもらうことはできません。

 

①OpenESを読んだ時に「この子は自社に必要だ!」という興味が湧く。

②興味が湧くことで、エントリーシートを読んだ後も「◯◯くん(さん)が記憶に残っている」という状態を作ることができる。

③実際に会って話してみたいと考えるので面接まで通過させる。

 

ではどうすれば面接官が興味を持つ文章が書けるのでしょうか?

それには「どんな能力や考え方が身についたのかを通して、自分の長所である能力を更にアピールする」というテクニックを使います。 

 

そもそも面接官が興味を誘われるのは「この子は自社に必要な人材かもしれない」とその子の能力を把握した時です。

つまり「学業・ゼミ・研究室などで取り組んだ内容」だけを詳しく書いていても、それを読んだところで「自社に必要な人材かも」という思考に繋がらないんですよね。だから興味が誘われない文章になってしまいます。

 

しかし「学業・ゼミ・研究室などで取り組んだ内容」に加えて、その経験からどんな能力が身についたのか、どんな考え方が生まれたのかというところまで記載してあればどうでしょうか!

読んだ時に「おお!この能力は自社に必要な能力だな!」と思って興味が湧きますよね。

(多くの人は自己PRなどでしか、こうした能力をアピールしませんが、面接官の興味を誘うOpenESを作成するためには「学業・ゼミ・研究室などで取り組んだ内容」でもこうした能力をアピールすることが重要です。)

 

では実際に、普通の人が書く文章と、面接官の興味を誘う文章をそれぞれ見ていきましょう。わかりやすいようにそれぞれの文章構成も合わせて解説しますね。

 

【普通の人の文章構成】

 

・何を学んだのかをわかりやすい言葉で記入

・詳しい内容を記入

 

普通の人の文章例)

私は化学について学びました。

研究室では「水素爆発について」をメインで研究しまして、この水素爆発とは酸素と水素の濃度が非常に高い状態で起こる爆発を意味します。

福島第1原発の事故ではこうした水素爆発が発生することで甚大な被害が生まれました。しかし水素爆発を利用することで新たなエネルギーを発生させることができると考え、効率的な新エネルギーの開発のための研究に取り組みました。

 

【面接官の興味を誘う文章構成】

 

・何を学んだのかをわかりやすい言葉で記入

・詳しい内容を記入

・どんな能力や考え方が身についたのか(それを通して自分の長所である能力を更にアピールする)

 

面接官の興味を誘う文章例)

私は化学について学びました。

研究室では「水素爆発について」をメインで研究しまして、この水素爆発とは酸素と水素の濃度が非常に高い状態で起こる爆発を意味します。

この研究によって学んだことは「好奇心の重要性」です。実のところ水素爆発に関して最初は興味がありませんでした。しかし取り組んでみると毎日がワクワクして、水素爆発のことしか考えられなくなります。このように、興味がないことにも好奇心を持って取り組み、一生懸命に打ち込むことの重要性を認識しました。

 

 

これら2つの文章を読んであなたはどう思いましたか?

「水素爆発」についての詳しい説明や研究内容を語られたところで、全然興味がないので「ふーん」としか思いませんよね。

なぜなら面接官がOpenESを読む目的は「自社に必要な人材を採用すること」だからです。娯楽として化学図鑑を読みたいわけではありません。

 

一方の面接官の興味を誘う文章例では、読んだ時に「この子は好奇心があって色々な業務に一生懸命に取り組んでくれそうだな」というイメージが付きますよね。

面接官の興味は採用するか、不採用にするかどうかなので、こうした能力を把握できることで書き手に対しての興味が溢れるのです。

 

よって、学業・ゼミ・研究室などで取り組んだ内容を書くときには必ず「自分の長所と言える能力」にからめて書くようにしてください。

そうすることで読んだ時にあなたの能力がサラッと伝わり、面接官の興味が生まれ書類で通過することができます。

 

【ポイント】

面接官が興味を持つのは「その子が自社に合う人材であるか」という証拠になるような文章。よって学んだ学業の内容や、ゼミや研究室でのテーマについて詳しく書かれていたところで興味は沸かない。

(※ただし「研究職や専門的な技術職」を志望し、大学での研究内容が仕事内容に直結する場合は詳しい内容を書くことも有効なので注意)

 

④自己分析によって学業やゼミから学んだことを把握する

f:id:shukatu-man:20190117171117j:plain


前の章で説明した「誘い」の技術を実行するためには、「どんな能力や考え方が身についたのか(それを通して自分の長所である能力を更にアピールする)」を記入する必要があると言いましたよね。

 

その際に、自分が本当に自慢できる能力を書くことが非常に重要です。

なぜなら「学業・ゼミ・研究室などで取り組んだ内容」にて先程の例文で書いたように「好奇心があるところ」を語ったとしますよね。

しかし実際には好奇心が全くないタイプならば、OpenESで通過できたとしても面接でバレます。会って話すことで面接官はあなたの能力を見極めてくるからです。

 

よって“自分が”本当に自慢できる能力を書くようにしましょう。

しかし当然、自分が自慢できる能力として何を書けばよいのかが分からないという方がほとんどだと思います。

 

そこで自己分析の記事でも紹介している「適性検査」を利用しましょう。

就活攻略論で唯一おすすめしているキミスカというサービスは無料で利用できるので、利用してください。

 

15分ほどの適性検査で、7項目のデータを取得できる神ツールなのですが、今回はその中の「職務適性」のデータを使います。

職務適性で得点が高かった項目こそがあなたの「本当に自慢できる能力」として認識してください。

 

f:id:shukatu-man:20190127144158p:plain

 

ちなみに上記のデータは、僕が実際に受けた適性検査の結果なのですが、「企画力や創造力を必要とする職務」の得点が非常に高いですよね。

よって僕のアピールすべき能力は「創造力」だと分かりました。

その結果、「学業・ゼミ・研究室などで取り組んだ内容」はこのように書いたんですよね。

 

適性検査の結果を活かした文章)

私は大学の研究室にて「抗がん剤の研究」に取り組みました。

農学部なので「農薬」の成分を用いた抗がん剤の開発に注力しました。

この研究によって、「農薬から抗がん剤への応用」という創造力の重要性を学び、学問だけでなく私生活の中でも「これはこんな活用ができないか?」という創造力を発揮する機会が増えました。

 

これを読んだ面接官の反応)

「お!新卒には自分で考える力を持った人を採用したいと考えていたんだ!ちょっとこの子には面接で話を聞きたいな!」

→自分の長所を活かせる企業への内定に繋がる!!

 

このように検査結果を利用して文章を考えることができます。

では検査を受ける方法を簡単に説明しておきますね!

  

【適性検査の受験方法(所要時間15分・無料)】 

こちらからキミスカさんへ訪問し、無料会員登録!(15秒ぐらいで終わります)

サイト訪問後「新規会員登録」をクリック

f:id:shukatu-man:20181212001455p:plain

メールアドレス・パスワード・卒業年度だけで登録完了

f:id:shukatu-man:20181212001451p:plain

②マイページへ移動し、サイドバーの『適性検査』を受験!

f:id:shukatu-man:20181212001446p:plain

③マイページの受験結果から適性検査の結果が見れる

(一覧は印刷して「客観的データ」として見ながら、実際に自己分析の手順へと入っていきましょう。)

 

ちなみに僕は下の画像のように適性検査の結果を印刷してノートに貼っておくことをおすすめします。

特にスケジュール帳などに貼り付けておくと、自分の性格についていつでも客観的な視点を元に考える材料になりますからね!

電車などの空き時間を活用するためには、このように事前に簡単な準備をしておくことが重要です。

 

▼印刷して自己分析シートやノートに貼り付けておこう!

f:id:shukatu-man:20190208162816p:plain

⑤他人が書いた文章を読んで自分の文章の質を高める

f:id:shukatu-man:20190225165125p:plain
 

「わかりやすい文章で書くこと」そして「自分の能力とからめて書くことで面接官の興味を誘うこと」の2つを実行すれば、他の就活生が書いた文章よりも確実に評価されることができます。

 

最後の5つ目のステップでは、更に圧倒的な差をつけるために書いた文章を磨く作業に入ります。

  

ほとんどの就活生は自分が書いた文章を更に良くしようという努力が足りていません。一度書き上げて満足してしまう人がほとんどです。

僕が書いているこの就活攻略論もそうですが、一度書いた文章は何度も何度も書き直したり、もっと良い文章を参考にして磨く作業が最も重要だと僕は考えています。

 

 

特に他人が書いた文章を読むことで「自分の文章はどれぐらいのレベルかな?」「この文章のこの表現うまいな!自分の文章に活用しよう!」といった作業をすることがOpenESだけでなく、通常のエントリーシートにも重要だと声を大にして言うことができます。

 

そして他人の文章を見る方法ですが、友達や先輩に頼むという超非効率なことはやめましょう。

相手の時間を奪うことにもなりますし、見せてもらった文章の質が低いと事故りますw

 

ではどうやって他人が書いたエントリーシートを見れば良いのか?

世の中にはほとんどの就活生が知らない素晴らしいサービスが大量に眠っています。

就活マンが唯一おすすめする6つのサービス』の記事で紹介している、「就活ノート」というサービスを利用すれば、実際に選考で通過した2233枚のエントリーシートを無料で見ることができます。 

ぜひこれらのサービスを利用して効率的に就活を進めてくださいね!

「忙しい!」と悩んでいる就活生のほとんどは非効率的なことをし過ぎなので。

 

どうしても書くことが分からない人は

 

ここまでお疲れ様でした!
でもそもそも「書くことがない!!」と悩んでいる人もいるんじゃないかな!?

 

「学業で250字も書くことがない!そんな頑張ってないから!」

「ゼミ、研究室に所属してないから書けない!」

そもそもこのような悩みを持っている人もいるのではないでしょうか。

大学での学業を真剣に取り組んでない人は正直多いと思います。

それでは当然、250字も「学業・ゼミ・研究室などで取り組んだ内容」を書くことはできないですよね。

 

でもそこで諦めていてはESで落とされまくる、面接で落ちまくるといったメンタルボロボロ地獄が待ち受けています。

 

就活攻略論を愛読してくれている就活攻略生の皆さんだけはそんな状況になって欲しくないので、「そもそも書くことがない!」「書けない!」という方でも“絶対に書けるようになる方法”を別記事で用意しました!

ぜひ参考にしてみてください。

 

▼全く書くことがなくて困っている方はこちら!
» 「学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容」で書き方がわからない人のための対処法

 

学業・ゼミ・研究室などで取り組んだ内容の書き方の例文を紹介

 

偉そうにここまで解説してきたんだから、あなたが書いた例文をもっと見せろだって?

「就活マンによる実際の例文を見たい」との声が非常に多かったので、別記事で例文を公開していますので、こちらもぜひ参考に!

ちなみにこちらの記事では、「学業・ゼミ・研究室などで取り組んだ内容」以外の質問への例文も紹介していますよ。

 

  

本日の記事はいかがだったでしょうか!

冒頭でお伝えしたとおり、OpenESの重要性は非常に高く1枚素晴らしい文章を作成するだけで書類の通過率が跳ね上がります。

 

だからこそ何度も何度も書き直しましょう。

その努力で就活の成功が左右されると考えるとやる気が湧いてきませんか?

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー