就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

就活マンのブログでは絶対言えない『裏メニュー』vol.23

━━━━━━━
就活マンのブログでは絶対言えない『裏メニュー』vol.23
━━━━━━━

f:id:shukatu-man:20180629161455p:plain

『裏メニュー』お品書き


 ※毎週月曜日AM8:30配信。
※就活マンへの質問は、LINE@のチャットにてお気軽に送信ください。(現在添削は行っておりませんので、ご了承ください。)
─────────

-今週の“就活生が絶対知るべき経済ニュース

就活マンが厳選したニュースを紹介。コメントを添えてお伝えします。

【1】勝手に“天職”を見つけ出す転職AIがすごい

ー転職者はある程度、職種理解やビジネスのことを知っているから"転職市場"ではAIはかなり有効。しかし"新卒市場"はもっと職種理解やビジネス理解がないと、そもそもの自分に合う企業なんて分からないからAIでは一筋縄ではいかないんだなぁ。でも採用×AIは確実に伸びるだろうね。

 

【2】【独占】無審査で、10万円まで「旅行」がもらえる新アプリの正体

ーCASHという自分のモノを写真で撮ったらすぐに現金が振り込まれ、そのモノを売れるというサービスを作った光本さんの次の事業は『旅』を即日無料に!(2ヶ月後に支払う必要はあるよ、もちろん。)
 こうしたサービスの面白いところは実質的には、借金と変わらないんだけど心理的に全然借金感がないところ。ZOZOTOWNのツケ払いも同じく。

 

【3】超・集中状態に入る準備。脳を休め、心のノイズを消すには?

ーこうした集中力に関する記事やコラム、本は多いけど結局のところ集中力に一番効果があるのは『やり始めてしまうこと』だと思う。とにかく手をつければ、自然と集中するから。それに加えて、作業中にスマホを機内モードにして通知が来ないようにすると完璧だけど、僕はできないタイプw

 

【4】「腸活」市場、ゴロゴロ動き出す

ー将来例えば、商品開発や企画職に就きたい人はこうした記事からトレンドを押さえるのは非常に有意義だと思う。たしかに腸活に関することってここ最近更に増えてきてる気がする。

 

【5】ポジティブ思考の限界 ネガティブさえも受け入れる「自然体」の重要性

ー記事内より引用

2. 過去・未来にとらわれた自分に気づき、今に生きることを考える
3. 結果を重視しすぎる自分に気付き、一生懸命楽しむことを考える

特に、「今を生きる」ことは本当に大切だと思う。目の前の作業一つ一つに集中する。目の前の相手に全力を注ぐ。(ただし恋愛においては注ぎすぎると逆に束縛してしまって逆効果になるので注意w)

 

【6】ホリエモンロケット、打ち上げ失敗し炎上。堀江氏「今までにない失敗モード」にじむ悔しさ

ー本当にロケット事業の難しさをヒシヒシと感じる。でもそれ以上に宇宙への夢や想いには心が動かされる。

 

【7】コギャル復活!渋谷チョベリグ(日経MJ) :日本経済新聞

ーこうした記事をただ「ふーん」と思うだけでなく、今のコギャルに人気が出そうなアイテムを集めてセレクトショップをオンラインでやっても面白い。ちなみに就活マンはギャルの子好きなんだけど、付き合おうとはならないタイプです。チョベリグゥ〜!

 

【8】本業生かし副業 営業・法務・経理からモデルまで :日本経済新聞

ー副業は本当にブームだよね。たしかに毎月プラスで数万円入ってきたら生活は豊かになるし、それ以上に“自分で稼いでいる”という感覚が充実感を生み出すのだと思う。家庭菜園で野菜を作って、収穫して食べる感動に近い気もする。

 

【9】日本に新たなVCを 著名起業家ら連合「次世代」育成 :日本経済新聞

ーVC(ベンチャーキャピタル)とは、簡単に言うとお金持ちからお金を集めて、将来有望なベンチャー企業に投資をする集団のこと。日本にどんどんVCが増えて、ベンチャー企業の活動や立ち上げが活発化することで、活気づいてくると思う。就活マンもVCに投資されるような“事業”を実はゆっくりと考えていたりします。

 

【10】再就職に壁、ならば起業 ヘアアクセEC成功 :日本経済新聞

ーこの記事とか女性は参考になると思う。

立ち上げの経緯は『再就職先が見つからず、「ならば自分で自分を雇用しよう」とヘアアクセサリーの電子商取引(EC)サイトを2001年に立ち上げ、成長させた。』

事業内容は『通販サイトで常時1万点のヘアアクセサリーを取り扱っている。国内外から仕入れた商品のほか、福井県鯖江市のべっ甲風素材を用いたコームなど、オリジナル商品も充実。累計の販売数は440万点を超え、年商5億円強の有力サイトとなっている。』

女性で将来自分のお店を持ちたい!と考える人は多いと思う。常時1万点のヘアアクセサリーを取り扱っているとのことだけど、最初は数十点とかから始まったんだと思うし、数十点でもそれが売れれば立派な商売になる。人間は高いところへは飛んでいけないけど、一段一段階段を登ることはできる。女性の起業において参考になる記事でした。

 

◆藤井智也/就活マン Newspicksページはこちらから。

https://newspicks.com/user/705372

 

─────────

-よくされる質問への最強回答集

こちらでは面接官からよくされる質問に対して、実際の回答例を提示して紹介していきます。

 【面接官からの質問】
『長所を教えてください!』

 
【最強回答集】
『はい。私の長所は「30分で地元の友だちになれること」です。』

☝︎面接官とのキャッチボールを自然に誘発するテクニック。

☝︎最初聞いた時に、どういうこと??と思わせるような回答を一つはさむことで、面接官から「どういうこと??」と聞かれる、または疑問に満ちた顔をされるので、そのタイミングで「というのは...」と説明を加える。

☝︎なぜこうした癖のあるテクニックを使うかと言うと、面接官の印象、記憶に残すことが重要だから!この例では「30分で地元の友だちになれること」=「初対面の人でも少し話すだけで心を開いてもらいやすい」ということが言いたいわけだけど、最初から「私の長所は初対面の人でも少し話すだけで心を開いてもらいやすいことです」と言っても印象があまりないので、記憶に残りにくい。

☝︎自分の長所を印象に残りやすい疑問を持たれる言い回しにできないか、ぜひ考えて見て欲しい!

─────────

-読者からの就活Q&A

こちらでは匿名で質問のできる『質問箱』にて頂いた質問に回答します。
Twitterでも回答を記載しておりますが、こちらではより丁寧に回答していこうと思います。

【Q,1】

f:id:shukatu-man:20180701132146j:plain

A,『スキル・資格』と『エピソードや経験』は別物なので、全くクドくないですよ! 両方に書いてしまって全く問題ありません。

 

【Q,2】

f:id:shukatu-man:20180701132217j:plain

A,過去の経験をベースに答えるのはどうでしょうか?? 過去に“したくないけど”頑張って取り組んだ経験なんてものは腐るほどあるはずです。それを引用しましょう!

 

今週は質問が2問のみでした!ぜひ無料で就活マンを使い倒すことのできる質問箱ですので、匿名ですし気軽に質問してみてくださいね! 

【NEW!】匿名で質問ができる『質問箱』スタート!

【質問箱はこちら!】就活マンへ匿名での質問ができます!
 

【就活マンTwitter】質問への回答がすぐに見れ、ブログでは紹介していない情報も発信中!

就活専門ブロガー『就活マン🕵️』@藤井智也 (@shukatu_man) | Twitter

─────────

-ブログでは絶対言えない秘情報

-こちらではブログには書いていない情報をお伝えします。読者の方々への就活マンからの相談等も記載するので、心の優しい方はLINE@などでぜひ回答頂けると嬉しいです。-

 

公式ショップOPENのお知らせ

今週からいよいよ就活マンの公式ショップがOPENしました!

その名も「就活マンの就活攻略屋さん」です。 ↓コチラから!

syukatu.thebase.in

 

僕は就活生からお金は頂かない主義なのですが、こちらの公式ショップのみはお金を頂いての支援となります。

経緯を少し話しますね!

ESの添削や個別相談などは本当に何百件もお問い合わせを頂いていて、その度に一切お断りをしてきました。というのも、無料ですべて対応することにしてしまうと、一つ一つの添削にかける手間や時間は最小限になります。結果として僕自身も適当な添削になってしまう。

就活において、ESの添削や個別の相談、1つ1つは適当に対応するなら対応しない方が良いと思っているんですよね。手間をかけられず中途半端な添削や回答なのに、それを就活生に渡したらそれを100点だと勘違いされてしまいます。

よって、僕が出した答えは「一切受け付けない」でした。

そう回答した何百人の方々には本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。しかし、それがその人達のための一番良い答えがと信じているからです。

 

そんな中、今回のショップでは例えばESの添削を3400円で販売しています。

決して安い金額ではないのは承知しています。しかし、それでもキャリアセンターにいって添削してもらう時間、その添削内容が何も差別化できないのであれば時間を無駄にしますし、僕としてはお金よりも時間の方が大切なリソースだと思ってるんですよね。

他にも世の中には就活塾も存在します。もちろん良いものは良いと思いますが、入塾するために20万円以上の費用がかかります。それなら必要な時に、必要な支援を安い価格で受けた方が良いのではないかなと僕は思っています。

例えば3400円の添削なら、20万円あれば60回弱添削を受けることができますよね。(実際そんなに添削が必要ならその添削サービスは糞だけどw)

こうした経緯から、一つ一つを丁寧に行うためにも“お金をハードル”として設定し、本当に受けたい人が最高の就活支援を受けられる。そんな仕組みにしました。

 

正直、僕は就活を専門にしていますが、就活生から頂いたお金で生活をする気はありません。いかに企業さんに良いサービスを提供しお金を頂けるか、それで生活をしていくことが僕にとっては重要ですから。

 

よってこの「就活マンの就活攻略屋さん」で生じた利益は全額、『就活攻略論』の運営費として投資させていただきます。

LINE@の運営費から今後は広告も少しずつ打ち出し、未来の就活生のために「もっと就活って楽しいものなんだよ!」「就活攻略生という全国の仲間達、そしてOBの先輩達がいるんだよ!」そんなメッセージを伝えていきたいと思っています。

 

長くなりましたが、このショップを開設した思いはこんな思いがありました。

とにかく就活生にとって、本物の価値あるサービスを届けること、そして今まで添削を希望していた方への謝罪を込めてのメッセージとなります。

今後とも、就活生の一番の味方になれるよう、そして「就活といえば就活マン!」そんな第一想起が全国に広がることを願って突き進んでいきます!!!!!

 

19卒向け企業紹介も随時受付中!

最近20卒の方のお問い合わせも非常に多くなってきました。ありがとうございます。

しかし、企業紹介に関してはまだ19卒向けのみの対応となります。

20卒の就活攻略生の皆さんは、この裏メニューさえ購読しておいてくれれば最新情報は常にこの裏メニューで配信しますね。

 

そして19卒で東京の企業への就職希望の方は、『就活マンの企業紹介専用LINE@』を追加して、「企業紹介希望!」とチャットを送って頂けたら、人材企業のDiGさんと協力して最適な企業を紹介します\(^o^)/

 

『就活マンの企業紹介専用LINE@』の追加はコチラから↓

友だち追加 

 

一緒に自分に合う企業を最後まで諦めず、探していきましょう!就活は人生を成功させるための大きな第一歩ですからね!!


─────────

-『裏メニュー』あとがき

ブログでは言えない秘情報が長くなってしまったので、あとがきはサクっと書いていきますね。

今日話したい内容は、恋愛についてです!!

まぁブログを読んでくれている方は就活マンが就活と同レベルに恋愛に生きていることをご存知だとは思いますが、最近「付き合うとは何か」というテーマを考えていたんですよね。その答えが出たので共有させてください。

 

よく、「付き合うって何?」みたいなテーマが繰り広げられるじゃないですか。

その答えとして性行為の有無みたいな回答があったりするのですが、それなら別に付き合ってなくても成立してしまうわけです。

 

そこで僕が考えたのが、「信頼が向上し、且つ性行為がある状態」が付き合うことなのではないかと考えました!

どういうことかと言うと、いわゆる性行為だけの関係では、信頼ってむしろ会うたびに下がっていくと思うんですよね。男性がいいように女性と関わる中で次第に女性が信頼を失っていって関係が破棄される。そんな状態になります。

しかし付き合ってると、デートするたびに、そしてお互いのことを話し合うたびに信頼が向上していきます。これこそが恋人同士なのではないかな!そんなふうに考えたんですよね。

 

まぁつまり、付き合っている時に束縛しすぎて別れてしまう!みたいなカップルが多いのも、「束縛=信頼をしていない状態」であるためではないでしょうか。確実に信頼してあげることが重要ですし、そもそも信頼できる相手を恋人に選ぶことが最重要だと思っています。

 

はい、ここまであとがきを書いてきて薄々感じていると思いますが、「就活マン」改め、「恋愛星人・キュンキュンマン」の僕に恋愛を語らせると長くなってしまうので、強制終了ということで、ここまで!とさせていただきます。

就活ばかり考えるのも疲れてしまうので、たまにはこうして別のことも考えてリラックスしてみてくださいね!!お付き合いありがとうございました!

 

また来週の裏メニューで!