就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

そもそもOpenESとは?|基本情報・ポイントを解説

20180401154528 alt=

どの就活サイトよりも『本質的な就活情報』のみを発信するメディアです。
※無価値な情報は一切公開しません。

運営者である就活マンは中堅私立大学から内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社しました。(その後1年で独立)

就活で他の就活生を圧倒できた理由は、経営学・経済学・心理学・文学などの書籍1000冊を元に就活に応用を効かせた「就活攻略法」を生み出したからです。

この知識が一人でも多くの就活生の成功に繋がることを心から願っています。
※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。

» 就活マンの自己紹介と「就活攻略論」が生まれた経緯はこちら!

----------------
★本日の就活フルコースお品書き

《本フルコースが解決する悩み》

・そもそもOpenESとは何か知りたい

・OpenESのポイントを簡単に理解したい

 「読むだけで就活を圧倒的有利にする快感。ぜひご堪能くださいませ。」

----------------

皆さん、こんにちは!週に一度は映画館で映画を見たい映画好きでお馴染み、就活マンです。

f:id:shukatu-man:20190227124122p:plain

最初に断言します。

本記事を読めば、OpenESについて理解できるだけでなく、「絶対に選考で通過するOpenESの書き方」を把握することができます。

 

就活でよく耳にするOpenESって何ですか?

OpenESはリクナビが提供するサービスで、複数の企業に同じエントリーシートを提出できるサービスなんだ!

それは便利ですね!でも複数の企業に同じエントリーシートを提出するとなると、作成した1枚の重要性が高すぎませんか!?

まさにその通り!OpenESは複数の企業に提出するがゆえに、その重要度は普通のESの何倍も高い!今回はOpenESについての説明だけでなく、その攻略法も紹介しよう!

 

この就活攻略論では「OpenES」に関する記事が大人気です。

それもそのはずで、大企業を一社でも受けるような就活生はOpenESの作成にせまられます。

つまり就活において、OpenESの作成は避けて通れないということ。

そこで本記事では「OpenESの基本的な説明」に加えて、評価されるOpenESを書く方法まで紹介します。

 

OpenESとは何か?

 

そもそもOpenESとは何かというと、OpenESはリクナビさんが提供しているサービスの一つです。

簡単に言うと、OpenESは『データとして複数の企業に使い回せるエントリーシート』と言えるでしょう。そう認識しておけば問題はありません。

OpenESとは『データとして複数の企業に使い回せるエントリーシート』である。

通常のエントリーシートは、一社あたり一枚作成するのが普通なのですが、OpenESはネット上に必要項目を入力することで、データとして一枚のエントリーシートが完成します。

 

実際のOpenESを見たほうが早いので、僕が作成したOpenESの見本を紹介しますね!

 

▼就活マンが実際に作成したOpenES

f:id:shukatu-man:20180905134616p:plain(OpenESデータ元:リクナビ OpenES https://open-es.com/

 

次にOpenESの大きな特徴として、“OpenESでの提出が可能な企業”に向けては同じものを使い回すことができます。

企業によって、「うちはOpenESを出して大丈夫ですよー!」というところに向けては、どの企業にも同じ一枚を使い回すことができるのです。

 

もちろんOpenESでの提出ができない企業もありまして、「うちはOpenESではなくて、自社のフォーマットのこちらのエントリーシートを記入してくださいね!」というように企業から指示が入ります。

 

実際に僕が就活生の時は、エントリーした企業の半分以上がOpenESでの提出が可能だったので非常に便利でした。

(一社一社がもし手書きだったらと思うと...リクナビさん、OpenES作ってくれてありがとう。) 

 

OpenESと通常のエントリーシート(ES)との違いとは?

f:id:shukatu-man:20190227131008p:plain

 

次にOpenESと通常のESの違いを説明します。

先ほど説明した通り、「OpenESは複数の企業に使い回せる」という点が大きな違いです。

 

ここで覚えておいて欲しいのですが、OpenESは使い回せるからこそ作成した1枚のOpenESの重要性が非常に高いです。

作成した1枚の質が低いだけで、複数の企業で書類落ちしてしまうのです。

 

少し例え話をしましょうか。

もしあなたが1枚の服をたくさんのデートで着回すとしましょう。

その1枚があなたによく似合っていて、素敵な服ならば、その相手からNGをくらうことはないですよね。

 

しかし、その1枚の服が究極にダサかったら。

(ドラゴンとか変な文字とか書いてある中学生が着ているような服だったら...。笑)

おそらくその異性からは、服装の段階でNGをくらいます。

 

そして会った瞬間に、「きょ...今日さ、実は10分後に予定はいっちゃったんだよね!ごめん!」と言われるでしょうね。

これを就活に置き換えるなら、「面接まで通過させませんよ!」と言われているようなものです。

 

よってOpenESとは、デートで着回す1枚の服です。

その1枚さえ素晴らしいものであれば、どんな企業からも評価されることができるのです。

 

OpenESの記入項目とは?

f:id:shukatu-man:20190223171117p:plain
 

ではOpenESの重要性について解説したところで、次に「記入項目」について見ていきましょう。

OpenESに書く内容は以下です。 OpenESは「基本情報」「資格・スキル情報」「自己PR情報」の3つから構成されています。

基本情報
名前や学歴など基本的な情報を入力します。説明不要ですね。

 

資格・スキル情報
ー保有資格・スキル
ー趣味・特技(120字以内)

 

自己PR情報
ー学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容(250字以内)
ー自己PR(400字以内)
ー学生時代に最も打ち込んだこと(400字以内)

 

評価されるためには「自己PR」が最も重要 

f:id:shukatu-man:20190227131839p:plain

 

記入項目を見て、勘の良い人なら気づいたかもしれませんが、各質問は入力文字数が異なります。

その中でも「自己PR」と「学生時代に最も打ち込んだこと」は入力文字数が400文字以内と最も多く記入することができますよね。

 

これは実際に、知り合いの人事担当者に聞いたのですが、「OpenESを見る時は自己PRをまずは見てから他の項目を読むか判断している」と言っていました。

つまり、400文字の入力ボリュームがあり、かつ最初に見る項目である「自己PR」こそが最も重要な入力項目だと言えるのです。

 

それほど重要な自己PRですが、自己PRはまずは「自分が最もアピールできる能力」を明確化する必要がありまして、それができていない人があまりに多いのが現状です。

そこで僕は「適性検査」を利用して、自己PRで最もアピールするべき能力をあぶり出す作業を必須として紹介しています。

下記は実際に僕が受けた適性検査のデータですが、このデータから「企画と創造力」を最もアピールする能力として決定しました。

 

▼就活マンが実際に受けた適性検査のデータ(一部)

f:id:shukatu-man:20190226142848p:plain

 

ぜひこれからOpenESを作成するという方は、必ず「適性検査」による客観的データを入手しましょう。自己分析や長所の作成、企業選びにも使える計7つのデータを15分ほどで無料で入手することができますので。

簡単に適性検査の受け方を紹介しておきますね!

 

【適性検査の受験方法(所要時間:15分・完全無料)】

①下記からキミスカさんへ訪問し、会員登録!(15秒ぐらいで終わります)

» キミスカ|1社の就活選考で複数社からスカウト

サイト訪問後「新規会員登録」をクリック

f:id:shukatu-man:20181212001455p:plain

メールアドレス・パスワード・卒業年度だけで登録完了

f:id:shukatu-man:20181212001451p:plain

②マイページへ移動し、サイドバーの『適性検査』を受験!

f:id:shukatu-man:20181212001446p:plain

③マイページの受験結果から適性検査の結果を見ることができます。

(一度受験してしまえば、いつでも検査結果を表示することができますよ。)

 

ちなみにこの「適性検査による客観データ」は、自己分析ノートに貼っていつでも見れるようにしておくことをおすすめします!

いつでも自分の性格や価値観のデータを見ることができるので、非常に便利です!

 

f:id:shukatu-man:20190208163126p:plain

 

OpenESで他の就活生と差別化する5つのポイント

f:id:shukatu-man:20190227132303p:plain


OpenESにおいては「自己PR情報」が最も重要だと把握できましたね。

それが把握できたところで、次にOpenESの作成にあたって、他の就活生と差別化するための5つのポイントを見ていきましょう。

 

ポイント① 論文口調ではない

 

まずはじめに、全体の文章の書き方ですが「論文口調」はおすすめしません。

論文口調とは、文末が「〜だ。」「〜である。」といった固い文章のことを言います。

 

例えば、趣味が野球だとしましょう。

論文口調だと「趣味は野球だ。」「趣味は野球である。」となるのですが、読んだ時にどう思いますか?

 

「こいつ、ロボットか...?」と思いません?

 

特にゼミなどで論文とか書いていて、論文口調で書くことがかっこいいと思っていたりフォーマルだと考えている人は論文口調で書くのですが、そういう人は読み手の気持ちを考えていないですね。

 

OpenESとは会ったことがない相手に対して、最初の接点になります。

そこでロボットみたいに固い文章を提示すれば、あなたに対して好感を持つことはないでしょう。

 

よって、僕がおすすめする書き方は「ですます調」です。

先程の趣味が野球で言えば、「趣味は野球です。」「小学校から野球をやっています。」といった具合ですね。

見比べれば一瞬でわかる通り、こっちのほうが読んだ時に人間味を感じますし、なんとなく良い子だなと認識しやすいと思います。

 

【ポイント】

「論文口調(〜だ・〜である)」ではなく「ですます調」がおすすめ!

 

ポイント② 専門用語ばかりになり過ぎない

 

次に、特に「学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容」という記入項目でやりがちなのが、専門用語ばかりを書いてしまうということです。

 

これについても相手の気持ちに立って考えてみてください。

あなたは専門用語をたくさん使って、優秀アピールをしたいかもしれませんが、読み手が理解できなければ何も伝わりませんよね。

僕が企業に入社した時に、同じ内定者の大学院卒生に専門用語ばかり話す人がいました。何かにつけて質問する時は専門用語や難しい言葉を使おうとする。

 

僕は言いましたね。

「何言ってるのか分からないし、賢い人はむしろ小学生にもわかるような言葉に“変換して”伝えることができるんだよ!」と。

 

OpenESでは優秀アピールよりも、相手に伝わりやすいことの方が重要だと僕は思います。よって、難しい研究内容についても仲の良い友達に説明するようにわかりやす言葉に“変換して”書くようにしましょう! 

 

【ポイント】

できるだけ専門用語は使わずに、誰でも理解できる言葉に変換して書くこと。

 

ポイント③ 説明は最小限

 

次に重要なことは、記入する内容に関して「説明ばかりになりすぎないこと」です。

むしろ説明は最小限にしましょう。

 

これはどういうことかと言うと、先程「趣味は野球」という例を挙げましたよね。

趣味に関して更に文字数を書こうとした時に、「趣味は野球です。小学3年生の頃からやっていました。ポジションはサードです。」と書いた場合、それはどれも説明なんですよね。

 

趣味は野球です⇒説明

小学3年生の頃からやっていました⇒説明

ポジションはサードです⇒説明

 

説明ばかりになっています。これはNGです。

なぜNGなのか?それは他の人との差別化ができず、あなたのことを知ることができないからです。

 

入力文字数が少ない場合、「小学3年生の頃からやっていました」や「ポジションはサードです」なんていう説明は書かなくて大丈夫です。説明は最小限にしましょう。

 

【ポイント】

説明は最小限にして、自分の考えや価値観を伝えることに文字を割くこと。

 

ポイント④ 自分の考えがふんだんに盛り込まれている

 

先ほど説明は最小限と話しましたが、その分何を書くべきなのか。

それは「自分の考え」です。

 

「趣味は野球」に対して、自分の考えを書くとなれば、どんな考えを書くことができるでしょうか。

「なぜ野球を趣味に選んだのか」「野球をすることで自分がどう変わったのか」「野球から得た教訓は何か」などなど、何でも書くことはありますよね!

 

そして、これらの『自分の考え』は説明と違って、その内容はあなただけのオンリーワンであり、読み手はあなたを理解することができます。

 

「ポジションはサードです」という説明に対してあなたのことを理解することはできません。

しかし、「野球は始めたことで得た、他人を気遣うことの素晴らしさ、その先にある以心伝心した時の気持ち良さは何ものにも変えられないと思います」という考えに対しては、「こいつは人付き合いが得意そうだな」「人が好きなのかな」といったイメージを持つことができますよね。

 

就活では他人と差別化して、いかに自分のことを企業に伝えるかが重要です。

説明ばかりにならず、自分の考えをふんだんに盛り込むことで「自分はこんな考えを持ってるんだよ!」という人間性を伝えていきましょう!

 

【ポイント】

いかに自分のことが伝わるかを意識した言葉選びをすること。

 

ポイント⑤ 他人と違った考えを書いている

 

自分の考えを書くことの重要性に関して、理解してもらえたと思います。

しかし自分の考えをただただ書いていれば評価されるわけでもない。

 

例えば、「野球を通して、チームワークが重要だと思いました。」と自分の考えを書いても、ありきたりすぎて何も感動しません。

そもそもOpenESは読まれた時に「会いたい!」「仕事ができそうだ!」と思われることが重要なので、ありきたりなことを書いていてもそうは思ってもらえない。

 

だから僕は先程、「野球は始めたことで得た、他人を気遣うことの素晴らしさ、その先にある以心伝心した時の気持ち良さは何ものにも変えられないと思います」という表現を使いました。

 

「以心伝心した時の気持ちよさ」という表現。

聞いたことありますか?あまり聞かない言葉ですよね。

 

だからこそ、読んだ時に「以心伝心した時の気持ち良さってどんなものなんだ!」と気になってしまう。

このように読み手が一瞬「どういうこと?」と思う言葉を使うことで、相手の興味を誘うテクニックを使用しましょう。面白い言い回しに変換することで、相手の興味を引き、記憶に残りやすくなります。

 

【ポイント】

読み手が一瞬理解できない言葉の言い回しを使うことで、興味を引こう。

 

OpenESの作成と同時にすべきこと

f:id:shukatu-man:20190227132547p:plain

 

OpenESの作成にあたり、差別化するための5つのポイントを把握したら、次にOpenESの作成と同時にすべきことを紹介します。

僕が就活生の時を振り返って、「この作業は早めにやっておいてよかった!」と心から思える作業なので、1つずつでも確実にこなしていきましょう!

 

OpenESの作成と同時並行ですべきこと① 選考会への参加

 

 

OpenESの作成と同時並行ですべきことは「早期内定の獲得」です。

普通の就活生は、3月からゆっくり就活を始めて内定が出るのは早い人でも6月からです。しかし僕は5月までに6社の内定を獲得していました。

それはなぜか、1月から「選考会」に参加していたからです。

 

【選考会とは?】

企業が新卒を採用するために開くワークショップのようなもの。

1dayインターンシップをより内定直結型にしたものです!

 

たまに「なんでそんなに早くから内定を持っているの?」という就活生に出会います。僕もそうでしたが、早期内定を持っている就活生のほとんどが選考会へ参加していますね。(そうでない人は外資かベンチャーの内定です)

選考自体を知らない人と、選考会へ参加している就活生の間には特に12月〜5月の間で大きな差が生まれてしまうので、ここでしっかりとチェックしておきましょう。

 

選考会に関する情報をまとめているサービスを利用すれば誰でも選考会の開催情報を手に入れることができるので、積極的に選考会に参加しましょうね。

» 「digmee」|選考会情報をまとめたサービス

 

ちなみに選考会の情報を入手するのは、digmee一択です。

無料かつ、登録しておくとLINE@にて選考会情報も届くので便利。

登録は30秒で終わるので、digmeeの登録方法を解説しますね!

 

①「digmee」のトップページへいく

» 「digmee」のサイトへはこちらから

②新規会員登録をクリックする(完全無料)

f:id:shukatu-man:20181212002411p:plain

③会員情報を入力して「会員登録」をクリック

f:id:shukatu-man:20181212002407p:plain

以上です!

『確認メールが届いて、本登録』という超めんどうな手順がないのが地味に良い!

 

下記の画像のように、皆さんが知らない裏で、こんなにも大量に選考会が開催されています。そしてそれに参加して、他の就活生との差をどんどん広げている就活生がいます。

 

f:id:shukatu-man:20181212002402p:plain
画像引用:digmee

 

この選考会ですが実は「グループディスカッションの練習の場」としても有効活用することができます。選考会ではグループディスカッションが実施されるので、内定に繋がらなくても練習として最高の場です。

 

digmeeはこちらから!

 

早期内定を獲得するためのこんなイベントがあることを知りませんでした!こうした情報によって内定格差が生まれてくるんですね。

その通り。早期内定に関してはもはや情報を持っているか持っていないかの差で生まれてします。そして早期内定は心の余裕に大きく繋がるからね。

 

OpenESの作成と同時並行ですべきこと② 他人のES研究

 

OpenESの作成と同時にすべきことの2つ目は、他人のES(エントリーシート)を読むことです。少し読むだけではなく、圧倒的な数を読み込むことで、自分のOpenESの質を高めていく必要があります。

就活生はよく先輩のESを見せてもらおうとしますが、それは効率が悪すぎる。

更にはその先輩のESのレベルが低ければ逆効果です。

 

そこで計2233枚の“選考に通過したエントリーシート”を無料で無限に読めるサービスを紹介しておきます。

就活攻略論でもよく紹介している就活ノート というサービス!

(このサービスははっきり言って、チートです。)

 

こちらも30秒ぐらいでできる無料登録を終えると、下記の画像のとおり「企業ごとに選考で通過したエントリーシート」を無限に読めます。

 

f:id:shukatu-man:20181212002633p:plain

f:id:shukatu-man:20181212002629p:plain

画像引用:就活ノート

 

こちらも簡単に登録方法を解説しておきますね!

①まずは就活ノートのサイトに飛びましょう

» 就活生が感じるリアルな就活情報【就活ノート】  

②サイト内の 「新規登録」をクリック

f:id:shukatu-man:20181212002625p:plain

③登録内容を記入して登録する ※[必須]のみで大丈夫!

f:id:shukatu-man:20181212002621p:plain

 

以上です!

 

この就活ノートの活用方法に関しては言うまでもありませんが、僕は下記の手順で活用していました。

①まずは一通り様々なエントリーシートを読んでみる。

②自分が面接官の立場に立って「これは良い」と思う文章をコピペしてメモにまとめておく。

③ なぜその文章を魅力的に感じたのか考え、自分の文章に活かす。たまに丸パクリする。

ぜひこの手順を真似して頂き、エントリーシートと面接での通過率を上げていきましょう!!

就活ノートはこちらから!

 

他人のエントリーシートを2233枚読めるんですか。しかも無料で...。今まで先輩に見せてくれと頼んでたのが馬鹿みたいだ。

このサービスを知っているかどうかで、エントリーシート対策は天と地の差が生まれるね。

 

OpenESの作成と同時並行ですべきこと③ OB訪問によるコネ作り

 

最後の3点目は、OB訪問です。

実は僕はほとんどOB訪問をしていませんでした。

理由は単純に「中堅私立大学だったので、OBの質が低かったから」です。

やはり中堅大学になればなるほど、就活を頑張っている人は少なく、それゆえに非常にストレスはありました。(だからこそ独学して就活マンになったんですけどね)

 

しかし、ある程度偏差値の高い大学に通っている方はOB訪問はマストです。

理由は単純に「引き抜き」や「裏ルート」での選考に進むことができる可能性があるからです。今増えてきているのが、社員による「後輩の採用」ですね。リクルーターとも言われます。

このリクルーターでの採用を、偏差値の高い大学に通っている方はぜひ活用してみてください。

 

このOB訪問をするためのツールは「ビズリーチ・キャンパス」一択だと19卒の人はみんな言っていました。

(某OB訪問サービスは、質の低い社会人が多く、ただ単に意味のない話をずっとされたり、ネットワークビジネスの勧誘をされたりと問題も多いようなので、このビズリーチ・キャンパスしかおすすめしません...。)

 

◯ビズリーチキャンパス

» ビズリーチキャンパスの登録はこちらから

OB・OG訪問のサービスとして最もおすすめなサービスです。

しかし、このサービスは利用できる大学が限られており、かなり上位層の大学のみ利用できます。残念ながら僕の通っていた中堅大学では利用できませんでした。

下記の大学に通う方のみ利用して、そうではない就活生は僕のように選考会やスカウト型イベントに参加しまくりましょう。

 

【ビズリーチキャンパスが利用できる大学一覧】

(あ)青山学院大学、大阪市立大学、大阪大学、大阪府立大学、(か)関西大学、関西学院大学、学習院大学、九州工業大学、九州大学、京都大学、慶應義塾大学、神戸大学、国際教養大学、国際基督教大学、(さ)滋賀大学、首都大学東京、上智大学、(た)千葉大学、中央大学、筑波大学、東京外国語大学、東京工業大学、東京大学、東京理科大学、東北大学、同志社大学、(な)名古屋工業大学、名古屋大学、(は)一橋大学、広島大学、法政大学、北海道大学、(ま)明治大学、(や)横浜国立大学、横浜市立大学、(ら)立教大学、立命館アジア太平洋大学、立命館大学、(わ)早稲田大学

 

OB訪問に関しては、やっぱり高学歴大学に通う人の特権ですね。

せっかく受験勉強を頑張ったんだから、これらは利用しないとね!

 

OpenESを作成する際の注意点とは

 

5つのポイントを押さえれば、OpenESの通過率は格段に上がります。

最後に注意点がいくつかあるので、紹介してこの記事を終わりにしていきたいと思います!

 

注意点① 自己PRとガクチカの写真は絶対入れよう

 

途中で解説したとおり、自己PRと学生時代に最も打ち込んだこと(通称:ガクチカ)には説明のための写真を添付することができます。

 

この写真ですが、『添付しなくても良い』というもので、結構多くの就活生が貼付しないのですが、この就活攻略論を読む就活攻略生のみなさんは絶対に添付するようにしてください!!

 

理由は二つあります。

第一に、OpenESをパッと見た時の華やかさが圧倒的に違います。

ただでさえ文字ばかりの書類です。特に大企業になれば、大量のOpenESを読まなくてはならないので、見た時に文字ばかりの書類は敬遠してしまう。拒否反応を起こします。

 

しかし、写真が添付されているだけで視覚的に見やすい書類に変わります。

小説でも途中で写真やイラストが差し込まれていると読みやすいですよね!

ここでも相手の立場に立って考えることが大切なのです。

 

次に第二の理由ですが、僕はどんな写真を添付するかだけで他の就活生と差別化するテクニックを持っています。

 

簡単に話すと、一瞬その写真を見た瞬間はどういう意味かわからないような写真を添付することで面接官の目を引き、説明文でその写真の解説をおこなって「おもしろい!」と思わせるテクニックです。(これだけの説明では難しいので記事を参照してね!)

 

写真を添付するだけで、これだけメリットがあるので絶対に添付しましょうね!!

 

注意点② 指定の文字数までギリギリいっぱい書くこと

 

次によく聞かれる質問なのですが、例えば指定の文字数が400文字とあった時に、「どのぐらい書けば良いですか?」と聞かれます。

 

回答としては、「400文字ギリギリまで書いてください。350〜400文字の間が目安ですね」といつも言っています。

 

理由は簡単で、他のOpenESと見比べた時に書いている量が少なければ、手抜き感を感じるし、伝えられる情報も少ないから。以上です。

 

本日の記事はいかがだったでしょうか!

就活攻略論ではOpenESに関する記事を多数用意していますので、その中で絶対に読むべき記事を紹介して、今回は終わりたいと思います。

 

▼OpenESに関するまとめ記事!

» 【20卒向け完全版!】OpenESで“絶対通過”する書き方まとめ!

 

▼OpenESの「学業・ゼミ」の書き方について!

» 【OpenES】学業・ゼミ・研究室などで取り組んだ内容で絶対評価される書き方!

 

▼OpenESに添付する写真について!

» 【OpenES】添付する写真・画像はこれで決まり!『自己PR』と『学生時代に打ち込んだこと』に添付する写真について

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー