就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

そもそもOpenESとは?|基本情報・ポイントを解説

20180401154528 alt=

どの就活サイトよりも『本質的な就活情報』のみを発信するメディアです。
※無価値な情報は一切公開しません。

運営者である就活マンは中堅私立大学から内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社しました。(その後1年で独立)

就活で他の就活生を圧倒できた理由は、経営学・経済学・心理学・文学などの書籍1000冊を元に就活に応用を効かせた「就活攻略法」を生み出したからです。

この知識が一人でも多くの就活生の成功に繋がることを心から願っています。
※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。

» 就活マンの自己紹介と「就活攻略論」が生まれた経緯はこちら!

----------------
★本日の就活フルコースお品書き

《本フルコースが解決する悩み》

・そもそもOpenESとは何か知りたい

・OpenESのポイントを簡単に理解したい

 「読むだけで就活を圧倒的有利にする快感。ぜひご堪能くださいませ。」

----------------

皆さん、こんにちは!週に一度は映画館で映画を見たいでお馴染み、就活マンです。

 f:id:shukatu-man:20180909134550p:plain

この就活攻略論では「OpenES」に関する記事が大人気です。

それもそのはずで、大企業を一社でも受けるような就活生はOpenESの作成にせまられます。

つまり就活において、OpenESの作成は避けて通れないということ。

 

就活攻略論ではOpenESの作成の仕方や、他の凡人就活生との差別化の仕方を色々と書いていますが「そもそもOpenESってなんですか?」という方に向けて、今回は説明していきたいと思います。

 

OpenESとは何か

 

そもそもOpenESとは何かというと、OpenESはリクナビさんが提供しているサービスの一つです。

簡単に言うと、OpenESは『データとして複数の企業に使い回せるエントリーシート』と言えるでしょう。そう認識しておけば問題はありません。

OpenESとは『データとして複数の企業に使い回せるエントリーシート』である。

通常のエントリーシートは、一社あたり一枚作成するのが普通なのですが、OpenESはネット上に必要項目を入力することで、データとして一枚のエントリーシートが完成します。

 

実際のOpenESを見たほうが早いので、僕が作成したOpenESの見本を紹介しますね!

 

【就活マンが作成したOpenESの見本】

f:id:shukatu-man:20180905134616p:plain(OpenESデータ元:リクナビ OpenES https://open-es.com/

 

次にOpenESの大きな特徴として、“OpenESでの提出が可能な企業”に向けては同じものを使い回すことができます。

企業によって、「うちはOpenESを出して大丈夫ですよー!」というところに向けては、どの企業にも同じ一枚を使い回すことができるのです。

 

もちろんOpenESでの提出ができない企業もありまして、「うちはOpenESではなくて、自社のフォーマットのこちらのエントリーシートを記入してくださいね!」というように企業から指示が入ります。

 

実際に僕が就活生の時は、エントリーした企業の半分以上がOpenESでの提出が可能だったので非常に便利でした。

(一社一社がもし手書きだったらと思うと...リクナビさん、OpenES作ってくれてありがとう。) 

OpenESと通常のエントリーシート(ES)との違いとは

 

次にOpenESと通常のESの違いを説明したいと思います。

先程説明した通り、『複数の企業に使い回せる』という点が大きな違いです。

 

ここで覚えておいて欲しいのですが、OpenESは使い回せるからこそ、作成した一枚のOpenESがしょぼいと書類選考の段階で落ちまくります。

 

イメージしてみてください。

もしあなたが一枚の服をたくさんのデートで着回すとしましょう。

その一枚があなたによく似合っていて、素敵な服ならば、その相手からNGをくらうことはないでしょう。

 

しかし、その一枚の服が究極にダサかったら。(ドラゴンとか変な文字とか書いてある中学生が着ているような服だったら...。笑)

おそらくその異性からは、服装の段階でNGをくらいます。

 

そして会った瞬間に、「きょ...今日さ、実は30分後に予定はいっちゃったんだよね!!ごめん!!」と言われるでしょうね。

これを就活に置き換えるなら、「面接まで通過させませんよ!」と言われているようなものです。

 

よってOpenESとは、デートで着回す一枚の服です。

その一枚さえ素晴らしいものであれば、どんな企業からも評価されることができます。

だからこそ実際に僕はOpenESにめちゃくちゃ力を入れていました。そのおかげで、就活生の頃のOpenES通過率は100%でしたよ。

 

f:id:shukatu-man:20180706211602p:plain 

OpenESの記入項目とは

 

ではOpenESの重要性について解説したところで、次に記入項目について見ていきましょう。

OpenESの記入項目は以下になります。

基本情報
名前や学歴など基本的な情報を入力します。説明不要ですね。

 

資格・スキル情報
ー『保有資格・スキル』
ー『趣味・特技(120字以内)』

 

自己PR情報
ー『学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容(250字以内)』
ー『自己PR(400字以内)』・『画像』・『画像の説明文(40字以内)』
ー『学生時代に最も打ち込んだこと(400字以内)』・『画像』・『画像の説明文(40字以内)』

主に『基本情報』『資格・スキル情報』『自己PR情報』の3つからなります。

 

特に他のエントリーシートと変わった点はないのですが、よく就活生が悩む部分が、『自己PR』と『学生時代に最も打ち込んだこと』の説明として写真を添付することができる点ですね。

 

「どんな写真を添付すれば良いですか??」とよく質問されるので、別記事に詳しく書きました。ぜひ参考にしてみてください!

自己PR・学生時代に最も打ち込んだことの説明として貼付する写真について|

» 【OpenES】添付する写真・画像はこれで決まり!『自己PR』と『学生時代に打ち込んだこと』

 

OpenESで他の就活生と差別化する5つのポイント

 

OpenESの記入項目ごとの詳しい書き方については、まとめ記事を用意しているので、そちらをご覧ください。

» 【19卒向け完全版!】OpenESで“絶対通過”する書き方まとめ! 

 

ここではOpenESを作成するにあたり、僕が提唱する5つのポイントについてまずは押さえてもらいたいので簡単に解説していきたいと思います。

 

ポイント① 論文口調ではない

 

まずはじめに、全体の文章の書き方ですが『論文口調』はおすすめしません。

論文口調とは、文末が「〜だ。」「〜である。」といった固い文章のことを言います。

 

例えば、趣味が野球だとしましょう。

論文口調だと「趣味は野球だ。」「趣味は野球である。」となるのですが、読んだ時にどう思いますか?

 

「こいつ、ロボットか...?」と思いません?

 

特にゼミなどで論文とか書いていて、論文口調で書くことがかっこいいと思っていたりフォーマルだと考えている人は論文口調で書くのですが、そういう人は読み手の気持ちを考えていないですね。

 

OpenESとは会ったことがない相手に対して、最初の接点になります。

そこでロボットみたいに固い文章を提示すれば、あなたに対して好感を持つことはないでしょう。

 

よって僕がおすすめする書き方は、普通に『ですます調』です。

 

【文末の書き方のポイント】

論文口調ではなく、ですます調で書くべし!

 

先程の趣味が野球で言えば、「趣味は野球です。」「小学校から野球をやっています。」といった具合ですね。

 

まぁ、見比べれば一瞬でわかる通りこっちのほうが読んだ時に、人間味を感じますし、なんとなくでも良い子だと認識しやすいと思います。

 

このように自分が客観的に読んでみてどう思うのか?
「相手の立場に立って考える」ことはどんなことにも大切な視点だよ! 

 

ポイント② 専門用語ばかりになり過ぎない

 

次に、特に『学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容』という記入項目でやりがちなのが、“専門用語ばかりを書いてしまう”ということです。

 

これについても相手の気持ちに立って考えてみてください。

あなたは専門用語をたくさん使って、優秀アピールをしたいかもしれませんが、読み手が理解できなければ何も伝わりませんよね。

僕が企業に入社した時に、同じ内定者の大学院卒生に専門用語ばかり話す人がいました。何かにつけて質問する時は専門用語や難しい言葉を使おうとする。

 

僕は言いましたね。

「何言ってるのか分からんし、賢い人はむしろ小学生にもわかるような言葉に“変換して”伝えることができるんだよ!!」って。

(すごい仲良しだったので言ったんですよ?その人を思って!笑)

 

OpenESでは優秀アピールよりも、相手に伝わりやすいことの方が重要だと僕は思います。よって、難しい研究内容についても仲の良い友達に説明するようにわかりやす言葉に“変換して”書くようにしましょう! 

 

ポイント③ 説明は最小限

 

次に重要なことは、記入する内容に関して、説明ばかりになりすぎないことです。

むしろ説明は最小限にしましょう。

 

これはどういうことかと言うと、先程「趣味は野球」という例を挙げましたよね。

趣味に関して更に文字数を書こうとした時に、「趣味は野球です。小学3年生の頃からやっていました。ポジションはサードです。」と書いた場合、それはどれも説明なんですよね。

趣味は野球です⇒説明

小学3年生の頃からやっていました⇒説明

ポジションはサードです⇒説明

これはNGです。

なぜNGなのか、それは他の人との差別化ができず、あなたのことを知ることができないからです。

 

入力文字数が少ない場合、「小学3年生の頃からやっていました」や「ポジションはサードです」なんていう説明は書かなくて大丈夫です。説明は最小限にしましょう。

 

ポイント④ 自分の考えがふんだんに盛り込まれている

 

先程、説明は最小限と話しましたが、その分何を書くべきなのか。

それは『自分の考え』です。

 

「趣味は野球」に対して、自分の考えを書くとなれば、どんな考えを書くことができるでしょうか。

「なぜ野球を趣味に選んだのか」「野球をすることで自分がどう変わったのか」「野球から得た教訓は何か」などなど、何でも書くことはありますよね!

 

そして、これらの『自分の考え』は説明と違って、その内容はあなただけのオンリーワンであり、読み手はあなたを理解することができます。

 

「ポジションはサードです」という説明に対してあなたのことを理解することはできません。

しかし、「野球は始めたことで得た、他人を気遣うことの素晴らしさ、その先にある以心伝心した時の気持ち良さは何ものにも変えられないと思います」という考えに対しては、「こいつは人付き合いが得意そうだな」「人が好きなのかな」といったイメージを持つことができますよね。

 

就活では他人と差別化して、いかに自分のことを企業に伝えるかが重要です。

説明ばかりにならず、自分の考えをふんだんに盛り込むことで「自分はこんな考えを持ってるんだよ!!」という人間性を伝えていきましょう!

 

ポイント⑤ 他人と違った考えを書いている

 

自分の考えを書くことの重要性に関して、理解してもらえたと思います。

しかし自分の考えをただただ書いていれば評価されるわけでもない。

 

例えば、「野球を通して、チームワークが重要だと思いました。」と自分の考えを書いても、ありきたりすぎて何も感動しません。

そもそもOpenESは読まれた時に「会いたい!」「仕事ができそうだ!」と思われることが重要なので、ありきたりなことを書いていてもそうは思ってもらえない。

 

だから僕は先程、「野球は始めたことで得た、他人を気遣うことの素晴らしさ、その先にある以心伝心した時の気持ち良さは何ものにも変えられないと思います」という表現を使いました。

 

「以心伝心した時の気持ちよさ」という表現。

聞いたことありますか?あまり聞かない言葉ですよね。

 

だからこそ、読んだ時に「以心伝心した時の気持ち良さってどんなものなんだ!」と気になってしまう。

これは僕が就活攻略論で提唱している『誘い』というテクニックであり、面接官の興味を惹くような「他人が言わないような表現」を使うことを指します。

» 【OpenES攻略④】学業・ゼミ・研究室などで取り組んだ内容は『誘い』が大切! - 就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

 

他人が使わないような表現や、自分の考えをじっくりと考え抜いてください!

それだけでOpenESの通過率が驚くほど向上しますからね!

 

OpenESを作成する際の注意点とは

 

5つのポイントを押さえれば、OpenESの通過率は格段に上がります。

最後に注意点がいくつかあるので、紹介してこの記事を終わりにしていきたいと思います!

 

注意点① 自己PRとガクチカの写真は絶対入れよう

 

途中で解説したとおり、自己PRと学生時代に最も打ち込んだこと(通称:ガクチカ)には説明のための写真を添付することができます。

 

この写真ですが、『添付しなくても良い』というもので、結構多くの就活生が貼付しないのですが、この就活攻略論を読む就活攻略生のみなさんは絶対に添付するようにしてください!!

 

理由は二つあります。

第一に、OpenESをパッと見た時の華やかさが圧倒的に違います。

ただでさえ文字ばかりの書類です。特に大企業になれば、大量のOpenESを読まなくてはならないので、見た時に文字ばかりの書類は敬遠してしまう。拒否反応を起こします。

 

しかし、写真が添付されているだけで視覚的に見やすい書類に変わります。

小説でも途中で写真やイラストが差し込まれていると読みやすいですよね!

ここでも相手の立場に立って考えることが大切なのです。

 

次に第二の理由ですが、僕はどんな写真を添付するかだけで他の就活生と差別化するテクニックを持っています。

そのテクニックは先程一度紹介した貼付すべき写真に関する記事に書いているので読んでください。

 

簡単に話すと、一瞬その写真を見た瞬間はどういう意味かわからないような写真を添付することで面接官の目を引き、説明文でその写真の解説をおこなって「おもしろい!」と思わせるテクニックです。(これだけの説明では難しいので記事を参照してね!)

 

写真を添付するだけで、これだけメリットがあるので絶対に添付しましょうね!!

 

注意点② 指定の文字数までギリギリいっぱい書くこと

 

次によく聞かれる質問なのですが、例えば指定の文字数が400文字とあった時に、「どのぐらい書けば良いですか?」と聞かれます。

 

回答としては、「400文字ギリギリまで書いてください。350〜400文字の間が目安ですね」といつも言っています。

 

理由は簡単で、他のOpenESと見比べた時に書いている量が少なければ、手抜き感を感じるし、伝えられる情報も少ないから。以上です。

 

お知らせ|20卒に向けてOpenESの無料添削支援計画中!

 

OpenESとは何か!わかってもらえたでしょうか!

(6000文字以上書いたので疲れました...。笑)

 

就活攻略論ではOpenES関連の記事にめちゃくちゃ力を入れていて、その理由は最初にも話しましたが、複数の企業に使い回すものだからです。

 

僕の友人で、OpenESを提出した30社すべてで書類落ちした人がいます。(僕と同じ偏差値50ぐらいの大学だったので、大学差別ということでもありません。)

 

その友人はあまりにも焦って、僕に相談してきました。

彼のOpenESは、まるでカラスが食い散らかした生ゴミのようにひどかった。

 

そこで一緒にスタバに駆け込み、内容を修正、すべて書き直したところ追加で提出した20社すべて書類通過し、そのうちの2社からは電話がきて「最終面接に来て欲しい」と言われたそうです。

 

この経験から、OpenESの重要性を肌で感じているので就活攻略論でも力を入れていますし、OpenESやESの添削なら日本にいる誰にも負けることはないと思っています!

 

そんな話をしていたところ、19卒の学生から300件以上「OpenESの添削をして欲しい!」との声をもらいましたが、さすがに労力がとんでもないことになるので、すべてお断りしていました。

 

しかしせっかくなので、20卒からは無料で添削支援をしていこうと思います。

受付などはすべてLINE@で行っていこうと考えているので、まだ登録していない方はぜひ登録してみてくださいね!

友達追加からすべて無料なので、↓をぽちって登録お願いします!

友だち追加

 

ではでは長い記事でしたが、最後まで読んでくれてありがとうございました! 

 

OpenESは一枚入魂!

それだけで就活が圧倒的に有利になる!

思考しろ、考え抜け、磨き続けろ!

手抜きは凡人就活生に任せようぜ。

 

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー 


【ぜひ他の記事も読んで、就活攻略力を上げようね!】
特におすすめの記事一覧はこちらから!