就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

就活が面倒だと思った時の解決策と思考法【必見】

20180401154528 alt=

どの就活サイトよりも『本質的な就活情報』のみを発信する就活専門ブログです。
※無価値な情報は一切公開しません。

運営者である就活マンは中堅私立大学から内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社しました。(その後1年で独立)

就活で他の就活生を圧倒できた理由は、経営学・経済学・心理学・文学などの書籍1000冊を元に就活に応用を効かせた「就活攻略法」を生み出したからです。

この知識が一人でも多くの就活生の成功に繋がることを心から願っています。
※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。

» 就活マンの自己紹介と「就活攻略論」が生まれた経緯はこちら!

----------------
★本日の就活攻略論お品書き

《本日の記事が解決する悩み》

・就活が面倒だと感じないようになりたい

・就活の面白さが知りたい

 「読むだけで就活を圧倒的有利にしよう。」

----------------

皆さん、こんにちは!世界イチ就活を楽しむ男でお馴染み、就活マンです。

f:id:shukatu-man:20190104201813p:plain

 

ほとんどの大学生が「就活は面倒だ!」と考えています。

まだ就活が始まっていない大学1年生や2年生に聞いても、「就活は絶対に嫌だ!辛そうだ」という意見しか聞きません。

 

しかし僕の場合は、就活が面白くて仕方ありませんでした。

そこでなぜ僕が就活を面倒だと思わず、面白い!楽しいと考えることができたのか、その思考法を紹介していこうと思います。

 

何事も面倒だと思っていると手が進まない。まずは就活をする意義や楽しさに触れていこう!

 

「就活が面倒だと考える人」と「面白いと考える人」の違い

 

まず最初に就活を面倒だと考える人がほとんどである一方、僕を含め就活が面白いと考える人もいます。

この差には何があるのかを簡単に考えてみました。

 

▼就活が面倒だと考える人の特徴

・就活は作業だと考えている。

・就活を終えた先輩から就活の辛い話ばかりを聞いている。

・就活のやり方が単調(就活本を読んだり大学の講義を受けるだけ) 

▼就活が面白いと考える人の特徴

・就活を通して成し遂げたいことがある。

・就活の独自のやり方を知っている。

・就活で人生が左右されることをポジティブにとらえている。

 

これ以外にも様々な差があると思います。

ですが、一番大きいのは「そもそも就活の何が面白いのか」を知っていることだと思うんですよね。

就活の面白さを知らずに、ただ先輩から辛いという話ばかりを聞いていれば、そりゃ就活はめんどくさすぎるものだと思って当然です。

よって次の章では、僕が考える就活の面白さを5つ紹介します。

 

就活は面倒ではなく面白いと言える5つの理由

 

ここからは就活の面白さを5つ紹介しますね。

今就活が面倒だと考えている人が、1人でも就活をポジティブに考えてくれることを祈って書いていきます!

 

①学力以外で差がつく舞台である

 

まず最初に僕が就活に力を入れるきっかけになった考えを紹介します。

大学に入学するまで、すべての試験は「学力」を判定基準として評価されてきました。

しかし、この就活だけは「学歴」だけでは評価されません。

 

もちろん東京大学の学生ならそれだけで優秀そうに見えます。

ですがそれだけでは評価されないのが就活の面白いところで、東大生こそ就活に余裕も持ちすぎてくだらない志望動機を書いたりします。

企業からするといくら東京大学の学生でも、志望動機が浅いと評価しません。

 

一方で偏差値の低い大学であっても、面接官が納得する志望動機を書けば評価されます。

これはほんの一例で、就活攻略論ではこうした評価されるための本質的なテクニックを紹介しています。

つまり「学力」以外にも大量の評価基準があるからこそ、就活は誰でも戦うことができるのです。

 

特に僕は私立の中堅大学だったので、塾に通って教育費を使いまくってきた学生を出しぬきたいという強い気持ちを持っていました。

この競争心はまさに就活の醍醐味だと僕は考えています。

 

もちろん高学歴の学生も、更に差をつけるよう努力して、同じ大学の他の人を出し抜く面白さがありますよ!

 

②情報格差を作ることができる

 

就活の面白い点としては「情報格差」を作ることができるという点もポイントです。

ちょっとわかりにくいので簡単に説明すると、他の就活生よりも質の高い情報さえ入手することができれば、圧倒的に効率よく差をつけることができます。

 

よく「地方の学生と東京の学生には情報格差がある」と言われますが、地方の学生でもネットでどんな情報にもアクセスすることができます。

 

もちろん東京の方が開催される就活イベントが多かったりと有利な点も多いですが、情報に関してはほとんどネットから取得する今の時代に、情報格差なんてありません。

むしろ地元で就職するなら、他の就活生が「情報格差があるから就活がうまくいかない」と言い訳をしている間に出し抜くことができますよね。

 

つまり就活は手に入れる情報の質を高めるだけで、簡単に「学歴」をひっくり返すことができるんですよ。

この就活攻略論では、時間を使って読んでくれている読者の皆さんのために、他の就活生に情報格差を付けられるレベルの情報を発信しようと一番に心がけています。

 

要するに就活は費やした「時間」がすべてではない。

手に入れる「情報の質」だけで差をつけられるという点が非常に面白いと僕は思っています。

 

③社会を知ることができる

 

僕が大学生の時を振り返ると、本当に社会のことを何も知らなかったなと思います。

 

今ではこうして就活に関するあらゆる知識を持っていると自負してるのですが、大学生の頃は「営業職ってなに?」「え、業界ってなに?」という状態でした。

そこでGoogleで「業界 とは」と調べて、ふむふむ自動車とか食品とか、扱っている商品で業界が分けられているんだな!と一つ一つ覚えていきましたね。

 

こうした経済知識を身につけていくことで、本当に社会を知るきっかけになったと今では思ってるんですよね。

大学生から社会人になるにあたって、経済知識などを知るきっかけとなったのが就活でした。

この知識は、これまで学校で習った「一生使わない知識」とは違って、必ず役に立ちます。ここに就活の面白さがあると思いますよ。

 

④友達を作ることができる

 

僕はかなり友達が少ないタイプです。というのも、深く狭い人間関係が好きだからなんですが、その中には就活中にできた友達がいます。

 

就活って意外と大学で仲の良い友達には相談しにくかったりします。

なぜならお互いにピリピリしてしまっていて、あまり就活の話はしないようにしようみたいな空気感になってしまうからです。

ですが、例えば会社説明会で出会った新しい人とは、良い意味でそこまで神経質にならずお互いの就活状況を話し合ったり、情報交換をすることができます。

 

大学の友達の良い話には嫉妬するけど、新しく出会った人には嫉妬しないという人は多いと思います!

そんなこんなで就活中に出会った人とは「戦友」のような気持ちを抱きますし、その後社会人になってからも継続的に付き合えることも多いので、就活は友達作りの場として結構おすすめなんですよね!

 

⑤10年後の自分の幸せに確実に繋がる

 

これまでの「受験」では、どこの高校、どこの大学に進学しようとも日々の幸せにはそこまで繋がらなかったと思います。

 

ですが入社する企業が自分に合うか合わないかというのは、入社後の日々の幸せに大きく関係します。

それは毎日幸せに出勤することになるか、または鬱になって自殺してしまうのか、それほどまでに差が開くのです。

 

もちろん最悪の事態にならないために、「転職」という手段が存在しますし、就活だけで人生は決まりません。

しかし多くの人が新卒で入社した会社で何年、何十年働くことになるので、就活での努力はすべて10年後の自分の幸せに貢献すると考えて間違いありません。

 

これほどまでに努力が将来の幸せに貢献する場面は、おそらく就活が初めてではないでしょうか。だからこそ努力が自分にすべて跳ね返るという面白さがあるのです。

 

就活を面倒だと思わないための解決策

f:id:shukatu-man:20190104203628p:plain
 

就活が面白い理由を5つ紹介してきましたが、「就活は面白い!」という思考になるための具体的な方法も紹介していこうと思います。

ポイントは「余裕を持つこと」と「次にやるべきことを把握していること」です!

 

解決策① 早期内定を獲得して余裕を作る

 

まず「就活が面白い」と感じるようになるためには「余裕」が必要不可欠です。

内定が全然出なくて困っている状況にあれば、どんな人でも就活が面白いとは感じれないですよね。

 

今振り返ると、僕が就活が楽しいと思えたのは5月までに内定を6社獲得していた圧倒的な余裕がありました。

具体的に早期内定を取る方法としては、「スカウト型イベント」または「選考会」への参加をおすすめしています。

これら早期内定を獲得するための具体的な方法に関しては、別記事で書いたのでぜひ参考にしてください!

» 20卒が早期内定を獲得する方法まとめ【早期内定はメリットだらけ】 

 

どんな強靭な心を持っている人でも、「余裕」がないと楽しいとは思えないよね。 

 

解決策② 就活のスケジュールを把握しておく

 

次に重要なことは、就活の全体的なスケジュールを把握しておくことです。

就活はどんな手順で行えばよいのか分からない、先が見えない状況にあると「いつ終わるのか分からなくて面倒だな」と感じてしまいます。

 

次にどんなことがあるのか、何をすべきなのかを把握しておけば動き方が分かり動きに余裕が生まれます。

就活全体のスケジュールと、動き方に関しては下記の記事にまとめたのでぜひ参考にしてくださいね! 

» 20卒の就活はいつから開始?|選考解禁日や始め方を徹底解説! 

 


本日の記事はいかがだったでしょうか。

僕が今まで出会った大学生の中で「就活は面白そうだ」と考える人はほとんどいませんでした。

しかし、就活攻略論で紹介する様々なやり方を通して「就活って面白いですね」と言ってくれる人にも多く出会ってきました。

 

世の中のすべては自分の考え方次第で面白いか、面白くないかが決まります。

どうせやるなら面白い方が良い。だからこそどこが面白いのか考えることが本当に大事な作業だと僕は思っています。

本記事を読んだ人が1人も就活が面白いと思ってもらえたら嬉しいなって思います。

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー