就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

【SPIで難しい漢字はこれ!】頻出の言語問題76問を一覧で!

20180401154528 alt=

どの就活サイトよりも『本質的な就活情報』のみを発信するメディアです。
※無価値な情報は一切公開しません。

運営者である就活マンは中堅私立大学から内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社しました。(その後1年で独立)

就活で他の就活生を圧倒できた理由は、経営学・経済学・心理学・文学などの書籍1000冊を元に就活に応用を効かせた「就活攻略法」を生み出したからです。

この知識が一人でも多くの就活生の成功に繋がることを心から願っています。
※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。

» 就活マンの自己紹介と「就活攻略論」が生まれた経緯はこちら!

----------------
★本日の就活攻略論お品書き

《本日の記事が解決する悩み》

・SPIに出てくる漢字が知りたい

・SPIの対策法・勉強法が知りたい

 「読むだけで就活を圧倒的有利にしよう。」

----------------

皆さん、こんにちは!あの時取得した「漢検3級」は何の意味があったんだろうと疑問を抱いていますでお馴染み、就活マンです。

f:id:shukatu-man:20190319214725p:plain

SPIについてですが、特に「漢字」が苦手なので対策法が知りたいです。

なるほど!SPIに関しては、基本的に問題集に取り組むのが一番だよ!でも「漢字問題」に特化して解説しようかな!

はい!お願いします。おすすめのSPIの勉強法なども合わせて教えてください。

了解!じゃあSPIで出題される漢字問題と勉強法を紹介するね!

 

就活の選考では「SPI」と呼ばれる能力テストがあります。 

SPIはリクルートが開発した適性検査でして、「能力」と「性格」の2つを判断するツールとして広く選考に使われていますね。

ちなみに余談ですが、「SPI Ⅰ」「SPI Ⅱ」「SPI Ⅲ」がありますが、これらはアップデートされて「Ⅰ→Ⅱ→Ⅲ」と変化しているだけなので、現在の主流である「SPI Ⅲ」の対策だけすればSPIについては問題ありません。

 

▼SPIに関する基礎理解はこちらの記事を参考に!

» 【SPI対策完全版】5ステップで「SPI対策」を完璧に理解しよう! 

 

本記事ではこのSPIテストの「能力テスト」、その中でも「漢字問題」に特化して解説します。漢字が不安だという人はぜひ参考にしてみてくださいね!

 

就活生が考えるSPIで難しい漢字はこれだ!

f:id:shukatu-man:20190319220038p:plain

 

この記事を書くきっかけになったのが、maさんのこちらのツイートです!

素晴らしいツイートだったのでリツイートしました。

 

20卒の子へ、、私的に難しいと思ったやつを厳選したSPI言語の単語集です、よかったら参考にしてほしい。シンプルに私が語彙力なさすぎてこんなの当たり前なのかもだけど、、

 

そしてこのツイートを元に記事を作成したいとお願いしたところ、ご快諾頂きました。

「本当に優しいなぁ」と思ったとともに、他の就活生を「敵」だと考えずに「仲間」だとして情報を共有するmaさんの姿勢に感銘しましたね。

 

▼ツイートを元に記事を書きたいとお願いしたところ快諾!

f:id:shukatu-man:20190319220734p:plain

 

 

そして、maさんがSPIの「漢字問題」の中で難しいと考えたのがこちらの漢字です。

たしかに難しい漢字ばかりですが、よく出題される漢字なので、「読み方」と「意味」を知っておきましょう。

 

【maさんが難しいと考えたSPIの漢字問題】

 

・甘受(かんじゅ)ー仕方がないと思い、受け入れること

・承服(しょうふく)ー納得した上で従うこと

・昵懇(じっこん)ー間柄が親しいこと

・悉皆(しっかい)ー残らず全て

・逡巡(しゅんじゅん)ー決意できなくてためらい迷うこと

・泰然(たいぜん)ー落ち着いていて物事に動じない様

・雄飛(ゆうひ)ー勢い盛んに活動すること

・健気(けなげ)ー心がけや態度がしっかりしている様

・機略(きりゃく)ーその時その場に応じたうまい考えや方法

・多寡(たか)ー多いことと少ないこと

・寡少(かしょう)ー非常に少ないこと

・杞憂(きゆう)ー無用な心配をすること

・已然(いぜん)ー既に起こっていること

・釈然(しゃくぜん)ー疑問が解けてすっきりしていること

・沿革(えんかく)ー物事の移り変わり

・変節(へんせつ)ーそれまでの主義や信念を変えること

・流転(るてん)ー絶えず移り変わること

・懐柔(かいじゅう)ー相手を巧みに操って自分の思う通りにすること

・傀儡(かいらい)ー影にいる人に操られ利用されている人

・邂逅(かいこう)ー偶然出会うこと

・達観(たっかん)ー物事の本質を見通すこと

・透徹(とうてつ)ー筋道が明確に通っていること

・銘記(めいき)ーしっかり心に刻み込み忘れないこと

・刻銘(こくめい)ー石碑に刻まれた文字

・更迭(こうてつ)ーある役職や地位についている人を替えること

・落伍(らくご)ー仲間から遅れてついていけなくなること

・煩瑣(はんさ)ーこまごまとしてわずらわしいこと

・呵責(かしゃく)ー厳しく責めること

 

こうして一覧で見ても、これまで1500冊以上の本を読んできた僕でさえ、半分以上読めないですね。なので一回見て読めなかったり、意味が分からない漢字ばかりでも落ち込まないでください。

正直これからの人生でSPIでしか利用しない漢字達ですので。

 

その他の「SPI頻出漢字問題」を覚えよう! 

f:id:shukatu-man:20190320154508p:plain

 

ではmaさんが難しいと感じた漢字以外の頻出漢字もここで合わせてチェックしましょう。

漢字はとにかく1日1回覚えて、それを3日ほど繰り返すと記憶に定着します。

よってこの記事も3日は見て覚えるようにしてみてくださいね。

 

【その他頻出のSPI漢字問題一覧】


・機知(きち)ーとっさに働く勘

・予見(よけん)ー事が起こる前にあらかじめ知ること

・腐心(ふしん)ー何かを成し遂げようと打ち込むこと

・消長(しょうちょう)ー物事が消えるか盛んになるかというなりゆき

・遺憾(いかん)ー期待したようにならずに心残りであること

・迎合(げいごう)ー自分の考えを相手や世の中の考えに合わせること

・寡聞(かぶん)ー見解が狭いこと

・高尚(こうしょう)ー学問・技芸・言行などのレベルが高く上品

・割愛(かつあい)ー惜しいと思いながら省略すること

・斯界(しかい)ーこの社会やこの道

・英断(えいだん)ー優れた判断のこと

・符号(ふごう)ー2つ以上の事柄がぴったりと合うこと

・吹聴(ふいちょう)ー言いふらすことや言い広めること

・鳥瞰(ちょうかん)ー全体を見渡すこと

・粉飾(ふんしょく)ー立派にみせかけること

・吐露(とろ)ー心の中を包み隠さずに打ち明けること

・漸進(ぜんしん)ーすこしずつ進歩すること

・漸次(ぜんじ)ー次第に、どんどん

・出色(しゅっしょく)ー他よりもきわだって優れていること

・獰悪(どうあく)ー凶悪なこと

・早晩(そうばん)ーいずれいつか

・汗顔(かんがん)ー恥じて顔に汗をかくこと

・至言(しげん)ー適切にあることを言い表したことば

・躍如(やくじょ)ー生き生きと現れるさま

・直言(ちょくげん)ー自分の信ずる所を遠慮なく言うこと

・逓減(ていげん)ーだんだん減ること

・慟哭(どうこく)ー声をあげて激しく泣くこと

・遁走(とんそう)ーにげること

・卑近(ひきん)ー身近でありふれていること

・毅然(きぜん)ー自分の信念を貫き物事の動じないこと

・義憤(ぎふん)ー不正なことに対して怒ること

・看破(かんぱ)ー真相を見破ること

・焦眉(しょうび)ー危険が迫っていること

・披瀝(ひれき)ー心の中の考えを包み隠さず打ち明けること

・闊達(かったつ)ー度量が大きいこと

・折半(せっぱん)ー半分に分けること

・打診(だしん)ー相手の意向を確かめるために様子を見ること

・肝要(かんよう)ー非常に大事、最も重要なこと

・折衷(せっちゅう)ー良いところを1つに合わせること

・委細(いさい)ー細かく詳しいこと

・憐憫(れんびん)ーふびんに思うこと、あわれむこと

・営々(えいえい)ーコツコツと努力するさま

・英気(えいき)ー優れた才能のこと

・督励(とくれい)ー監督して激励すること

・謬見(びゅうけん)ー間違った考えや見解

・拮抗(きっこう)ー力に優劣がなく張り合っていること

・陶冶(とうや)ー才能を作り上げること

・閨秀(けいしゅう)ー学問や芸術などに優れた女性

 

以上がSPI頻出漢字、全76問です。

普通に生きている人なら、おそらく10問ぐらいしか分からないと思います。

(漢検1級とか持っている人なら別ですが!w)

 

SPIの言語問題の勉強方法

 

いや〜。それにしても難しい漢字ばかりですね。

そうだよね。普段は絶対に使わない漢字だし、こんな言葉ばかり使っている人いたら逆に引いてしまうよねw

はいwこれらの漢字を1度見るだけでは覚えられないのですが、どうすれば良いでしょうか?

なるほど!じゃあ言語問題の勉強方法を解説しようか!

 

人間の記憶の定着は、「忘却曲線」を知っているとわかりやすいです。

この忘却曲線とは、下記の図のような曲線のことを示しています。

 

▼忘却曲線 (人は1日で74%を忘れてしまう)

f:id:shukatu-man:20190320164424p:plain

画像引用:エビングハウスの忘却曲線を利用した超効率的復習法 | 化学受験テクニック塾

 

 

つまり人間は1時間後に56%の情報を忘れます。

そして1日後には74%の情報を忘れるのです。

よって「自分は記憶力が悪いからなぁ...」と悩む必要はなく、それは人間の脳の特性なんですよね。SPIの言語問題をなかなか覚えられないのは当然のことなのです!

 

しかし人間の記憶は「復習」をすることで定着率が抜群に高まります。

これはなぜかというと「復習」をすることで、脳が「これは何度も脳内に入ってきた情報だから重要な情報なのか!定着させてやるぜー!」と判断し、長期記憶に変換するからなんですよね。

 

「りんご」を見た時にそれが「りんご」だと記憶しているのは、何度も何度も「りんご」という情報に触れるたびに、脳が「りんごは人生の中で重要」だと判断した結果だと言えるのです。

 

▼復習することで記憶の定着率が高まり長期記憶になる

f:id:shukatu-man:20190320164548p:plain

画像引用:エビングハウスの忘却曲線を利用した超効率的復習法 | 化学受験テクニック塾



よってSPI言語問題に関しては、「1週間に3回目を通す」ということを行いましょう。

先ほどの漢字一覧をスクショで撮ってもらって構わないので、1週間に3回軽く目を通す時間を作ってください。

ポイントは1日で完璧に覚えようとしないことです。カフェで優雅に目を通すだけで大丈夫なので、必ず「復習」をすることで長期記憶へと変換して、就活中は忘れない情報に格上げすることが重要ですよ!! 

 

なるほど!1日で完璧に覚えようとしても忘れてしまう。しかし、「復習」をすることで長期記憶となりずっと忘れない情報になるということですね!

まさにその通り!完璧主義者な人ほど、意外に記憶が弱かったりするのは、復習の重要性を認識せずに、1日でこなそうとしてしまうからなんだよ!

わかりました!では1週間に3回!この記事を読もうと思います。

うん!そうしてSPIの言語問題は確実に突破していこう!

  

本日の記事はいかがだったでしょうか!

SPIなんかで不採用になるのは本当にもったいないと思います。

こちらの記事で解説した76問については、下記のツイートにて画像を添付したので、ぜひこちらのツイート画像を保存し、何度も復習して長期記憶に変換していきましょう!

 

 

ではでは今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー