就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

【特別対談記事】20卒のために...サインキャリアデザイン研究所代表の篠原さんに「自己分析」について聞いてみました!!

20180401154528 alt=

「就活には攻略法がある。」
偏差値50の大学から、内定22社獲得・倍率800倍の大手食品企業に入社できた理由は、その攻略法を実践したからです。

たとえ東大生であっても、就活に関する情報は「就活本」や「就活サイト」といったありきたりな情報を調べるだけ。
学歴なんて、就活市場においては“数ある評価軸の小さな1つ”に過ぎないことを理解していないのです。

そんな凡人就活生を出し抜く攻略法こそ、
この『就活攻略論』です。

就活攻略論は、就活本だけでなく経営学・経済学・哲学・心理学など、あらゆる学問の書籍1000冊からそのエッセンスを抽出し、就活の攻略法に変換した独自の就活法です。

※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。

f:id:shukatu-man:20180921185100j:plain

 

本日は特別編ということで、対談記事となります。

皆さんは、サインキャリアデザイン研究所代表の篠原さんをご存知でしょうか!

ツイッターにて就活関連の情報を発信されており、ご自身でもキャリア関連のブログを発信されている方です。

僕も前々から篠原さんのことをツイッターにてフォローさせて頂いていました。

 

 

図解を用いた就活の説明がわかりやすいぜ!! 

いつか篠原さんにお話をお伺いしたいなと思っていて、

今回ツイッターにてオファーさせて頂いたところ快く承諾していただき、話を聞けることになりました。(嬉しい...!) 

 

今回篠原さんに聞いたのは「自己分析」についてです!

この時期は20卒の皆さんも、就活を始めなきゃ!と漠然と動いている頃だと思いますので、ぜひ篠原さんのアドバイスを元に自己分析をおこない、就活のスタートダッシュを駆け出してみてください!!

 

ではでは早速、篠原さんのご回答を見ていきましょうか!どうぞっ!! 

 

自己分析の目的と始め方

 

ーそもそも自己分析の目的とは何とお考えですか。

 

篠原さん:基本的には2つの目的があると考えています。一つが自分にとっての進路を定めること、もう一つはその進路に立つための選考に強くなること。後者は特に自分のことを言語化して自信を持って伝えられるようになることを指します。

 

ー自己分析ってどこから始めたらいいんでしょうか。

 

篠原さん:頭のなかでただじっくり考えるよりも、知って気付くということが大切だと思います。例えば企業探しも例年「食わず嫌い」ならぬ「知らず嫌い」が目立ちます。

 

ーイメージだけで企業を判断しているってことですか。

 

篠原さん:そうです、現時点で知っているなかだけでイメージしても、きっと志望企業は世間によく知られた有名企業ばかりになると思います。

多くを知り、知った中で心がどう動くかということを大切にしてほしいと思います。

 

ー最初のステップは「企業を知ること」ということですね。次に自己分析はどうやればいいでしょうか。

 

篠原さん:はい。まずは選択肢を多くを知るために、過剰な絞り込みをせずに多くの業界について一度以上は調べてほしいと思います。

また自分のことについては、面接やESでの頻出質問を手に入れ、それを答えていくことで自己分析はおのずと進んでいくと思います。なぜなら面接やESでの質問こそ自己分析の成果を問うものだからです。

 

ーなるほど、頻出質問に答えて分析の成果確認ですか。他己分析ってした方がいいんですか?

 

篠原さん:他己分析は必ずと言っていいくらいに勧めたいところです。就職に必要なのはアウトプットの能力であり、自分が外に向けて発揮している力を認知しているのは自分ではなく周りの人だからです。

そのためにもメンバー同士のふり返りが行われるような就職活動関連のグループワーク型のセミナーには積極的に参加していくことをお勧めします。勇気を振り絞って、家族にダイレクトに聞くことも効果ありです。

 

「周囲に貢献できる力」を企業は求めている

 

ー自己分析から自己PRを作るときに意識すべき点はありますか。

 

篠原さん:他己分析にも関連しますが、企業が期待しているのはアウトプットし、周囲に貢献できる力です。自己分析していく中で、周囲に貢献できた経験を振り返っていくと自己PRのヒントが見つかると思います。

 

ー周囲に貢献できた経験から自己PRを作るですね。志望動機を作るときに意識すべきことは。 

 

篠原さん:志望動機で大切なのはどこに興味を持ったのか?ではなくなぜ興味を持ったのか?という自分側の経緯だといえます。

そこに必要なのは自分の経験談や事例だといえます。なぜ興味を持ったのかを見出せるように、自分の経験を様々な視点から振り返っておくこともまた志望動機に役立つといえます。

 

ー自己分析をしながら企業選びの軸は決まるのでしょうか。

 

篠原さん:個人的には自己分析から企業選びにつなげるというよりも、多くの企業を知ったうえで自然と興味、関心を持つことが大切だと思います。その興味・関心を持った根拠を考えるうえでしっかり自己分析しておきたいところです。

  

この企業が本当に合っているのか悩んだら“体験をして自分自身で納得すべし”

 

ー本当に自分にあう企業か知るためにどうすればいいでしょうか。

 

篠原さん:未知で知らないものを自分の考えだけで納得させることは無理だと思います。業界に対して悩みが生じたら、いろいろと客観的な情報を調べたり該当業界の人との接触機会を持ち、直接聞いてみることが大切だと思います。

それは職に就いてもさらに大切で、現場で働く人に実際にいろいろと聞いてみたり、インターンシップなどで自ら仕事体験をして自分自身で知って納得することが大切だと思います。

 

ー「納得するまでその企業を知る」 ということですね。自分の忘れたい経験、嫌な経験も思い出すべきでしょうか。

 

篠原さん:そんな経験をプラスに置き換えることだと思います。だから良かったんだ。この経験を今後の自分の役に立てようというプラスに変えていくことだと思います。

 

オススメの自己分析本

 

ー最後に自己分析におすすめの本があれば教えてください。

 

篠原さん:稲盛和夫氏の「働き方」ほか、氏の著書をお勧めします!

 

ー今回は自己分析についてご回答いただき、ありがとうございました!

 

 

【今回のお相手】

篠原 功治

サインキャリアデザイン研究所代表

1992年、大学卒業後、株式会社日本ブレーンセンター(現エン・ジャパン株式会社)入社、新卒採用も担当。2009年に独立、サインキャリア研究所を立ち上げる。就職支援活動を通じ、学生の自発的な気付きと学びの促進をサポートする活動をしている。研究所では実習型、講演型、オーダーメイト型の就職支援プログラムを実施。約80校以上の大学で正規授業、講演を行なっている。

また『Sign~就活の道しるべ~』という就職応援ブログを運営して多方面から就活生の支援を行なっている。今現在2019卒、2020卒を中心に就職活動を支援。

◯サインキャリアデザイン研究所 【キャリアカウンセリングの考え方を通じた、学校・職業支援機関での就職支援・個別カウンセリング】

http://sign-career.jp/index.html

◯Sign~就活の道しるべ~ 【就職応援ブログ】

https://blogs.yahoo.co.jp/ks690630o

 

 

今後『就活攻略論』では、様々な方に就活対談を行っていきます!

ぜひ楽しみにしていてくださいね。

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー