就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

自己分析の簡単なやり方【3つのステップで完了します!】

20180401154528 alt=

どの就活サイトよりも『本質的な就活情報』のみを発信する就活専門ブログです。
※無価値な情報は一切公開しません。

運営者である就活マンは中堅私立大学から内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社しました。(その後1年で独立)

就活で他の就活生を圧倒できた理由は、経営学・経済学・心理学・文学などの書籍1000冊を元に就活に応用を効かせた「就活攻略法」を生み出したからです。

この知識が一人でも多くの就活生の成功に繋がることを心から願っています。
※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。

» 就活マンの自己紹介と「就活攻略論」が生まれた経緯はこちら!

こちらの記事は「就活生向け」です。

転職者向けの自己分析法」も別記事にて用意しておりますので、転職希望者はそちらをご覧ください。

» 転職者向けの自己分析法はこちら

----------------
★本日の就活フルコースお品書き

《本フルコースが解決する悩み》

・自己分析を簡単に終わらせたい

・簡単に終わらせたいけど、しっかりと意味のある自己分析がしたい

 「読むだけで就活を圧倒的有利にする快感。ぜひご堪能くださいませ。」

----------------

皆さん、こんにちは!大学時代に「オシャレだね」と言われたいがためにH&Mでバイトしていましたでお馴染み、就活マンです。

f:id:shukatu-man:20190918143212p:plain

本日の記事を読むだけで、3ステップで自己分析は完了します。

この記事の信憑性に関して少し話すと、僕は偏差値50ほどの中堅大学から大手食品メーカーに入社しました。

世の中のほとんどの就活メディアは、ライターを寄せ集めて書いていますが、この「就活攻略論」は全350記事を、僕が一人で執筆しています。

 

そんな就活オタクな僕が「とにかく自己分析を簡単に終わらせたい!」という皆さんのために、簡単な自己分析法を紹介します。

 

自己分析にそこまで時間をかけたくないので、簡単にできるよう、自己分析のポイントだけ教えてもらえると助かります!

わかったよ!自己分析を最速で終える方法を紹介するね。 

まずは自己分析の目的を把握しよう

f:id:shukatu-man:20190918143833p:plain

 

自己分析がうまくできている人、できていない人。

その差は一体何なのでしょうか?

 

僕が考えるに、それは「自己分析の目的を把握しているかどうか」です。

 

何事も、それに取り組む目的を把握していないと「とりあえずやれば良いか」と“やること自体”が目的化してしまうんですよね。

就活において、目的のない行動は全く意味がありません。

 

よって、まずは「なぜ自己分析をすべきなのか?」という自己分析の目的を把握しましょう。

 

自己分析の目的とは?

 

僕はこの就活攻略論で、10以上の自己分析の記事を書いています。

実際に「自己分析」とググってもらえば、上位に僕の書いた記事が出てきます。

 

そんな自己分析を追求した僕だからこそ、「就活における自己分析の目的」を以下の2つだと定義することができました。

 

【就活における自己分析の目的】

・企業選びの軸を作成すること

・面接官に自分のことを伝えられるようになること

 

シンプルにこの2つです。

まず、自己分析をすることによって「自分はどんな会社に入りたいのか?」という企業選びの軸を作成することを目的とします。

 

これができていないと、マイナビやリクナビで適当に企業をポチポチ選ぶことになります。「なんとなく良さそう〜」と企業選びが雑になりますね。

軸がないんだから、そうなってしまうのは仕方ない!

 

次に自己分析を通して「自分は◯◯な人間だ!」と自己理解を深めること、その上でそれを面接官に伝えることを目的とします。

エントリーシートを書くたびに、「どんなことをアピールしよう?」と悩んでしまうのは、自己分析ができていない証拠ですね。

 

自己理解が深ければ深いほどに、面接でも質問された時の回答速度があがります。

 

まずは自己分析によって、この2つの目的を達成するということを理解しておいてくださいね!

 

たしかに企業選びの軸を作成することと、自己理解を深めて面接官に自分のことを伝えるのは、就活の基盤になりますね。

そうなんだよ!だから、自己分析は就活で必須の項目なんだよ! 

自己分析の簡単なやり方

 

自己分析の目的を把握できましたね。

それでは、いよいよ具体的な自己分析法について解説します!

 

今回はわかりやすいように、3ステップで自己分析できるようにしました

以下の3ステップで解説していくので、一緒に取り組んでいきましょう!

 

▼自己分析の簡単なやり方3ステップの概要
f:id:shukatu-man:20190918143739p:plain

 

ステップ① 「好き」と「嫌い」をアウトプットする

 

まず企業選びの軸を設定する上でも、自分を面接官にアピールする上でも重要なことが、自分の「好き」と「嫌い」を明確化することです。

 

入社後にすぐに退職するような人は「どんな仕事が好きなのか?」とか「どんな人が嫌いなのか?」を把握していなかった人が多いです。

 

アルバイトをイメージしてください。

僕の場合は「暇な時間が嫌い」という自分の「嫌い」という感情を理解しないままに、繁盛していない飲食店でバイトを始めた結果、すぐに辞めることになりました。

 

その後、新しくオープンしたアパレルショップでバイトをしたら、暇な時間がなくて忙しく、それが良くて長続きしたんですよね!

 

f:id:shukatu-man:20190918150021p:plain

 

 

「好き」と「嫌い」を理解することの重要性をもう少し説明します。

下の図を見てください。

これは3年以内に離職した人の「仕事を辞めた理由」をまとめた図です。

 

f:id:shukatu-man:20180816202729p:plain

引用:中小企業庁委託「中小企業・小規模事業者の人材確保と育成に関する調査」(2014年12月、(株)野村総合研究所)

 

この図を見て分かる通り、3年以内に離職している人の多くが「人間関係」と「仕事内容への不満」が原因で仕事をやめていますよね。

 

つまり、

・人間関係(=どんな人が嫌いなのか明確にしていなかった)

・仕事内容への不満(=どんな仕事が好きなのか明確にしていなかった)

ということです。

 

そもそも自分がどんな人と相性が良いのか分かっていれば、面接などの逆質問で「自分は◯◯な正確なので、◯◯な性格の人と合うのですが、御社で働かれている人の性格の特徴はどうでしょうか?」と質問できますよね。

この質問を通した上で、お互いが「合っているね」と納得できれば、入社後のギャップは確実に減る。

 

自分にとっての「好き」と「嫌い」を明確化しないまま、適当に企業を選んでいるから、3年後の離職率が30%以上という数字になってしまうのです!

 

好きと嫌いを明確化することの重要性はよく分かりました!では具体的に何をすればよいでしょうか?

「好き」と「嫌い」をそれぞれ最低10個ずつ箇条書きすることから始めよう!

そして、それに加えて「なぜ?」を問いかけて、理由をあわせて書いて欲しい。

 

とにかく自分を理解するためには、紙に書き出す作業が必要です。

「好き」と「嫌い」をとにかく書き出してみてください。

 

実際にやってみると、このようになりますね!

 

【好き】

・読書(成長を感じるから)
・筋トレ(成長を感じるから)
・焼肉(おいしいから)
・仲良い先輩と話すこと(高め合えるから)
・映画(思考力と想像力を鍛えることができるから)
・恋愛(大切な人を大事にすることが自分の幸せに繋がるから)
・ニュースアプリを読むこと(情報収集によってインプットが増えるから)
・睡眠(気持ちいいから)
・スタバ(集中力が高い状態で作業できるから)
・iphone(どんな情報もこれ一つでアクセスできるから)

 

【嫌い】

・暇な時間(せっかちだからムズムズする)
・愚痴を聞くこと(無意味だから)
・馴れ合い(つまらない人と関わるのが時間がもったいない)
・インスタグラム(他人の0.1%の幸せな時間なんてどうでもよい)
・集団行動(一人で行動する方が楽)
・テレビ(つまらないニュースをいつまでもやっていて腹が立つから)
・グリーンピース(口がぱさぱさになるから)
・たばこ(臭いし健康に悪いから)
・口調がきつい人(きつく言うのは馬鹿な証拠だから)
・喧嘩(うるさいから)

 

やってみると分かるのですが、まぁ大変!

「好き」と「嫌い」は普段の生活の中では、“感覚的に把握している”だけで言語化することはしませんよね。だから難しい。

 

しかし、言語化するのが難しいからこそ、一度言語化することで自分の特徴を知る大きな手がかりになります!

大変ですが、この作業に時間をたっぷりかけてください。

 

ステップ② 企業選びの軸を明確化する

 

次のステップは、企業選びの軸を明確化する作業です。

自己分析の1つ目の目的でしたね!

  

具体的に「企業選びの軸」としてはどんな軸があるのか?

以下に一覧化してみました。

 

【企業選びの軸】

・仕事内容

(営業・研究・事務・工場・企画・総務などどれに合うのか?)

 

・残業時間

(自分の時間はどれぐらい必要なのか?)

 

・安定かスキルアップか ≒ 企業規模

(一社のみでずっと働きたいか、転職ありきで様々なスキルを身につけたいか?)

 

・給料

(気にするか、そこまで気にしないか?)

 

・一緒に働く人

(どんな性格の人と相性が良いか?)

 

企業を選ぶ際には、これらの軸の中で「どれが自分にとって重要なのか?」という優先順を付けることが重要になります。

 

では具体的にどのように優先順位をつけていくのか?

先ほど書き出した「好きと嫌いリスト」を使います!

 

どう使っていくのか説明しますね!

まず企業の選択軸の一つ目にある「職種」に関して。

この職種とは、営業職や工場職、研究職や事務職のことを指します。

 

僕が挙げた「好き」の一覧とその理由を見ていくと、僕にとって「成長すること」が非常に重要だと分かりますよね。

すると工場職のように、単純作業を繰り返すような仕事は合いません。

となると、例えば営業職で、将来的には企画職や経営への成長ができるような職種が良いなと結論付けることができます。

 

この1つの結論によって、企業選びの軸が1つできたことになります。

だって、職種が決まることって、就活においてめちゃくちゃ重要ですからね。

 

このようにして、次は「残業時間」について考えていきます。

僕の場合は、無意味な時間が大嫌いなので、もし「無意味に残業させられるような企業は絶対に無理」です。

そしてこの「無意味に残業させられるような企業は絶対に無理」というのも、一つの企業選びの軸になりますね。

(これを確認するには、OB訪問をして実際に働いている人に話を聞く必要があります。OB訪問は最終面接間近か内定獲得後で良いでしょう。落ちてしまっては無意味なので。)

 

このように自分の好きと嫌いが明確化できていれば、自然と企業選びの軸を作成することができるようになります!

逆に言うと、企業選びの軸がない人は、自分の好きと嫌いがよく分かっていないということですね。

 

【補足】企業選びの軸を最速で作成する裏技 

 

「自分の好きと嫌いを明確化して、そこから企業選びの軸を作成する」

書いてしまうと簡単ですが、この作業が意外にも難しい。

 

この記事を読んでいる方は、「とにかく簡単に自己分析を終わらせたい!」という願望があると思うので、ここに時間をかけられない人も多いかと思います。

 

そこで、企業選びの軸を作成するのに役立つツールを紹介しておきます。

それが企業が無料で提供している「適性検査」を利用することです。

 

【適性検査とは?】

いくつかの質問に回答することで、自分の性格や価値観だけでなく、「どんな職種に合うのか」などを判定してくれるツールのこと。

 

どの自己分析の記事でも、この適性検査の受験をおすすめしています。

それだけ強力なツールなので、就活生は必ず利用すべきです。

 

特におすすめの適性検査ツールは「キミスカ」というスカウト型求人サイトが提供しているサービスですね。

これまで10以上の適性検査ツールを使用しましたが、これが一番使いやすく、精度が高かったです!

 

【適性検査を受ける】» キミスカ公式サイト(完全無料で利用できます)

 

15分ほどのテストを受けることで、以下のようなデータが得られます。

特に「職務適性」は企業選びの軸を作成する際に、非常に参考になるんですよね。

 

▼キミスカの適性検査で得られるデータ 

f:id:shukatu-man:20181212001244p:plain

f:id:shukatu-man:20181212001239p:plain

 

ちなみに、これは僕が受けて取得したデータです。

 

「フットワークの軽さを必要とする職務」と「過去に事例にない新しい職務(新規性)」が高い数値として出ました。

このデータを元に、「営業職かつ新規事業部署への配属希望」という軸を見出すことができ、実際に大手食品企業ではそのとおりの配属となったんですよね。

(それだけキミスカの適性検査の精度が高いということです。)

 

このキミスカの適性検査の受験方法を簡単に説明しておきます! 

 

①下記からキミスカさんへ訪問し、無料会員登録!(15秒ぐらいで終わります)

» キミスカ|1社の就活選考で複数社からスカウト

サイト訪問後「新規会員登録」をクリック

f:id:shukatu-man:20181212001455p:plain

メールアドレス・パスワード・卒業年度だけで登録完了

f:id:shukatu-man:20181212001451p:plain

②マイページへ移動し、サイドバーの『適性検査』を受験!

f:id:shukatu-man:20181212001446p:plain

③マイページの受験結果から適性検査の結果が見れる

(一覧は印刷して「客観的データ」として見ながら、実際に自己分析の手順へと入っていきましょう。)

f:id:shukatu-man:20181212001442p:plain

キミスカはこちらから

  

「客観的なデータ」を取得することで企業選びの軸の作成に役立てることができれば、次はいよいよ最後のステップへと入ります!

 

ステップ③ 自分の魅力を伝える練習をする

 

いよいよ最後のステップに入ります!

2つ目の自己分析のゴールである「面接官に自分を伝えるようになる」を達成するための作業ですね。

 

まず最初に覚えて欲しいことがあります。

企業があなたに内定を出すのは、あなたが自社で利益を出す人間だと判断したから。

基本的なことですが、めちゃくちゃ重要!

 

つまり、受ける企業に対して「自分は使える人間だぜ!」と伝われば内定は取れるのです。

そのために「好き」と「嫌い」で出した項目から、自分が企業でどう使えるのかを考えてみて5分間のプレゼンを作ってみてください!

 

ポイントは、自分が面接官だったら採用したくなるな!と思えるようにアピールすることです。

 

実際に少しやってみますね! 

「私は、成長が大好きな人間です。なぜなら、好きなことと聞かれて答えることが「読書」「筋トレ」「映画」「ニュースアプリを読むこと」と自分の成長に繋がることばかりだからです!更には映画が好きな理由は、ただ娯楽としてではなく、そこから想像力を広げる材料になると思っているからなんですよ!?すごくないですか?笑

また成長するために、環境を整えることも得意なんです。私はスタバで過ごす時間が好きで、スタバで短時間に集中して作業することで効率化を求めています。・・・・」

 

こんな要領で、「好き」として挙げたことや「嫌い」で挙げたことを用いて自分をアピールしてみる。

この練習をしておくことで、エントリーシートや面接で“理由と併せて”答える習慣ができます。

 

この“理由と併せて”というのがポイントで、多くの人は単なるアピールばかりをします。

しかし「好き」や「嫌い」という具体例を用いることで、それが根拠になりますよね。

 

ただ単に「成長することが好きです!」と答えるよりも、

「好きなことが「読書」「筋トレ」「映画」「ニュースアプリを読むこと」と自分の成長に繋がることばかりなので、成長することが好きです!」と答える方が説得力が増しますからね。

 

ここまでの解説にて、簡単な自己分析法は終了です!

「自分の好きと嫌い」という材料を使って、企業選びの軸の作成と、面接官に自分について伝えることを可能にする手法を紹介しました。

 

 

自己分析が終了したら、次にすべきことは「企業探し」です。

別記事にて、企業探しの方法をまとめているので、そちらに進んで就活を進めていきましょうね!

 

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー