就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

自己分析の意味とは?【就活での必要性と目的について】

20180401154528 alt=

どの就活サイトよりも『本質的な就活情報』のみを発信する就活専門ブログです。
※無価値な情報は一切公開しません。

運営者である就活マンは中堅私立大学から内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社しました。(その後1年で独立)

就活で他の就活生を圧倒できた理由は、経営学・経済学・心理学・文学などの書籍1000冊を元に就活に応用を効かせた「就活攻略法」を生み出したからです。

この知識が一人でも多くの就活生の成功に繋がることを心から願っています。
※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。

» 就活マンの自己紹介と「就活攻略論」が生まれた経緯はこちら!

----------------
★本日の就活攻略論お品書き

《本日の記事が解決する悩み》

・自己分析とは何か知りたい

・自己分析の就活での必要性とする目的が知りたい

 「読むだけで就活を圧倒的有利にしよう。」

----------------

皆さん、こんにちは!毎日記事を書きながら孤独に自己分析を繰り返していますでお馴染み、就活マンです。

f:id:shukatu-man:20190107231325p:plain

「自己分析」って言葉、分かるようで分かりにくいですよね!

就活を始めるとまずは就活を始めなさいと言われます。

しかし具体的にどうすれば良いのか、そしてどんな目的を持ってやれば良いのかを理解している人はほとんどいません。

 

そこで本記事では自己分析の意味と、その目的と必要性について深掘りしたいと思います。

 

就活において自己分析は必須!だけどその必要性がわからないままやっても無意味だよ!

 

自己分析の「意味」とは?

 

ではまずは自己分析の意味を説明しますね。

多くのサイトでは「自己分析は自分のことを探求する作業」と定義しています。

 

たしかに自分のことを理解するために、自分のことを探求する作業には間違いありません。

しかしそもそも「自分のことを探求する」ってかなり抽象的な表現ですよね。

自分が自分のことを一番よく知っているだろうし、それを探求すると言われても意味が分からない...。

 

僕も就活生の頃はそう思っていました。

そこで就活攻略論では自己分析を明確に定義しています!

 

自己分析とは、過去の出来事に対して自分の考えをアウトプットすること。

 

自己分析は過去の出来事から、自分の考えをアウトプットすることなんですよね。

これはどういう意味かと言うと、そもそも「過去の出来事」ってそれがなぜ起こったのかは自分が選択したからですよね。

 

「人生は選択の繰り返しである」

という言葉もある通り、例えば「昨日コンビニに行った」という過去の出来事さえも、それは「コンビニに行こう」と考えた自分の選択があったわけです。

そしてここで「なぜコンビニにしたのか?」と考えることができます。

だって別にスーパーでも良いだろうし、アマゾンでも買い物はできますよね。

 

「スーパーにいってお金を少し節約よりも、コンビニで早く買えるという時間を優先したから」という答えが出せたのなら、そこからこんな自分の考えをアウトプットできますよね。

少しのお金よりも時間を大切にする。

 

するとタイムセールに死に物狂いで朝から並んでいる主婦をみて、「時間がもったいないのに...」と思っているかもしれません。

このように過去の出来事から自分の考えを知ることができます。自分の価値観が見えてきますよね。

 

これをそのまま就活に応用すると、

自分はお金よりも時間を大切にする人間

だから

年収よりも残業時間の少なさを最優先しよう

という、企業選びの軸が一つ完成するのです。

これこそが、就活における自己分析の定義だと僕は考えています。 

 

「過去の出来事」は自分の考えや価値観が元になって生じているってことか!

 

自己分析の「目的」と「作業量」を理解しよう

f:id:shukatu-man:20190107235308p:plain
 

自己分析とは過去の出来事から自分の考えをアウトプットすることだと理解できましたね。

ここで注意があります。

ほとんどの就活生は「自己分析をしなさい」と指示されたら、すぐに自己分析の方法を調べて作業に取り掛かります。

しかし、それはゴールの場所がわからないまま走り出したマラソンのようなものです。

 

それでは走っている途中で、「あれ?これってどこまで走り続ければ良いの?」と戸惑ってしまいますよね。

そこで自己分析を始める前に次の2つを理解することが重要です!

・自己分析をする目的とは何かを知る(ゴールの方向)

・自己分析はどのぐらいすれば良いのか知る(ゴールまでの距離)

 

自己分析の目的とは?

 

まず自己分析の目的ですが、明確に2つの目的があります。

【自己分析の目的】

・企業選びを可能にすること(企業選びの軸を作る)

・面接官に自分のことを伝えられるようになること

この2つです。

そしてそもそも就活というものは、自分に合った企業を選んでその企業からの内定を獲得するために面接官に自分を売り込むことですよね。

つまり自己分析さえしっかりできていれば、就活の半分は終わったようなものなんですよね。

家で例えるなら、まさに自己分析は「骨組みを作る作業」なのです。

f:id:shukatu-man:20190108000331p:plain

 

就活の序盤で、「企業選びの軸」と「面接官へ自分のことを伝えるための自分の価値観や考えの理解」ができていれば、本当にスムーズに就活を進めることができます。

反対に自己分析による骨組み作りができていないと、企業を選ぶ基準がガタガタになり、「あ、やっぱりこの企業じゃないな」という家の建て直しを延々と繰り返すことになってしまいます。

 

自己分析はどのぐらいすれば良いのか? 

 

基本的に自己分析は就活が終わるまでずっと続けてください。

なぜなら自己分析の目的である「企業選びの軸」や「面接官に伝える自分のこと」は、自己分析をやればやるほどに、その精度が上がってくるからです!

 

要するに自己分析は「はい!自己分析はここまでで終了!」とするのではなく、他の作業と同時並行でずっとやり続けて、その精度を高め続ける必要があるのです!

 

多くの就活生は、SPIなどの筆記テストの勉強や自己分析、企業選びをうまく同時並行しようとしません。

まずは「SPIだけやろう!」みたいな感じでやることを絞ってしまいます。

しかし就活で大事なことは同時並行なのです。

 

自己分析はやればやるほど就活の成功率が高まっていくから、ずっとやり続けること!

 

自己分析の「具体的な方法」を解説

f:id:shukatu-man:20190108001653p:plain

 

では自己分析の「意味」と「目的」を把握したら、いよいよ具体的なやり方に入っていきます。

この就活攻略論では、自己分析を8ステップで終了する方法を紹介しています。

非常に大ボリュームの記事になっているので、詳しくはそちらの記事を参考にして、実際の自己分析を進めてくださいね!

 

▼自己分析のやり方については詳しくはこちらの記事で解説!
» 【自己分析の方法は8ステップ!】絶対評価されるおすすめのやり方!

 

自己分析の「必要性」を語ります!

 

ではこの記事の最後に、自己分析の必要性について僕なりの考えを書いていきたいと思います。

この就活攻略論では自己分析に関する記事に、非常に力を入れています。

それはなぜか、自己分析は実は就活だけでは終わらないからです。

 

まず僕が考える就活の成功とは「10年後の自分が幸せかどうか」です。

よって新卒で入社した企業が自分に合わなくても、まだ就活で失敗したとは言えません。その失敗を元に、自分にはどんな企業が合うのかをもう一度考えた上で転職し、10年後幸せに過ごしているのなら、就活は成功だと言えると僕は思っています。

 

だからこそ就活生のうちに自己分析の方法をマスターし、社会人になってからも「もっと自分に合う企業はあるのか?」「どんな生き方が幸せなのか?」そういったことを考えて欲しいと思っています。

 

更には自己分析が影響を与えるのは「会社」だけではありません。

「恋愛」にも影響を与えます。更には「趣味」や「友人関係」などのプライベートにも影響を与えます。

 

例を出しましょう。

僕が就活生の時、明確に「自分は自分の家庭だけでなく、親戚すべてを幸せにしたい」という自分の価値観を見つけました。

しかし入社したのは、大手食品企業です。

このままでは自分の家庭だけは幸せにできるかもしれませんが、年収が1000万あろうが親戚含めて幸せにすることはできない。

その状況に絶望したのです。その結果として今は独立しました。

 

もちろんまだそんな状況にはなっていない。

しかしそれを夢見て毎日を生きることができる今に満足しています。

 

これが自己分析の力です。

10年後の自分の幸せを考えること、それが自己分析なのかもしれません。

 

だから皆さん、自己分析を作業として終わらせないでください。

自分の幸せを考える本当に素敵なことですから。

 

皆さんの自己分析の先に、素敵な10年後の幸せがあることを心から願っています。

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー