就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

企業選びで重視すべき5つの軸!【究極の企業選び方法①】

20180401154528 alt=

「就活には攻略法がある。」
偏差値50の大学から、内定22社獲得・倍率800倍の大手食品企業に入社できた理由は、その攻略法を実践したからです。

たとえ東大生であっても、就活に関する情報は「就活本」や「就活サイト」といったありきたりな情報を調べるだけ。
学歴なんて、就活市場においては“数ある評価軸の小さな1つ”に過ぎないことを理解していないのです。

そんな凡人就活生を出し抜く攻略法こそ、
この『就活攻略論』です。

就活攻略論は、就活本だけでなく経営学・経済学・哲学・心理学など、あらゆる学問の書籍1000冊からそのエッセンスを抽出し、就活の攻略法に変換した独自の就活法です。

※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。

----------------
★本日の就活フルコースお品書き

《本フルコースが解決する悩み》

・企業選びの方法が知りたい

・自分に合う企業はどのように見つければ良いのか知りたい

 「読むだけで就活を圧倒的有利にする快感。ぜひご堪能くださいませ。」

----------------

皆さん、こんにちは!就活生の時に企業選びに関する知識が浅かったことを後悔していますでお馴染み、就活マンです。 

f:id:shukatu-man:20181108114805p:plain

本日から【究極の企業選び方法】という特集を連載します!!

就活はそもそも自分に合った企業一社から内定を取れれば、終わりです。

反対に、たとえ100社から内定を取ったとしても結局入社した企業が自分に合わなかったら全くの無意味なんですよね!

 

実際に僕は内定を22社獲得しました。

しかし入社した食品企業は僕には合わなかった。

その結果、入社一年で退職したのです。

 

f:id:shukatu-man:20181103092725p:plain

 

つまりは、就活で最も重要なことは「企業選び」なんですよね。

しかしこの企業選びこそが一番難しい。

なぜなら「これをやれば良い!」という正解がないからです。

 

面接対策やESの書き方に関しては、一律にこれをやれば良いというものがあります。

しかし企業選びに関しての正解は一人一人異なります。

 

だからこそ、この就活攻略論にて連載記事として、企業選びをサポートしていきたいと思います。

就活攻略論を運営して3年。ようやく企業選びの必勝パターンんが見えてきました。

それをすべてあなたに伝えようと思います。

 

企業選びに必要なのは5つの軸

 

ほとんどの就活生が、企業を知名度やなんとなくで決めますが、その考えは今すぐに捨ててください。

僕も知名度で選び、失敗しました。だからこそ強く言えます。

知名度で選ぶとろくなことになりません。

 

では企業選びはどのようにすればよいのでしょうか。

それは、5つの軸を知り、その軸に優先順位をつけることから始まります。 

 

ここで一つ、そもそも「軸」という言葉って普段使わないじゃないですか。

よって僕は「軸」を「価値観」という言葉に置き換えて解説していきます!

軸も価値観も、自分自身の芯のようなものですし、価値観という言葉の方が普段使うので、わかりやすいように価値観という言葉で解説していきますね。

 

 

まず始めに。

この5つの価値観とは何でしょうか。

それは以下の5つです。

「お金」「自由な時間」「承認欲求」「人間関係」「やりがい」

企業を選ぶのに必要な価値観とはこの5つです。

 

f:id:shukatu-man:20181103094421p:plain

 

そもそも皆さんはどんな理由で企業に入社するのでしょうか。

 

僕が就活生の時は、完全に「お金」と「承認欲求」を満たすために企業に入社しようと考えていました。

だからこそ、年収がそこそこ高い大企業に入社を決めました。

大企業に入社すればチヤホヤされて承認欲求を満たせると考えました。

 

しかし入社すると全く違ったんですよね!!

僕が本当に必要としていたのは、「人間関係」と「やりがい」だったのです。

 

まずは「人間関係」に関して、これはもう僕の場合は上司という存在が鬱陶しかった。

誰かが自分の上に立って指示を出されることが苦痛なんです。

たしかにアルバイトをしていた時もそうでした。上司という存在が合わない。

 

次に「やりがい」です。

大手食品企業はまさに『歯車』です。

やることは毎日決まっている。ただ同じことを繰り返しておけばよいだけ。

僕は入社一年目から、利益の増加率が営業200名の中で7位でした。

同じことをただしているだけなのに、上位になれた。

やりがいは皆無でしたね。

僕は新しいことを発想して、それをすぐに実行することが好きなのだと理解しました。

 

つまり、就活生の頃から「人間関係」と「やりがい」が自分にとって重要な価値観だと認識していれば大手食品企業には入社しなかったということです。

反対に自分にとって重要な価値観を認識していなければ、企業選びで必ず失敗するということでもあります。

 

f:id:shukatu-man:20181103094721p:plain

 

僕の場合は、人間関係の中で「上司がいない環境で仕事すること」を重要視したから、起業しかなかったんだよね!

 

企業選びに必要な5つの価値観を理解する

 

5つの価値観のどれが自分にとって大切なのか。

これを理解することの重要性は分かってもらえたと思います。

ではここからは、この5つの価値観がそれぞれどんな意味を持っているのか、詳しく把握していきましょう。

 

第一の価値観『お金』

f:id:shukatu-man:20181103095305p:plain

 

まず最初の価値観は「お金」に対する価値観です。

企業選びにおいてのお金とは、年収を指します。

特に男性は、30歳になった時にこのぐらい稼ぎたい!40歳ではこのぐらい!といったイメージがあるでしょう。

 

そしてこのお金に関して少し説明すると、お金を重要視した場合には「業界」の選択が重要になります。

なぜならそもそも扱う商品の性質によって、企業の儲けは異なるからです。

僕は大手食品企業に入社しましたが、そもそも食品業界は年収が低いんですよね。

それは「食品」には原価がどうしてもかかるために、利益としては少ない。

 

一方でお金を最重要視するのであれば、おすすめは外資系金融業界やコンサル業界です。

これらは「お金」を運用したり、「コンサルティング」を商品とするため原価率が低く、利益率が良いのです。

 

そもそも給料っていうのは、企業の利益から生まれるものなので、当然利益率が良い業界はその分、給料として還元することが多いのです。

僕の場合は、「お金」を重要視していたにも関わらず、食品業界を選んでしまったので失敗だったと思います。

 

このように「お金」への自分の価値観を知っておくだけで、業界を選ぶ際の判断材料にすることができるのです。

 

この「お金」を第一優先に考えて就活する人のための企業選び方法を別記事で用意しました。|【究極の企業選び方法②】「年収」を第一優先に企業を選ぶ方法! - 就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

 

第二の価値観『自由な時間』

f:id:shukatu-man:20181103095351p:plain

 

次に説明する価値観が「自由な時間」です。

この自由な時間とは何かというと、プライベートの時間の長さ、つまりは残業時間の少なさを指します。更には残業だけでなく、飲み会に付き合わされることが多い場合も、この自由な時間は減っていきますね。

 

企業選びを行う際に、この自由な時間を自分がどれだけ欲しているのかを明確にすることは非常に重要です。

なぜなら入社後に、残業が多く自由な時間が少ないことをストレスに感じれば当然苦痛になりますし、早期の退職につながります。

 

仕事に生きるのか、定時に帰れることを重要視するのか、その価値観は人それぞれなので企業選びを始める前に明確化しておきましょう。

 

第三の価値観『承認欲求』

f:id:shukatu-man:20181103095512p:plain

 

次は「承認欲求」に対する価値観ですね。

この承認欲求とは何かというと、他人に認められたいという欲求になります。

 

この承認欲求を大切にする人は、企業のネームバリューにこだわります。つまり大手企業に入社しますね。

なぜなら親や友達に、「すごい」と言われたいからです。

 

僕も就活生の頃は、この承認欲求が強く大手食品企業に入社することで、周りから「すごい」と思われたいと考えていました。

今思うと、本当にどうでも良いことだと思いますので、おすすめはしませんが承認欲求が非常に強いという人が多いのも事実です。

 

第四の価値観『人間関係』

f:id:shukatu-man:20181103095625p:plain

 

次は「人間関係」に対する価値観です。

これは誰と働くのか、どんな上司と働くのかということですね。

 

極端な話をしましょう。

テッシュ配りのアルバイトは単純でつまらないですよね。時給もそこまで良くない。

しかし、それが友達と一緒に働くのであればどうでしょうか?

ここで友達と働くならぜひやりたい!という人は、「人間関係」を重要視している人ですね。

 

友人の中にも、「仕事はつまらないけれど一緒に働く人が良い人だから楽しんで働いている」と言っている人がよくいます。

こういう人は「人間関係」を重要視していると言えますね。

 

第五の価値観『やりがい』

f:id:shukatu-man:20181103095727p:plain

 

最後になりました。第五の価値観は「やりがい」です。

このやりがいとは、自分の仕事がお客さんに感謝されることを実感したり、やっていて自分自身がワクワクするかどうかです。

 

例えば、年収が非常に低くても毎日の仕事が楽しくて仕方がなければ、あなたはその仕事を続けますか?

逆にどれだけ仕事が楽しくても、年収が低ければ転職を考えますか?

 

もちろん仕事はやりがいがあるに越したことはありません。

しかしやりがいを取ると、お金が犠牲になったりする場面は非常に多いため、このやりがいを自分はどれだけ重要視しているのか把握する必要があるでしょう。

 

5つの価値観に優先順位をつける

 

ではここまでで5つの価値観がどんなものか把握することができたと思います。

これら5つの価値観をすべて満たす仕事があれば、それに越したことはありませんが、残念ながらありません。

 

よって、5つの価値観に対して優先順位をつけることで、自分は何を犠牲にできるのかを事前に把握しておきましょう!!

それこそが、企業選びを行う上で絶対に必要な事前準備となります。

 

実際に、僕がこの5つの価値観に優先順位をつけるとこうなりました!

 

f:id:shukatu-man:20181103201818p:plain

 

まず企業を選ぶ上で、最も重要視することが「やりがい」ですね。

どれだけ年収が高くとも、結局は仕事を楽しいと思えないと、週5日辛いだけだと思っています。

お金があったとしても月曜からやりがいのない仕事が始まると考えただけで、全く幸せを感じないので、僕にとって最も重要なことは「やりがい」なんですよね。

 

次に重要なことが「人間関係」です。

冒頭にも書きましたが、そもそも上司がいるのが許せません。

命令とかされた瞬間にストレスで死にそうになります。大げさじゃなくて本当です。

年齢が上というだけで、偉そうにしていることに腹たちませんか?

 

人間関係の次に重要だと感じることが「自由な時間」です。

これは次の「お金」と対比してどちらが重要かを考えました。

お金よりも、自由な時間が多いほうが良いと僕は考えています。

例えば、「残業は多いが年収の高い企業」に入社するのであれば、「残業が少なく自由な時間が多いが、年収の低い企業」へ入社して副業で稼ぎます。

つまりお金よりも時間の方が僕にとっては大切なんですよね。

 

そして次が「お金」です。

僕にとってお金は非常に重要ですし、それは今も変わりません。

でも優先順位としては低い。なぜならお金は「やりがい」の先にあると思っているからです。

やりがいを持って世の中に価値を提供する。その結果としてお金が発生するのであって、最初からお金!お金!と言うのは違うと僕自身は思っているのでこの順位になりました。

 

そして最後が「承認欲求」です。

もうこれに関してはどうでもよいと思っていますね。

有名企業で働いている人や、商社マンは会社名を誇っていますが、「すごいのはお前じゃなくて企業の看板だからね?」としか思いません。

だからこそ自分に置き換えても、もはや大企業に勤めているとかどうでも良い。

それより重要なことは自分自身に何ができるのかといった「やりがい」になります。

大企業の看板によって、周りからチヤホヤされる代わりに『歯車』のように働く。それなら承認欲求なんてものはすぐに捨てて「やりがい」を求めますね。

 

これは僕の例でしたが、このようにして皆さんも5つの価値観に優先順位をつけてみましょう!

その時に重要なのは「なぜ?」という追求です。なぜその優先順位なのかを誰に聞かれても説明できるレベルに落とし込みましょう。

それができれば、究極の企業選び方法のファーストステップは完了です!! 

 

【究極の企業選び方法①】

5つの価値観を理解し、それぞれに優先順位をつける。

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー 


【ぜひ他の記事も読んで、就活攻略力を上げようね!】
特におすすめの記事一覧はこちらから!