就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

【OpenES】プロフィール写真・証明写真|貼り方やサイズについて徹底解説!

20180401154528 alt=

「就活には攻略法がある。」
偏差値50の大学から、内定22社獲得・倍率800倍の大手食品企業に入社できた理由は、その攻略法を実践したからです。

たとえ東大生であっても、就活に関する情報は「就活本」や「就活サイト」といったありきたりな情報を調べるだけ。
学歴なんて、就活市場においては“数ある評価軸の小さな1つ”に過ぎないことを理解していないのです。

そんな凡人就活生を出し抜く攻略法こそ、
この『就活攻略論』です。

就活攻略論は、就活本だけでなく経営学・経済学・哲学・心理学など、あらゆる学問の書籍1000冊からそのエッセンスを抽出し、就活の攻略法に変換した独自の就活法です。

※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。

----------------
★本日の就活フルコースお品書き

《本フルコースが解決する悩み》

・OpenESに添付するプロフィール写真の載せ方が知りたい

・サイズの調整方法が知りたい

 「読むだけで就活を圧倒的有利にする快感。ぜひご堪能くださいませ。」

----------------

皆さん、こんにちは!服を買うのは最近はZARAで落ち着きましたでお馴染み、就活マンです。

f:id:shukatu-man:20180909140322p:plain

OpenESの作成にあたって、最初につまずくのがプロフィール写真の貼り方についてだと思います。

その中でも多いのが、「どうやってプロフィール写真をアップロードするのか?」「サイズ調整はどうすればよいのか?」という疑問ですよね。

 

それらの疑問に関して、本日の記事ですべて解説していこうと思います。

 

OpenESのプロフィール写真の重要性とは

 

OpenESのプロフィール写真の貼り方を解説する前に、まず知っておいて欲しいことがありまして、それはプロフィール写真の重要性に関してです。

 

皆さんは『メラビアンの法則』を知っていますか?

BIZHINTさんから解説を引用します。

メラビアンの法則とは話し手が聞き手に与える影響は「言語情報」「聴覚情報」「視覚情報」の3つから構成され、それぞれの情報の影響力は以下の割合であるというものです。

言語情報(Verbal)…7%
聴覚情報(Vocal)…38%
視覚情報(Visual)…55% 

f:id:shukatu-man:20180909144134p:plain

 

 

ここでは視覚によって相手に与える印象は相当に重要だと覚えておいてください。

これを知らないと、プロフィール写真に適当な画像を選んでしまいます。

 

そしてこの視覚的な印象に関してですが、OpenESでは更にその影響が大きいと僕は分析しています!

 

それはなぜかというと、OpenESは「文章+写真」で構成されていますよね。

文章はその内容を読み取るのに時間がかかりますが、プロフィール写真という視覚情報は一瞬で認識することができる。

更にはOpenESはデータですから、「文字の綺麗さ」などの要因が全くない。

よってOpenESにおいて相手に与える第一印象のすべてはプロフィール写真だと言っても過言ではないのです。

 

OpenESによって相手に与える第一印象の決め手は、ほとんどプロフィール写真。

 

プロフィール写真をOpenESに貼る前に、その重要性をまずはここでしっかりと把握しておいてくださいね!

 

たしかに大量に送付されてきたOpenESをパッと見た時に、プロフィール写真の印象が悪いとマイナススタートになっちゃうよね。   

OpenESのプロフィール写真をデータ化する方法

 

ではここから、プロフィール写真をOpenESに貼るためにデータ化する方法を解説していこうと思います。

 

証明写真をスキャンするのはNG

 

まず第一に、今手元にある照明写真をスキャンしてデータにするのは絶対にやめましょう。

なぜか、それはとにかく画質が粗くなってしまうためです。

 

最初に話したとおり、プロフィール写真が相手に与える印象は非常に大きいため、画質が粗い時点で好印象を与えることはできません。

 

更に言うと、面接官に「手抜き」したことがバレます。

プロフィール写真もろくにデータとして綺麗なものを貼ることができない人なんて、僕が経営者だったら採用したくありませんからね。笑

 

写真館または写真機を使用する

 

手元にある証明写真をスキャンすることがNGならば、どうデータを手に入れるのか。

その方法としては2つありまして、写真館で撮影してもらうか、写真機で撮影するかです。

 

ちなみに僕のおすすめは、写真機での撮影ですね。

理由としては手軽に撮影できて、値段も安いので撮り直しができる点にあります。また、僕は他人に写真を撮られるのが好きじゃないので、表情がこわばってしまうので写真機で撮っていました。

 

しかしながら、写真館と写真機ではそれぞれメリットとデメリットがあるので解説していきます!

 

プロフィール写真を「写真館」で撮影した場合のデータ化

 

まずは写真館での撮影に関してです。

メリットとデメリットをまとめたので、ご覧ください!

【メリット】

・写真館によっては肌質や小顔化などの微調整が可能。

・写真館によっては化粧や髪型のセットなどもやってもらえる。

 

【デメリット】

・料金が高い。

・人に撮ってもらうのが苦手な人は顔が引きつる。

 

写真館で撮った写真のデータ化の方法ですが、 基本的には撮影データをCDなどで貰うことができます。

それを自宅のPCで読み取ればデータとして入手することが可能となります。

 

プロフィール写真を「写真機」で撮影した場合のデータ化

 

次に写真機での撮影に関してです。

メリットとデメリットをまとめたので、ご覧ください!

【メリット】

・料金が安い。(データ化を含むと1000円/回 程度)

・緊張せずに撮影することができる。

 

【デメリット】

・化粧や髪型のセットといったオプションがない。

・写真をデータ化できる写真機に限る。

 

写真機で撮った写真のデータ化の方法ですが、まず原則としてデータ化が可能な写真機での撮影に限ります。

僕のおすすめとしては、全国に設置されている『Ki-Re-i』という写真機でして、スマホアプリを使用してデータを受け取ることができます。

(詳細はこちらのページに書いてありました:Ki-Re-i 証明写真画像データサービス Withスマホ|証明写真機Ki-Re-i|株式会社DNPフォトイメージングジャパン

  

OpenESのプロフィール写真のサイズ調整法

 

データを手に入れた後は、サイズの調整ですね。

ここで、リクナビさんのOpenESの指定サイズを見てみましょう。

 

OpenESに貼るプロフィール写真のサイズについて

 

リクナビOpenESの公式ホームページにアクセスして、マイページに進みましょう。

実際にプロフィール写真を貼る部分を見ると、サイズが書いてあります!

 

f:id:shukatu-man:20180909152217p:plain

《サイズに関する記載部分を拡大》
f:id:shukatu-man:20180909152351p:plain

(画像引用:リクナビOpenES https://open-es.com/

 

この記載に書いてある通り、サイズは「600×450pixel」で比率は「縦長4:3」が貼り付けるべきプロフィール写真となります。

 

そして重要なポイントなのですが、写真館で撮影する場合も、写真機で撮影する場合も縦と横の比率が4:3を選択するようにしましょう!

 

ここだけ注意しておけば、写真館でも写真機でも600×450pixelは気にせず大丈夫です。(なぜなら最初からデータ化したものはこのサイズを超えている場合がほとんどなので)

 

つまり縦横の比率だけ撮影時に注意しておけば、データ化したものをそのまま貼り付ければ良いだけですね!!

 

OpenESに貼るプロフィール写真に関する注意点

 

ここまででデータ化とサイズに関しては把握できたと思います。

それでは実際にプロフィール写真を撮影する際の注意点もあわせて見てきたいと思います。

 

服装はスーツがおすすめ

 

一つ目の注意点としては、プロフィール写真は「スーツを着て撮影」をおすすめします。

やっぱりOpenESを提出するような比較的大企業は、頭がカッチカチなので私服でのプロフィール写真を「舐めてる」と認識する可能性は非常に高いんですよね。

 

たしかにプロフィール写真が私服だった場合、撮る時間がなく適当に撮ったものだと認識されてしまう可能性もあると思うので、就活攻略生のみなさんは、おとなしくスーツで撮影するようにしてみてください。

 

前髪が目にかからないことは重要

 

先程言ったとおり、大企業は頭がカッチカチです。

そこで「今どきはマッシュ系男子がイケてるんだぜぇ」と言って、前髪で片目を隠した写真を貼り付けた場合、やはり新入社員に相応しくないと思われる可能性は高いです。

 

よってプロフィール写真では、前髪が目にかからないように撮影することをおすすめします。

ちなみに僕が就活生の頃は、前髪が長かったので、かなり一生懸命に前髪を流してスプレーで固定して撮影していました。

 

印象が良い写真が撮れるまで撮り続ける

 

プロフィール写真はやはり印象が良いに越したことはありません!

軽くニコっとした感じで、明るい雰囲気の写真を撮ることを僕はおすすめします。

 

写真館で撮影する場合は、料金も高いので当日しか取り直しができませんが、ぜひ良い写真が撮れるまで粘り続けてくださいね。

 

おまけ|自己PRとガクチカも写真とOpenESの書き方について

 

プロフィール写真に関する解説は以上となります!

 

この就活攻略論では、OpenESの書き方に関するテクニックを沢山用意していまして、そのまとめ記事がこちらになります。

(OpenES書き方まとめ:【19卒向け完全版!】OpenESで“絶対通過”する書き方まとめ! - 就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

 

 

また、OpenESにはプロフィール写真の他に、「自己PR」と「学生時代に最も打ち込んだこと(ガクチカ)」にて写真を貼り付ける箇所があります。

そこではどんな写真を貼ればよいのか、こちらの記事で解説しているのでぜひ参考にしてみてください!

(「自己PR」と「学生時代に最も打ち込んだこと(ガクチカ)」に貼る写真について:【OpenES】添付する写真・画像はこれで決まり!『自己PR』と『学生時代に打ち込んだこと』 - 就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

 

 

OpenESは複数の企業に同じものを提出します!

ということは、とにかく一枚だけ最高に良いものを作っておけば、複数の企業から評価されることができる素晴らしい仕組みです!!

 

就活攻略論を活用して、最高の一枚を完成させてくださいね!

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー 


【ぜひ他の記事も読んで、就活攻略力を上げようね!】
特におすすめの記事一覧はこちらから!