就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

【コピペOK】企業からのメールの返信のおすすめ文章|例文有り

20180401154528 alt=

「就活には攻略法がある。」
偏差値50の大学から、内定22社獲得・倍率800倍の大手食品企業に入社できた理由は、その攻略法を実践したからです。

たとえ東大生であっても、就活に関する情報は「就活本」や「就活サイト」といったありきたりな情報を調べるだけ。
学歴なんて、就活市場においては“数ある評価軸の小さな1つ”に過ぎないことを理解していないのです。

そんな凡人就活生を出し抜く攻略法こそ、
この『就活攻略論』です。

就活攻略論は、就活本だけでなく経営学・経済学・哲学・心理学など、あらゆる学問の書籍1000冊からそのエッセンスを抽出し、就活の攻略法に変換した独自の就活法です。

※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。

----------------
★本日の就活フルコースお品書き

「読むだけで就活を圧倒的有利にする快感。ぜひご堪能くださいませ。」

----------------

皆さん、こんにちは!就活中の最大の疑問は「就活って、出会いあるの?♡」でしたでお馴染み、就活マンです。(...就活を教える身として最低ですねw

 

f:id:shukatu-man:20180629021340p:plain

本日の記事では、企業から面接の日程や合否など様々なメールが届いた際の返信について書いていこうと思います。

でも、ただありきたりな返信内容を教えてもつまらない。他の色んなサイトにスタンダードな糞つまらない返信の例は書いてあるので、糞つまらない返信で満足な人はそちらを参考にしてください!

 

メールの返信が必要なタイミングとは。

まず就活においてメールの返信が必要となるタイミングは以下でしょう。

  • エントリーシートの提出
  • 面接の日程関連
  • 内定承諾・内定辞退

ちなみに僕はこれらに関する企業とのメールのやりとりを“差別化のためのメール”と呼んでいます。

なぜ差別化のためかと、基本的にこれらは他の就活生もみんなが送るメールですよね。必須のメール。

するとただありきたりな内容では、全く読み手の記憶に残らないんですよね。

この差別化のためのメールの攻略に関しては後に詳しく解説します。

 

続いて、メールが必須ではないが送ることができるタイミング。僕が“送れるメール”と呼ぶメールもあります。

この送れるメールには以下のタイミングが該当します。

  • 面接が終わった後

つまり面接が終わった後のお礼メールです。これは送る人もいれば送らない人もいますよね。

そしてそして!僕が考えるタイミングにもう一つありまして、それが...

  • 面接の日の朝

があるんですよね。これはおそらく誰も送らないタイミングだと思います。しかしながら、誰でも送らないタイミングだからこそそのタイミングで送られてくると印象に残ります。

注意点としてはとにかく志望者が大量にいる大手企業ではこのタイミングでのメールは迷惑or読まれない可能性がありますね。少し注意。(でも攻めても面白い)

しかしながらある程度の大きさの企業でしたら内容を工夫すれば確実に面接官に刺さります。

 

最後にまとめますね。

f:id:shukatu-man:20180629024342p:plain

ではでは次から内容を詳しく見ていこう!!

“差別化のためのメール”の構成。

基本的な返信メールの構成としては、

件名:要件+名前

本文:宛先+あいさつ+内容+締め+署名

ですね。

 

マイナビさんのメール返信に関する記事には、本文の締めの書き方としてこう記載があります。

【締め】
「ご多用の折恐れ入りますが、何卒よろしくお願い申し上げます」など、相手が忙しい中メールを読んでくれたことへの感謝が伝わる言葉と共に締めると良いでしょう。

引用:https://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/caripedia/49

 

僕から言わせてもらうと固いよね。更にはこの記事が「就活 メール 返信」での検索の最上位に表示されるので、このまま「ご多用の折恐れ入りますが、何卒よろしくお願い申し上げます」と締める人が大量発生しているのではないかと予想します。(まぁこの予想当たってると思うw)

 

ということで、就活攻略生の皆さんは差別化していきましょうよ!

 

まず第一に“差別化するメール”の重要なポイントは、言葉の通り、

差別化すること

です。

 

そして、なぜ差別化する必要があるのかというと、

読んだ人の印象に残るため

ですよね。

 

では差別化するために、こう変えていきましょうか!!

 

件名:要件+名前

本文:宛先+挨拶+ワクワク+内容+おすすめの疲労解決法紹介+署名

 

ワクワク!?おすすめの疲労解決法紹介!?という皆さんの頭に「?」が浮かんだところで解説していきます。

まず宛先としては ◯◯株式会社 御中 と書きます。

次に、挨拶として 選考させて頂いております◯◯大学の◯◯です。 と書きます。

 

次に一つ差別化しましょう!!

ワクワクの導入ですね。

具体的には、 御社へ入社したいとの思いで日々HPを調べてしまっています。 といったニュアンスのことを書きます!

ここまでしていいんです!全然オーケー。だってあなたが面接官でこうメールに書いてあっても嫌な気持ちしないでしょ?さすがに嘘っぽい内容であればマイナスですが、このぐらいのワクワクを表現するのは問題ないでしょう!

 

ではワクワクを導入し終わったら、内容を簡潔に書きます。

エントリーシートの提出、面接の日程関連、内定承諾それぞれの旨を書いてくださいね。

...ちなみに当然ですが、『内定辞退』に関してはワクワクは導入しないでくださいね。恐ろしいですw

 

そしてそして!!ここまで来たら2つ目の差別化を行います!!

スタンダードな文章では『締め』が入りますが、就活攻略生の皆さんはこれを導入してください!

おすすめの疲労解決法紹介

です。

 

具体的には、

内容を書いた後に、

「日々選考でお忙しいかと思います。そんな中で確認頂きありがとうございます。実は寝る前の5分間、YouTubeで「海のさざなみ」と検索して聞きながら寝ると深く寝られます!凄いおすすめです。これからも何卒、宜しくお願い致します。」

こんな感じ。

 

あなたが面接官だったらどう思いますか??

 

僕が面接官だったら、確実に、

こいついいやつやん。

と思いますし、実際に読んだ人もそう思います。

最後はこれの後に 大学名 学部名 名前 電話番号 メールアドレス を著名として記載し完成ですね!

 

ぜひ!これらの差別化使ってみてください。

うまくいけば、次の面接で突っ込んでくれるかもしれません!!

(少なからず「あのメール送ってくれた子だな!」と名前を覚えられているはずです!)

“送れるメール”の構成。

次に“送れるメール”の構成に関してですね。
具体的なメールのタイミングとしては、面接後と面接前です!

f:id:shukatu-man:20180629024342p:plain

 

そしてこの“送れるメール”の基本スタンスですが、

送れ!!

です。

 

よく質問で「面接後のメールは送るべきですか?」と頂くのですが、回答は「送れ!!」となります。

しかしただ送るだけで全く印象に残らないのであれば無意味なので、それぞれ面接後と面接前に送るメールでしっかりと差別化を考えていきましょう。

面接が終わった後のメール返信。

普通の人は面接後どんなメールを送付するか、具体例を書いてみましょうか。

 

◯◯株式会社 御中

本日面接させていただいた◯◯大学の◯◯です。

大変お忙しい中ご対応頂き、誠にありがとうございました。

次回の面接も何卒宜しくお願い申し上げます。

 

--------------------
◯◯大学
◯◯学部 ◯◯学科
◯◯ ◯◯(名前)
◯◯◯◯(電話番号)
◯◯◯◯(メール)

 

こんな感じですかね!

まぁ一言、ちゃんと面接のお礼を送ってて偉いけど、印象には残らないよね。

名前も別に覚えてもらえる感じはしませんねー。

 

ではどう差別化して印象に残すのか、僕ならこう書きます。

 

◯◯株式会社 御中

本日面接させていただいた◯◯大学の◯◯です。

大変お忙しい中、とても話やすいご対応と人柄で接して頂き、

少しでも多くのことをお伝えすることができたかなと思います。

本当にありがとうございました。

 

ただ一つ、貴社への思いが緊張で伝えきれなかったことが悔しくてたまりません。

次回、面接の機会を頂けたらもっと思いを伝えたいと思います。

改めて本日は面接のお時間を頂きありがとうございました。

 

--------------------
◯◯大学
◯◯学部 ◯◯学科
◯◯ ◯◯(名前)
◯◯◯◯(電話番号)
◯◯◯◯(メール)

 

まず最初の部分、

面接官を褒めていい気にさせますw

人は自分に好意を抱いている相手に対して好意を抱くという心理があるので、これを最大限に利用しましょう。

 

そしてその後、

もっと志望動機高いんだよアピール

によって、志望度の高さを伝えきれなかった場合への保険をかけていきます。

これは志望度の高さは本当に重要な面接の通過原因になるため採用しています。

ぜひ参考にしてみてください。

面接の日の朝のメール返信。

ではでは最後ですね!

この面接の日の朝のメールはほとんど送る就活生はいません!

 

しかし、送ることで

面接前に名前を面接官にインプットさせることができる

という超最強な効果を発揮します。

 

どういうことかというと、面接官の一日を想造すれば簡単に分かります。

 

《面接官の一日》

朝出社する。

メールチェックする。

その日に面接するAちゃんからメールが届いている。

読む。

喜ぶ。

いい子だなって思う。

同時に自然と名前がインプットされる。

面接の時間になる。

Aちゃんはこの子か!と思う。

自然とAちゃんが良い子に思えている中で面接する。

〜面接後〜

Aちゃんからお礼のメールが来てる(褒められるわ、おすすめの疲労回復方法も書いてあるわでAちゃん大好き星人になる)

 

わかりましたよね?

最初に名前をインプットさせておくことで、面接本番になった時、すでに「この子か」と印象付いているわけですよ。

こりゃ大勝利。

 

メールの内容に関しては簡単で大丈夫ですよ。一例挙げておきますね。

 

◯◯株式会社 御中

本日面接させていただく◯◯大学の◯◯です。

面接に向けて朝からとても緊張していますが、

同時に貴社の面接を受けられることが本当に嬉しいです。

本日は一つでも多くのことを知って頂けるよう、

精一杯お話させて頂きますので、何卒宜しくお願い致します。

 

--------------------
◯◯大学
◯◯学部 ◯◯学科
◯◯ ◯◯(名前)
◯◯◯◯(電話番号)
◯◯◯◯(メール)

 

すべてのメールに関してのポイントなのですが、

フランクな言葉使い+丁寧な言葉での締め

が結構重要だと思っています。

 

先程の例文で言うと、

 

フランクな言葉使い

「面接に向けて朝からとても緊張していますが、

同時に貴社の面接を受けられることが本当に嬉しいです。」

「精一杯お話させて頂きますので、」

 

丁寧な言葉での締め

「何卒宜しくお願い致します。」

 

という部分。

 

フランクな文章はやはり読み手に対して、人柄を伝えることができます。

丁寧な言葉や難しい言葉で埋めてしまうと機械的で、

「嫌々このメール送ってるんだろうなぁ。」

「作業的に送ってるんだろうなぁ。」

と思わせてしまいますよね。

だから僕はあえてフランクな言葉を使うようにすることを重要視していますね!

 

いかがでしたか??

メールの返信という一つの行為さえも、差別化を意識するだけで『武器』となります。

ぜひこの記事を参考にして自分なりの一通を作りあげてくださいね!!

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー