就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

【就活生へ】大企業を“受けない”という選択肢もありだぞ!

20180401154528 alt=

「就活には攻略法がある。」
偏差値50の大学から、内定22社獲得・倍率800倍の大手食品企業に入社できた理由は、その攻略法を実践したからです。

たとえ東大生であっても、就活に関する情報は「就活本」や「就活サイト」といったありきたりな情報を調べるだけ。
学歴なんて、就活市場においては“数ある評価軸の小さな1つ”に過ぎないことを理解していないのです。

そんな凡人就活生を出し抜く攻略法こそ、
この『就活攻略論』です。

就活攻略論は、就活本だけでなく経営学・経済学・哲学・心理学など、あらゆる学問の書籍1000冊からそのエッセンスを抽出し、就活の攻略法に変換した独自の就活法です。

※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。

----------------
★本日の就活フルコースお品書き

《本フルコースが解決する悩み》

・大企業ばかり受けていて良いのか心配

・大企業を受けないという選択について考えたい

 「読むだけで就活を圧倒的有利にする快感。ぜひご堪能くださいませ。」

----------------

皆さん、こんにちは!就活マンです。今回の記事はかなり考えることが多い記事だと思います。でもその分、読み込んで欲しい。そう思って書きました。

 

 

f:id:shukatu-man:20180407105838p:plain

 

 

僕はいつも就活生に対して、ある一つの大きな問題視を持っています。

 

何を問題視しているかと言うと、

就活生はとにかく企業について、仕事について、職種について、結局何も知らないという事実。

 

何も知らないからこそテレビCMで見たことのある、すでに知っている企業の倍率がとんでもないことになりますよね。

「明治 倍率2500倍」とか正直意味分かりません。笑

 

そんな状況の中で、本当に大企業ばかり受けることが果たして正解なのか。

そう悩む就活生がいることも事実。

本日の記事を通して、大企業を受けないという選択肢について考える機会を持ってもらえると嬉しいです。

大企業志向のリスクについて

僕は企業に一年勤めて、すぐに退職して独立しました。

親や周りの友人には、「アホじゃん」としか言われませんでしたね。

 

しかし当然辞めたのには自分の中で明確な理由がありまして、

「ここで働いていても、この先一年で学べることってどんなことがあるのかな?」と考えた時に「何もないな。」と思ったのが大きな理由の一つです。

 

このまま大企業で働いていても成長度は低い、いっそのこと飛び出してしまえば嫌でも成長するしかない。そんな状況を作りたかったのです。

 

いざ飛び出してみるとどうだったか。

 

「こんな公式HP欲しいな!」と思った時に他の人に頼む(外注する)と、何十万円もするわけだから、「自分で作るか」と勉強をしました。

就活攻略論のロゴのデザインもネットで調べて方法をマスターしました。

一緒に仕事をする人材企業さんも自分で信頼できる企業さんを探しました。

 

最初は0からのスタートでした。

しかしGoogleという最高の味方がついているので、情報を一つずつ調べて実践していくことで、0点から1点、1点から5点、5点から30点と徐々に上がっていく。

 

結果、会社を退職してから身に付けたスキルを挙げていくと、「HPの作成」「電子書籍の制作」「ロゴの作成」「雑誌の表紙作成」「企業に頼まれるクオリティのパワーポイントの作成」「ブログを人気にするノウハウ」・・・などなど。

このスキルって、今後70年近くずっと使えるスキルですからね。

 

大企業にそのままいたら、身についたスキルはおそらく

「飲み会のよいしょ力」

ぐらいだったと思います。(まぢです。)

 

仕事になるスキルは絶対に大企業にいたら身につかなかったスキルですし、これらのスキルを今後も鍛えまくれば、正直いつでも就職なんてできるんです。だから何も怖くない。

 

だから僕は『常に勉強し続けている起業した人』にはリスクはないと思っています。だってどの企業も欲しいから。

逆に独立してうまくいかないからといって『何も勉強しない起業した人』は超リスク。ただ起業して失敗したカスとして扱われる。

 

そんなことをぜひ覚えておいて欲しいなと思います。

 

大企業を受けない理由

超分業制は得られるスキルが少ない

大企業はとにかく『超分業制』です。

この超分業制とは何かと言うと、『料理』をイメージすると分かりやすい。

 

f:id:shukatu-man:20180407110610j:plain

 

例えば、「オムライス」を作る場合、

 

まずはどんなオムライスを作ろうかと考える。
これが大企業における『企画部』の役割。

 

次にそのオムライスの卵をふわふわにするためにどうすれば良いかを考える。
これが大企業における『研究職』の役割。

 

いざ、オムライスを作るぞ!となって実際に作り出す。
これが大企業における『工場職』の役割。

 

作ったオムライスをどこに売れば良いのか考えて、売る場所を探して交渉する。
これが大企業における『営業職』の役割。

 

作ったオムライスを売り場へ運ぶための手段を考える。
これが大企業における『物流部』の役割。

 

店で売り、売れたオムライスの数を管理したり、売る場所に提出する書類を用意する。
これが大企業における『事務職』の役割。

 

次にこのオムライスがもっと売れるにはどうすれば良いか考える。
これが大企業における『マーケティング部』の役割。

 

もっと売れるにはどうすれば良いか考えた結果、広告を出そうと実行する。
これが大企業における『広報部』の役割。

 

オムライスが人気になり、人手が足りなくなってきたから人を雇うことにする。
これが大企業における『人事部』の役割。

 

今後もオムライス作りを続けていくのか方向性を考える。
これが大企業における『役員』の役割。

 

 

こうしてオムライスを売る全ての工程を分業して、一つ一つに注力してもらう。
これが『超分業制』ということ。

 

大企業はほぼすべてこの超分業制を取っています。

 

一方、社員3名のオムライス屋さんはこれらの工程を一人一人がすべてできるようにしなければいけない。つまり、これがベンチャー企業。

 

僕みたいに独立して一人で仕事をしていると、当然全ての工程を一人で行うことになります。

 

もちろん覚えることも多い。

けれど確実に得るスキルの幅が広いことは一目瞭然です。

サラリーマンの同期とはもう話が合いません。

 

大企業では例えば営業職になると、何年も営業しかしませんよね。

 

10年後、企画部に異動して5年働いても15年で得たスキルは「営業」と「企画」のみ。

 

先程の例を見れば、研究や工場の役割、物流の役割、事務の役割、マーケティングに、広報、人事、役員の役割は欠落していることが分かる。

大企業に勤めていて、役員クラスに上り詰めても失敗する人が多いのはこれが原因です。

 

結局どこかの能力が欠落しているし、外注しようとしても人を上手くマネジメントできなかったり、そもそも企画力や発想力がない人が多い。

大企業を志望する人にとってかなりネガティブな情報をお伝えしたけど、
これらは絶対に把握しておくべきことだと思っています。

 

決して大企業志向の人を脅しているわけじゃない。
一つの事実として把握しておくべきだと思うんだ。 

 

人気企業も数十年前は不人気企業

大企業を受けない理由としてもう一つ把握して欲しいことがあります。

 

それが、今の人気企業も数十年前は不人気企業だったということです。

 

冒頭で例に挙げた「明治の内定倍率2500倍」も、今はそうかもしれませんが数十年前はどうだったでしょうか。

確実に内定倍率が一桁だった時期もある。

 

倍率の高い人気企業は、当然入社するハードルも高いので、優秀な人が集まっています。

しかし、それは今の話です!!

数十年前、不人気企業だった時にハードル低く入社した40、50歳のおじさんは正直使えない人多いですよ。使えないというか尊敬できない。

 

実際に僕も倍率が数百倍の企業に入社しましたが、40、50歳のおじさんの9割以上が全く尊敬できなかったですからね。

おそらく彼らは、退職になったら年金でぼーっと生活するのだと思います。

退職後の仕事は当然ありませんね。笑

 

結構生々しい話ですが、これ、絶対に把握しておいてください。

 

一生その大企業に勤める自信があるなら大企業志向はあり

先程お伝えした通り、大企業は超分業制。

よって少ないスキルしか当然身につかない。

 

そして更に厳しいことに、大企業に勤めている場合、

その企業のブランドによってうまくいっているだけ

ということが往々にしてあります。

 

つまり、その大企業で営業してうまくいっていても、実はその企業のブランドがあるからうまくいっているだけで、他の企業営業からすると自分自身は超しょぼかった。

そんなことがめちゃくちゃある。

 

更には営業の流れだったり、情報を手に入れる手段も”その企業独自のシステム”だったりする場合も当然あるんですよね。

 

例えば使っている営業ソフトがその企業だけのものだったら、転職したらそのソフトは使えずうまく営業できなくなるといった感じ。

 

こうなってくると、もう自分の信じていた「自分の能力」が「大企業の看板」だったと理解するでしょうね。

 

ちょっとここで結論まとめますね!

入社した企業が一生潰れないという自信があって、一生そこに勤めているなら別に毎日出社してナアナアと過ごせば良い。

しかし、その自信がないのなら、空いた時間に別のスキルを得るために勉強したり、副業(収益がなければ副業認定されないので副業禁止でも何かしら動けば良い)することは絶対に必須。

 

そして加えて言うと、今後45年続く企業なんてのは、例え食品企業でも分からないからね。(この世に一生の安定なんて存在しねえんだよっ!!!!)

個人の時代に突入する

僕はこれからの時代は、個人の時代だと思ってる。

つまり、スキルさえあれば様々な仕事が個人に入ってくるし、インスタグラマー含め個人が活躍する時代だということ。

僕を例に出すなら、『超優秀な営業職』は日本に何万人、何十万人といるけれど、
『就活専門のブログを運営していて、「HPの作成」「電子書籍の制作」「ロゴの作成」「雑誌の表紙作成」「企業に頼まれるクオリティのパワーポイントの作成」「ブログを人気にするノウハウ」を持っている人』は数人。むしろ僕ぐらいだと思う。

こうしてオンリーワンな存在になると、どこかの企業が注目してくれて一緒に仕事をしたい!となるし、人と出会った時に「面白い活動をしているね!」と興味を持ってもらえる。

なぜこんな個の時代になったのかと言うと、すべてインターネットのおかげ。

昔の人はインターネットがなかったから、個人で活動するとなっても人と出会う場もなければ、知ってもらう機会もない。

だから企業に勤めるという手段が最も賢かった。

でも今は違う。

大企業志向だろうと「なぜそこなのか」を説明できるようにしよう

ここまで大企業をディスってきましたが、実際には大企業の方が良い部分も多いことは事実です。

一つのスキルでずっと仕事しておけば安定的に給料も入るから、勉強することが嫌いな向上心の低い人にとっては最適。

 

要は、

「なぜその道を進んでいるのか」を常に説明できる状態にしていること

が超重要だと言うこと。

そしてこの記事で皆に最も伝えたいことです。

 

「僕は向上心がなく、土日に趣味に没頭できれば幸せだから環境の良い大企業で良いんだ。」
という明確な理由さえあれば、それがその人にとってはベストな選択なんですよ。

だってこの考えをもっている人がベンチャー企業に入社したり、起業してもうまくいかないことは分かるし、もしそうしてしまったらストレスで死ぬと思うから。

 

逆に将来起業したいという思いがあるのにもかかわらず、

「とりあえず大企業に入って仕事するわ」

という明確な目的がない人は、そのまま何十年も勤めて向上心にくすぶったまま人生終了。

死ぬ時の言葉は「もっと挑戦しておけば良かった。」と相場は決まっています。

 

 

 

最後に、今から言うことを覚えておいて欲しい。 

 

 

 

大企業には大企業の良さが、

中小企業には中小企業の良さが、

ベンチャー企業にはベンチャー企業の良さが、

起業には起業の良さが、

個人事業主には個人事業主の良さが、

フリーターにはフリーターの良さが、

ニートにはニートの良さが、

 

 

そして、

 

 

大企業には大企業の悪さが、

中小企業には中小企業の悪さが、

ベンチャー企業にはベンチャー企業の悪さが、

起業には起業の悪さが、

個人事業主には個人事業主の悪さが、

フリーターにはフリーターの悪さが、

ニートにはニートの悪さが、


あることを忘れないで欲しい。

 

 

 

だからこそ、

 

自分はなぜその道を選んだのか、

自分はなぜその道を進んでいるのか。

明確に答えられるようにしよう。

 

 

それが10年後の幸せに絶対に繋がるから。