就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

最終面接でする逆質問の数は「何個」が良いのか?

20180401154528 alt=

どの就活サイトよりも『本質的な就活情報』のみを発信するメディアです。
※無価値な情報は一切公開しません。

運営者である就活マンは中堅私立大学から内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社しました。(その後1年で独立)

就活で他の就活生を圧倒できた理由は、経営学・経済学・心理学・文学などの書籍1000冊を元に就活に応用を効かせた「就活攻略法」を生み出したからです。

この知識が一人でも多くの就活生の成功に繋がることを心から願っています。
※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。

» 就活マンの自己紹介と「就活攻略論」が生まれた経緯はこちら!

----------------
★本日の就活フルコースお品書き

《本フルコースが解決する悩み》

・最終面接ですべき逆質問の数を知りたい

・逆質問は複数個しても良いのか知りたい

 「読むだけで就活を圧倒的有利にする快感。ぜひご堪能くださいませ。」

----------------

皆さん、こんにちは!最近母親がマッサージ機を購入しまして起きた後の日課がマッサージという老人みたいな生活を送っていますでお馴染み、就活マンです。

f:id:shukatu-man:20180906133323p:plain

内定への最後の砦である最終面接。

その最終面接の最後に「逆質問の時間」が設けられる場合も多いですよね。

僕が就活生の時も、この逆質問こそ最後の最後に印象を決めるものだとして真剣に一社一社考えていました。

 

そんな逆質問ですが、先日就活生からこんな質問をいただきました。

「逆質問って何問ぐらいするのがおすすめですか?」

つまり、逆質問は何問すべきなのかという質問です。

 

本日の記事ではこの質問に対する答えと、更に踏み込んだ応用についても解説していきたいと思います。

 

逆質問の数は事前に決めておこう!
「他にはありますか?」と聞かれた時に質問する数を事前に決めておけば、はっきりと「以上です!」と回答することができるからね。

 

結論|最終面接ですべき逆質問の数は1つ

 

では早速、最終面接での逆質問の数について結論を言いますね。

逆質問は一つだけでよし!

もう逆質問に関しては、一つで大丈夫です!

それはなぜかと言うと、複数個考えているとキリがないですし、最終面接を担当してくれる役員は比較的忙しい。

そんな相手に対して、何個も逆質問をしていると鬱陶しいと思われる可能性は高いです。

 

更にはほとんどの就活生は、逆質問として企業のホームページに書いてあるような質問をしてしまったり、逆質問を複数個することで質問の質が下がり、マイナス評価される可能性も高いのです。

 

よって、最終面接での逆質問は一つで大丈夫!まずはこれを覚えてください。

 

たしかに逆質問は一つと決めると、気が楽になるし、その一問に魂を込められるよね! 

 

面接官に「他にありますか?」と聞かれた時の対処法

 

次に、逆質問を一つと決めた時に面接官からされる「他にありますか?」への対処方法を事前に考えておきましょうか。

ここで「えーと...」とか「うーん...」とグダグダしていると、自信のないような印象で面接を終えることになります。

 

まずは「逆質問は沢山した方が良い」というイメージを無くしましょう。

一つで大丈夫ですからね。

 

では「他にありますか?」と聞かれたらどうすれば良いのか。

これで決まりだというセリフをお教えしましょう!!

「はい!大丈夫です!御社のホームページは穴が空くほど拝見させていただいたので!(笑顔)」

 

こう言えば間違いありません。

要するに複数の逆質問を必死にしようとする人は、その企業への志望度の高さをアピールしようとしている訳ですよね。

しかし、質問の質が浅くなってしまったり、グダグダ長く質問していてはマイナス評価されてしまい、元も子もなくなります。

 

そこで逆質問は一つに絞りつつ、志望度の高さもアピールするために、

「俺はあんたの会社のことを調べ尽くしたんだ!だから逆質問は一つで十分なんだよ」というスタンスを見せるのです。

 

そのためには、「他にありますか?」と聞かれた時に、「はい!大丈夫です!御社のホームページは穴が空くほど拝見させていただいたので!(笑顔)」と答えれば完璧!

程よいユーモアも含まれているから、印象も良く面接を終えることができる。

(このぐらいのユーモアは、逆に自信のある印象を与える。自信があるような人は仕事ができそうだと当然評価される。)

 

面接官の気持ちを逆算して考え生まれた、最高の攻略法だから覚えておいて欲しい!

 

したい逆質問の数が2つ以上である場合はメールがおすすめ

 

ではでは、どうしてもしたい質問が2つ以上ある場合はどうすれば良いのか。

その答えは簡単で、最終面接終了後に「お礼メール+質問」を送りましょう。

 

【質問したいことが2つ以上あった場合】

お礼メールに質問を挿入して回答してもらうべし!

 

よく就活生から「お礼メールはすべきですか?」と聞かれるのですが、回答としては「君が企業の人で、お礼メールをもらったらどう思う?」と答える。

答えは簡単で、嬉しいし、いいやつだなという印象を持ちますよね。

それなら送った方が良いに決まっているわけですよ。

 

そんなお礼メールの中に、「本日の面接を通して、もう一つ質問したことが生まれまして質問させてください」という一文を入れて質問すれば2つ目の質問をすることができますよね。

 

ほとんどの就活生は「自分が面接官だったら」という視点が抜けていて、その答えをすぐに調べたり、人に聞いたりします。ですが、そんなことは面接官の立場にたてば簡単に答えがでる話なので、ぜひ自分で考えるクセをこの機会につけることをおすすめします!

 

逆質問をしないのは絶対NG

 

ここまで解説して、逆質問の数は一つがベストだと理解してくれたと思います。

一方で「そもそも逆質問をしないという選択肢はどうなのか」という意見を持つ人もいるかと思うんですよね。

 

この回答としては、「絶対にしろ!」であり、記事でも書きました。

» 【最終面接で逆質問をしないと絶対に不採用】|その理由と対策

 

簡単に逆質問をすべき理由について話すと、そもそも逆質問は「あなたの会社に興味がありますよ!」という“姿勢を示す”行動です。

 

これに対して「ありません!」という態度を取ることは、「あなたの会社に興味がありません!」と言っているのと同じなんですよね。

あなたが面接官だったら良い気持ちはしないはずです。

 

今回解説した通り、逆質問を何個もするのはリスクが高い。

しかし、一つもしないというのはその企業に対する興味のなさを示すことになってしまうので避けるようにしてくださいね!

 

最終面接ですべきではない逆質問

 

先程説明した通り、逆質問をしないという選択肢はなしです。

ですが、逆質問の中には「その質問をするとマイナス評価される質問」もあります。

 

それはどんな質問かというと、入社するに当たってネガティブな質問ですね。

 

代表的な5つを挙げていきます。

 

【逆質問ですべきでない質問】

・「残業は多いですか?」

・「志望職種に配属されますか?」

・「福利厚生はどうですか?」

・「休みはどのぐらいありますか?」

・「有給消化できますか?」

 

こんなネガティブな質問をしてくるような人材は企業からしたら不必要なので、これらの質問は“内定獲得後”に社員の人に対して質問しましょう!!

 

最終面接でするべき逆質問

 

では最後に最終面接ですべき逆質問について話します。

もちろん最終面接では質問は必ずすべきです。しかし調べられるようなことを聞いても意味ないですので、必ず逆質問をする目的を事前に明確化しておきましょう。

 

アイデアを披露して「積極性」をアピールする

 

最初に紹介する逆質問は、「積極性をアピールし、差別化をはかる」という目的を果たすための逆質問です。

いくつかの記事に書いているのですが、僕は最終面接でアイデアを披露するという攻略法を多用していました!

ツイッターでもこのように発信しています。

 

 

この攻略法に関して、転職ノウハウのスペシャリストであるmotoさんという方も同じ意見を発信されていて納得。

 

 

motoさんもおっしゃる通りで、そのアイデアの内容なんかどうでも良くて、簡単な企画書とかイラストを持っていくという姿勢が大事なんですよね。

たしかに僕が社長だったらそんな人を採用したいと思います。 

 

自分から「ミスマッチが起こらないように」動いてみる

 

次におすすめする逆質問は「企業との適性をはかる」という目的を果たすための逆質問です。

そもそも面接で重要なことは、ミスマッチが起こらないようにすることですよね。

もしも自分に合わない企業に入社してしまえば、早期退職に繋がりますので、企業側も就活生側もどちらも不幸になります。

 

そこで就活生側からも、「あんたの会社は俺に合うのかい?」という質問をすべきだと思います。

 

具体的には、『人』と『仕事内容』という2つの側面のすり合わせが有効です。

【人が自分に合うのかどうかをはかる逆質問】

 

「私は◯◯な性格で◯◯な人と合うのですが、貴社の社員さんはどんな方が多いのですか?」

(例 私は活発な性格で、普段から明るいような人と合うのですが)

【仕事内容が自分に合うのかどうかをはかる逆質問】

 

「私は◯◯をすることが好きなのですが、貴社の業務はそんな私に合いますか?」

(例 ◯◯:人と積極的に話すこと、新しいことに挑戦すること、単純作業)

 

ミスマッチを回避するためには、「人:その企業の社員と合うのかどうか」と「仕事内容:その企業の仕事が自分に合うのかどうか」の2点がとにかく重要。

なぜなら単純な話で、3年以内に離職する理由のトップが「人」と「仕事内容」だからです。

 

f:id:shukatu-man:20181120093213p:plain

図表引用:平成26年度 中小企業・小規模事業者の人材確保と育成に関する調査報告書

 

自信のある就活生は「自分が企業を選んであげている」というマインドを持ちます。

(こうした自信をつけるためにも複数の内定を獲得することが重要なのです)

恋愛と同じで、人は自信のある人に優秀さを感じ、魅力を感じます。

逆質問を通して、自分が企業を選ぶという姿勢を示してみてください。

それがミスマッチを減らすことになり、自分の将来の幸せに繋がってくるのです。 

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー