就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

【最終面接対策】営業志望の場合にされる質問を予測しました!

20180401154528 alt=

「就活には攻略法がある。」
偏差値50の大学から、内定22社獲得・倍率800倍の大手食品企業に入社できた理由は、その攻略法を実践したからです。

たとえ東大生であっても、就活に関する情報は「就活本」や「就活サイト」といったありきたりな情報を調べるだけ。
学歴なんて、就活市場においては“数ある評価軸の小さな1つ”に過ぎないことを理解していないのです。

そんな凡人就活生を出し抜く攻略法こそ、
この『就活攻略論』です。

就活攻略論は、就活本だけでなく経営学・経済学・哲学・心理学など、あらゆる学問の書籍1000冊からそのエッセンスを抽出し、就活の攻略法に変換した独自の就活法です。

※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。

----------------
★本日の就活フルコースお品書き

《本フルコースが解決する悩み》

・営業職の場合、どんなことが最終面接で聞かれるのか知りたい

 「読むだけで就活を圧倒的有利にする快感。ぜひご堪能くださいませ。」

----------------

皆さん、こんにちは!エスプーマの乗ったかき氷のために絶対に1時間とか待ちたくありません(笑)でお馴染み、就活マンです。

f:id:shukatu-man:20180902210235p:plain

僕が就活生の頃は、営業職一択で就活をしていました。

だからこそ最終面接にて、営業志望の人がどんな質問をされるのか把握しています。

 

今回の記事では、僕の実体験を元に営業職志望の人は最終面接でどんなことを質問されるのか、そしてその質問にはどう回答すれば良いのか紹介していこうと思います。

 

まずは営業職に求められる能力を整理しよう

 

 最終面接でどんな質問がされるのかを考える前に、もともと企業は営業職に対してどんな能力を求めているのかを把握することが重要です。

 

ここで一つ、覚えておいて欲しいことがあります。

企業は何かの能力を見定めるために、質問をするのだ。

面接という時間を使ってわざわざ質問するのですから、その質問の裏には「能力を見極めたい」という思いがあるのです。

 

これを把握した上で、営業職として活躍する人材には2パターンあります。

それは『おしゃべり型営業』と『傾聴型営業』です。

 

それぞれで求められる能力が異なるので、各々解説していきましょう!

 

『おしゃべり型営業』に求められる能力

 

おしゃべり型営業とは、「ガツガツ自分から商品の説明や売り込みをするタイプ」の営業を意味します。

積極的に話すことで商品を売り、成績を上げるタイプですね。世間的な営業のイメージは多分これでしょう。

 

こうしたおしゃべり型営業に求められる能力は、とにかく「コミュニケーション能力」と「良好な人間感関係」だと予想されます。

 

コミュニケーション能力は説明するまでもないですよね!

良好な人間関係とは、周りの人と良い人間関係を作れているかということです。

 

会話が得意な人は友人も多く、周りを惹き付ける能力が高いと企業側も考えるでしょう。

 

『傾聴型営業』に求められる能力

 

次に傾聴型営業とは、「お客さんの悩みに寄り添ってあげるタイプ」の営業を意味します。

そもそも企業が商品を売るのは、誰かの悩みを解決するためですよね。

反対に客は悩みがあるから、その商品を買うのです。

 

よって、その人の悩みを聞いてあげれる人もまた営業としての能力は高い。企業としても求めている能力です。

 

ちなみ、「私は話すことが苦手なので営業には向いていません!」と言う人がいますが、そういう人は人の話を聞いてあげることが得意な場合も多いので、傾聴型の営業としては非常に向いている場合もありますからね。

 

営業職に求められる能力まとめ

 

簡単に求められる能力をまとめます。

おしゃべり型営業

・コミュニケーション力

・良好な人間関係を構築する能力

傾聴型営業

・傾聴力(話を聞いてあげる能力)

・悩みを発見する能力

これを把握した上で、これらの能力をはかるために企業がどんな質問をしてくるのか、考えていきましょう!

 

最終面接で営業志望がされる質問

 

 営業職に必要な各能力ごとに、それをはかる質問を考えていきましょう。

 

コミュニケーション力をはかる質問

 

コミュニケーションをはかる質問としてされるのは、「1人でいる時間が好きかどうか」や「どんな趣味があるか」といった質問があてはまるかもしれません。

これらの質問に対して、社交性をアピールすることで遠回しにコミュニケーション力を伝えることが可能になります。

 

例えば趣味として、ギターですと答えたとして、音楽サークルなどのコミュニティへの積極的な参加の話を加えることで社交性をアピールできますよね。

 

そして、このコミュニケーション力に関してはこれといった質問よりも、面接自体ではかる場合が多いです。まぁ、これは当然のことですよね。

面接を通してコミュニケーション力をアピールする方法は、とにかく質問への回答を簡潔にして、『質問と回答のキャッチボール』を増やすことです。

一問一問への回答が長くなり過ぎると、「こいつは話が長くてコミュニケーション能力がないな」と思われてしまうで注意してください!!

 

良好な人間関係を構築する能力をはかる質問

 

次に良好な人間関係に関する質問ですが、僕が実際にされた質問の中に、「周りの友人との関わり方で気をつけていることはありますか?」という質問がありました。

 

こうした人との接し方に関する質問をすることで、人間関係の構築に関しての能力をはかられることがあるかもしれません。

 

傾聴力をはかる質問

 

次に傾聴力に関してです。

この傾聴力に関してですが、これといった質問はありませんが、先程のコミュニケーション能力でも伝えたとおりで、質問への回答を簡潔にして、むしろ面接官にところどころ逆質問をしていくというスタンスが良いかもしれません。

 

例を上げると、例えば趣味でギターをしていると話した時に、面接官から「そうなんだ!楽器いいね!」と言われたとします。その時に「〇〇さんも何かされるんですか?」とこちらから質問しても良いわけです。

 

人は自分の話をしたがる生き物であり、話を聞いてもらうことが大好きなので、面接だからこちらから質問はしないと決めるのではなく、ところどころで逆質問を入れていきましょう!

 

そうすることで、この子とは話しやすいな。傾聴力のある子だなと必ず評価されますからね。

 

悩みを発見する能力をはかる質問

 

悩みを発見する能力をピンポイントで聞かれたことが一度あります。

その質問が「普段、他人に対してアンテナをはってますか?」というめちゃくちゃレアな質問。

 

これをされた時は一瞬戸惑いましたが、「はい!特に友人の小さな悩みなどは、深く聞いてあげるようにしていました」と簡潔に応えることで乗り切りました。

 

かなりレアケースですが、こうした能力をピンポイントではかる質問をされる場合もあるので、知っておいてください。

 

【まとめ】営業職志望者は特に、回答は簡潔に!

 

コミュニケーション力、傾聴力をアピールするためには、とにかく簡潔に答え、質問と回答のキャッチボールを増やすことです。

特に営業職を志望する場合は、自分の話ばかり長くなってしまうのではなく、面接官からの質問を多く引き出し、更には逆質問までいれてしまう。

 

こうした立ち回りが最終面接では重要になるのです。

ぜひ実践して、確実に内定を獲得していきましょう!!

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー