就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

【就活の悩み】“第一志望以外の”企業への志望度の示し方

20180401154528 alt=

「就活には攻略法がある。」
偏差値50の大学から、内定22社獲得・倍率800倍の大手食品企業に入社できた理由は、その攻略法を実践したからです。

たとえ東大生であっても、就活に関する情報は「就活本」や「就活サイト」といったありきたりな情報を調べるだけ。
学歴なんて、就活市場においては“数ある評価軸の小さな1つ”に過ぎないことを理解していないのです。

そんな凡人就活生を出し抜く攻略法こそ、
この『就活攻略論』です。

就活攻略論は、就活本だけでなく経営学・経済学・哲学・心理学など、あらゆる学問の書籍1000冊からそのエッセンスを抽出し、就活の攻略法に変換した独自の就活法です。

※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。

----------------
★本日の就活フルコースお品書き

「読むだけで就活を圧倒的有利にする快感。ぜひご堪能くださいませ。」

----------------

皆さん、こんにちは!最近特に他人の目が気にならなくなり、本当に生きやすくなったと思いますでお馴染み、就活マンです。

 

f:id:shukatu-man:20180609161439p:plain

 

本当に他人の目を気にしないで生きていくようになると、人生楽に生きていけますね。

最近強く思うのが、「お前からの目を気にしたらお金でも貰えるんですか!?」という考え。これを思うと他人の目とかどうでも良くなるのでおすすめです!

 

ではでは本日の記事の内容に入っていきましょうか。

かなり多くの就活攻略生からこんな質問を貰います。

「第一志望以外の企業から志望度を聞かれた時にどうすれば良いですか!?」

という質問です。

 

これはたしかに悩ましい問題であり、最初から考えて対策を打っておかないと、
聞かれた時に迷って面接官の印象を更に悪くする
という状態に陥ってしまうので、本日の記事の把握はマストでお願いします! 

 

一瞬でも迷ったら「こいつの志望度は低いんだな。」と思われるが当然だよ!

状況を把握しよう。

今回の記事のテーマである、面接官から「うちは第一志望なのか?」と聞かれるというのはこんな状況ですね。

 

f:id:shukatu-man:20180609163247p:plain

 

これに対して、2パターンの状況が想定されます。

①第一志望の場合

②第一志望以外の場合

 

当然、①の『第一志望の場合』では「はい!!第一志望です!!」と元気に自信を持って答えることができると思います。

なので問題なし!!

 

 

 

問題は、②の『第一志望ではない場合』です。

おそらくその場合はこんな状況になってしまうと思います。

f:id:shukatu-man:20180609163534p:plain

就活マンもこんな状況になったわぁ。むしろ第39志望ぐらいだったわ。

この状況になった時、果たしてどう答えるのが正解なのか!!それこそが本日の記事で考えて欲しいテーマですね。 

志望度の高さは“超”評価される。

まず今回のテーマを考える上で最も把握しておかないといけないことは、『志望度』に関しての認識です。

こちらの記事でも詳しく書いたのですが、
志望度が高いことはそのまま面接の通過率に直結します!!

shukatu-man.hatenablog.com

 

理由としては、1人採用するのに50万円ほどのコストをかけている点若者の数が減ってることからそもそもの採用難易度が上がってきている点から、
とにかく退社してほしくないんですよ!

 

それで、この退社しにくさは志望度の高さに直結しますよね。

だって、例えば幼い頃からずっと憧れていた企業に入社した人はどんな辛いことがあろうと退社しないじゃないですか?まさにこれ。

 

企業は退社しにくい人材をとにかく求めていて、
退社のしにくさは志望度の高さからも判断している!

これは絶対に覚えておいてください。 

第一志望と答えた方が当然志望度が高いと判断される。

以上のことから志望度の高さをアピールすることで、当然面接の通過率は上がります!

となると...

「第一志望です!」と答えた方が確実に評価されますよね。当然です。

 

あなたが面接官でも、第一志望です!と答えた人を採用するでしょ。

しかしここで一つの問題が起きてきます。

 

第一志望ではないのに、第一志望と答えることに罪悪感を感じる!

 

これですね。

たしかに第一志望ではないのに、第一志望と答えることは嘘です。嘘はいけません。

しかし僕は嘘をつかず、すべての企業に「第一志望です!」と答える方法を持っています。いや、マインドを持っています。

 

教えて欲しいですか??w

『順位を付けない』という選択。

えっと、要は志望度に順位を付けているからこの問題が生じるんですよ。

それならさ、志望度に順位を付けなければ良いのです。 

え?意味が分からないって?

図で説明しましょうかね!! 

 

f:id:shukatu-man:20180609165925p:plain

 

これが志望度に順位を付けている状況です。

 

ですが、良いも悪いも全てを受け入れる!

そして、全員がオンリーワンでナンバーワンだと思う!!

 

すると、、、

f:id:shukatu-man:20180609170159p:plain

 

(劇的ビフォーアフター風に...)なんてことでしょう。すべての人が1位になりました。

 この図説の女性達を企業に置き換えてみましょう。

すると全ての企業に第一志望と答えることができるではないでしょうか!順位を付けない。全て自分がエントリーした企業は第一志望だと認識する。

これこそが、就活攻略生のマインドなのです。

「なぜ?」と聞かれて答えられるようにしておこう。 

最後に、当然第一志望と迷わず答えた場合、面接官からされる質問は、

「なぜうちが第一志望なのですか?」

という質問です。 

そしてこの質問はしっかりと考えておかないと、ぱっと答えることができず、言葉に詰まると志望度が低いと一瞬で判定されてしまう質問でもあります。

 

志望理由の答え方はこの記事で詳しく書いたので、読み、ちゃんと考えてから面接に挑みましょう!!

shukatu-man.hatenablog.com

 

本日の記事は、これぞ就活攻略論!といった尖った内容だったと思いますが、就活はなんでもありのデスゲームです。だからこそ、面白い。正解がないですからね。 

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー