就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

【“転職前提”での就活は絶対アリ!】その理由を解説します。

20180401154528 alt=

「就活には攻略法がある。」
偏差値50の大学から、内定22社獲得・倍率800倍の大手食品企業に入社できた理由は、その攻略法を実践したからです。

たとえ東大生であっても、就活に関する情報は「就活本」や「就活サイト」といったありきたりな情報を調べるだけ。
学歴なんて、就活市場においては“数ある評価軸の小さな1つ”に過ぎないことを理解していないのです。

そんな凡人就活生を出し抜く攻略法こそ、
この『就活攻略論』です。

就活攻略論は、就活本だけでなく経営学・経済学・哲学・心理学など、あらゆる学問の書籍1000冊からそのエッセンスを抽出し、就活の攻略法に変換した独自の就活法です。

※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。

----------------
★本日の就活フルコースお品書き

《本フルコースが解決する悩み》

・転職前提での就活はしてもよいのか知りたい。

・転職前提での就活の立ち回り方法が知りたい。

 「読むだけで就活を圧倒的有利にする快感。ぜひご堪能くださいませ。」

----------------

皆さん、こんにちは!好きなスタバのドリンクは抹茶ティーラテ・オールミルク・エキストラホットでお馴染み、就活マンです。
(抹茶ティーラテは本来「水+牛乳」でパウダーを溶かすのですが、それを牛乳だけで作ってもらうものが「オールミルク」のカスタマイズです。「エキストラホット」は熱めってことです。ちなみにどっちのカスタマイズも無料だよ!)

f:id:shukatu-man:20180820221322p:plain

最近は転職のハードルが非常に下がっていますよね。

そんな状況の中で、「そもそも転職前提での就活ってどうなの??」そんな疑問を持たれる方も多いかと思います。

 

本日の記事では、転職前提での就活は「ありかなしか問題」や転職を前提とした就活の立ち回り方法をこれイチ記事で紹介していこうかと思います。

 

はじめに言っておくと、転職前提での就活を考えているあなたは非常に筋が良いですね。人生成功しやすいタイプだと思います。

 

と、褒めるのはそこそこにして本題に入っていきましょうか!

 

転職前提での就活はアリです! 

 

まず最初に、転職前提での就活は「ありかなしか問題」に対する僕の結論を出しておきますね。

転職前提での就活はアリです!むしろ賢い就活法である!

これに尽きます。

 

この理由には二つありまして、それが「そもそも転職前提で就活しなくても、3年後に離職する可能性が非常に高いこと」「転職前提で就活すると、主体的に働き方を選ぶことができる」という理由です。

 

それぞれ解説していきますね。

そもそも3年後離職率は非常に高い

 

まずそもそもですが、転職前提で就活せずとも3年後に離職する人の数は非常に多い。

厚生労働省の新規学卒者の離職状況を見てみましょう。

 

分かりやすいように『平成26年度の3年後離職率』を赤文字で書き出しました。

またグラフの上の人数は従業員数を表しています。

f:id:shukatu-man:20180821090007p:plain

引用:厚生労働省 新規大卒就職者の事業所規模別就職3年後の離職率の推移

 

グラフを見てわかる通り、たとえ従業員数が1000人以上の大企業でさえも、3年後離職率は20%を超えます。

更に言えば、従業員数が30人未満の中小企業では50%を超えているのです。

 

こうなってくると、そもそも就活において“転職前提”が当たり前になる。

むしろ“転職前提でない就活”は存在しないと言っても良いほど。

こう僕は結論付けています。

 

東芝の例を見てもわかる通り、これからの時代は更に変化が加速します。

するとどんな大企業にさえ安定はない。

転職を視野に入れずに、「一社に居続けるんだ!」という無駄なこだわりを持っているとどんどん転職市場での価値は下がり、「俺ってこんなに必要とされていないんだ...。」と絶望する日が来ると思いますよ。

 

お気をつけて!

 

転職前提で就活すると主体的に働き方を選ぶことができる

 

次の転職前提で就活をするメリットですが、

転職を前提で就活すると、常に主体的に働き方を選ぶことができます。

 

これはどういうことかと言うと、転職前提で就活を“しない”人は、その企業で一生勤め続けることを目的としますよね。

しかし、その企業で一生働き続けられるかどうかは運です。

(根性とか言う人もいるかもしれませんが、そんなこと言ってると自殺者増えますよ?)

転職するという選択肢がない生き方とは、つまりは自分の人生を運に任せている。働き方や自分のキャリアをすべて運に任せているという生き方なのです。

  

一方で転職前提で就活をする人はどうなのか。

転職前提で就活する人は、常に主体的に働き方やキャリアを選ぶことができます。

 

例えばベンチャー企業に勤めて、営業スキルと経営まわりの知識を得よう、そして転職をして◯◯業界の知識を増やそう!といった戦略的で主体的なキャリアデザインが可能ですよね。

 

ここからは少し想定の話をさせてもらいます。

東芝でリストラが発表された時、おそらく転職という選択肢がなくリストラされた人は、退職金を受け取って生きていきます。

退職金があればある程度生きていける。

 

しかし、50歳で退職金は持っているがリストラされ、市場価値はない人間になる。

果たしてその後の人生を楽しいのか。

僕は絶対に嫌ですね。

 

一方で、東芝に働きながらも転職を選択肢に入れて、副業を作ったり、再就職先のコネを作っていたらどうか。

退職金を副業や自分の市場価値の向上に投資して、新たなキャリアを作り上げていくと思います。

僕はこっちの人生の方が魅力を感じますね。

 

ちなみに先程から「市場価値」という話をしていますが、この「市場価値」はどう設定されるかというと、簡単に言えば『その企業で働いて得たスキルが、他の企業で活かせるかどうか』です。

 

特に大企業だと、その企業でのスキルはその企業でしか使えない場合が多いので「市場価値」は低くなります。

一方で中小企業だと、比較的広い範囲で仕事を覚える必要性があるので、「市場価値」は高くなりますね。

 

このように転職という選択肢を持って生きることで、常に主体的に働き方やキャリアを選ぶことができます。

転職前提で就活をする大きなメリットと言えるでしょう。

 

転職前提での就活はどう立ち回るべきなのか

 

ここまでお話して、転職前提で就活をすることはアリだと確信してもらえたと思います。

しかし一つ疑問が生まれますよね。

転職前提で就活をしていることを入社する企業に伝えるべきかどうか。

この問題です。

 

そして、この問題に対する僕の回答は、「転職前提であることは企業にバレないようにしろ」に限ります。

それはなぜか、内定を獲得するために重要なことは『志望度の高さ』と『適性』を企業に伝えることだと、この就活攻略論ではよく言ってますよね。

 

そしてなぜ志望度の高さを企業に伝えると内定を獲得しやすいかと言うと、企業としてはできるだけ長く働いてくれる人を当然求めているからです。

企業が一人従業員を雇うために投下しているコストは約100万円。100万円もかけて採用したのに、すぐに辞められてしまったら、もったいないですよね。

 

よって転職前提で就活をしていることが企業側にバレれば、確実に内定の取得率は下がります。

企業に転職前提であることを隠すのは心が痛くてできないよ!そんな思いを持っている人は、言えば良いですね。ただし、内定の獲得は格段に難しくなりますが...。

 

では、転職前提での就活での立ち回り方をまとめますね。

転職前提の就活でも、それを企業にバレないように自分の心の中だけで転職を意識しておけばよい。 

うまく立ち回ることが、就活攻略には欠かせませんからね。

 

市場価値を高める転職の方法とは 

 

では最後に、就活マンである僕が考える、転職でのうまいキャリア形成の話を最後にしてこの記事を終わりたいと思います。

 

まず転職やキャリアを考える上で重要なことは、とにかくゴールの設定です。

転職はいわば軌道修正。

軌道修正の先となるゴールが明確でなければ、当然軌道修正(=転職)などできるわけありません。 

f:id:shukatu-man:20180821104717p:plain

よく女性の就活生に話すことなのですが、

もし仮に『30歳までに専業主婦になること』という明確なゴールが設定されていれば、就活よりも大事なことは婚活です。

 

しかし、この女性のゴールが『結婚しながら月10万円ほど稼ぎつつ生きる』ならどうでしょうか。

結婚さえしてしまえば、派遣社員への転職もありですし、ハンドメイドの商品を作ったり、ブログを勉強して生計を立てるなんて方法もありますよね。

 

そしてそして、この女性のゴールが『結婚はせずに将来は企画職でバリバリ働きたい』であれば、こんなキャリア形成はどうでしょうか。

まずは大企業の総合職として入社し、企画職を5年は志望する。もし5年以内に企画職への配属がなければ、中小企業の企画職候補として転職する。

 

 

この例を見てもらってわかる通り、とにかくゴールを設定しましょう!

ゴールを設定せずに、毎日適当に生きていると納得のいく人生は送れないと思いますよ。

 

更に、そもそも市場価値を上げるのは何のためか?ということを並行して考えることをおすすめします。

市場価値を上げて株式会社◯◯に入社することが目的なのか、市場価値を上げて年収1000万円を突破することが目的なのか、企画職になるためにマーケティング領域での市場価値を上げて転職するのか。

 

このように、市場価値を上げる先には目的があるはずです。

 

目的やゴールを設定し、それを叶えるために転職という軌道修正を行う。

これが転職において最も重要なことだと、僕は思っています。

 

 

お疲れ様でした!!

本日の記事を読むことで、自分のキャリアやゴールを考えるきっかけになればいいなぁ〜と思っています! みなさんが自分の納得のいく人生を送れますように!

 

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー