就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

銀行の志望理由「とりあえず」で本当に良いんですか?

20180401154528 alt=

「就活には攻略法がある。」
偏差値50の大学から、内定22社獲得・倍率800倍の大手食品企業に入社できた理由は、その攻略法を実践したからです。

たとえ東大生であっても、就活に関する情報は「就活本」や「就活サイト」といったありきたりな情報を調べるだけ。
学歴なんて、就活市場においては“数ある評価軸の小さな1つ”に過ぎないことを理解していないのです。

そんな凡人就活生を出し抜く攻略法こそ、
この『就活攻略論』です。

就活攻略論は、就活本だけでなく経営学・経済学・哲学・心理学など、あらゆる学問の書籍1000冊からそのエッセンスを抽出し、就活の攻略法に変換した独自の就活法です。

※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。

----------------
★本日の就活フルコースお品書き

「読むだけで就活を圧倒的有利にする快感。ぜひご堪能くださいませ。」

----------------

 

f:id:shukatu-man:20180220101030p:plain

 

日本のキャリア教育は皆無に等しい。

僕が愛用するニュースアプリNewspicksにて、
こんな記事が特集されました。

newspicks.com

 

この記事に関して僕はこんなコメントを残しました。

 

はっきり言いましょう!!!

 

・"安定した"企業なんて、ほぼない。(強いて言うなら食品大手など技術革新によっても生活から消えることがない業界ぐらい)

 

・「大企業に入りたい!」っていう安易な考えをしてしまうのは、それだけ日本の教育の過程でキャリアを考える機会がないという証拠!!誰もが就活初心者なんだ!仕方ない。

 

・従業員300人未満の企業の求人倍率6.45倍は、ひどい。もっと学生に"本当の自社の価値を伝える努力や工夫"をしようよ。合同説明会にただ複数回出展してるだけ。10分の説明じゃ何も伝わらない。

 

・金融業は5人に1人...って言っているけど、大規模リストラなどの現状を知ってる学生は数%。今後の金融業の動向を察知してリスクを感じてる学生が少なすぎる。未来予測能力、動向察知能力の向上必須。特に女子学生は「とりあえず金融」と言いがち。

 

こうした記事を通して、
単に「大企業志望だけではリスクあるよ!」
と言っても就活生の意識は何も変わらない。

 

大学1.2年生の時期からの、
キャリア教育が必須!
むしろ高校生の時からやるべき!

 

もっと、人生全体としてのキャリア教育が必要すぎる。

 

僕はブログを通して、まずは接点を作り、今後はそんな教育ができる仕組み、コミュニティを作成します。

 

 

要は就活生の99%の人が企業選びにおいて、
「情報弱者」なんですよね。

 

でもこれは仕方ないことで、前回の記事でも書いたけど大学までの人生で「企業のこと」や「職種のこと」「ビジネスモデルについて」などこれらを学ぶ機会は皆無だから当然、情報弱者になってしまっている。

就活期に入っていきなり「自分に合う職種は?」とか言われても探せる訳がないんですよ!!

shukatu-man.hatenablog.com


よって僕のブログを通して、『就活における安易な業界・職種選択のリスク』を一緒に考えていきたいなと思って今回の記事を書くことにしました。

 

その中でも今回の記事では、特に銀行などの金融業界を志望する人に対して、
本当に銀行・金融でいいの!?
という疑問をテーマに書いていきますね。

 

最近、就活生との面談の中でも「とりあえず銀行志望してます!」という意見をよく聞くけど、深掘りすると「なんとなく」であることが残念ながら9割以上だよ。 

メガバンクの採用難易度が上がった。

ところでNewspicksの記事にはこんなことが書いてありました。

 

『就活四季報2019年版』によると、2018年卒の新卒をもっとも多く採用した企業1位は、1365人採用したみずほフィナンシャルグループで、2位が1050人採用した三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行は800人採用で5位となった。
だが、注目すべきはその数が、大幅に減っているということだ。
みずほフィナンシャルグループは、2017年卒の1880人から約500人、三菱東京UFJ銀行が1250人から200人、三井住友銀行は1450人から650人も減らしている。

引用:https://newspicks.com/news/2824457/body/?ref=index

 

つまり、18卒は17卒の時の就活期と比べて大幅に採用枠が減っていた。

 

すると当然2019卒では、

こうした状況を鑑みても、2019年卒のメガバンク採用は、さらに採用人数を抑える公算が大きい。すると当然、人気の金融業界の内定獲得は、難度が増すだろう。

引用:https://newspicks.com/news/2824457/body/?ref=index

19卒では更に採用枠が減るとのことですよ。 

 

採用枠が減っても大手メガバンクへの入社希望者はほとんど減らないので、
内定倍率が当然上がります。

 

ここで、多くの金融系志望の学生はこう思うのではないか。

「倍率上がるんだ!内定難しそう!最悪ー!」

と。

 

つまり、ただ単に「内定難易度が上がって嫌だな〜。」としか考えないでしょう。

 

しかし本当の恐ろしさは、内定倍率が上がったことではないですからね...。

 

POINT17卒、18卒、そして19卒と大手メガバンクの採用枠(採用人数)が減ってきている。

なぜ採用枠が減ったのかを考えよう。

大手メガバンクの採用枠が減り、内定倍率が上がった。

ここで僕がブログで何度も言うとおり「なぜ」と考えることが非常に重要な意味を持ってきます。

 

なぜ大手メガバンクの採用枠が減った!?

こうして「なぜ」と考えることができる人こそが、これからの世の中を生き残っていけるのです!!

 

Newspicksではそれぞれの記事に対して有識者(すごい人)がコメントできるシステムがあり、その中でアソビュー株式会社代表の山野さんが非常に良いコメントをされていたので、掲載します。

 

f:id:shukatu-man:20180220100345p:plain

 

...非常に意味深ですよね?

そして、山野さんも仰るとおり「なぜ」と考えることこそが大事だと。

 

では一緒に「なぜ銀行の採用枠が減ったのか?」を考えていきましょうか。

 

採用枠が減った時に考えられること。 

最初に、そもそも採用枠はなぜ減るのか?ということについてシンプルに考えていきましょうか。

まず大前提として“大手の”メガバンクだと言う点がポイントです。大手ってところがね!もしこれが従業員数が数十人のベンチャー企業だったら、毎年採用する人数が増減するのは当然なので検討できません。

 

まず大手メガバンクとして三菱UFJ銀行を例に挙げてみていきましょう。

従業員数は何人でしょうか?

f:id:shukatu-man:20180509151258p:plain

引用:http://www.bk.mufg.jp/kigyou/profile.html

従業員数は3万5000人とのこと。

ば、ばけもんだっ!! 

 

では次に毎年の離職率をみていきましょう!

 

 

Googleに「三菱UFJ銀行 離職率」、検索っと!

 

 

数字ないなぁ。

 

...おいっ!!Google!!

 

 

...なにしてるんだ、Google!!!離職率を教えてくれよっ!!!!

 

 

....。

 

 

その後「メガバンク 離職率」と検索しようとも、明確な数字は全く出てきませんでした。

 

 

「離職率がある程度一定にも関わらず、採用数を減らしている」
というロジックを組みたかったのですが、離職率が出てこない。

 

よって、離職率がある程度変わらないと仮定して考えてみましょう!

 

コップをイメージしてください。

そのコップには少し穴が空いています。そこから少しずつ一定量の水が漏れている(=離職)。

それなのに追加で注ぐ水が減っていっている(=採用枠の減少)。

 

その結果どうなるか。

 

コップに入っている水の量が減っていっている。

と、当然こうなります。

 

 

そして、従業員3万5000人規模の企業において従業員が減っていっているということは、つまりはこれ以上そんなに人いらないから!状態ということが言えますよね。

 

そして、この「これ以上そんなに人いらないから!状態」になった理由は大きく2パターンが考えられるのです。

 

・仕事量(=需要)は変わらないけど業務を効率化できるようになった!

・そもそもの仕事量(=需要)が減った!

 

ここで、もし前者の「仕事量(=需要)は変わらないけど業務を効率化できるようになった!」という場合でも、それだけ手があいたのなら新規事業を行えよ!というツッコミを入れることもできますよね。

 

そしてそれ以上にヤバイのは後者の「そもそもの仕事量(=需要)が減った!」という場合です。

 

その場合、
銀行の需要が減っている。

こう考えることができるのです。

 

 

そして、銀行の役割を他サイトから引用しましょうかね。

 

「お金を貸し出す機能」
銀行に預けられた預金は、お金を必要とする個人や企業、国・地方公共団体に貸し出されます。お金を借りた個人・企業などは銀行に対して利息を支払います。

銀行は、個人・企業などの重要な資金調達機能を担っているといえます。

引用:https://www.zenginkyo.or.jp/article/tag-h/3803/

 

「お金を決済する機能」
銀行は、振込み、手形・小切手、電子記録債権による決済や、公共料金、クレジットカードの利用代金などの口座振替(自動引き落とし)を行なっています。
この機能により、預金者は支払いや受け取りに伴う時間や労力、現金の運搬に伴う盗難の危険を回避することができ、また遠隔地であってもすみやかに資金の受け渡しができます。

銀行は、支払い決済手段を提供することによって、経済活動を効率化ししています。

引用:https://www.zenginkyo.or.jp/article/tag-h/3803/

 

お金を「貸し出す」お金を「決済する」といういうのが銀行の大きな役割です。

そして、これらが行われるところを想造してみましょう。

 

銀行の窓口で頑張っている姿が想像できませんか??

 

全国に大量にある支店で銀行員がシコシコと事務作業をしている姿が想造できると思います!

 

 

ここで一つ考えが浮かびませんか?

...もしその作業がロボットがやってくれたら。

そう。

技術の発展によりそもそも銀行内での業務がどんどん効率化されていっていることは当たり前に想造できます。

 

3万5000人もいらねえよ!

ITシステム、ロボットの方が働いてくれるから、お前らいらねえよ!

 

と、そんな声が聞こえてきそうですね。

 

 

 

そして更には、
何か事業をする!起業したい!商品を作りたい!
となった場合、これまでは
銀行にお金を借りるしかない!
という状況でしたが、
クラウドファンディング
によって賛同してくれる人から資金を調達することも、
ネット上で投資家に出会う機会が増えて
出資してもらいやすくなったという背景があり、
お金借りるの銀行からじゃなくていいや!
という完全に銀行のニーズは減ってきているという状況です。

 

IT技術の発展による業務効率化によって業務自体がなくなり。
クラウドファンディングや出資者との出会いの容易化によって銀行の需要もなくなっている!!

 

 

 

 

 

 

最後に、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも大手メガバンクが安定だとあなたは思いますか?

 

 

 

 

 

 

 メガバンクでの大量リストラが増えている。その意味が分かりますか。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー 

 

【就活マン公式LINE@がいよいよ登場!】※完全無料※
公式LINE@の友達限定で就活情報『裏メニュー』を、
毎週月曜日チャット内にて配信中!

f:id:shukatu-man:20180124111221j:plain

『裏メニュー』お品書き
-今週の“就活生が絶対知るべき経済ニュース(就活マンのコメントを添えて)
-よくされる質問への最強回答集
-読者からの就活Q&A
-ブログでは絶対言えない㊙情報

【裏メニューvol.2 限定公開中】
就活マンのブログでは絶対言えない『裏メニュー』vol.2 - 就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

就活マンへの質問もLINE@から受付中!
友達追加お待ちしています!

友だち追加