就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

【注意】内定辞退後の『再応募』を成功させる攻略法とは!

20180401154528 alt=

「就活には攻略法がある。」
偏差値50の大学から、内定22社獲得・倍率800倍の大手食品企業に入社できた理由は、その攻略法を実践したからです。

たとえ東大生であっても、就活に関する情報は「就活本」や「就活サイト」といったありきたりな情報を調べるだけ。
学歴なんて、就活市場においては“数ある評価軸の小さな1つ”に過ぎないことを理解していないのです。

そんな凡人就活生を出し抜く攻略法こそ、
この『就活攻略論』です。

就活攻略論は、就活本だけでなく経営学・経済学・哲学・心理学など、あらゆる学問の書籍1000冊からそのエッセンスを抽出し、就活の攻略法に変換した独自の就活法です。

※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。

----------------
★本日の就活フルコースお品書き

《本フルコースが解決する悩み》

・内定辞退をした企業に対して再応募は可能なのか知りたい

・内定辞退した企業にどうしても入社したい

 「読むだけで就活を圧倒的有利にする快感。ぜひご堪能くださいませ。」

----------------

皆さん、こんにちは!台風の音がうるさすぎて爆音で音楽を聞きながら執筆中でお馴染み、就活マンです。

f:id:shukatu-man:20180904144954p:plain

この時期、内定を辞退した企業に対して再応募したいのですが...という相談を受けます。

実際に「内定辞退 再応募」と検索してみると、だいたいのサイトが「できることはできる」という中途半端な回答ばかりだったので、これは就活攻略論で書かないといけないと思いたち台風の中ではありますが、シコシコと執筆しております。

 

はじめに断言しておきましょうか。

本記事を読めば、内定辞退後でも再応募を成功させることができます。

ぜひご参考に!

 

そもそも内定辞退とは何か

 

まず基本的な事前知識です。

そもそも内定辞退とは何かというと、内定が出たにも関わらず、それを断ることを言います。内定が出た時に、雇用契約が結ばれるかたちになるので本当はそのまま入社すべきですが、僕らには『職業選択の自由』があるのでそれを無視できます。

 

東洋経済の記事でもこう書いてありますね。

内定者からの辞退を企業が拒否することはできません。日本国憲法22条1項では「何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する」と職業選択の自由を保障しています。

東洋経済オンラインより

 

しかし憲法で定められているからといって、内定辞退をされれば企業としても、採用計画が狂ってしまうので、大変な思いをしてしまいます。

(採用計画とは簡単に言うと、今年は4人採用しましょうとその企業が決めた計画のことです。)

内定辞退後の再応募は可能なのか

 

企業に大変な思いをさせてしまったけれど、やっぱり内定辞退をした企業に入社したいという方もいるでしょう。

(他の企業で内定が出ず、仕方なくという方もいるかもしれませんが...。)

 

そんな方は、「一度内定辞退したけど、再応募して内定をもらうことができるのかな」という悩みを持っていると思うので、僕なりの結論を用意しました。

 

【結論】内定辞退後の再応募なんてできるに決まっている

 

再応募なんてできるに決まってるでしょうが!

これが僕の結論です。

 

というのも、再応募なんてメールで送るだけなので「できない」なんて答えは現実的には存在しませんよね。

しかしながら、再応募が「できる」のと「それで内定が再度とれる」のは別問題。

 

再応募によって内定を再度取得できるのか。

それに対する僕の回答はこちらですね。

適切な準備と方法を取れば、内定辞退後の内定の再度取得は可能。

この理由を詳しく紹介していきましょうか。

 

再応募しても再度内定の獲得はできない人

 

まず最初に言っておきますが、

内定辞退をめちゃくちゃ適当にしたような人は再応募による内定の再度取得は難しいでしょうね。

 

メールにて「すみません。やはり内定を辞退します。」と適当に送ったような人は、企業からしたら、もはや『内定辞退者』ではなく『内定辞退してくれて良かった人(いらない人材)』になっているので、もう内定は出しません。

 

就活生の中には、大学生気分の人も多く、対応が雑な人は多いのが現状。

僕が行っている秋採用支援でも、突然何も言わずに連絡をしてこなくなる人もいて、キャリアアドバイザーさんとともに困ってしまう場合も多いです。

 

このように一度、企業に対して適当な対応をしてしまった人は、時間の無駄なので再応募はやめておきましょう!!

 

再応募によって「内定の再度取得」が可能な理由

 

しかし、内定辞退もしっかりと礼儀正しく行った人に関しては再度内定を獲得することが可能です。

 

それはなぜかと言うと、そもそも内定を出したということは『あなたが自社に必要な人材であると認めている証拠』だからです。

それに加えて、現在は売り手市場であり採用難の時代。

企業としても、もし採用がその後うまくいっていない場合は喉から手が出るほど、一度認めた優秀な人材であるあなたを欲しがっています。

 

しかしながら、一度内定辞退をされている関係上、企業としてはあなたに対して「またすぐ辞めるのではないか」「信用できるのか」という疑問を抱いているのも、また事実です。

f:id:shukatu-man:20180904164841p:plain

ですが、それらの疑問に対してしっかりと回答していくことで、もう一度信用を取り戻すことができ、内定をも手にすることができるでしょう。

 

その方法をお伝えしていきましょう!

 

人間関係と同じで、一度壊れてしまっても、じっくりと順序を追って解決していけば修復は可能だよ!

 

内定辞退後の再応募を成功させるための準備

 

では内定辞退後の再応募をしていきましょう!

しかし、すぐにメールで「再応募させてください」と送っていてはダメですね。

もっと思考しましょう。工夫しましょう。

 

再応募のために準備する必要のあることを、一つずつ紹介していこうと思います。

 

再応募前の準備① 企業側の心理を理解する

 

再応募するための準備としては、まずは企業側の気持ちを理解する必要があります。

 

あなたがもし企業の人事部なら、再応募してくるあなたに対してどう思うのか。

これをとにかく思考してみましょう。

 

おそらく企業の人事部はこう思うでしょうね。

「そもそもなぜ内定辞退したのか、再確認したい。」

「内定辞退したのに、それでも自社に入社したい理由は何か。」

「一度内定を辞退したのに再応募してくる気持ちはどんなものか。(生半可な気持ちじゃないのか)」

 

このように人事部の気持ちを理解することができれば、それに対しての答えをこちらからしっかり与えてあげることができれば、企業側も納得してもう一度あなたに内定を出すはずです。 

 

「相手が考えていることを把握」⇒「それに対する対策を練る」
この逆算思考が超大事!

 

再応募前の準備② なぜ内定辞退したのかを明確化する

 

企業側が思うこととしては「再応募してくるぐらい自社に入社したいのなら、なんで一回辞退したの?」という疑問です。

 

これに対して最悪な回答は、こんな内定辞退理由です。

「あなたのところの企業よりも入社したい企業から内定がもらえそうだったから辞退したけど、内定でなかったんだよねぇ。だから再応募したの。」

 

これじゃ当然、また内定が出ることはありません。

 

ではどのような理由を用意すれば良いのか。

僕ならこんな理由を用意しますね。

「内定を頂いてから、もう一度自身の希望する働き方や職種を再確認する時間が欲しかったので辞退しました。時間を作って待って頂くのは、ご迷惑だと思ったからです。しかし、もう一度考えた結果、どこの企業よりも御社での◯◯という働き方や◯◯の職種に魅力を感じ、絶対に御社に入社したいと確信しました。」

 

はい。これで企業も納得でしょう。笑

 

再応募前の準備③ 志望動機をもう一度明確化する

 

先程の内定辞退の理由の例では、後半で「御社での◯◯という働き方や◯◯の職種に魅力を感じ、絶対に御社に入社したいと確信しました。」という文章を書きましたが、ここをもう一度深く深く考え抜いてください。

 

つまり志望動機をもう一度、明確化しましょう。

 

一度内定辞退をしたにも関わらず、それでも入社したいという気持ちを企業に伝えるには、理由が必要です。その理由こそが志望動機となりますからね。

 

再応募前の準備④ 魔法のコトバ「嫌な目をされることは承知の上です。それでも…」

 

再応募前の準備の最後に、就活攻略生の皆さんに「魔法のコトバ」をプレゼントしようと思います。

 

そのコトバとは、「嫌な目をされることは承知の上です。それでも…」という“共感”です。

 

具体的には、企業に対してこのように共感を示せば魔法のように相手はあなたに好意を示します。

「一度内定辞退をしたにも関わらず、それでも再応募することに対して、嫌な目をされることは承知の上です。しかし、それでも御社に入社したいという気持ちが考えれば考えるほどに大きくなっていったのです。」

 

就活でも、恋愛でも、友人関係でも、信用の構築に大切なことは相手の気持ちを理解し共感してあげることです。このテクニックを覚えておきましょう。

 

内定辞退後の再応募の手順

 

ではここからは、実際に再応募にとりかかっていきましょう。

 

内定辞退後の再応募の方法は『メール+電話』

 

まずはじめに再応募の手段ですが、企業によってもし指定の方法があれば従えば良いですが、基本的におすすめなのは、メール+電話です。

 

メールだけではダメなのかと思う方もいると思いますが、それでは誠意は伝わりません!甘いですね。

 

 

再応募の手順① メールを送付する

 

まずは企業の問い合わせまたは、人事部のメールアドレスを知っていれば人事宛にメールを送付します。

 

文面の例を紹介しますね。

【再応募の際のメール文面例】

◯◯株式会社 御中

 

お世話になっております。

◯◯大学の◯◯と申します。

 

ご連絡しました理由としまして、単刀直入に申し上げると、

一度内定辞退をさせていただいたのですが、再応募させていただきたく思います。

 

内定を頂いてから、もう一度自身の希望する働き方や職種を再確認する時間が欲しかったので辞退しました。時間を作って待って頂くのは、ご迷惑だと思ったためです。

しかし、もう一度考えた結果、どこの企業よりも御社での◯◯という働き方や◯◯の職種に魅力を感じ、絶対に御社に入社したいと確信しました。

 

一度内定辞退をしたにも関わらず、それでも再応募することに対して、嫌な目をされることは承知の上です。

しかし、それでも御社に入社したいという気持ちが考えれば考えるほどに大きくなっていき、ご連絡した次第です。

 

お忙しい中、大変恐縮ですが、ご返答の程宜しくお願い申し上げます。

 

◯◯大学 ◯◯学部 ◯◯年

(名前)

(電話番号)

(メールアドレス) 

再応募の手順② メールを送付した1時間後に電話する

 

メールを送付したら、企業または人事部宛に電話をしましょう。

その時にこう伝えれば完璧です。

【電話での伝え方】

「お久しぶりです。◯◯大学の(名前)です。突然、ご連絡してしまいすみません。先程メールを送付させていただいたのですが、一度内定辞退をしているのですが、もう一度御社に入社するチャンスを頂きたく思っております。」

 

これに対して相手が聞いてくることに回答すれば大丈夫です。

再応募するメンタル「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥 」

 

再応募に関する説明は以上になります。

今回の記事に書いたことをしっかりと実践すれば、企業も分かってくれるでしょう。

 

しかし、再応募をする際、特に電話をする時には勇気がいると思います。

 

ここで、そんなあなたに僕の好きなことわざを贈りますね。

それは、 「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥 」ということわざです。

 

人に何か聞く時、緊張しますよね。聞く瞬間は恥ずかしいものです。

しかし、そこで聞かないという選択をしたことによる後悔は、一生の恥になるんですよね。

 

僕は何かに挑戦する時、このことわざを思い出します。

何か「する」のは緊張したり、怖かったり、恥ずかしかったりする。

しかし「しない」という選択をとってしまえば、おそらく将来「あの時にしていれば」と一生後悔すると思うんですよね。

後悔している人に対して僕が思うのはただただ「ださい」という感情のみ。

そうなりたくないので、僕は行動するようにしています。

 

人生は一度きり、「する」という行動を取ったもの勝ちです。

 

この言葉があなたの積極的な行動に繋がることを心から願っています! 

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー