就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

就活生、「なんとなく」で人生決めている問題。

20180401154528 alt=

どの就活サイトよりも『本質的な就活情報』のみを発信するメディアです。
※無価値な情報は一切公開しません。

運営者である就活マンは中堅私立大学から内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社しました。(その後1年で独立)

就活で他の就活生を圧倒できた理由は、経営学・経済学・心理学・文学などの書籍1000冊を元に就活に応用を効かせた「就活攻略法」を生み出したからです。

この知識が一人でも多くの就活生の成功に繋がることを心から願っています。
※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。

» 就活マンの自己紹介と「就活攻略論」が生まれた経緯はこちら!

----------------
★本日の就活フルコースお品書き

「読むだけで就活を圧倒的有利にする快感。ぜひご堪能くださいませ。」

----------------

皆さん、こんにちは!GW実家に帰っても8割の時間はスタバにこもってましたでお馴染み、就活マンです。

 

f:id:shukatu-man:20180506123805p:plain

Newspicks主催の堀江さん(ホリエモン)と大学生の対談イベントを見ていて、大学生からこんな質問が出ていたことに着目しました。

「私は大学時代に1年間留学をしていて、現地の方から「なぜ?」「なんで?」と質問されることが多く、その度に「なんとなく」と答えてしまうことが多かったんです。そんな体験から、日本にいる時に全く考えることをしないで過ごしてしまったと実感しました。(に続いて堀江さんはどのように考える訓練をしていますか?とのこと)」

 

僕は約500人の就活生とLINE@を通して相談に乗っていますが、この「なんとなく」で全てを決めている人の多さに本当に驚かされていました。

 

例えば、「なんでその業界にしたの?」と聞くと「大学の専攻に近いので」と答えます。でもこれってよく考えれば結局「なんとなく」なんですよね。

深く考えずに「なんとなく」に身を委ねて生きていくと、周りの意見や大衆が唱える当たり前に支配されてしまうぞ!やばいぞ!と思っている訳です。

 

でも今思うと、こう「なんとなく」で生きている人ばかりなのは当然のことなんですよ...。

その理由、説明していきますね。

 

「なんとなく」ばかりになってしまった理由。 

では、なぜ大学生がこれほどまでに「なんとなく」で物事を決めるようになったのかを考えていくとその理由はやはり教育のシステムにあると思ってます。

日本の教育って、とにかく教科書を“与えられ”、一方的な授業を“与えられ”、宿題を“与えられ”全て受け身で育っていきますよね。

要するに、『自分で考える』という作業は答えのあることに対してのみしか行わなかったんですよ。国語、算数、理科、社会すべてのテストは答えがある。答えがあることに関しての考える作業は『自分の考えを見出す』ということに繋がりません。ただの暗記に過ぎません。日本の教育システムの中では自分の考えを深掘りし、主張するという能力は全く育たないのが現状なのです。

 

このような現状から、就活においてもエントリーする企業は「なんとなく」となる人が続出します。

将来「なんとなく」暮らせればいいかなと考えて、適当に1社から内定を貰えば良いかな〜という浅い思考に陥っている人の数、山のごとしです。

 

「なんとなく」から脱出する方法。

ではどうすれば「なんとなく」ではなく、自分の考えを深掘りし自分の考えを元に生きていけるようになるのか。しっかりと自分の考えを元に、自分に合う、自分にぴったりの企業を探すことができるようになるのか。

 

自分の考えを深掘りする能力は堀江さんも回答で仰られていたように、
場数を踏む
ことでしか身につきません。

 

要するに、自分の考えを深掘りするという作業を何回も何回も繰り返し行う必要があるということです。

具体的な方法として、僕が自分の考えを深掘りできるようになった理由を考えてみると、

・読書による筆者への反論とか共感

・ブログ執筆

・就活生からの質問への回答

・Newspicksでの自分の意見のコメント投稿

この4つの作業によるものが大きいと思います。

今思えば、これら4つを行っていない大学1年生の頃の僕は「なんとなく」で生きていたと思います。

だから99%の大学生が「なんとなく」で生きていることに納得できますし、理解もできる。最初のきっかけである読書に出会わなかったら、きっと僕は糞みたいな企業で毎日仕事に耐えながら土日で発散して、貯金は貯まらない。そんな生活をしていたと思いますね。正直。

 

就活生が「なんとなく」ではなく深く考えて企業を選ぶ方法。

そして、ここからが一番重要なんですけど、就活って人生の最初の超大きな分岐点じゃないですか。

だって高校受験も、大学受験も、結局“よりよい企業に入社するため”でしょ。

ここで納得のいく企業に入社しなければ、今までの人生なんだったんだよとなり兼ねません。意味分からない歴史上の人物の名前覚えた時間!年号とか覚えた時間はなんだったんだよ!!!と。(今思うとあの暗記エグいよね。笑)

 

この2年間で600名ぐらいの就活生と話してきましたけど、590名ぐらいはエントリーしている企業の志望動機は僕からしたら上辺だけの「なんとなく」です。

「様々な取引先と出会えそうだから。」「伸びる業界だから。」「大学で学んでいることに近いから。」「人と話すのが好きだから。」「有名企業だから安定そうだから。」

はっきり言って、これらの理由に『なぜ?』を3回問い詰めれば確実に言葉に詰まりますよ。

それは結局「なんとなく」だからです。イメージだからです。親からの意見だからです。馬鹿な先輩からの助言だからです。世間で言われている間違った当たり前だからです。

 

まぁ、こうして悪口を言いまくっているわけですが、先程言った通り自分の考えを深掘りして自分に合った企業を見出すこと、誰もが納得できる志望動機を見出すことは“場数によって”しかできません。

就活中の数ヶ月でできるわけないんですよね。普段から自分の考えを深掘りしてアウトプットしているような1%の大学生のみが納得して企業を選び、納得して入社しているけど、その他99%の人にはできません。

なぜなら圧倒的に場数が足りないから。当然です。

 

こうして考えてきた結果、『就活攻略論』では“内定を取るためのテクニック”はどの就活サイトよりも自信を持って提供できているけど、それ以前の『その人に合った企業の選定の手伝い』は全くできていないなと反省しました。

しかし何度も言うとおり、これには場数が重要です。個人が自分に合った企業を探すことができるようになるためには圧倒的な場数が必要なのです。それを数ヶ月でできるようになるための記事!なんてのはこの世にありません。(あったら詐欺系のやつだよ。)

 

そしてそして、もっとやばいことに大学生は企業のことも知りませんよね。ホームページや合同説明会の上辺だけの説明で分かった気になっているかもしれませんが、全く分かってない。

これは大学で企業のビジネスモデルや職種について、なんにも教わらないからであって、仕方ないと思います。

 

以上のことから言えるのは、

自分の考えを深掘りすることができない。

企業のことも理解できない。

という事実です。

 

ここで思うんですよ。

 

これじゃ、自分に合った企業を選び入社することなんてできるわけないじゃん。

と。

 

本当にこれが当然の結論だと思います。だから実際に就活後に活き活きと働いている先輩がいないんですよ。インスタばっか見て現実逃避している人ばっかりなんですよ。

 

結局のところ日本の就活が糞な理由は、

「なぜ」と自分の考えを深掘りする能力を育てない授業スタイル。

企業のことを一切勉強することのない大学の無意味さ。

この2つが根底にあるということです!

 

皆さんご存知の通り、就活マンの目的は『就活攻略論』の読者の方の「10年後の幸せ」なので、こうした日本のシステムを壊していきたいのですがいきなりは無理です。

しかし僕が生きている間には成し遂げたいと思います。

 

 

結論っ!!

就活に関する記事だけで260記事。就活に関して7年研究を行っている日本有数の就活マニア、就活マンが皆さん『一人一人に合う企業を見出すお手伝い』は記事ではできないってことです。

 

そこで、人材会社DiGさんとのコラボにて1人1人にぴったりな企業を見つけ、僕が内定獲得のためのサポートに入るという最強のサービスを立ち上げました。

 

 

【詳細はこちらから】

http://syukatuman-campus.com/syukatuman-dig/

 

 

Twitterでは、「企業の裏側まで研究して志望しましょう!」「その企業のIR情報を読み解きましょう!」「最低でも3人はその企業の人に会って話を聞きましょう!」といった情報が流れてきますが、

そういった情報に対して、

なんとなく納得していてはいけません!

 

 

ぶっちゃけこういった↑情報を読んで実行できる人なんて、1%もいないと思ってます。

できないのなら、絶対にできる人の助けを借りたほうが100倍良いと思います。

長くなったけど、読者の皆さんの本音を一番に理解しているつもりなので、これからも一緒に

脱なんとなく人生

を歩んでいきましょう!!!