就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

【自己分析テスト】就活生が絶対にするべき自己分析テスト|就活への活かし方

20180401154528 alt=

どの就活サイトよりも『本質的な就活情報』のみを発信する就活専門ブログです。
※無価値な情報は一切公開しません。

運営者である就活マンは中堅私立大学から内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社しました。(その後1年で独立)

就活で他の就活生を圧倒できた理由は、経営学・経済学・心理学・文学などの書籍1000冊を元に就活に応用を効かせた「就活攻略法」を生み出したからです。

この知識が一人でも多くの就活生の成功に繋がることを心から願っています。
※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。

» 就活マンの自己紹介と「就活攻略論」が生まれた経緯はこちら!

----------------
★本日の就活攻略論お品書き

《本日の記事が解決する悩み》

・就活で役立つ自己分析テストが知りたい

・自己分析テストを就活にどう役立てるか知りたい

 「読むだけで就活を圧倒的有利にしよう。」

----------------

皆さん、こんにちは!どのテストを受けても「創造力」が抜群でお馴染み、就活マンです。

f:id:shukatu-man:20190305214619p:plain

最初に断言します。

本記事を読めば、「おすすめの自己分析テスト」だけでなく、テスト結果をどう就活に役立てることができるのかを理解することができます。

 

Googleで「自己分析 テスト」と検索しても、色んなテストが出てくるだけで、それをどう就活に活かすことができるのか分かりません。

そうだね。他のサイトは「テストの紹介だけ」がほとんどだから、それをどう自己分析や就活に活かすのか分からないよね。

そうなんです。おすすめの自己分析テストと、それを就活に活かす方法を教えてもらえないでしょうか!

わかったよ!じゃあ今回はおすすめの自己分析テストとそれを就活で完璧に活かしきる方法を紹介しよう!

 

就活生が自己分析テストを選ぶ上での注意点

f:id:shukatu-man:20190227214724p:plain

 

まず最初に、これから自己分析テストを受けようと考えている方に注意点が2つあります。それを先に話しますね。

 

注意① エニアグラム診断は就活に転用しにくい

 

まず最初に自己分析テストとして有名な「エニアグラム診断」ですが、受けて結果を見ても自己満足になってしまうことがほとんどです。

それはなぜか?理由は2つあります。

【エニアグラム診断が就活生に向かない理由】

 

・エニアグラム診断の結果は就活に活かしにくいから

・エニアグラム診断は診断結果の情報が薄いから

 

まずエニアグラム診断は、下記の画像の通りで「自分のタイプがザックリと分かるだけ(すべての人は9タイプに分けられる)」であって、それをどう就活に活かせば良いのか解説しているサイトもほとんどないことから、就活には活かしにくいのです。

 

▼エニアグラム診断はタイプが分かるだけ

f:id:shukatu-man:20190305222410p:plain

画像引用:https://uranailady.com/fortune/enneagram/

 

次に上記の画像を見て分かるとおりで、エニアグラム診断の結果は非常に薄いです。

せっかく時間をかけてテストを受けるのに得られる情報が薄いのは、時間対効果が低すぎるのでおすすめしませんね。

よって結論として、僕はエニアグラム診断をおすすめしません!

 

注意② テストを受けて満足しても意味がない

 

続いて9割の就活生が陥ってしまうのですが、「自己分析テストを受けてそれをどう活かすのか分からず、「ふーん」と納得して終わってしまう」という人が続出します。

これはどんなことにも言えることですが、何か行動をした時に何を得られるのかが重要です。

 

どれだけ好きな人にアピールしても、プレゼントをあげても、付き合えなかったら自己満足で終わりですよね。要するに何か結果がついてこないと、どれだけ行動しても無意味だと言うことが言いたいんですよ。

 

そして、それは「自己分析テスト」でも同じことが言えます。

自己分析テストを受けて、それによって何が得られるのかを理解し、実際にその結果を得ることで初めて「自己分析テストを受けてよかった」となるんですよね。

 

そこで意識すべきこそは自己分析テストを受ける目的です。

次の章にて自己分析テストを受ける目的を簡単に解説します!

 

自己分析テストを受ける目的とは?

 

自己分析テストを受ける目的を理解していない状態で、テストを受けても意味がありません。では自己分析テストを受ける目的とは何か?

それは「自己分析を完了するため」ですよね。 

 

ではそもそも自己分析の目的を把握していますか?

ここが非常に重要でして、就活攻略論では自己分析の目的を以下の2つと定義しています。

【自己分析の目的(=自己分析テストを受ける目的)】

 

・企業選びの軸を作成すること

・面接官に自分のことを伝えられるようになること

 

この2つを達成するために自己分析が必要なのです。そしてその自己分析をよりスムーズに行うための材料となるのが自己分析テストなんですよね!!

 

なるほど!そもそも自己分析テストを受けるのは「自己分析を完了するため」であり、 自己分析の目的は「企業選びの軸を作成すること」と「面接官に自分のことを伝えられるようになること」の2つということですね!

まさにその通り!自己分析によって、自分の考えや価値観を深掘りして理解することでそれが可能になる!自己分析テストの結果はそのための材料なんだ!

 

就活でおすすめの自己分析テストは「適性検査」

f:id:shukatu-man:20190305220515p:plain

では、ここまでで「自己分析テストを受ける上での注意点」と「自己分析テストを受ける目的」が理解できたと思います。

 

ここからが本題です。

僕がおすすめする「自己分析テスト」を紹介していきますね!

僕が就活生におすすめする自己分析テストは1つだけでして、キミスカというサービスが提供している「適性検査」こそが自己分析において最高です。もちろん無料です!

 

このキミスカの適性検査の結果をとにかく深掘りして、活用しまくることが自己分析おいて最も役立ちます。

ではこの適性検査によってどんな結果が手に入るのか見てみましょうか。僕が実際に受けたデータを公開しますね。

 

▼就活マンが受けたキミスカの適性検査結果!

f:id:shukatu-man:20181212001025p:plain

f:id:shukatu-man:20181212001022p:plain

f:id:shukatu-man:20181212001244p:plain

f:id:shukatu-man:20181212001236p:plain

f:id:shukatu-man:20181212001233p:plain

 

上記の通りで、まさに就活に役立つデータが種類ごとに「7つ」手に入ります。

「性格の傾向」や「職務適性」など、それを見るだけでエントリーシートや職種選びに役立つデータばかりですよね。

 

自己分析テストの受験方法

 

ではこのキミスカの「適性検査」の受験方法を紹介します。

完全無料かつ15分で検査が終わるので、空いた時間を使って受けてみましょう!

 

【適性検査の受験方法(所要時間:15分・完全無料)】

①下記からキミスカさんへ訪問し、会員登録!(15秒ぐらいで終わります)

» キミスカ|1社の就活選考で複数社からスカウト

サイト訪問後「新規会員登録」をクリック

f:id:shukatu-man:20181212001455p:plain

メールアドレス・パスワード・卒業年度だけで登録完了

f:id:shukatu-man:20181212001451p:plain

②マイページへ移動し、サイドバーの『適性検査』を受験!

f:id:shukatu-man:20181212001446p:plain

③マイページの受験結果から適性検査の結果を見ることができます。

(一度受験してしまえば、いつでも検査結果を表示することができますよ。)

 

ちょっと余談ですが、この適性検査のデータは印刷して、自己分析ノートの先頭に貼っておくといつでも見れて便利です。

自己分析をずっとしていると「主観」ばかりになりがちなので、このデータを見て「客観」を取り入れることで主観と客観の両面から自分を見ることができて精度が高まりますよ。

 

▼適性検査のデータを自己分析ノートに貼るとGood!

f:id:shukatu-man:20190208163126p:plain

 

自己分析テストの結果を就活に役立てる3つの方法

f:id:shukatu-man:20190227223305p:plain

 

では適性検査によって手に入れたデータを、就活に活かす方法を具体的に解説していきますね。

何度も言いますが、適性検査を受けて満足していては全く意味がありません。それを活かしてこそ受験した意味があるのですから。

 

①自己分析テストの結果を「自己PRの作成」に活かす方法

 

まず最初に適性検査のデータから「自己PR」を作成することができます。

「6.職務適性」のデータの中で得点の高い項目は、まさに自分が持つ能力を示しています。

 

▼職務適性のデータから自己PRする能力が分かる

f:id:shukatu-man:20190226142848p:plain

 

僕がおすすめする自己PRの作成法は、まずアピールする能力を決定するところから始まります。

多くの就活生が「自分のどんな能力をアピールすれば良いの?」と悩んでいますが、その場合にこの適性検査のデータが役立ちますよ。

得点の高い項目をそのままアピールする能力として決定すれば良いのですから。

 

自己PRの作成法については、ここで全て解説すると長くなってしまうので別記事を用意しました。ぜひテストを受けて結果を手に入れた人は、この別記事を参考に自己PRを作成してしまいましょう!

 

▼テスト結果から自己PRを作成する方法はこちらの記事でも解説!

» 【自己PRがない就活生必見】誰でも5ステップで作成できる方法!

 

②自己分析テストの結果を「職種選び」に活かす方法

 

次に自己分析テストの結果を「職種選ぶ」に活かす方法を解説します。

適性検査の「6.職務適性」のデータを元にすると、自分にどんな職種が合うのか考えることができます。

 

f:id:shukatu-man:20190117165218p:plain

各職務適性のうち、自分がどの職務適性の得点が高いのかを見てみましょう。

得点が高い項目別に以下のように、自分にぴったりな職種を考えることができます。

 

【人間関係を築いていく職務】

営業職:営業職の中でも特に「ルート営業(飛び込み営業や新規営業とは異なり決まった取引先に対して営業をするタイプの営業)」が向いている。

事務職:事務職は意外にも社内の人との人間関係が重要な仕事。サポート役であるので、社員さんとの人間関係を築くことが得意な人は向いている。

 

【フットワークの軽さを必要とする職務】

営業職:フットワークの軽さと言えば「営業職」が代表的。基本的に社内にずっといるのが無理という人は営業一択。(僕もそうでした)

 

【リーダーシップを必要とする職務】

営業職:最終的に企業の役員になる人は営業出身の人が多いため、リーダーシップがある人は営業職を出発点として役員を目指すのも良いかと。

 

【過去の事例のない新しい職務】

営業職スタートからの企画職(ただし大企業だと相当難しい):よく企画職を第一志望として就職する人がいるけど、これは相当にベンチャー企業を選ばないと不可能。新入社員がいきなり企画を考えることは現実的に不可能だから仕方ない。まずは営業職として商品や戦略を覚えた上での企画職へのレベルアップを目指すのが吉。

研究職:研究職はまさに過去にないものを作る役割を持つため向いている。

 

【反復、継続的な職務】

技術職:技術職として工場で働く人の正解は「昨日と同じこと」です。つまり反復的な作業を確実にこなすことが重要な職種であり、まさにぴったりですね。

事務職:事務職も基本的には日々の業務が反復的なことが多いので向いています。

 

【企画力や創造力を必要とする職務】

営業職:営業職はまさに「相手がどんなものを必要としているのか」を創造力を駆使して考える仕事です。この能力があるとないとでは、営業成績が全く異なるのでこの能力が高い人には向いています。

研究職:新しいものを作る研究職には創造力がかかせません。

エンジニア職:エンジニアの中でも特に新しいものを開発するタイプのエンジニア職では企画や創造力を必要とする場合が多いので向いています。

 

【丁寧さや注意深さを必要とする職務】

技術職:丁寧、注意深さはまさに技術職に必要な能力です。製造した物に欠陥があれば甚大なダメージがある職種なのでこの能力が高い人には向いているでしょう。

研究職:研究職にはまさに丁寧さが必要です。僕は大学時代理系で研究をしていたのでよく分かるのですが、作業が細かく、データも丁寧に取る必要があるのです。

 

【情報を集め問題を分析する職務】

研究職:データを集め分析する能力は特に研究職では必須の能力といえ、この能力が高い人は研究職に非常に向いていますね。

 

もちろんこれらが「自分にぴったりの職種」の正解ではありません。 

しかしこのように自分の性格に基づいて職種を考えることは非常に重要かつ、職種は仕事内容そのものなので深く深く考えるきっかけとしても重要な役割をします。

これは別記事でも詳しく解説しているので併せてご覧ください! 

 

▼テスト結果を職種選びに活かす方法はこちらの記事でも解説!

» 自己分析診断で「適職」を見つける方法【企業選びにも繋がる】

 

③自己分析テストの結果を「面接」に活かす方法

 

続いて自己分析テストの結果を面接に活かす方法を紹介します。

そもそも「面接」という選考が存在する理由は、あなたと直接話すことで、あなたがどんな性格の人なのかを理解して「自社との適性を測るため」ですよね。

よってそもそもあなた自身が自分の性格を完璧に理解しておかないと、他人に自分のことを伝えることなどできるわけありません。当然ですが、それを理解している人は意外にも少ないんですよね。

 

だからこそ自己分析テストの結果を見つつ、自分の性格を理解することが重要です。

では具体的にどのように自分の性格を理解するかと言うと、得点が高い項目に対して、「なぜ?」を追求するという方法を取ります。

 

例えば僕の場合「過去に事例のない職種」という項目の得点が高かったんですよね。つまり「過去に事例のないことに挑戦することが得意」だということです。

これに対して僕は「たしかに」と思います。そして「なぜ?」と更に問いかけます。

すると、「そもそもが飽き性だからありきたりなことをするのが苦手だからかな」と回答することができます。このように「なぜ?」によって深掘りすることで、自分の性格を言語化することができるんですよね。

「飽き性」という性格を言語化することができれば、また1つ自分の性格を理解できたと言えるでしょう。僕ならこの「飽き性」という性格を短所で活用しますね。

(ちなみに皆さんが知っての通り、短所と長所は裏表なので、勝手に面接官が「それは長所でもあるよね!」と思ってくれるでしょう。)

 

【自己分析テストの結果から自分の性格の理解を深める】

 

自己分析テストで得点が高い項目に「なぜ?」を問いかける

なぜ過去に事例のないことに挑戦するのが得意なのか?

そもそも飽き性だから過去に事例のないことしかしたくないから!

「飽き性」という自分の性格を1つ言語化することができた!

面接やエントリーシートで伝えることができる!

(この場合は「飽き性」は短所で使えそうだよね!)

  

自己分析テストの結果を手に自己分析を完了しよう

 

では自己分析テストを受け、それを就活に活用する方法を3つ理解できたと思います。

しかしこれだけでは当然、就活に活かしきれていないですよね。

なぜなら自己分析テストの結果は「自己分析をスムーズに完了させるための補足ツール」であり、そもそもの自己分析を完了させないと意味がないからです。

 

もっと詳しく話すと、自己分析テストによる結果は「客観」であり、自分で自己分析を深める作業は「主観」がメインとなります。

しかし「◯◯くんって意外と◯◯なところあるよね!」という会話が物語っているように、主観だけだと見えない自分の性格や特性が存在します。

そこで自己分析テストの結果という「客観」が活きてくるんですよね。

 

自己分析テストによって「客観」を手に入れた皆さんは、ぜひ自己分析による「主観」を深める作業に入っていきましょうね!

就活攻略論ではどのサイトよりも詳しく、具体的に自己分析を完了するための方法を「8ステップで完了する自己分析法」として別記事で紹介しています。

ぜひこちらの記事を参考にして自己分析を完了させてくださいね!

 

【8ステップで完了する自己分析法の概要】

 

STEP① 手元の客観的データを用意する

(本記事を終えた皆さんはSTEP②からのスタートです!)

STEP② 過去の出来事を洗い出す

STEP③ 過去の出来事に「なぜ」を問う

STEP④ 過去の出来事に「何を思ったか」を問う

STEP⑤ 過去の出来事に対して「結果どうなったか」を問う

STEP⑥ これまで書いた内容に対する気づきを追記

STEP⑦ おすすめの職種など企業選びの軸を記載

STEP⑧ 今まで記載した内容を客観視して魅力を記載

 

▼8ステップで完了する自己分析法の詳細はこちら!

» 【自己分析の方法は8ステップ!】絶対評価されるおすすめのやり方!

 

自己分析テストをした後に就活生がすべきこと

 

では自己分析テストを終えて、自己分析を進めることができた後は何をすべきか少し話しますね。

僕が自己分析と同時進行で進めるべきだとしているのは「スカウトイベントへの参加」です。

 

「自己分析」はどうしても就活をしている感が薄い地味な作業。

しかし就活攻略論では何度も言う通り、自己分析こそが最も重要な作業といっても過言ではありません。

 

そこで自己分析という地味な作業をしつつ、スカウトイベントに参加することで就活を進めているという実感と早期内定の獲得を行うことができるんですよね。

このスカウトイベントとは「合同説明会+グループディスカッションを元にした企業からのスカウト」というイベントです。普通の合同説明会は企業の自社説明だけですが、このイベントではスカウトが行われ、早期内定にも繋がります。

 

また、グループディスカッションが行われるのでグループディスカッションの練習にもなるというまさに「一石何鳥ですか!?」というイベントなので、激推ししています。

別記事にスカウトイベントに実際に参加した人の声と、参加方法を書いたの気になる方はぜひ参考にして参加してみましょう!

 

▼スカウトイベントの評判と参加方法はこちら!

» 【就活でのスカウトの評判は?】就活を終えた5人に聞いてみた!

 

【補足】世の中にある自己分析テストまとめ

f:id:shukatu-man:20190201140543j:plain

 

本記事の最後に、世の中にある自己分析テストについてまとめてみました。

やはりエニアグラム診断が有名ですが、冒頭で言った通り就活生にはおすすめできませんね。

 

ストレングスファインダー

 

ストレングスファインダーは、アメリカの組織コンサルティング会社の「ギャラップ社」が提供している診断です。

このストレングスファインダーは長所を見極めるという上で非常に優秀な診断なのですが、受験が「有料」である点が非常にデメリットです。

(公式サイトでアクセスコードを購入、または有料でスマホアプリで受験、または書籍を購入の3パターンで受験可能。)

ウェブ上で有料で受験することもできますが、書籍も出版されているので気になる方は書籍を購入されることをおすすめします!

 

 

リクナビ診断

 

リクナビ診断は、株式会社リクルートキャリアが提供している診断です。

100問に5分程度で答える簡易的なテストですが、それゆえに得られる結果が非常に浅いので「これだけじゃ自己分析の役に立たないよなぁ」と思ってしまいます。

下記の画像が結果のサンプルですが、ちょっと情報が薄いですよね。

所要時間が15分と比較すると少し長いですが、キミスカの適性検査の結果の方が確実に有用だと言えるでしょう。

f:id:shukatu-man:20190306093635p:plain
画像引用:https://job.rikunabi.com/contents/howto/2971/

 

適職診断MATCH 

 

適職診断MATCHは株式会社マイナビが提供している診断です。

これは受けることをおすすめします。

なぜなら「87職種でみる向いている職種ランキング」や「あなたのタイプ」「仕事をするうえでのあなたの特徴」などのデータを取ることができるので、キミスカの適性検査と併せて受験することでより幅広い客観データを取得することができるからです。

 

こちらはマイナビへの会員登録が必要ですが、就活生のほとんどは会員登録をしていると思うので、下記のリンクからぜひ受験してみてください!

» マイナビ2020 - 自己分析ツール「適職診断MATCH」

 

STRATEGIC MANAGEMENT KIT(S-KIT)

 

この通称S-KITと呼ばれる診断は、WORK社が提供している診断です。

ウェブ上にて無料で受験することができますが、所要時間が65分と非常に長いので時間に余裕がある人は受けてみると良いでしょう。かなり選考で行われる性格診断に近い印象を受けました。

» [SKIT] 能力診断で自己分析!

 

適職診断VCAP

 

このVCAPという診断はVONE社が提供している診断です。

結果のサンプルを見たのですが、これも就活には活かしにくい結果ばかりだったので、残念ながら受ける必要はないと思いましたね。

 

就活生向けの自己分析テストまとめ

 

世の中には様々な自己分析テストがあるんですね!一見、どれを受けたら良いか分からないですが、その精度や結果の充実度を見ると受けるべきテストは歴然ですね。

そうなんだ。同じ「自己分析テスト」のくくりでも、それらの質は異なる。だからこそ、自分の頭でどれを受けるべきか判断することがまずは重要。

それに加えて、その結果をどう活かせば良いのか、そしてどう活かすのかまで考えられる就活生は強いということですね。

まさにその通り!こうした「情報の選定力」は就活だけでなく、これから社会人になった後でも絶対に役立つ能力だからね!あ、情報だけでなく、結婚相手もうまく選定することが重要....

また恋愛に置き換えるんですね...。本当に恋バナが好きですねぇ〜。

///

  

本日の記事はいかがだったでしょうか!

自己分析テストは自己分析を完了する上での1つのアイテムに過ぎません。

テストを受けて満足するのではなく、それを元に自己分析を深めて「企業選びの軸の作成」と「面接官に自分のことを伝えられるようになること」この2つを達成させてくださいね!!

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー