就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

自己分析は就活以外にどう役立つ?【自己分析の魅力とは】

20180401154528 alt=

どの就活サイトよりも『本質的な就活情報』のみを発信する就活専門ブログです。
※無価値な情報は一切公開しません。

運営者である就活マンは中堅私立大学から内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社しました。(その後1年で独立)

就活で他の就活生を圧倒できた理由は、経営学・経済学・心理学・文学などの書籍1000冊を元に就活に応用を効かせた「就活攻略法」を生み出したからです。

この知識が一人でも多くの就活生の成功に繋がることを心から願っています。
※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。

» 就活マンの自己紹介と「就活攻略論」が生まれた経緯はこちら!

----------------
★本日の就活攻略論お品書き

《本日の記事が解決する悩み》

・自己分析が就活以外の何に役立つのか知りたい

 「読むだけで就活を圧倒的有利にしよう。」

----------------

皆さん、こんにちは!一人の時間が好きすぎて毎日自己分析しているクレイジー孤独星人でお馴染み、就活マンです。

f:id:shukatu-man:20181221120558p:plain

就活攻略論で紹介している『8ステップで完了する自己分析法』がありがたいことに、Googleでも上位表示され、人気の記事となっています。

 

そんな中、こんな質問を受けることが多くなってきました。

「自己分析は就活以外の何に役立つのですか?」

 

たしかにせっかく自己分析に取り組むのであれば、それが何の役に立つのか知りたいですよね。

僕が考えるに、自己分析は人生のすべてのシーンで役立ちます。

むしろ「自己分析できてない人って、すべての行動を適当にしちゃって大丈夫ですか!?!?」と思っているほどです。

 

よって本日の記事では、就活以外に自己分析がどう役立つのか!

「キャリア」「家庭」「プライベート」という3軸で解説していこうと思います。

 

自己分析の重要性を知ることで、自己分析に本腰を入れられるようになると良いね!

 

自己分析とは?|自己分析の定義


そもそも皆さんは「自己分析とは何か?」を説明することができますか?

ほとんどの人は自己分析を曖昧なイメージとしてとらえています。

自己分析とは何かと聞かれても、おそらく「自己分析は自己分析です」としか答えられないのではないでしょうか?

 

そこで就活攻略論では、自己分析を明確に定義しています。

自己分析とは、過去の出来事に対して自分の考えをアウトプットすること。

つまり自己分析は過去の出来事に対して、自分の考えをアウトプットする作業なのです。

 

例を出しますね。

 

僕は昨日、スタバで仕事をしました。

「昨日スタバで仕事をした」というのが、過去の出来事になります。

次にこの過去の出来事に対して、自分の考えをアウトプットしていきましょう。

「家ではなくスタバで仕事をしたのは、家では集中できないからだ」

考えを一つアウトプットすることができましたね。

 

更に深掘ります。

「自分が集中できる場所を意識して行動できる」

「スタバは自分にとって最高の癒やし空間である」

「コーヒーを飲むと集中力が上がる」

こんな考えをアウトプットすることができました。

これによって「別に遊園地へ行かなくてもスタバで幸せ」という一つの価値観が見えてきます。

こうした価値観、つまり“自分の考えの根本”を知ることができるのです。

これが自己分析です!

 

自己分析から知れるのは自分の「価値観」なんだね!

 

就活における自己分析の目的

 

そして、自己分析は第一に就活に役立ちます。

具体的にどう役立つのか説明しますね。

先程解説したとおり、自己分析とは「過去の出来事から自分の考えをアウトプットする作業」です。

 

このアウトプットをすることの目的は2つあります。

それは「企業選びができるようになること」と「面接官に自分のことを説明できるうようになること」という2つです。

自分の考えを知ることで、「自分はどんな仕事が向いているのか」「どんな人と相性が良いのか」「どんな条件が必要なのか」という企業選びの軸を作ることができます。

さらに自分の過去の出来事から自分という人物がどんな人かを把握することができれば、それをそのまま面接で伝えることができますよね。

これが自己分析の“就活での”目的となります。

 

では次の章から本記事の本題である「就活以外にはどう役立つのか?」という点に関して解説していきます。

 

自己分析によって知った「価値観」を企業選びや面接官に伝えることに利用すると就活に役立つのか!

 

自己分析は就活以外の何に役立つのか?

 

では本記事の本題に入ります。

自己分析は就活以外にどんなことに役立つのでしょうか?

そもそも自己分析によって自分の考えの根本である「価値観」を知ることができますよね。

その「価値観」を就活に当てはめた場合は就活に役立ちます。

 

しかし自己分析によって見つけることのできた「価値観」は、当然これからの人生すべてのシーンで当然役立ちますよ。

それら役立つシーンを、「キャリア」「家庭」「プライベート」の3つに分けて考えていきましょうか。

 

自己分析は「キャリア」に役立つ

 

まず始めに、就活に役立つのであれば当然「転職」にも役立ちます。

なぜなら「自分はどんな企業に合うのか?」という問いかけこそが自己分析なので、自分にぴったりの企業と出会えるまで自己分析の結果を参考にすることができます。

もし一度就職した結果、「1日に5時間程度は自分の時間が必要である」という気づきを得ることができたら、それと自己分析の結果を合わせて、より残業時間の少ない企業に転職すれば良いですよね。

要するに自己分析を深くすればするほど、企業選びの軸が増えていきます。

 

反対に自己分析ができていないと、自分の企業選びの軸(=価値観)が分からずに転職を繰り返すという完全に「運」に任せた転職となってしまいます。

 

自己分析をすることで企業選びの軸が生まれる。

その軸はあなたのキャリア形成におけるあらゆる場面で役立つのです。

ちなみに僕の場合は、就活生の時からこんな自己分析結果を持っていました。

・新しいことを発想することが大好き

・上下関係が嫌い(チームスポーツをやってこなかったから?)

しかし入社したのは大手食品企業。まさに年功序列の塊のような企業なので、当然上下関係が存在します。

 

そこで僕はずっとこう思っていました。

「なんであんな仕事できないやつが俺の2倍の給料なんだよ!?」

このストレスが半端じゃなかった。

 

そして上下関係が全くない環境を考えた時にもう「独立」しかありあせんでした。

だから独立しましたし、今は上司という存在がいないので、毎日がハッピーです。

まさに自己分析をしっかりしていたからこそ、選べた選択でしたね。

自己分析がしっかりできていると、このように一度就職した後も役立ちます。

「価値観」を明確にできていれば、正しいキャリア選択ができるってことです!

 

自己分析は「家庭」に役立つ

 

次に「家庭」をテーマにして自己分析がどう役立つのか考えていきますか。

まず家庭を作るまでに、「恋愛」が必要ですよね。

自己分析は恋愛にも非常に役立つと思っています。

それはなぜかというと、自己分析によって自分の「価値観」が明確化されていると、恋人に求めることがはっきりするからです。

 

(よく「価値観の違いで別れる」という言葉を聞きますが、まさにそのとおり!)

 

ちなみに実例として僕はこんな価値観を持っています。

・日によって不機嫌な恋人は気を使うので嫌

・独立して挑戦していることを放置または後押しして欲しい

・一途

自分のことがわかっていれば、どんな恋人と相性が良いのか分かるようになります。

 

日本は1/3の家庭が離婚すると言われていますが、こうした自分の価値観を明確化せずに適当に結婚するからそんな結果が生まれてしまうのです。

恋人である期間中にお互いが価値観のすり合わせをする必要があります。(恋愛相談所で起業しようかしら。)

 

ではでは自己分析が恋愛にも役立つことが理解できたでしょうか?(実際に恋人ができることとは別だけどね?笑)

 

自己分析は「プライベート」に役立つ

 

最後に自己分析は「プライベート」に役立ちます。

このプライベートとは何かというと、「自分の時間やお金の使い方」と言い換えることができると思っています。

自己分析によって「自分が何を大切にしているのか」「どんな時に幸せを感じるのか」が明確化していると、時間もお金も無駄にすることがなくなるんですよね!

 

ここでも僕の例を紹介しましょうか。

僕は「世間体(せけんてい)」に対しての価値を感じません。

この世間体とは「周りからどう見られるか」ということ。

 

日本人は特にですが、周りと違うことをすることを恐れます。

世間体ばかり気にして生きている人が多すぎるんですよね。

しかし僕が確信していることは、周りは自分が思っているほど自分のことを気にしていないということです。それを知っているからこそ、自己分析によって「自分は世間体を気にしない人間だ」と結論付けることができました。

 

つまり「世間体」というものへの「価値観」が他の人とは全く異なります。

 

そして世間体を気にしなくなるとどうなるか。

無限に挑戦できるようになります。行動できるようになります。

僕が大企業を一年で退職した時、周りのすべての人は「馬鹿だ」と言いましたね。

しかし世間体は気にしないという自分の価値観を明確にできていたので、そんな声は気にせずそのまま生きていきました。

 

更に地味なことですが、僕は映画が大好きでして映画って一人映画ができるといつでも見ることができて最高なんですよね。しかし周りに一人映画していることがバレたら恥ずかしいと思っていると一人映画でさえできません。

そんな人生は嫌だと自己分析をすることで感じることができたからこそ、今僕は心の自由を手にしているのだと思います。

 

【結論】自己分析とは自分の人生を見つめることである

 

自己分析が就活以外のどんなことに役立つのか解説してきましたが、その中で一番に思ったことは「自己分析は自分の人生を見つめることそのものだ」ということです。

 

自己分析は自分の「価値観」を知るための作業です。

就活や転職、独立などの自分の「キャリア」を考えるためには自分の価値観に基づいた選択が必要。

恋愛や結婚、子供など自分の「家庭」を考えることもまた価値観による選択を必要とします。

そして自分の時間やお金をどう使うのか「プライベート」を考える上でも価値観に沿って生きられると人生が楽になります。

 

つまり人生は価値観に基づいて選択する選択肢の連続なんですよね。

だからこそ、その「方位磁石」として自己分析が必要なのです。

 

就活という一瞬のイベントだけでなく、その方位磁石は一生使うものです。

ぜひそれを心に刻んで自己分析し続けるようにしましょう。

 

ちなみに自己分析は孤独の中でこそ、深めることができると思います。

ぜひスタバに駆け込み、抹茶ティーラテ(カスタマイズ:オールミルク)で自己分析を深めてみるのはどうでしょうか!

やり方はこちらに完璧に書いていますので!

»【自己分析の方法は8ステップ!】絶対評価されるおすすめのやり方!

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー