就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

【就活生へ】自己分析に絶対おすすめなノート3選!

20180401154528 alt=

どの就活サイトよりも『本質的な就活情報』のみを発信するメディアです。
※無価値な情報は一切公開しません。

運営者である就活マンは中堅私立大学から内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社しました。(その後1年で独立)

就活で他の就活生を圧倒できた理由は、経営学・経済学・心理学・文学などの書籍1000冊を元に就活に応用を効かせた「就活攻略法」を生み出したからです。

この知識が一人でも多くの就活生の成功に繋がることを心から願っています。
※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。

» 就活マンの自己紹介と「就活攻略論」が生まれた経緯はこちら!

こちらの記事は「就活生向け」です。

転職者向けの自己分析法」も別記事にて用意しておりますので、転職希望者はそちらをご覧ください。

» 転職者向けの自己分析法はこちら

----------------
★本日の就活フルコースお品書き

《本フルコースが解決する悩み》

・自己分析を開始する時におすすめのノートが知りたい

・自己分析ノートの作り方が知りたい

 「読むだけで就活を圧倒的有利にする快感。ぜひご堪能くださいませ。」

----------------

皆さん、こんにちは!三度の飯より就活好き(...頭おかしいよね)でお馴染み、就活マンです。

f:id:shukatu-man:20180807095737p:plain

自己分析に関してこんな疑問を持ちませんか?

「結局なにをやれば自己分析は完了なの?」

多くの就活サイト、就活本にそれぞれ違った自己分析のやり方が書いてあります。

 

僕が就活生の時も、まさにこの「どこまでやれば完了なのか」という問題に悩まされていました。

そこで就活攻略論では、次の図でまとめた8ステップをやるだけで自己分析を完了できるようにやり方をまとめました!

 

【自己分析のやり方8ステップ】 ©就活攻略論

f:id:shukatu-man:20181125125433p:plain

 

 

本日の記事では、自己分析を完了するための「自己分析ノート」の作り方とおすすめのノートを紹介しようと思います。 

 

自己分析にはどんなノートを使っても構わない!

 

ではまず始めに、自己分析ノートを作成する前に自己分析をするのに最適なノートを紹介します。

 

結論から話しますね。

自己分析に使うノートはA4以上サイズなら何でも良い。

実際どんなノートを使おうと構いませんし、どんなノートでも自己分析できます。

強いていうなら自分の考えを書き出す作業をするので、A4以上の大きさが欲しいのでそれだけは認識しておいてください。

 

「それならこんな記事にしなくていいだろ!!」

そんな声が聞こえてきそうですが、当然それだけで記事を書こうとしないので、もう少し聞いてください。

 

結論としては自己分析をするためのノートは何でも良い。

しかし、僕には『ノート』に対してあるこだわりがあります。 

それはノートは良いもの(少々お値段が高く品質が良いもの)を買うというこだわりです。

実際に大学生時代はお金がありませんでした。

それでもノートは1冊2000円もするモレスキンというノートを使っていましたね。

 

そして良いノートを使うことで自己分析は非常にはかどります。

なぜ良いノートを使うと自己分析がはかどるのか次の章で解説しますね。

 

良いノートを使うことのメリット

 

良いノートを使うことのメリットは大きく2つあると考えています。

・身銭を切ってこそ本気になれる

・かっこいいノートを使っているとやる気と自信が溢れる

僕は「カタチから入るタイプだね!」とよく言われます。

ジムに通っているのですが、そこまでプロフェッショナルに鍛えているわけではないにも関わらず『グローブ』をはめるタイプです。

高校の頃にギターを少しやっていたのですが、全然うまくないのに入学祝いと貯金をすべて使って20万円ほどするギターを買いました。

(この話をすると引かれるんだけどね...。)

 

こんなカタチから入る僕ですが、明確な意見がありまして。

「行動してないやつに言われたくねえよ!!」

なんですよね。

 

カタチから入ることで、自分の行動を促すことができる。

僕がスタバを活用する理由はここにあって、お洒落な場所に自分を置くことで行動を促すことができます。

 

「お洒落な俺、結構イケてるかも?じゃあ仕事頑張ろう!!」

このナルシスト精神って人生においてめっちゃ重要だと思うですよ。

 

どれだけこの「カタチから入る」という考えを否定されても、引かれたりしても、そういう相手に思うのはただ一つ。

 

「お前、何も行動してないくせに引っ込んでろ」

 

ただそれだけです。笑

 

身銭を切ってこそ本気になれる

 

良いノートを使うことで得られる一番のメリットこそ、「本気になれる」ということです。

 

僕は大学時代から今まで、およそ1000冊の本を読んできました。

そこで一つのこだわりを持っていて「本はすべて買うこと」これを徹底していたんですよね。

 

もちろん、本に書き込みを行うので買ったものじゃないと書き込みができないからという理由もありました。

しかしそれ以上に「1500円払って買ったのだから、一つでも有益な情報を得てやろう」この思いが強かった。

もしこれまで読んだ本を図書館で借りていたら、1000冊も読めていないですね。おそらく100冊ぐらいしか読んでいなかったと思う。

 

自分で稼いだお金を使って、身銭を切って行う読書だったからこそ、僕の血となり肉となった。

1000冊買っているので150万円ぐらい使ってます。しかしそこで得た知識は今後70年ずっと使えますし、そのおかげで糞みたいに中身の空っぽなサラリーマンとの交流を避けることができました。(相変わらず口が悪い!!)

 

これと全く同じことが自己分析に使うノートにも言えます。

100円のノートだったら使わなくても損は100円だから「まぁ良いか」とすぐに諦めることができる。要するに本気になりづらい。

 

しかし2000円のノートだったらどうですか?

2000円も払って買ったノートなんだから、使い倒して元を取らないとだめだ!!こうなりませんか?

これが本気のスイッチを入れる秘訣。

 

僕も普段から2000円のノートを使っているので、いかにして良いアイデアを出すか、そのノートを使って価値を生み出せるか!!そう必死に考えるのです。

 

かっこいいノートを使っているとやる気と自信が溢れる

 

次に、良いノートを使っている自分ってかっこいいんですよね。ほんとかっこいい。笑

 

「俺、こんな良いノート使って作業してるんだぜ。」

先程も言いましたが、ナルシスト精神こそが向上心を生み出すと思っています。

 

100円のしょぼいノートにマクドナルドで書き込みをしている自分。

2000円のかっこいいノートにスタバで書き込みをしている自分。

 

僕がやる気ができるのは断然、後者。

100円のノートは電車で出して確認とかできないけど、2000円のかっこいいノートは電車で取り出して確認できる。書き込みもできる。 

 

これ、超重要じゃないですか?? 

自己分析におすすめなノートを3冊紹介

 

ここまで話してきて、『良いノート』を使いたくなった方のために僕がおすすめする自己分析で使って欲しいノートを3つ紹介していきたいと思います。

おすすめノート① モレスキン

おすすめ度:★★★★★

 

僕が大学一年生の頃からずっと愛用しているノートです。

基本的にリングノートが大嫌いなのですが(リングの部分が破れやすいから)、しっかりとノートは開きたいタイプです。

 

このモレスキンのノートはリングノートじゃないのにしっかりと開くことができる。

更には耐久性もしっかりしているので、大学一年生の頃にモレスキンに書いていた『カフェノート』も今でも劣化一つありません!!

 

 

オススメノート② Amazonベーシック

おすすめ度:★★★★☆

 

f:id:shukatu-man:20180807112736p:plain

(画像引用:https://www.amazon.co.jp/stores/page/0EF8078E-3F72-49A1-B531-4A6B15167A9E?ingress=0&visitId=7aad91e1-9f3b-4e3e-8886-3d003eebe58f&ref=ast_p_ei

 

Amazonベーシック、ご存知ですか??

Amazonのプライベートブランドなんですけど、品質がとにかく良い。

スマホスタンドもAmazonベーシックで買いました。

 

そしてこのノート。本当に見た目がモレスキン。

値段は半額以下です。

 

「モレスキンは買えないけど、モレスキンのようなかっこいい見た目のノートを使いたい!」

そんな方におすすめですね。

 

 

おすすめノート③ RHODIA(ロディア)

おすすめ度:★★★☆☆

 

モレスキンよりも安価で、売っている場所の多いRHODIA。

見たことがある人も多いと思います!

実際に使ったことがあるのですが、見た目、耐久性、ともにGOODでしたよ!

 

 

自己分析ノートの作り方

 

 

では使用するノートが決まったところで、ここからは自己分析ノートの作り方を解説します。

自己分析に使うノートを用意することができれば、8ステップの最初のステップが完了した状態になります。

 

f:id:shukatu-man:20181125154045p:plain

【自己分析のやり方8ステップ】

①自己分析ノートを用意する

②過去の出来事を洗い出す

③過去の出来事に対して「なぜ」を問う

④過去の出来事に対して「何を思ったのか」を問う

⑤過去の出来事に対して「結果どうなったか」を問う

⑥他人であるAさんとして客観視する

⑦Aさんにおすすめの職種と企業を紹介する

⑧Aさんの魅力を企業に力説する

 

次のステップは「②過去の出来事を洗い出す」作業です。

これは幼少期から大学時代までのエピソードをすべて洗い出して一覧化する作業ですが、ここから先の詳しい説明は、8ステップのやり方をすべてまとめた別記事を参照ください。

(まとめ記事では自己分析の定義から、自己分析をする目的までしっかりと網羅されています。)

» 【自己分析のやり方完全版】8ステップですべて完了します

 

自己分析は「なぜやるのか」という目的を明確化しないと、すぐに迷子になってしまいます。どれだけ時間をかけて行っても、結果何にも繋がらなければ無意味ですよね。時間の浪費です。

 

自己分析をマインドマップで行う場合のノートの作り方

 

上記の8ステップをマインドマップを用いて完了する方法も、新しく別記事で用意しました。

メインドマップのメリットは「書き足しやすさ」にありますが、なにより書いていて楽しいというメリットもあるのでマインドマップで自己分析をしたい方はぜひ下記の記事を参考にしてください! 

»【自己分析の方法】マインドマップの書き方を6ステップで徹底解説! 

 

f:id:shukatu-man:20181128202951j:plain

就活マンが実際に書いたマインドマップ ©就活攻略論

 

ちなみに就活攻略論では必ず「目的」を明確化するようにしています。

この記事が皆さんの行動を後押しし、就活の成功に繋がることを心から願っています。 

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー