就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

【自己分析ができない人必見!】8ステップで完了する自己分析法!

20180401154528 alt=

どの就活サイトよりも『本質的な就活情報』のみを発信する就活専門ブログです。
※無価値な情報は一切公開しません。

運営者である就活マンは中堅私立大学から内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社しました。(その後1年で独立)

就活で他の就活生を圧倒できた理由は、経営学・経済学・心理学・文学などの書籍1000冊を元に就活に応用を効かせた「就活攻略法」を生み出したからです。

この知識が一人でも多くの就活生の成功に繋がることを心から願っています。
※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。

» 就活マンの自己紹介と「就活攻略論」が生まれた経緯はこちら!

----------------
★本日の就活攻略論お品書き

《本日の記事が解決する悩み》

・自己分析ができないと悩んでいる

・自己分析ができるようになりたい!

 「読むだけで就活を圧倒的有利にしよう。」

----------------

皆さん、こんにちは!最近熱を出したのですがそれで痩せたことに喜びを感じているポジティブ思考でお馴染み、就活マンです。

f:id:shukatu-man:20190111124220p:plain

本記事を読めば、自己分析ができないと悩んでいる方でも自己分析ができるようになります。

 

就活における自己分析の重要性は本当に高く、この就活攻略論でも多くの記事でその重要性を解説しています。

しかし自己分析のやり方が分からなかったり、その必要性が分からないと、なかなか自己分析をすることは難しいですよね。そんな悩みを本記事で解決してもらおうと思います!

 

自己分析ができないと悩んで、自己分析をやらないで就活をすすめると痛い目を見るよ...!

 

自己分析ができない理由とは?

f:id:shukatu-man:20190111141819p:plain
 

では早速、自己分析ができない理由について解説します。

自己分析ができないと悩んでいる人の特徴としては3つあると考えています。 

 

自己分析ができない理由① やり方が間違っている

 

自己分析ができない理由として最も多いのは、そもそも自己分析のやり方が間違っている場合が多いと思います。

 

例えば「自己分析としてモチベーショングラフを作成しましょう」と言われて、モチベーショングラフをただ作成するだけでは、自己分析は完了しません。

作成したモチベーショングラフを元にして、自分はどんな時に喜びを感じるのか、そしてそれを会社で例えるならどんな仕事なら当てはまるのだろうか、そして更にはその仕事はどんな会社なら若いうちからできるようになるのか、まで考えて初めて自己分析が進んでいきます。

 

ほとんどの就活生はこうした本質的な自己分析ができておらず、言われたことをただこなすだけで満足してしまっています。

そんな間違った自己分析のやり方をしているといつまでたっても、「ん?自己分析して、これ何の意味があるの?ちゃんと終わるの?」となってしまうので要注意です!! 

 

大学までの受験勉強も同じように、そのやり方が間違っている人はいつまでたっても勉強が進まないよね!

 

自己分析ができない理由② 目的が分かっていない

 

次に自己分析をただの作業だと考えている人は、いつまでたっても自己分析が終わりません。

 

自己分析 ≠ 作業

ではありません!!

 

就活を面倒だと考えている人は、就活の全工程を作業だと考えています。

しかしそうではなくて、自己分析をしようと言われるのには理由があります。

それは自己分析をすることで「企業選びの軸」が完成し、更には「面接官に自分のことを伝えられるようになる」からです。

 

この自己分析の目的については後で詳しく書きますが、ここでは自己分析ができないのは、自己分析をただの作業だと考え、目的を理解していないからだと覚えておいてください!

 

自己分析をしようと言われるのは、自己分析をすることでそれだけ有益な目的が達成できるからなんだよね!

 

自己分析ができない理由③ ツールをうまく利用できていない

 

自己分析を進める上で、効果的な「自己分析ツール」が存在します。

そうした便利なツールを知らない人は、なかなか自己分析が進みません。

 

僕が高校生の時、「古典」が本当に苦手でした!

「なんで昔の言葉なんて覚えないといけないんだよ!」とずっと先生に言ってましたねw

 

そんな時に友人から「語呂ゴルゴ」という本を紹介してもらいました。

この「語呂ゴルゴ」という本は古典単語をすべて語呂で覚えるという最強の本です。

 

f:id:shukatu-man:20190111142938p:plain
画像引用:☆ゴルゴでおぼえる古文単語?! | ビミョーな漫画家フドーの奇妙なソレがアレ。

 

(毛しきりにはみだす様子、、、なんて高校生大好きなやつ!)

 

こうした最強ツールを見つけ、利用することの重要性を初めて知った瞬間だったと思います。

(ちなみにこの本を活用してから古典の成績が320位から20位になったことを今でも忘れません。紹介してくれた友人にはマックをおごりました。)

 

自己分析ができないと悩んでいる人は、こうしたツールの存在を知らずに利用していない人がほとんどだと思います。

よって次の章ではこうしたツールを含めた、自己分析ができない人のための解決方法を具体的に紹介していこうと思います。

 

自己分析ができない人のための解決方法

 

自己分析ができない理由が分かりさえすれば、その解決方法は簡単です!

できない理由を解決してしまえば良いだけですからね。

 

まずはやり方と目的を把握すること

 

自己分析ができない人は、まずは次の2つを実行しましょう。

・自己分析の正しいやり方の把握

・自己分析の目的の理解

これができれば、「自己分析が全くできないよー!」と悩むことはなくなります。

 

具体的な自己分析のやり方ですが、この就活攻略論では3つの方法を紹介しています。

「8ステップで完了する自己分析法」が最もスタンダードなやり方です。

 

▼8ステップで完了する自己分析法はこちら
【自己分析の方法は8ステップ!】絶対評価されるおすすめのやり方!

 

この8ステップとはこちらです。

f:id:shukatu-man:20181215135330p:plain

①手元に「客観的データ」を用意する

②過去の出来事を洗い出す

③過去の出来事に「なぜ」を問う

④過去の出来事に「何を思ったのか」を問う

⑤過去の出来事に「結果どうなったか」を問う

⑥これまで書いた内容に対する気づきを追記

⑦おすすめの職種など企業選びの軸を記載

⑧今まで記載した内容を客観視して魅力を記載

 

この8ステップを実行することで、自己分析の2つの目的を達成することができます。

自己分析ができないと悩む人は、自己分析の目的を把握していないので次の2つの目的を把握しましょう。

 

【自己分析の目的】

・企業選びを可能にすること(企業選びの軸を作る)

・面接官に自分のことを伝えられるようにする

 

就活は、まず自分がどんな企業に入社したいのか決めなければ始まりません。

次に入社したい企業に自分のことをうまく伝えられなければ、選考で通過できません。

この2つを解決することがまさに自己分析の目的なのです!

 

また「8ステップで完了する自己分析法」を元にしたマインドマップ作成法、自己分析シート作成法も用意しています。

マインドマップで自己分析したい!自己分析シートを作成したい!という方は、それぞれ自分に合った自己分析法を選んで実行してください。

 

▼マインドマップで自己分析を終わらせたい人はこちら
【自己分析の方法】マインドマップの書き方を6ステップで徹底解説!

 

f:id:shukatu-man:20181212002419j:plain

 

 

▼自己分析シートで自己分析を終わらせたい人はこちら
【自己分析シートを無料配布】就活生向けの自己分析シート作成法 

f:id:shukatu-man:20181214110240p:plain

 

無料の自己分析ツールをうまく利用すること

 

次に自己分析ができないと悩んでいる人は、自己分析に役立つツールを知らないことが非常に多いです。

この就活攻略論ではキミスカというサービスが提供している適性診断を紹介していますが、この適性診断によって得られた客観データを見ながら、「自分にはどんな仕事が合うのか?」を考えるだけでも自己分析はかなり進みます。

 

これは僕が受けた適性診断の結果の実物です。

f:id:shukatu-man:20181212001239p:plain

職務適性の結果だけを抜粋しているのですが、これを見ると、

・フットワークの軽さを必要とする職務

・過去に事例のない新しい職務

・企画力や想像力を必要とする職務

の3つが高い数値を出しています。

 

まず最初のフットワークの軽さを必要とする職務としては、僕が選んだ「営業職」はまさにぴったりでしたね!

すぐに会社を飛び出して営業先に向かうことが大好きでした!まさに診断通り。

 

そして次の2つが重要です。

「過去に事例のない新しい職務」と「企画力や想像力を必要とする職務」なのですが、

大企業の営業職では満たせなかった!!

んですよね。

 

大企業の営業職ではどんな企画を出そうがなかなか通りません。

過去に事例のないこともほとんどできません。

過去の出来事を延々と繰り返し、リスクを取らないことが大企業にとっての正解なのです。

 

まさにそれが自分には合いませんでした。

この診断結果をもっとよく考えて、「大企業だと「過去に事例のない新しい職務」と「企画力や想像力を必要とする職務」は満たせないよなぁ」と考え抜くことができていれば、1年で退社することにはなっていなかったかもしれませんね。

 

このように自己分析を超効率的に進めることができるツールを活用することは非常に重要です。

このキミスカの診断は無料ですし、15分ぐらいで終わるのでぜひ実行して、診断結果を印刷して持っておきましょう。

 

【適性診断を受ける方法】 

こちらからキミスカさんへ訪問し、会員登録!

サイト訪問後「新規会員登録」をクリック

f:id:shukatu-man:20181212001455p:plain

メールアドレス・パスワード・卒業年度だけで登録完了

f:id:shukatu-man:20181212001451p:plain

②マイページへ移動し、サイドバーの『適性検査』を受験!

f:id:shukatu-man:20181212001446p:plain

③マイページの受験結果から適性検査の結果が見れる

(一覧は印刷して「客観的データ」として見ながら、実際に自己分析の手順へと入っていきましょう。)

f:id:shukatu-man:20181212001442p:plain

キミスカはこちらから

 

本日の記事はいかがだったでしょうか!

「自己分析ができない! 」とただ悩んでいるだけでは就活は進みません。

更には就活をちゃんとやらなかったことで、自分に合う企業に入社できなくても、それは自分が痛い目を見るだけです。誰も責任を取ってはくれません。

 

ぜひ本記事で説明した自己分析を進めて、少しでも自分に合う企業への入社可能性を高めていきましょう。

就活は努力と情報次第で、学歴を逆転できる素晴らしい舞台です。

あなたが自己分析を進めた結果、最高の10年後を過ごしていることを心から願っています。

  

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー