就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

自己分析に役立つ無料サイトおすすめ5選【新卒必見】

20180401154528 alt=

どの就活サイトよりも『本質的な就活情報』のみを発信する就活専門ブログです。
※無価値な情報は一切公開しません。

運営者である就活マンは中堅私立大学から内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社しました。(その後1年で独立)

就活で他の就活生を圧倒できた理由は、経営学・経済学・心理学・文学などの書籍1000冊を元に就活に応用を効かせた「就活攻略法」を生み出したからです。

この知識が一人でも多くの就活生の成功に繋がることを心から願っています。
※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。

» 就活マンの自己紹介と「就活攻略論」が生まれた経緯はこちら!

----------------
★本日の就活攻略論お品書き

《本日の記事が解決する悩み》

・自己分析に役立つ無料サイトを知りたい

 「読むだけで就活を圧倒的有利にしよう。」

----------------

皆さん、こんにちは!ITマニアなので就活に役立つあらゆるツールを知っていますでお馴染み、就活マンです。

f:id:shukatu-man:20181203222557p:plain

最初に断言します。

本記事を読めば、自己分析に役立つ無料サイトを理解し、自己分析を圧倒的有利に進めることができるようになります。

 

ちなみに最初に言っておくと、他の就活サイトで紹介している「自己分析サイト」はほとんどが「自己分析のやり方」のみを紹介しているので、役立ちませんね。

自己分析のやり方だけでなく、職種理解や業界理解ができるツールも合わせて紹介することで自己分析に本当に役立つと考えています。

 

他の就活サイトでは絶対に紹介しないであろう5つの組み合わせですので、ぜひお楽しみください! 

 

自己分析とは何か?|定義と目的

 

まずは自己分析の定義と目的を簡単に説明します。 

 

自己分析と一口に言っても、その定義は曖昧です。

よって就活攻略論では、自己分析を独自に定義しています。

自己分析とは過去の出来事から、自分の考えをアウトプットすることである。

 

つまり「過去の出来事」を洗い出し、その出来事を元に「自分の考え」をアウトプットする作業こそが自己分析だと認識してください。

 

そして自己分析の目的も同時に定義しています。

自己分析の目的は、「企業選びを可能にすること」と「自分のことを面接官に伝えられるようになること」の2つである。

 

とにかくこれを覚えてください。

自己分析をすることによって、「◯◯な企業が自分には合いそうだ」「◯◯な職種が合いそうだ」「◯◯な人が多く働いている企業が合いそうだ」という気づきを得ることで、「企業選びを可能にすること」が第一の目的。

次に、自己分析をすることで「自分は◯◯という長所がある、その根拠は◯◯という出来事だ」と「自分のことを面接官に伝えられるようになること」が第二の目的です。

 

「そもそもなぜ自己分析をしなくてはいけないのか?」という目的を完全に見失っている就活生ばかり...。まずは自己分析の目的をしっかりと理解しようね!

 

自己分析に役立つ無料サイトの選び方

 

自己分析に役立つサイトを選ぶ際に重要な視点は一つだけです。

自己分析において“何に役立つのか”が明確であること

つまりそのサイトを利用することで、自己分析の“何に役立つのか”が明確であることが非常に重要です。

これは基本的なことなのですが、ほとんどの就活生は使用する目的を明確化せずに色々なサイトを利用します。

それではサイトを読んで終わりになりがちで、何のために時間を使ったのか分からなくなりますよね。

よってどんなサイトを利用するにも、このサイトを使うことでどんな目的が達成できるのだろうかという視点を持ちましょう。

今回の記事でも紹介するサイトは、どんな目的を持って利用すべきなのかを明確にして紹介しようと思います。

 

どんなサービス、どんなサイトを利用する時も必ず「これを使ってどんなことを成し遂げたいのか」という目的を明確にすることが重要だよ!

 

自己分析に役立つ無料サイト5選

f:id:shukatu-man:20190117171117j:plain
 

では早速ここからは自己分析に役立つ無料サイトを紹介していこうと思います。

はじめに言っておくと、エニアグラム診断などの占いチックなサイトは紹介しません。

 

おすすめサイト① 就活攻略論

 

早速自分のサイトを紹介して申し訳ございません。

ですが、自己分析をおこなう上で最もおすすめだと自信を持って皆さんに提供できる記事を書いています。特に8ステップで自己分析が完了するまとめ記事はぜひ活用して欲しいと思います。

» 【自己分析の方法は8ステップ!】絶対評価されるおすすめのやり方!


【就活攻略論の活用方法】

①8ステップの記事を読み自己分析の全体像を理解する。

②実際にノートとペンを用意して8ステップを実行する。

③日々作成したノートに目を通すようにして新たな気づき、アウトプットを書き加えていく。

 

おすすめサイト② キミスカ

 

就活攻略論では何度も紹介しているサービスですが、自己分析をするにおいて客観的なデータを入手する際に最も利用価値が高いサイトです。

キミスカでは15分ほどで終了する適正診断によって、大きく7種類の客観的データを得ることができるのですが、その中でも特に「性格の傾向」「意欲の傾向」「職務適性」の3つのデータが自己分析の役に立ちます。

 

具体的には「性格の傾向」のデータによって、自分で認識している性格とすり合わせることができます。自分では「気さくな性格」だと思っていても、客観的なデータでは「慎重な性格」と評価される場合もあるんですよね。

そこで「ふーん」で終わるのではなく、なぜ客観的なデータだと慎重だと評価されたのかを考えることが重要です。そうすると、例えば質問の中で「相手のことを冷静に分析するタイプですか?」という質問に「はい」と答えたからかな?といった仮説が生まれるんですよね。

その仮説が重要で、「自分は気さくな性格だけれど、よく考えてみれば誰にでも気さくな訳ではなくて、仲良くする相手を瞬時に分析してから関わるようにしているかもしれない」といった新たな自分の性格への発見が生まれるのです。

僕もたまにあるのですが、友人から「◯◯なところあるよね!」と言われて「ああ!たしかに俺ってそういうところあるかもしれない!」と新たな気づきを得ることがあります。

まさにこれこそが自分を客観視することの重要性を物語っています。

 

ぜひキミスカを利用して、自分を客観的に見るためのデータを用意しましょう。

具体的な使い方は下記の記事にて詳しく解説しています!

» 無料の自己分析ツール『キミスカ』を徹底解説!|適性診断サービスの唯一のおすすめ! 

【キミスカの活用方法】

①30秒程度で終わる無料の会員登録を完了する。

②「適性診断」を受験する。

③適性診断の結果を印刷し、自分の主観と異なる点を洗い出す。

④主観と客観のどちらが正しいのかを考える。

 

おすすめサイト③ Youtube

 

先日自己分析に役立つ無料ツールとしてYoutubeを紹介しました。

»「無料の自己分析ツール」で本当におすすめはYouTubeだった! 


なぜYoutubeが自己分析に役立つのかというと、「企業 紹介」で検索ですると様々な企業の自社紹介動画を見ることができるんですよね。

その企業の動画を見ながら、自分が「お、この企業良いな」と感じたところを抽出していくことで、自分がどんな企業に魅力を感じるのか考える一つのきっかけになります。

会社説明会や合同説明会に参加せずともYoutubeで様々な企業を見ることができるのは非常に手軽ですし、文章を読むことに疲れた時にも息抜きとして動画を見ることもできるので、ぜひ実行してみてください!

【Youtubeの活用方法】

①「企業 紹介」と検索して企業紹介動画を片っ端から視聴。

②魅力に感じたシーンを箇条書きする。

③なぜそのシーンが魅力に感じたのかを考えてみる。
(ホワイトボードでブレストしているシーンが楽しそうだった等)

④反対に嫌だなと感じたシーンも箇条書きして、なぜ嫌と感じたのかを考える。
(会議しているシーンを見てつまらなそうと感じた等)

 

おすすめサイト④ はたらこネットの「職種図鑑」

 

先程から他の就活サイトでは取り上げないであろう斜め上のサイトを紹介していますが、それが重要なのです。

なぜなら他の就活生が同じことをしないから。

こちらの方が本質的に自己分析を進めることができるので、ぜひ安心してください!

 

次に紹介するのが、はたらこネットさんの「職種図鑑」です。

自己分析の目的の一つは、「企業選びを可能にすること」でしたね。自分が入社する企業を選ぶとなれば、当然まずは職種を決定する必要があります。

皆さんは職種という言葉を聞いて、どのぐらいの種類の職種を答えることができるでしょうか。

大学で習うこともないので、おそらくは「営業職」「研究職」「事務職」「技術職」程度しか出てこない人がほとんどだと思います。しかしこの世の中にはもっと多様な職種が存在します。

 

そしてそれらの職種を一つでも多く把握することで、自分のやりたいことが広がる可能性もあるのです。

そのためにはまずは職種理解が必要ですね!

就活攻略論でも物語形式でわかりやすく職種を理解するための記事を用意しています。

» 【新卒向け】“職種一覧”をとにかく分かりやすく解説!


これに加えてはたらこネットの「職種図鑑」も目を通せば職種の理解は十分でしょう!

» よく解る!職種図鑑 |はたらこねっと

 

職種に関する説明が本当にわかりやすい

f:id:shukatu-man:20181203224350p:plain

【職種図鑑の活用方法】

①紹介されている職種をすべてクリックして、ざっくりと職種の内容を理解する。

②気になる職種があればノートなどにメモをしておく。

 

おすすめサイト⑤ 業界動向サーチ

 

「職種」の理解としては、職種図鑑が最もおすすめでした。

次に「業界」の理解でおすすめなのが、業界動向サーチというサイトですね。業界一覧から、業界の今度の成長予測などを簡単に見ることが可能です。

自己分析を行ってく上で、自分がどんな業界に興味があるのか理解することも重要ですからぜひ活用してみてください!

» 業界の動向やランキング、シェアなどを分析-業界動向サーチ

【業界動向サーチの活用方法】

①業界一覧ページからすべての業界に目を通す。

②気になる業界については動向まで詳しく目を通す。

 

自己分析を終えた後にすべきこと

 

ここまでお疲れ様でした! 

最後に補足しておきますが、就活において自己分析は通過点に過ぎません。

ですが、自己分析をしっかりとしておくことで「自己理解」が深まるため企業選びができるようになったり、ES(エントリーシート)や面接で伝える内容を見出すことができます。

 

自己分析ももちろん重要ですが、それ以上に重要なことは「就活全体でやるべきことを把握しておくこと」です。

つまり自己分析の次は何をやればよいのかな?というように次にやるべきことを把握していることで、効率的に就活を進めることができます。

 

そこで就活攻略論では就活全体でやるべきことを11ステップとしてまとめています。

ぜひこちらを参考に効率的に就活を進めてくださいね。

 

▼就活全体でやるべきこと11ステップはこちら!
» 【20卒向け】就活でやることの順番を解説|全11ステップ一覧

 

ではでは皆さんの自己分析のお役に少しでも立てたのなら嬉しいです!! 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー