就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

【自己分析とは何か?】20卒の就活生に向けて“具体的に”説明するよ

20180401154528 alt=

「就活には攻略法がある。」
偏差値50の大学から、内定22社獲得・倍率800倍の大手食品企業に入社できた理由は、その攻略法を実践したからです。

たとえ東大生であっても、就活に関する情報は「就活本」や「就活サイト」といったありきたりな情報を調べるだけ。
学歴なんて、就活市場においては“数ある評価軸の小さな1つ”に過ぎないことを理解していないのです。

そんな凡人就活生を出し抜く攻略法こそ、
この『就活攻略論』です。

就活攻略論は、就活本だけでなく経営学・経済学・哲学・心理学など、あらゆる学問の書籍1000冊からそのエッセンスを抽出し、就活の攻略法に変換した独自の就活法です。

※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。

----------------
★本日の就活フルコースお品書き

《本フルコースが解決する悩み》

・自己分析とは何かがそもそも分からない

・色々なサイトを見ても抽象的な説明で理解できなかった

 「読むだけで就活を圧倒的有利にする快感。ぜひご堪能くださいませ。」

----------------

皆さん、こんにちは!朝、家を出た瞬間にセミにおしっこをかけられ、原付には鳥の糞を飛ばされている不幸続きでお馴染み、就活マンです。

 

f:id:shukatu-man:20180803101917p:plain

 

 

 「就活をいざ始めよう!」そう思い立って最初に手につけるのが、おそらく自己分析です。大学も「まずは自己分析をしましょう」と指示を出してきますよね。

 

しかし僕が大学生の頃もそうでしたが、「自己分析」という言葉を聞いた時、なんとなくその意味は理解できるけれど深くは理解できない。自己分析はとにかくモヤモヤした存在でした。

 

モヤモヤした存在を理解しようとGoogleで「自己分析とは」と調べてみます。

自己分析とは、「自分を探る」作業のことです。就活の際の自己分析とは、「どんなシゴトがしたいか」「どんなシゴトが自分に向いているか」「どんな会社に行きたいか」を認識・理解することといえます。簡単にいうならば、大学を受験する時に、「自分は何に興味があるのかな?」「大学生活で何をやろうかな?」「どこの大学だったら入学できるかな?」とあれこれと悩んだうえで、進路を決めたと思います。それと同じことだと考えてみてください。
(引用:コトバンクhttps://kotobank.jp/word/%E8%87%AA%E5%B7%B1%E5%88%86%E6%9E%90-802450

 

正直まだモヤモヤしますよね。

なぜこんなにも腹落ちしないのか。

 

おそらく「自分を探ること」「どんな仕事がしたいか」「どんな仕事に向いているのか」「どんな会社に就職したいのか」これらを理解しなさい!と言われたところで、正直「無理だよ!」と思ってしまうからじゃないですか。

 

だって、大学の授業でどんな職種が世の中にはあるのか、どんな会社があり、その会社はどんな仕組みで儲けているのか、これらを学ぶ機会は全くありませんでしたよね。

くだらない眠くなる授業ばかりだったと思います。(少なくとも僕はそうでした...)

そんな状況で自己分析をしなさい、どんな仕事が合うのか明確にしなさいと言われても無理なんですよ。

 

そこで必要なのが、自己分析をより簡単にしてしまうこと。

自己分析とは何か、その説明を非常に分かりやすくしてしまうことだと思うのです。

よって僕は就活生に対し、ここに自己分析の新たな定義付けをします。

 

今日の記事を読むことでモヤモヤした存在である「自己分析」を、もっと身近で簡単な存在として理解し、実行に移してもらえれば幸いです。

自己分析をしなさいと言われても、「難しそう」「結局どんな方法ですればよいのか分からない」と大学生の頃、僕も悩んでいたよ。

自己分析とは「過去の出来事に対する自分の考えをとにかくアウトプットすること」 

まずは結論からお話しますね。

僕は自己分析を「過去の出来事に対する自分の考えをとにかくアウトプットすること」だと定義しています。 

f:id:shukatu-man:20180803110432p:plain

これはどういうことかと言うと、過去の出来事に対して自分はどう思ったのかを考える作業をすることこそが自己分析だと言うことです。

 

理解しにくいと思うので例を出しますね。

 

例えば、過去に「文化祭の実行委員をした」という出来事があったとします。

この出来事に対して、とにかく「Why(なぜ)」「What Think(何を思った)」「Result(結果)」の3つを追求しまくります。

 

Why「なぜ文化祭の実行委員をしたのか。」

What Think「文化祭の実行委員をして何を思ったのか。」

Result「文化祭の実行委員をして結果どうなったのか。」

 

この3つに回答するだけです。

回答するだけで自己分析が完了します。

 

なぜこれだけで自己分析が完了するのか?

例えば文化祭の実行委員をした友人がいるとしますね。

その友人とあなたとでは、文化祭という過去の出来事に対する考えや印象、得たことは全く異なります。

 

あなたは文化祭を通して「100人以上のチームで大きなことを成し遂げることが好きだ」という考えを持ったけれど、友人は「大人数で作業をするのは嫌いで、一人で黙々と作業する方が好きだ」という考えを持ったかもしれません。

 

『過去の出来事』に対する考えは人それぞれ違う。

だからこそ、それを明確化する作業をすることで自分の特徴や考えを理解することができる。

つまり自己分析が完了するのです。

 

まだ理解が浅いと思うので、更に詳しく次の章で見ていきましょう!

 

よく5W1H(いつ、どこで、だれが、なにを、なぜ、どのように)という言葉を聞くと思うけど、自己分析では5W1Hは必要ないよ!

就活における自己分析の目的とは何か 

先程の3つの質問に実際に回答してみましょうか。

 

Why「なぜ文化祭の実行委員をしたのか。」

「大学時代に何か打ち込めるものが欲しかったから」

 

What Think「文化祭の実行委員をして何を思ったのか。」

「100人以上の大きなチームで成し遂げる面白さを強く感じた」

 

Result「文化祭の実行委員をして結果どうなったのか。」

「とにかく人の意見を聞くようになった。自分がこうしたいと言うだけでは他人は動かない。しっかり意見を聞いた上で提案することでお互いに納得した行動ができることを認識するようになった。」

 

このような感じで回答できたとします。

 

ここで重要な作業を行います!

 

この回答をしたのが『他人であるAさん』だと思って、回答を客観的に見るという作業です。

そしてこの回答をした人がどんな人なのか、どんな性格なのかをイメージします。

 

すると下記のようなことをイメージできますよね。

・何もしないで大学生活を送ることを良しとしない積極的な人なのかな。

 

・一人で作業するよりも、100人以上の大きなチームで作業をすることが好きな人なのかな。

 

・他人の意見もしっかり取り入れることができる人なのかな、しかし案外、自分の意見を貫きたいタイプの人かもしれないな。

 

 

この作業を行うことで、自分のことを『他人であるAさん』として冷静に分析できます。

 

ほとんどの人は、「自分は◯◯な性格だと思う」という曖昧な主観を持っていますよね。

これじゃ、どんな会社が良いのか、どんな仕事が合っているのか決める時も「自分は◯◯が合っていると思う」という曖昧な考えを持っています。

しかし親友に何かアドバイスする時は「A子は◯◯が絶対合ってるよ!!」と自信を持って回答することが多い。これが客観視の力になります。

 

 

このように自分のことを『他人であるAさん』として客観的に分析することで、例えばこんな結論を出すことができますね。

Aさんは100人以上の大きなチームで作業をすることが好きな人だから、従業員数が100名を超えるような比較的大企業が合っている。

 

こうした型(明確な手順)によって自分のことを客観的に見ることができれば、自己分析は完璧だよ!
他のサイトでよく「客観的に自分を見てみましょう」というアドバイスを見かけるけど、そんな抽象的なアドバイスでは絶対に自分を客観視することはできない。
明確な手順によって実行することが重要だ!!

自己分析をすることで得られるものは何か

企業を選ぶ際の判断材料になる

自己分析をする最大の理由はここにあると言っても過言ではありません。

とにかく大学生は企業についての知識がありませんよね。

 

恋愛に例えると非常に分かりやすくて、

今まで女性と関わったことがなく知識がない状態で恋人を選ぶとしましょう。 

これはまさに企業と関わったことがなく知識がない状態で入社する企業を選ぶのと同じ意味なんですよ。

 

女性に関する情報がないから、誰を恋人にしたいかと言われた時に具体的な人物像や性格に触れることができずに、「テレビでよく見る、新垣結衣さんを恋人にしたいです。」と答えます。

 

まさに就活生がテレビCMで見たことがある、すでに知っている知名度の高い企業ばかりにエントリーする理由はここにありますよね。

 

しかし、もし自己分析によって自分を客観視し、「100人以上の大きなチームで作業をすることが好きな人だから、従業員数が100名を超えるような比較的大企業」という結論を持っているのなら、それだけで企業選びの精度はどんどん上がります

 

今は例として一つの判断軸を提示していますが、これをもっと増やしていけば必然と、

「自分に合う企業はこういった企業です!! 」

と明確に言うことができるようになるでしょう。

ESに書く材料となる

エントリーする企業を選んだら、次に待っているのはES(エントリーシート)の作成です。

ここでは「学生時代に打ち込んだこと」「ゼミの内容」「志望動機」など企業によって様々な質問を求められます。

 

これらを書く際に、『過去の出来事から導いた自分の考え』があれば書くことに全く困ることはありません。

つまりESの作成における事前準備の役割が自己分析にあると言えますね。

面接で話す内容に説得力が出る

最後、3つ目です。

自己分析のステップの中に、 「Why(なぜ)」を問いかける手順がありましたよね。

就活において面接で聞かれることのほとんどは「Why(なぜ)」であり、ほとんどの就活生が言葉に詰まるのも「Why(なぜ)」という質問をされた時なのです。

 

それはなぜかと言うと、

例えば「どこで(Where)文化祭を行ったのですか?」という質問は過去の事実を答えるだけなのでその場で簡単に答えられます。

しかし、「なぜ(Why)文化祭の実行委員になったのですか?」と唐突に聞かれると答えられないんですよね。

 

つまり自分の考えは事前に考えておかないと、いざ聞かれた時に答えられず言葉に詰まってしまう。すると面接官には当然評価されない。

「こいつは、なんとなく文化祭の実行委員になったのだな。」と思われて試合終了です。

 

そうならないためにも面接に備えて自分の考えをしっかりと理解する、言語化しておくということが自己分析をする大きな意味になってくるのです。

 

自己分析とは何か?まとめ

いかがでしたか??

他の就活サイトには載っていない、全く新しい自己分析の定義だったと思います。

 

しかし、 以下の手順によって客観的に自分を知ることで企業選び、ES作成、面接対策と様々に応用が可能です。本当にメリットだらけです。

自己分析をモヤモヤした存在で終わらせるのではなく、具体的な手順によって実行し目的を果たしていきましょうね!!

 

①過去の出来事に対して、とにかく「Why(なぜ)」「What Think(何を思った)」「Result(結果)」の3つを追求する。

 

②回答をしたのが他人だと思って、回答を客観的に見てみる(=自分のことを『他人であるAさん』として冷静に分析する)

 

次の手順「出来事の整理」

この記事を通して、自己分析について理解したと思います。

次の手順は『過去の出来事の整理』です!

 

こちらの記事で解説しているので、ぜひ次のステップへお進みくださいね!!

shukatu-man.hatenablog.com

 

自己分析を8つのステップで完了する方法!

上の『過去の出来事の整理』が次のステップですが、自己分析のやり方の全体像が知りたい方はこちらの記事をご覧ください!!

12000文字の超大作ですが、この1記事だけを読んで実行すれば自己分析は完了しますので!!

shukatu-man.hatenablog.com

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー