就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

OpenES|学生時代に打ち込んだことが「ない」場合の対策まとめ!

20180401154528 alt=

「就活には攻略法がある。」
偏差値50の大学から、内定22社獲得・倍率800倍の大手食品企業に入社できた理由は、その攻略法を実践したからです。

たとえ東大生であっても、就活に関する情報は「就活本」や「就活サイト」といったありきたりな情報を調べるだけ。
学歴なんて、就活市場においては“数ある評価軸の小さな1つ”に過ぎないことを理解していないのです。

そんな凡人就活生を出し抜く攻略法こそ、
この『就活攻略論』です。

就活攻略論は、就活本だけでなく経営学・経済学・哲学・心理学など、あらゆる学問の書籍1000冊からそのエッセンスを抽出し、就活の攻略法に変換した独自の就活法です。

※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。

----------------
★本日の就活フルコースお品書き

《本フルコースが解決する悩み》

・学生時代に打ち込んだことがない場合の対策を知りたい

・打ち込んだことはないけれど、評価される文章を書きたい

 「読むだけで就活を圧倒的有利にする快感。ぜひご堪能くださいませ。」

----------------

皆さん、こんにちは!今まで読んだビジネス書の総数は1200冊でお馴染み、就活マンです。(完全にキチガイだよなぁ...。)

f:id:shukatu-man:20181025125447p:plain

就活における三大質問をみなさんご存知ですか??

◯志望動機

◯自己PR

◯学生時代に力を入れたこと

この3つですね!

 

就活では本当に様々な質問がされます。

例えば「あなたを動物に例えると何ですか?」という質問もありますね。

はっきり言って、こうした“たまにしかされない質問”の対策なんてしなくて大丈夫です。 

(すぐに回答できなかったら、「すみません!すぐに思いつかないので、考えてきます!」と言えばいいだけww 僕からすると「動物に例えると?」なんて質問をしてくる企業は人事のセンスがないね。)

 

それよりも冒頭で紹介した、三大質問を考え抜くことの方がはるかに重要。

なぜなら単純にほとんどの企業に聞かれる質問だからです。

 

そして裏を返せば、ほとんどの企業に聞かれるということは、それだけ企業も三大質問への回答を重要視しているということになります。

 

三大質問が重要なことはわかった!!
でも3つ目の「学生時代に力を入れたこと」なんて一つもないんだよ!!どうしよう!!!!!!

 

LINE@も登録者が1500人を突破し、日々質問をいただく中で「学生時代に打ち込んだことがなくて困っています」という質問をいただきます。

 

しかし大丈夫です。

どんな凡人中の凡人であろうと、すべての面接官を感動させる「学生時代に打ち込んだこと」を作り出す方法が僕にはあります。

本日の記事でそれをすべて紹介していきますよ!! 

 

9割の就活生は「バイト」か「サークル」しか書かない 

 

最初にお話しておくことがあります。

この「学生時代に打ち込んだこと」に関してですが、9割の就活生が「バイト」か「サークル」と答えます。

 

それはなぜか?

「学生時代に打ち込んだことは?」という質問をされた時に、脳内で「打ち込んだ=時間を費やした」と勝手に言葉を変換しませんか? 

 

しかし別に長い時間を費やしていなくても、一瞬でも本気になれば「打ち込んだこと」と言えるのです。

これに関しては後で詳しく話しますが、要するにほとんどの人が「バイト」か「サークル」と答えるので、あなたも一緒になってこれらを答えたら、面接官の印象に残らないよということは最初に覚えておいてください。

 

就活生はすごいアピールよりも「オンリーワン」を狙え!

f:id:shukatu-man:20181025133914p:plain

 

ここでもう一つ押さえておいて欲しいことがあります。

就活あるあるなのですが、多くの就活生はとにかく「自分すごいでしょアピール」をしますね。

まぁ、社会人からすれば別にすごくない場合がほとんど。

アピールしすぎると単にうざいだけなのですが、そこを就活生は分かっていませんよね。

社会人からすると、バイトで売上を20%上げた話とかぶっちゃけすごくも何ともないんですよ。

 

これの何がいけないのか!

自分としては「アピールできて印象に残せた!」と勘違いしているのですが、ほとんどの場合、すごいアピールは面接官の印象に残りません。

上には上がいますし、みんながすごいアピールをするので薄れるんですよね。

 

就活ではとにかく面接官の印象に残ることが重要です。

あいつは◯◯のやつだったな!とすぐに思い出されることが重要です。

 

そこでみんながすごいアピールをするならば、自分は「オンリーワンなアピール」をしてみましょうよ。

つまりみんなが「バイト」や「サークル」の話をするなら、それ以外の話をする!

みんなが「数字による実績の話をするならば、自分の考えなんかを深く語ってみる」

こうした“みんなとは逆をいく”オンリーワンなアピールによって、面接官の印象に残ることができるのです。

 

オンリーワンな学生時代に打ち込んだことの見つけ方

 

ここまで説明してきた結果、こんな声が聞こえてきました。

「学生時代に打ち込んだことがないのに、何がオンリーワンアピールやねん!」

「結局バイトかサークルにしか打ち込んでないんだよ!!」

「何が就活マンだよ。消えろ!!」

 と。

 

僕の読者さんは優しい人ばかりなので、こんな汚い言葉を使うのは僕の脳内が汚いからでしょう。カラスが突っいた後のゴミ捨て場ほどに汚い脳内を所持しております。

 

さてと。

こんなくだらない話は置いておいて。

 

オンリーワンの打ち込んだを発想するためにはどうすればよいのでしょうか!

任せてください。

 

オンリーワンなエピソードの原石は「平凡なエピソード」

 

オンリーワンな学生時代に打ち込んだことを見つけるための方法ですが、「平凡なエピソード」を「なぜ」という問いかけによって磨き上げるという究極のテクニックがあります。 

f:id:shukatu-man:20181025135641p:plain

【オンリーワンな学生時代に打ち込んだことを探す方法】

 「平凡なエピソード」を「なぜ」という問いかけによって磨き上げる。

 

 

この方法を具体的に説明する前に、みなさんに知っておいて欲しいことがあります。 

 

そもそも「打ち込んだこと」という言葉の定義は何でしょうか。

「週に5日以上、そして1日5時間以上取り組んだこと」でしょうか?

もちろん違いますよね。

 

別に週に1回10分でも本気でやっていると思えば、それは打ち込んだことなのです。

 つまり、打ち込んだことなんてものは主観なんですよね。

 

それなのに、打ち込んだこと=“長い時間を費やして頑張ったこと”となんとなく認識してしまうために、バイトやサークルといった答えが出てきてしまうのでしょう。

 

しかし、先程言ったとおり打ち込んだことなんてのは、本人が打ち込んだと思ってれば打ち込んだことになります。主観ですからね。

 

ちなみに僕が就活生の時に、学生時代に打ち込んだこととして話していたことは何だと思いますか?

もちろんアルバイトではありません。

学園祭の実行委員やサークルにも所属していましたが、それでもありません。

 

では何か?

 

それは『挨拶』です。

 

「ん?挨拶に打ち込んだって、しょぼくない?ありきたりじゃん。小学生?」と思いますよね。

 

まさにそれがこの戦略のミソなんです。

多くの人が「ありきたりじゃん!」と思って言わないからこそ、オンリーワンの内容を伝える材料になる。

 

この「平凡なエピソード」である『挨拶』こそがダイヤの原石なのです!!

 

「平凡なエピソード」を磨き上げる

 

ダイヤの原石は手に入りました。

いよいよ「平凡なエピソード」というダイヤの原石を「オンリーワンなエピソード」という名のダイヤモンドへと昇華させる時です!!(キメ顔!)

 

先程挙げた「挨拶」を例として説明していきましょうか。

 

「私が学生時代に打ち込んだことは、挨拶です。」

ちなみにこう答える人は1000人に1人もいないでしょう。

なぜなら挨拶なんて、平凡なことを言ってはいけないと思い込んでいるからです。

(たしかにこれだけ伝えては、ダイヤの原石。つまりはまだ石ころなので評価されません。)

 

これだけ言っても面接官からは「なんで挨拶?」と思います。

面接官からは「なぜ挨拶に打ち込んだの?」と質問されるでしょう。

その答えとして「挨拶されると気持ちいいからです!」なんて答えたら120%不採用になります。笑

 

ではどうすれば良いか。

ここで行うのが、「なぜ?」を使って磨くという作業になります。

実際にやってみましょうか。

 

打ち込んだことは挨拶

なぜ挨拶に打ち込んだのか

↓(磨く)

挨拶をされると気持ちいいから

↓(磨く)

なぜ挨拶をされると気持ちいいのか

↓(磨く)

知らない人と心が繋がった感じがするから

↓(磨く)

なぜ心が繋がった感じがするのか

↓(磨く)

挨拶によって相手が自分に寄り添ってくれた感じがして信頼が構築されるから

 

就活攻略生の皆さん、覚えておいてください。

すべてのエピソードに対して「なぜ」で磨くと、深い内容になります。

この世は「なぜ」による問いかけにより『本質』に近づくんですよね。

 

「打ち込んだことは挨拶です」に対して、「挨拶をされると気持ちいいから」という理由はまだ磨きが足りません。だからダイヤの原石、つまりはまだ石ころです。

 

しかし、「打ち込んだことは挨拶です」に対して、「挨拶によって相手が自分に寄り添ってくれた感じがして信頼が構築されるから」という理由が見いだせればこれは磨き上がったダイヤモンドです。

 

では「オンリーワンなエピソード」が見つかったところで、これを文章に変えてみましょうか。

こんな感じになります!

 

「私が学生時代に打ち込んだことは挨拶です。

なぜ挨拶に打ち込んだのかというと、挨拶こそが『信用を構築する最高の武器』だと考えているためです。挨拶によって相手が自分に寄り添ってくれたと感じることで信頼が構築されると思うんですよね。

実際に挨拶の質を意識的に向上させた結果、継続した関係構築が可能になりました。

今後、社会人となり多くの人との信頼構築が重要になるかと思います。そこでまずは挨拶を意識する。そして信頼が生まれることで長期的な関係を築いていきたいと考えております。」

「オンリーワンなエピソード」を決めてからの文章の書き方は次の章で解説するよ!

学生時代に打ち込んだことの文章の『型』

 

ではここまでの説明で、学生時代に打ち込んだことがない場合のエピソードの見つけ方がわかったと思います。

そのエピソードさえ見つかってしまえば、後は評価される文章を書くだけです。

そして評価される文章には、素晴らしい文章構造が存在します。

 

学生時代に打ち込んだことに関して、どんな文章構造で書けばよいのか?

誰でも使える『型』を用意しているので、説明していきますね!

 

こちらの記事でも丁寧に解説しましたが、『型』を抜粋しましょう。

学生時代に打ち込んだことの文章の『型』はこちら|【OpenES攻略⑥】“学生時代に最も打ち込んだこと”の『文章構造』完全版! - 就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

 

【学生時代に打ち込んだことの『型』】

(これは就活攻略論、門外不出!笑)

 

打ち込んだこと

(何に打ち込んだのかという結論をシンプルに)

なぜそれに打ち込んだのか?

(打ち込んだことに対してなぜ打ち込んだのかを書く。その際に『圧倒的なぜ』を徹底した内容とする)

豆知識

(それに打ち込んだ自分しか知らないような情報)

それで身につけたこと

(それに打ち込んだことでどんなことが身についたのか、どんな考え方を持つようになったのか、よりオンリーワンな回答ができるように考える。※ここが幼稚な文章だと評価されない!)

今後どう活かすか

(身についたことがビジネス社会でどう活かされると考えるのか。)

この力を貴社で存分に発揮します!!

(文章の締めはこの言葉で決まり!)

 

型はこちらですね!

これだけ見せても、実際にどう書けばよいのか分からないと思うので、「海岸での清掃ボランティア」というエピソードを例に挙げて文章を作ってみます。

 

エピソードを決めたら後は型に入れて、内容を考えながら書くだけだよ!

 

「私が学生時代に打ち込んだことは、海岸での清掃ボランティアです。

(打ち込んだこと)

なぜ週に1回も海岸ボランティアに参加していたかというと、「結果解決しないかもしれないことにも、一歩進んで挑戦することの重要性を感じたから」です。

東京の海は非常に汚い。そんな海を綺麗にしようとそのボランティアでは目標を掲げています。しかし実際のところ、週に一度ゴミを拾っていても、それは無理かもしれないと心の奥では思うのです。

しかしそこで諦めず、手を動かす、足を動かすことが私の人生の中で何か重要な意味を持つかもしれないと考えて活動していました。

(なぜそれに打ち込んだのか)

単調なゴミ拾いの中にも、実は面白いことがあって、一度真珠を拾ったことがありました。それをずっと飾っているのです。

(豆知識)

その真珠は、難しい課題に対してすぐに諦めず何かアクションを起こすことを私に訴え、実際にその能力が身についたと思います。

(それで身についたこと)

どんなことにも一歩挑戦し、継続してみる。私は今後もこの考えを元に挑戦し続けたいと思っています。

(今後どう活かすか)

この力、考えを貴社で存分に発揮します!!

(締め)

 

はっきり言って、文章が下手な就活生ってめちゃくちゃ多いです。

なぜ下手なのかというと、例えば「理由」が抜けていたり、「結論」が抜けていたりして結局何を伝えたいのか分からないんですよね!

 

よって、こうした『型』を活用して支離滅裂な文章にならないよう工夫することが重要です!

 

今回の記事によって、「打ち込んだことがないと悩んでいる状態」から「打ち込んだこととして書くエピソードが見つかった状態」へと進化し、更に評価される文章の型を習得することができました!!

 

そうです!あとは文章を書き上げるだけですね!

最初からいきなり素晴らしい文章を書くことはできませんが、一度書きあげて、また明日たっぷり寝てから訂正する。それを繰り返すことで、どんどんレベルの高い文章が完成していきますよ。

 

応援してまーす!!

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー 


【ぜひ他の記事も読んで、就活攻略力を上げようね!】
特におすすめの記事一覧はこちらから!