就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

グループディスカッションで落ちる原因【落ちる割合や人の特徴】

20180401154528 alt=

どの就活サイトよりも『本質的な就活情報』のみを発信する就活専門ブログです。
※無価値な情報は一切公開しません。

運営者である就活マンは中堅私立大学から内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社しました。(その後1年で独立)

就活で他の就活生を圧倒できた理由は、経営学・経済学・心理学・文学などの書籍1000冊を元に就活に応用を効かせた「就活攻略法」を生み出したからです。

この知識が一人でも多くの就活生の成功に繋がることを心から願っています。
※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。

» 就活マンの自己紹介と「就活攻略論」が生まれた経緯はこちら!

----------------
★本日の就活攻略論お品書き

《本日の記事が解決する悩み》

・グループディスカッションで落ちる原因が知りたい

・グループディスカッションで落ちる人の特徴が知りたい

 「読むだけで就活を圧倒的有利にしよう。」

----------------

皆さん、こんにちは!冬はとりあえずタートルネックを着ておけばオシャレに見えると思っていますでお馴染み、就活マンです。

 

f:id:shukatu-man:20181217161318p:plain

就活マンさん、先日グループディスカッションに参加したのですが不採用になってしまいました。何がいけなかったのでしょうか?

なるほど!グループディスカッションでは落ちる人の特徴が明確に存在している。今日はそれを解説していこうか!

 

最初に断言します。

本記事を読めば、グループディスカッションで落ちる人の特徴だけでなく、具体的なグループディスカッションの攻略法も合わせて理解することができます。  

グループディスカッション(GD)とは?

f:id:shukatu-man:20181217162710j:plain
 

グループディスカッションとは、与えられたテーマを元に複数人のグループで話し合い結論を出すというものです。

「ディスカッション」は直訳すると、討論や討議という意味。

しかしここでは「アイデアの出し合い」「一つの問題を解決するために話し合う」という意味で解釈するとわかりやすいですね。

「グループでアイデアを出し合う」「グループで一つの問題を解決するために話し合う」というまさに言葉の通りの意味を持っています!

 

グループディスカッションで落ちる原因

 

就活において不採用となってしまった原因を把握することは非常に重要です。

よってここではなぜグループディスカッションで落ちてしまうのか、その原因を解説します。

 

その企業が「本年度に求める能力」と違った

 

まず就活生が持つ勘違いがあります。

それは「就活には正解がある」という勘違いです。大学受験までは点数がすべて、点数至上主義です。

よって不採用になった原因は「点数不足」という完全な能力不足。自分のせいです。

 

しかし、就活においてこの考えは捨ててください。

なぜならどれだけ優秀な学生でも、すべての企業から内定を取れるわけではなく企業ごとに求めるものが違うからです。 

つまり就活には正解がないんですよね。

 

これが分かっていると、グループディスカッションに落ちた理由が簡単にわかります。

もちろん「全く話せなかった」というどの企業からもマイナス評価する要因は除いて、落ちる理由は「その企業がその年に求める能力や人物像ではなかった」というだけのことなんですよね。

 

皆さんはグループディスカッションで司会を務めて、バリバリに発言している人は絶対に通過すると思っていませんか?

しかしそれは違いますね。

なぜなら受けた企業がその年に求める能力が「深い思考力やアイデアの発想力」だったら、普通に落ちるからです。

バリバリに司会していた彼よりも、ずっと考え込んで一言だけ素晴らしい新規アイデアをぶち込んだ他の就活生が評価されるかもしれません。

 

この点は押さえておいてください。

どれだけ発言できたか、どれだけ他人を褒めることができたか、どれだけアイデアを出せたか、もちろんそれらは重要です。

しかし落ちる原因はそもそも「その企業がその年に求める能力や人物像ではなかった」だけの話です。

 

「全く話せない」は論外

 

グループディスカッションで落ちる原因は「その企業がその年に求める能力や人物像ではなかった」ですが、そもそもこれをしたら論外に落ちるというものもあります。

それは「全く話せない」ということです。

いわゆる話し合いに参加できなかった。空気のような存在になってしまったことを指します。

 

考えてみればわかることですが、さすがに「とにかく大人しく、会話ができない人」を求める企業はグループディスカッションを選考に取り入れません。

グループディスカッションをわざわざ選考で取り入れるということは、企業は何かしらの能力を判定したいという思惑があります。

だからこそ「あー、全く参加できなかったなぁ」で終わるのは絶対にNGです。参加してください。

 

ちなみに大人しい人でもできる参加の方法は「書記」の役割をすることです。

なぜ書記をおすすめするのかと言うと、書記はそもそもの役割が「記録を取ること」ですので、会話に参加しなくても役目が存在します。

そして発言することが苦手な場合、ただ話し合いで出た内容を「箇条書き」にするのではなく、自分なりに分類わけすることをおすすめします。

例えば紙の真ん中に線を引いて、賛成意見と反対意見を左右にわけて記載していっても良いですね。

紙を座席の配置のとおりに線を引いて、枠ごとに発言者をわけて記載するのも良いでしょう。

 

つまりは発言がなくとも、紙の中で自分の個性を出すことができるのです。

グループディスカッションにおいて、面接官は書記が書いた紙を見ています。そこで何かしらの工夫、個性が出ていると光る人材として次の選考まで突破させることは大いにありますからね!ぜひこのテクニックを使ってみてください。

 

発言することが苦手な人には、苦手なりの戦略があるんだよ!

グループディスカッションで落ちる人の特徴

 

グループディスカッションで落ちる原因を把握したところで、比較的落ちやすい人の特徴をお話します。

ちなみに「グループディスカッションで落ちる人の特徴」ということは「企業の求める能力や人物像に合わない人の特徴」と同義なので、世の中の大多数がこういう人材は求めていないよ!という人の特徴をお話しますね。

 

周りの意見を全く聞かない人(自分だけが正解タイプ)

 

まずこういう人がグループにいると困るのが、周りの意見を全く聞かないタイプの人ですね。

自分の意見が絶対に正しいとして、他の人が別の案や意見を言っても全く曲げようとしません。

もちろんこういうタイプを評価する企業も一定数いることは確かです。周りの意見を聞かないで突っ走ることは行動力が高いとも言いかえれますからね。

ですが、グループディスカッションを実施する企業の多くは「協調性」を重視している企業が多いので、落ちやすい傾向にあると思います。

よって改善策を用意しました。

【改善策】

とにかく他人が何か言ったら、「なるほど!そういう考えもあるのですね!」と言いまくる。

(自分の意見を信じ切っていても問題ありません。とにかくこう言いましょう。この発言を取り入れるだけで、一気に協調性が増します。)

 

論点がズレている人(おバカタイプ)

 

次によく落ちるのは、論点がズレている人ですね。論点がズレているとはかなりオブラートに包んだ言い方ですが、要するに「お前何言ってるの?」という意見ばかり言う人です。

例えば「お店Aの売上を2倍にしてください」というテーマを与えられ、皆が建設的に意見を交わしている中で、いきなり「ユーチューバーを採用しよう!」と発言したりします。もちろん根拠が明確だったら良いのですが、おバカさんタイプの人は思ったことを口にするだけの場合も多いです。

もし自分がよく周りの友人から「お前何言っているの?」や「言ってることがよくわからない」と言われる人は要注意。改善策を用意しました。

【改善策】

おとなしく「書記」をする。

 

他人の批判ばかり言う人(おばちゃんタイプ)

 

これは確実に落ちる人の特徴ですが、“代案なく”他人の意見に反対ばかりする人がいます。

“代案なく”という部分がポイントで、他人の意見をとにかく批判することが大好きなおばちゃんタイプの人は、批判が口から溢れるほど出てきますが、その理由を聞くと「なんとなく」と言います。「うーん、なんとなくそれは違うかな」というのが口癖ですね。

改善策を提供するので、これを徹底しましょう。でなければ問答無用でグループディスカッションでは落ちます。 

【改善策】

批判する場合は代案を用意する。代案が用意できないなら批判しない。 

グループディスカッションの攻略方法

f:id:shukatu-man:20190417163520p:plain

 

ではここまで落ちる人の特徴を見てきました。

しかし大事なことは「いかにグループディスカッションの通過率を上げることができるのか」ですよね。そこでこの章では具体的な攻略法について解説したいと思います。

 

まず僕が実践したグループディスカッションで通過率を上げる方法は2つです。

【グループディスカッションの通過率を上げる方法】

 

・スカウトイベントに参加して場数を踏むこと(実践)

・グループディスカッションの立ち回りをインプットすること(座学)

 

要するに「実践」と「座学」の両方が重要ということです。

そしてそれぞれ具体的な方法を、別記事で用意しています!

 

【実践の具体的方法】

グループディスカッションでは当然場数を踏むことが一番の練習になります。

そこでおすすめが「スカウトイベント」への参加なんですよね。これは合同説明会とグループディスカッションが合体したようなイベントでして、グループディスカッションの練習をしながら企業からのスカウトももらえるという一石二鳥のイベントです。

具体的な参加方法などまとめているので、下記の記事を参考に参加してみましょう!

» 【就活生向け】グループディスカッションの練習方法・完全版

 

【座学の具体的方法】

次にグループディスカッションでの立ち回り方、おすすめの役割、評価される会話例の把握など、座学として学べることを全てまとめた記事を用意しています。

まだグループディスカッションについての理解が浅いと考えている方は、ぜひ下記の記事を読み込んでインプットを増やしてくださいね。

» 【GD完全まとめ】就活のグループディスカッション進め方|会話例アリ!

 

グループディスカッションで落ちる割合

f:id:shukatu-man:20181217163745j:plain
余談「落ちた時のショックを表した写真だけど、そもそもこれ何の写真?笑」
 

就活生から先日、グループディスカッションに関してこんな質問を頂きました。

「グループディスカッションで落ちる割合はどのぐらいでしょうか?」

回答をお話すると、もちろん企業ごとに倍率が異なるため明確に◯%ですと回答することは当然できません。

 

しかし僕が入社した大手食品企業を例に取って話すと、全体としての倍率は800倍程度でして、その中でもグループディスカッションでの通過倍率は100〜200倍とのことでした。仮に200倍だとすると、全選考の中の25%(200/800)の重要度があるということになります。

(ちょっと難しい話なのでスルーで大丈夫です)

 

つまり何が言いたいのかというと、エントリーシートや面接と同程度の重要度がグループディスカッションにはあるということです。

たしかにグループディスカッションは、話し合いする相手が同じ就活生なので個人の「素」が出やすい選考です。

更には短い時間でその人の持つ能力の特徴を把握することができます。

よって企業はグループディスカッションに重きを置いているので、落ちる割合はその分高いと言えるでしょう。 

 

ぜひ今回解説した落ちる原因、落ちる人の特徴を把握することでそうならないよう心がけてくださいね!!

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー