就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

『就活攻略論』それは就活を攻略することに特化した就活専門メディア。偏差値50の中堅大学からでも内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社できる。〜就活には正解がないからこそ、就活には誰にも言えない攻略法がある〜

MENU

自己分析診断で「適職」を見つける方法【企業選びにも繋がる】

20180401154528 alt=

どの就活サイトよりも『本質的な就活情報』のみを発信するメディアです。
※無価値な情報は一切公開しません。

運営者である就活マンは中堅私立大学から内定22社獲得し、倍率800倍の大手食品企業に入社しました。(その後1年で独立)

就活で他の就活生を圧倒できた理由は、経営学・経済学・心理学・文学などの書籍1000冊を元に就活に応用を効かせた「就活攻略法」を生み出したからです。

この知識が一人でも多くの就活生の成功に繋がることを心から願っています。
※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。

» 就活マンの自己紹介と「就活攻略論」が生まれた経緯はこちら!

----------------
★本日の就活攻略論お品書き

《本日の記事が解決する悩み》

・おすすめの適職診断ツールが知りたい

・適職診断の結果を企業選ぶに活かしたい

 「読むだけで就活を圧倒的有利にしよう。」

----------------

皆さん、こんにちは!結局吉牛を食べてれば生活の質は高いのではないかと考えていますでお馴染み、就活マンです。

f:id:shukatu-man:20190117155910p:plain

本記事を読めば次の2つを達成することができます!

・適職診断に最適なツール 知ることができる。

・適職診断の結果を企業選びに活かす方法を知ることができる。

ほとんどのサイトは「適職診断の方法を紹介して終わり」または「適職診断のツールのPR」のみです。

それでは適職診断の目的である「エントリーする企業選び」を達成することができません。

就活で大切なことは目的を意識した行動なので、本記事では適職診断のおすすめツールの紹介だけでなく、それを企業選びに繋げる方法まで解説します。

 

適職診断は企業選びに繋がってこそ価値があるんだよ!

 

「適職」とは何か?

 

まず基本的なところから説明しますね。

そもそも「適職」とは何か、皆さん理解していますか?

 

適職とは略さず言うと「自分に適する職種」のことを指します。

この職種としては営業職や技術職、研究職などが含まれますね。

 

つまり具体的に説明すると、「毎日どんな仕事を行うのか」ということを職種と言い、「毎日の仕事が自分にぴったりな作業であること」を適職と言います。

 

適職とは「毎日の仕事が自分にぴったりな作業であること」を指す。

 

基本的なことですが、まずはこれを理解しましょう。

そして「適職」という言葉をこう定義することができれば、適職を探すことというのは、自分がどんな作業をするのが好きなのかということを探すことと同じ意味です。

 

例えば「カレー作り」を例にすると、あなたがカレー作りのどの工程が好きですか?

それを見つけることこそが「適職を見つけること」となります。

 

ちなみに僕の場合は「どんなカレーを作るのか考えること」が工程としては好きです。

まさにこれは「考える作業」が自分の好きな作業であり、適職なのです。

そして「考える作業」が適職だと分かれば、どんな仕事内容が自分に合うのか考えることができます。

その結果、僕は「営業職」を選びました。

なぜなら営業職はまさに「お客さんはどんな商品を求めているのかを“考えること”」をメインの作業とする仕事だからです。

(しかしここで就職後、大誤算がありました。大手食品企業では新しい商品を考えることも、新しい売り方を考えることも拒否されるのです。社内での審査がありますし、どんなことをするにも実行するには数年単位の時間が必要になります。考えても無意味という思考に陥ってしまったのは1年で退社した理由の一つです。) 

 

自分に合う作業(適職)を把握してから、それを日々実行できる会社はどこなのかを考えることが企業選びにおいては重要なんだよ!

 

おすすめの適職診断ツール

f:id:shukatu-man:20190117171117j:plain
 

では適職、つまり自分がどんな作業が好きなのかを把握するためにおすすめのツールを紹介します。

自己分析でもおすすめしているキミスカの適性診断(完全無料)を利用しましょう。

 

キミスカの適性診断では7つの自己分析項目の診断結果が出るのですが、その中の「職務適性」の結果がここでは最も役立ちます。

 

▼僕が実際に受けた「職務適性」の結果がこちら

f:id:shukatu-man:20190117164916p:plain

 

この結果は実際に僕が受けた結果なのですが、下から3段目「企画力や創造力を必要とする職務」という項目がずば抜けて突出しています。

やはり僕は「考える作業」が大好きな人間であり、適職は「考える作業」であると分かります。

 

自分でも、もともと考える作業が適職だと考えていたけど、こうした自己分析診断からも同じ結果が出たことで証明されたね!

 

自己分析診断の受験方法

 

まだキミスカの適性診断を受けていない方は、次の方法で受験してください。

完全無料ですし、ここで得た結果は他の自己分析でも利用することができます。

 

【適性診断の受験方法(所要時間15分)】 

こちらからキミスカさんへ訪問し、無料会員登録!(15秒ぐらいで終わります)

サイト訪問後「新規会員登録」をクリック

f:id:shukatu-man:20181212001455p:plain

メールアドレス・パスワード・卒業年度だけで登録完了

f:id:shukatu-man:20181212001451p:plain

②マイページへ移動し、サイドバーの『適性検査』を受験!

f:id:shukatu-man:20181212001446p:plain

③マイページの受験結果から適性検査の結果が見れる

(一覧は印刷して「客観的データ」として見ながら、実際に自己分析の手順へと入っていきましょう。)

f:id:shukatu-man:20181212001442p:plain

お疲れ様でした!

この手順が完了すれば、「結果を見る」からいつでも診断結果を見ることができるようになります。

診断結果のデータは印刷しておくことがおすすめです。次の章で紹介する適職を考える作業も、その印刷した紙に色々と書き込んでいつでも参考にできるようにしておくと良いですよ!

 

自己分析診断の結果から適職を考える

f:id:shukatu-man:20190201140958j:plain

 

では、この職務適性の項目ごとの適職を紹介していこうと思います。

自分が「どの項目のポイントが高かったのか」を見ながら、ぜひ参考にしてみてください!

 

f:id:shukatu-man:20190117165218p:plain

【人間関係を築いていく職務】

営業職:営業職の中でも特に「ルート営業(飛び込み営業や新規営業とは異なり決まった取引先に対して営業をするタイプの営業)」が向いている。

事務職:事務職は意外にも社内の人との人間関係が重要な仕事。サポート役であるので、社員さんとの人間関係を築くことが得意な人は向いている。

 

【フットワークの軽さを必要とする職務】

営業職:フットワークの軽さと言えば「営業職」が代表的。基本的に社内にずっといるのが無理という人は営業一択。(僕もそうでした)

 

【リーダーシップを必要とする職務】

営業職:最終的に企業の役員になる人は営業出身の人が多いため、リーダーシップがある人は営業職を出発点として役員を目指すのも良いかと。

 

【過去の事例のない新しい職務】

営業職スタートからの企画職(ただし大企業だと相当難しい):よく企画職を第一志望として就職する人がいるけど、これは相当にベンチャー企業を選ばないと不可能。新入社員がいきなり企画を考えることは現実的に不可能だから仕方ない。まずは営業職として商品や戦略を覚えた上での企画職へのレベルアップを目指すのが吉。

研究職:研究職はまさに過去にないものを作る役割を持つため向いている。

 

【反復、継続的な職務】

技術職:技術職として工場で働く人の正解は「昨日と同じこと」です。つまり反復的な作業を確実にこなすことが重要な職種であり、まさにぴったりですね。

事務職:事務職も基本的には日々の業務が反復的なことが多いので向いています。

 

【企画力や創造力を必要とする職務】

営業職:営業職はまさに「相手がどんなものを必要としているのか」を創造力を駆使して考える仕事です。この能力があるとないとでは、営業成績が全く異なるのでこの能力が高い人には向いています。

研究職:新しいものを作る研究職には創造力がかかせません。

エンジニア職:エンジニアの中でも特に新しいものを開発するタイプのエンジニア職では企画や創造力を必要とする場合が多いので向いています。

 

【丁寧さや注意深さを必要とする職務】

技術職:丁寧、注意深さはまさに技術職に必要な能力です。製造した物に欠陥があれば甚大なダメージがある職種なのでこの能力が高い人には向いているでしょう。

研究職:研究職にはまさに丁寧さが必要です。僕は大学時代理系で研究をしていたのでよく分かるのですが、作業が細かく、データも丁寧に取る必要があるのです。

 

【情報を集め問題を分析する職務】

研究職:データを集め分析する能力は特に研究職では必須の能力といえ、この能力が高い人は研究職に非常に向いていますね。

 

もちろんこれらが適職の正解ではありません。 

しかしこうした思考によって適職を考えることができるという参考になると思います。大事なことは「診断結果のデータから考える」ということです。

自分なりに診断結果から適職を考えてみましょうね!

 

適職が分かったら次は「業界」を決めよう 

f:id:shukatu-man:20190114235642p:plain
 

本記事を通して適職が少しでも理解できれば、次にすべきことは「業界を決めること」となります。

適職、つまり職種を選び、業界を絞り込むことができれば、具体的にエントリーする企業を探す作業へと進むことができるからです。

業界の決め方に関しては、別記事で非常に詳しく解説しましたので、そちらを参考にしてください!

 

▼業界の決め方はこちらの記事を参考に!

» 就活での業界の決め方4ステップ【業界が決まらない人必見!】

  

そして今回の記事でおこなった「適職探し」は就活の作業の中の一つに過ぎません。

これを読んでいるあなたは就活でやるべきことの全体像が見えていますか?

とりあえず何をやろうかと考え、「適職を探すか!」と思いつきで行動してないでしょうか?

就活で大切なことは、やるべきことの全体像を把握しながら一つ一つ効率的に進めていくことです。

よって就活の全体像が把握できていないのであれば、ぜひこちらの記事を読んで全体像を把握しながら作業を進めていきましょう!

 

▼適職・業界決めなどを含めた就活のすべての手順紹介!

» 【20卒向け】就活でやることの順番を解説|全11ステップ一覧 

 

本日の記事はいかがだったでしょうか!

「適職」を見つけることは、エントリーする企業を選ぶための一つの作業に過ぎません。しかしこれからの社会人生活、1週間のうち5日間どんな仕事をするのかが決まる重要な選択となります。

ぜひこの適職に関しては就活中ずっと考え抜いてください。

そして適職が明確になったら、その作業はどの企業ならできるのかを考えましょうね。 

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー