就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

【就活専門ブログサイト】“みんなの就活の常識”に従っていては内定は取れない!説明会に行かない!?髪型は何でも良い!? 中堅大学から倍率800倍の企業に入社した僕が教える新メディア!

MENU

【面接での質問の完璧な返し方!】ユーモアと真面目の『強弱』を使いこなそう!


【NEW】『就活マン公式LINE@』スタート!
syukatu-campus

▶公式LINE@ではブログでは言えない内定に直結する“最上位機密の就活攻略方法”を毎週月曜8:30に「裏メニュー」として配信中。
▶更に!情報発信だけでなく、就活マンが持つ、様々な業界の優良企業200社とのコネクションを活用して面談希望者、一人一人に合う企業を紹介中。“企業が表に出さずクローズドで出している求人情報”もLINE@のみで流しています。

\もちろん登録からすべて無料なので、ぜひご登録ください!/
友だち追加
20180401154528 alt=

世の中に溢れる就活本、就活サイト...。
断言します。そこに書いてある内容は99%同じです。
それに気づいて大学のキャリアセンターに行っても、もう遅い。添削内容・アドバイスはその大学の学生全員に同じことを言うので当然ありきたり...。
それでは当然、他の就活生との差別化などできるはずがなく、評価される訳がありません。

そんな就活生への劇薬こそ、、、
この『就活攻略論』です。

運営者の就活マンは大学1年時から就活の研究を始め、結果、偏差値50の中堅大学生にも関わらず内定22社、倍率800倍の企業に入社しました。
経営学、哲学、経済学、心理学...それら計1000冊の読書と7年の就活研究によって生み出された“他人を圧倒し、就活を絶対に成功させる攻略法”こそがこの『就活攻略論』なのです
※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。

----------------
★本日の就活フルコースお品書き

「読むだけで就活を圧倒的有利にする快感。ぜひご堪能くださいませ。」

----------------

 

皆さん、こんにちは!
お店の洋式トイレを使おうとトイレに向かって入ろうとした時に直前に入って行った人洋式を取られがちでお馴染み、就活マンです。

f:id:shukatu-man:20171208113239p:plain

昔、ボイストレーニングの先生をしている友達とカラオケに言った際に言われたことと、就活における面接に繋がることがあるなと思ったので、本日はそれを書いて行こうと思います。

 

ボイストレーナーが教える就活の成功。

僕がカラオケを歌っている時に、ボイストレーニングの先生がこう言ったんですよね。

 

 

「ずっと同じトーンで歌ってちゃだめだよ!」

 

 

あ。すみません。

落ち込んだのもつかの間、とても説得力のある話をしてくれました。

 

 

 

「例えば清水翔太くんがずっと同じ声量で歌っていたら、絶対人気になっていないからね。」

 

 

ふむふむ。

 

 

要は、カラオケにおいて一番重要な点は、表現力。つまり音の強弱だと言うことです。

 

たしかにこれは納得できます。

試しに強弱をつけて歌うと、カラオケ採点での点数が87点から95点に飛躍しました!

 

 

やはり人間は聞いていて、強弱のある、表現力のある歌に魅了されます。

いくら音程が正しくても上手いと感じることはありません。

 

 

ここで僕は思ったんですよ。

 

 

 

 

あ、面接も強弱だな!!

 

と。

 

真剣度の強弱こそ面接の攻略原理。 

 

振り返ると、僕が面接で百発百中の成功を収めていた要因はここにあると思いました。

 

 

面接における強弱とは、もちろん声量の話ではありません。

 

それは面接における強弱とは『真剣度』です。

 

真面目さとでも言いましょうかね。

 

 

つまり、面接全体の中で真剣度(真面目さ)の強弱をつけることが重要なのです。

 

 

真剣度の強弱、つまり...

『強』は自分の真剣な想いだったり夢を語る部分ですよね!

熱さだったり、考えの深さだったりします!

 

逆に『弱』は、面白さです。

ユーモアとも言えるでしょう。

 

東大生に圧倒的に足りない『ユーモア』。

 

東大生が就活でこける大きな原因の一つに、『強』ばっかりで『弱』がない ということがあります。

つまり真面目な話ばっかりするということです。固い話ばっかりということです。

 

 

これではカラオケ同様に、聞いている面接官は飽きてしまいます。

ましてや一緒に働きたいなんて微塵も思いません。

 

 

実際に『強』『弱』を面接ではどう使うのか。

 

僕の面接の手法を話しましょうか。

 

まずは最初の1分間自己PRや自己紹介では、ふんだんにギャグだったり、「僕こう見えて・・・」といった聞いててユーモアを感じることを話します。

つまり『弱』ですよね。

 

しかし『弱』だけでは当然評価されない。

ただ面白い人でもいけないのです。

 

 

そこで、僕ってずるいんですよね。

『学生時代に打ち込んだこと』の話はめちゃくちゃ真剣に話します。

 

表情も変えちゃったりします。(めっちゃ真剣な顔します。)

深い、深い自分の信念を語ります。(他人が考えないような深い考え方を話します。)

 

この真剣な話で『強』が生まれ、面接全体としての表現力が抜群に向上します。

 

 

ユーモアの作り方。

ぜひ皆さんも、面接でずっと真面目に話すのではなく、ユーモアを含めてみましょう。

 

ユーモアってどんなことを言えば良いのだろうか?と思う方、いますよね?

大丈夫です。非常に簡単です。

 

 

『恥ずかしかったこと』

を入れるだけなので。

 

先程の実例でも話した、「僕こう見えて...」というユーモアですが、

実際にこう言われて“恥ずかしかったこと”が話の種なんですよ。

 

「藤井くん(就活マンの本名)ってさ、クールに見えてめっちゃおちゃらけてるよね!!」

 

こう言われて、僕はこう思ったんですよ。

 

おちゃらけてる!?つまり、ダサい的な!?(恥;;)

と。

 

でもこれって考え方によっては、おちゃめ、面白い、フレンドリーなど言い換えることができる。

 

面接では、自己PRで

「僕は初対面の人からは、よくクールそうだね!と言われるのですが、5分話すだけで、意外とおちゃらけてるよね!と言われてしまうんですよね。(笑)ですが僕はこれをユニークで面白い人ですね!と脳内変換してポジティブに受け取ったりしています。(笑)」

こんな感じで話してました。

 

この中の

(笑)の部分が超重要

で、

(笑)こそがユーモア

だと言っても良いでしょう!!

 

 

でも結局、(笑)って恥ずかしい話をしているだけなんですよね。

 

でも恥ずかしい「(笑)」のある話だけでなく、「学生時代に打ち込んだこと」への回答は真面目で深い内容を真剣に語る。

 

この強弱に、面接官は落ちるんですよね。

面接官が女性だったら、尚更でしたわ。

 

これこそが、就活攻略法の1つである『(笑)エピソード(読み方はワラエピソード)です。

 

f:id:shukatu-man:20180212165013p:plain

 

 

皆さんも自分の大学生活を振り返って「(笑)」のあるエピソードを思い出してください。

それを面接で入れるだけで強弱のある素晴らしい文章が作れますよ。

 

【デザート】就活を頑張る君へ。

(笑)のあるエピソードと言うと、やっぱり友達に聞くのが一番だったりする。

「私の恥ずかしいエピソードとかないかな?小学生の頃の話とかでもいいよ!」と。

これって結局、飲みとかの席で聞くのが一番有効なんですよね。

だから僕は就活中でも友達と飲みに言ってお互いのエピソードを話し合ったりしていました。

話の種も生まれて、リラックス、ストレス発散もできる。

こうした“行動の価値”を意識して就活中は行動してみましょう!

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー 

 

【就活マン公式LINE@がいよいよ登場!】※完全無料※
公式LINE@の友達限定で就活情報『裏メニュー』を、
毎週月曜日チャット内にて配信中!

f:id:shukatu-man:20180124111221j:plain

『裏メニュー』お品書き
-今週の“就活生が絶対知るべき経済ニュース(就活マンのコメントを添えて)
-よくされる質問への最強回答集
-読者からの就活Q&A
-ブログでは絶対言えない㊙情報

【裏メニューvol.2 限定公開中】
就活マンのブログでは絶対言えない『裏メニュー』vol.2 - 就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

就活マンへの質問もLINE@から受付中!
友達追加お待ちしています!

友だち追加