就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

【就活専門ブログサイト】“みんなの就活の常識”に従っていては内定は取れない!説明会に行かない!?髪型は何でも良い!? 中堅大学から倍率800倍の企業に入社した僕が教える新メディア!

MENU

【自己分析って何?】就活用語を“簡素化して”分かりやすく解説してみた

20180401154528 alt=

世の中に溢れる就活本、就活サイト...。
断言します。そこに書いてある内容は99%同じです。
それに気づいて大学のキャリアセンターに行っても、もう遅い。添削内容・アドバイスはその大学の学生全員に同じことを言うので当然ありきたり...。
それでは当然、他の就活生との差別化などできるはずがなく、評価される訳がありません。

そんな就活生への劇薬こそ、、、
この『就活攻略論』です。

運営者の就活マンは大学1年時から就活の研究を始め、結果、偏差値50の中堅大学生にも関わらず内定22社、倍率800倍の企業に入社しました。
経営学、哲学、経済学、心理学...それら計1000冊の読書と7年の就活研究によって生み出された“他人を圧倒し、就活を絶対に成功させる攻略法”こそがこの『就活攻略論』なのです。
※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。


【NEW】『就活マン公式LINE@』スタート!
syukatu-campus

▶公式LINE@ではブログでは流していない内定に直結する“ブログでは言えない”就活攻略方法を毎週月曜8:30に「裏メニュー」として配信中。
\1分で分かる!/就活マン公式LINE@とは!?

もちろん登録からすべて無料!
友だち追加

----------------
★本日の就活フルコースお品書き

「読むだけで就活を圧倒的有利にする快感。ぜひご堪能くださいませ。」

----------------

 

皆さん、こんにちは!
後ろ姿が非常に美人だったので早足で前方に飛び出し振り返って確認すると後悔すること9割でお馴染み、就活マンです。

 

f:id:shukatu-man:20170428185423p:plain

就活用語は難しく感じることが多い。

ふと最近思ったんですけど、「インターンシップ」って呼び方やめません?

 

 

就活には、就活期になって初めて聞くような言葉が非常に多いですよね。

例えば、インターンシップ、自己分析、OB訪問、OG訪問、エントリー、OpenES、集団面接、テストセンター、玉手箱、SPI、合同説明会・・・などなど。

 

今まで学生生活を送ってきた皆さんはきっとこう思うはずです。

 

 

 

なんじゃこりゃぁ!!

どういう意味やねん!!

 

と。

 

これ本当にふざけて言っているのではなくて、就活になって初めて聞くいわゆる“就活用語”が多いことが、「就活ってなんか大変そうだよね」というイメージを作る一つの要因になってしまっていると思うのです。

 

例えば大学生にとって、インターンシップなんていう横文字のカタカナ言葉にするから、ハードルの高い印象を受けると思うんですよ。

 

こんな分かりにくい言葉を使ってしまうから、

「インターンシップってやった方がいいの?」

「インターンシップの経験は役に立つの?」

 大学生の間で、こんな会話が頻繁にやりとりされてしまう。

 

僕は中堅大学でしたし、愛知県の大学なので東京よりも就活への意識が低い。

インターンシップに参加したことのある学生は半分以下でしたよ。

 

 

じゃあ就活において分かりにくい言葉を減らしていきましょうよ!

と僕は考えているわけです。

 

就活用語を簡素化してみる。

そんなこんなで、就活で使われる言葉を簡素化したいな、と。

そして、これを新たな就活のスタンダードにしましょうよ、と。

 (※皆さん、ご協力お願い致します<(_ _)>ペコリ)

 

 

こんなのどうでしょうか?

 

『インターンシップ』

『実際に社会人として働く経験をしてみようのコーナー』

 

絶対これのほうが分かりやすいでしょ!

社会人として働く経験をするものなのだな!これを大学生の早いうちにした方が、経験が得られて就活が有利に進めれそうだな!なんていうイメージも付きやすいのではないでしょうか。

 

『インターンシップ』という

就活用の言葉

にするから、

就活期に近づいたら考えればよいか!

という甘い考えになってしまうのですよ。

とほほ。

 

 

では続いて、

 

『自己分析』

『自分の希望する職種と過去を振り返ること。』

 

こうしましょう。自己分析って非常に曖昧な言葉で、その定義は広すぎるため、「自己分析とは何ですか?」となりますよね。自分の希望する職種と過去を振り返ることとすれば非常に分かりやすく、理解しやすくなります。

 

 

まだまだ行きますよ!!

 

 

『エントリーシート』

『他人が書かないような自分だけの言葉で綴ったラブレター』

 

『エントリーシートは企業へのラブレターのようなものです』という言葉は結構色んなところで目にしますが、僕がエントリーシートを考える時に重要だと思っているのが、“他人が書かないような自分だけの言葉で綴った”というオンリーワンの文章であることです。

 

誰もが書くような内容のラブレターでは相手の心は動かせないですし、あなたと付き合いたい(内定を出したい)とは思ってもらえないものなのです。

 

 

 

そしてラスト2つです!

 

 

『SPI』 

『大学入試の企業版。基礎能力を測るもの。』

 

 

『テストセンター』

『大学入試の企業版。パソコンで受けるもの。』

 

SPIとテストセンターなんて言葉、就活期にならないと絶対に知らないですし、

だからこそ

直前でやればいいか! 

という考えに陥ってしまいます。

 

しかし、受験勉強も高校2年生の時からゆっくり進めるようにSPIやテストセンターも入試と同じテストなのですから早めにやっておいた方が良いに決まっているのです。

 

 

未知の言葉を簡素化・イメージ化する重要性。 

以上のように、知らない言葉を簡素化したり、イメージで捉えることって非常に重要だったりします。

物事を簡単に捉え直せる人は、人に分かりやすく伝えることが得意ですし、こうした能力は人に何かを分かりやすく伝える際に必要な能力です。

 

 

たまに物知りだと自慢したいのか。難しい言葉を多用する人がいますが、完全に逆効果。

就活について分からないのに、先輩から「エントリーシートは・・・」「テストセンターは・・・」と言われても何も分からないのは当然なのです。

(だから分かりやすく物事を伝えてくれる人に何事も教わった方がいいですよ。難しいことばっかり言いたがる人は排除!!削除!!

 

 

以前、記事でも書いたように研究内容を伝える場面で、面接官も分からないような言葉ばかり使って満足している人はアウトです。読んでも分からない文章では何も伝えられません。

 

ぜひ皆さんも自分が分からないなと思った言葉に出会った時には、

分かりやすい言葉に変換してみる

という習慣を付けてみてください。

 

それだけできっと説明上手になれると思いますよ。

 

 

 

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー 

 

【就活マン公式LINE@がいよいよ登場!】※完全無料※
公式LINE@の友達限定で就活情報『裏メニュー』を、
毎週月曜日チャット内にて配信中!

f:id:shukatu-man:20180124111221j:plain

『裏メニュー』お品書き
-今週の“就活生が絶対知るべき経済ニュース(就活マンのコメントを添えて)
-よくされる質問への最強回答集
-読者からの就活Q&A
-ブログでは絶対言えない㊙情報

【裏メニューvol.2 限定公開中】
就活マンのブログでは絶対言えない『裏メニュー』vol.2 - 就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

就活マンへの質問もLINE@から受付中!
友達追加お待ちしています!

友だち追加