就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

【就活専門ブログサイト】“みんなの就活の常識”に従っていては内定は取れない!説明会に行かない!?髪型は何でも良い!? 中堅大学から倍率800倍の企業に入社した僕が教える新メディア!

MENU

【OpenES攻略①】OpenESの書き方の必勝法“圧倒的なぜ”について


【NEW】『就活マン公式LINE@』スタート!
syukatu-campus

▶公式LINE@ではブログでは言えない内定に直結する“最上位機密の就活攻略方法”を毎週月曜8:30に「裏メニュー」として配信中。
▶更に!情報発信だけでなく、就活マンが持つ、様々な業界の優良企業200社とのコネクションを活用して面談希望者、一人一人に合う企業を紹介中。“企業が表に出さずクローズドで出している求人情報”もLINE@のみで流しています。

\もちろん登録からすべて無料なので、ぜひご登録ください!/
友だち追加
20180401154528 alt=

世の中に溢れる就活本、就活サイト...。
断言します。そこに書いてある内容は99%同じです。
それに気づいて大学のキャリアセンターに行っても、もう遅い。添削内容・アドバイスはその大学の学生全員に同じことを言うので当然ありきたり...。
それでは当然、他の就活生との差別化などできるはずがなく、評価される訳がありません。

そんな就活生への劇薬こそ、、、
この『就活攻略論』です。

運営者の就活マンは大学1年時から就活の研究を始め、結果、偏差値50の中堅大学生にも関わらず内定22社、倍率800倍の企業に入社しました。
経営学、哲学、経済学、心理学...それら計1000冊の読書と7年の就活研究によって生み出された“他人を圧倒し、就活を絶対に成功させる攻略法”こそがこの『就活攻略論』なのです
※就活を本気で成功させたい方だけ読んでください。

---------------- 
★本日の就活フルコースお品書き

「読むだけで就活を圧倒的有利にする快感。ぜひご堪能くださいませ。」

----------------

 

 皆さん、こんにちは!就活って今までの人生で最も重要な分岐点なのにみんな思考甘すぎておかしいんじゃないの?もっと本気になりなよと怒っている(笑)、就活マンです。

 

 

f:id:shukatu-man:20180115121546p:plain

 

本日から複数回に分けて、OpenESの最高の書き方について特集していこうと思います。

(これでも就活の時期にはOpenESだけで100時間は考え抜きました。はい。自信あります。笑)

なぜOpenESの特集を行うのか。

今現在、かなり多くの方から「そろそろ就活で行動を起こしていきたいんですけど、遅いですかね?」といった質問を頂くことがあります。

 

僕の回答はいつもこう。

 

「遅いわけない。やろう!動こう!と思ったタイミングが自分の中で最も早いタイミングなのだから、その時に動けば良いだけの話で、そのタイミングが最速なんだ。」と。

 

就活において“他人は関係ない”。

 

世の中早く動いてる人はもちろんいるけど、(僕の場合は大学1年生の頃からもう動いていた。)早さと効率は別物であって、早くからやっていても“効率的にできていなければ全くの無意味”。

 

実際に僕が大学1年生の頃に読んだ9割の就活本の内容はしょうもないものでした...。

 

そんなこんなで、「今から動きたい!!」という意思のある人達を後押しするためにも、まずは第一歩として丁度良いであろう『OpenESの作成』についての特集を書こうと考えました!

 

...本当にOpenESは重要だから、一緒に頑張ろう! 

OpenESの重要性は通常のESの10倍以上。

そしてこのOpenESなんだけど、概要を説明するのはダルいので(ここで説明するのも無意味)、リンクを貼りますね。

open-es.com

 

完結に言うと、『1回書けば、使い回しのできるエントリーシート』のこと。

 

これ、つまりは何社にも同じ内容で提出する!!ということなので、例えば10社に提出すれば、通常の1社に出すエントリーシートの10倍の重要性があるってこと。

 

これをしっかりと意識して欲しい。

 

逆にOpenESに手を抜くと、就活で超不利になるので、お気をつけてw

OpenESのサイトを見てみた。 

そして次にOpenESではどんな内容を書くのかと言うと、以下のとおり。

・資格
・趣味、特技
・学業・ゼミ・研究室などで取り組んだ内容
・自己PR
・学生時代に打ち込んだこと

 

これ、書いてみると分かるけれど、「これだけか」という内容。

結構シンプルなエントリーシート。

 

だからこそ1つ1つを内容のあるものにしないと、企業から評価されない。

 

そんで、実際にOpenESの公式サイトでその書き方のページを見てみることに。

 

そこで気になったのが、この部分。

f:id:shukatu-man:20180115125001p:plain

(引用:https://open-es.com/media/es/vol2/

 

この中でも、2行目の『具体的な目標を挙げて、何を頑張ったか明確にしていくと、自分なりに何を考え、どう努力していったかなど書きやすくなります。』の部分。

 

 

甘いわ!!!!

 

“具体的に書きなさい”とか曖昧な言葉を言われても実際にどう具体的に書けばいいのか分からないんじゃ!!!!!!!!”

 

という就活生の声が背後から聞こえてきますね。

 

とにかく僕が教える具体的に書く方法はに『圧倒的なぜ』という方法があります。

 

『圧倒的なぜ』とは。

この『圧倒的なぜ』とは、
「なぜ」を繰り返しまくって本質(=超具体的な内容)までを掘り出す作業です。

 

f:id:shukatu-man:20180131132522p:plain

 

先程のOpenESのサイトの説明文の中で説明すると、

 

 

「私はカフェのアルバイトを頑張りました。」←内定1つも貰えない系の人の文章。

「私はカフェのアルバイトで新人の育成を頑張りました。」←9割の凡人の文章。

 

ここで終わらずに、『なぜ』という問いを圧倒的な回数、繰り返すのです。

 

この『なぜ』という問いを圧倒的な回数、繰り返すことを僕は『圧倒的なぜ』と呼んでいます。

 

 

実際に圧倒的なぜを実践してみましょうか。

 

★「なぜ新人の育成を頑張ったのか?」

「新人が育つと店の売上が大きくなると思ったから。」

★「なぜ新人が育つと店の売上が大きくなると思ったのか?」

「イキイキと働くことで、サービスが向上するから。」

★「なぜイキイキと働くことで、サービスが向上するのか?」

「新人が「お客さんはどんなことをすると喜ぶのか」を考えながら働くようになるから。」

★「なぜ新人が「お客さんはどんなことをすると喜ぶのか」を考えながら働くようになるか?」

「仕事の基礎をスムーズに覚えて、仕事のやりがいや感謝の言葉を貰う経験を通して、やりがいを感じるようになるから。」

 

 

ここまで『なぜ』を繰り返すと、こんな感じの文章にすることができます。

 

「私はカフェのアルバイトを頑張りました。」←内定1つも貰えない系の人の文章。

「私はカフェのアルバイトで新人の育成を頑張りました。」←9割の凡人の文章。

「私は新人がスムーズに仕事の基礎を覚え、お客様から感謝の言葉を貰うという経験をいち早く持つことで皆がやりがいを持つため、その環境を作るためカフェのアルバイトでは新人の育成に重きを置きました。」←『圧倒的なぜ』を繰り返した結果。

 

 

このように、自分の行動とその背景や理由が完璧に自分の中で掘り出される方法こそが『圧倒的なぜ』なのです。

 

このようになぜを徹底的に考えておけば、面接で質問されてもさらっと答えることができるのです。

 

 

 

...だって、もうすでに自分の中で自分に質問してるんですから!!!

 

ー【デザート】就活を頑張る君へ。

 毎日このブログを通して、就活の攻略法を得ようとする君は本当に偉いと思う。

「就活って辛いんでしょ?」「大変だよね。」という世間的なイメージを排除するために、僕はこのブログを通して“より効率的に”就活を行う方法を提唱している。

何事も楽しむためにはうまくいくことが欠かせないので、僕のブログが君の就活の助けになれればと思ってる。

今日も読んでくれてありがとう。

君の就活はきっとうまくいく。

 

ーまた次回もお楽しみに。本日もありがとうございまシューカツ!!ー 

 

【就活マン公式LINE@がいよいよ登場!】※完全無料※
公式LINE@の友達限定で就活情報『裏メニュー』を、
毎週月曜日チャット内にて配信中!

f:id:shukatu-man:20180124111221j:plain

 

『裏メニュー』お品書き
-今週の“就活生が絶対知るべき経済ニュース(就活マンのコメントを添えて)
-よくされる質問への最強回答集
-読者からの就活Q&A
-ブログでは絶対言えない㊙情報


就活マンへの質問もLINE@から受付中!
友達追加お待ちしています!

友だち追加