就活攻略論 -みん就やマイナビでは知れない就活の攻略法-

【就活専門ブログサイト】“みんなの就活の常識”に従っていては内定は取れない!説明会に行かない!?髪型は何でも良い!? 中堅大学から倍率800倍の企業に入社した僕が教える新メディア!

MENU

【就活考察】スタバの店員が“就活に強い理由”は単純なことだよ。

 『就活攻略論』とは!?

王道の就活論はみんなが知っている情報。
だから価値が薄い。
それを察知して、大学1年生から就活を独自で研究。
結果、偏差値50の中堅大学から、内定22社獲得。
倍率800倍の企業に入社後、1年で退社し『就活攻略家』として独立。
就活攻略家は、『就活を成功させること』を第一とした方法論や思考論の展開を目的とします。
キャリアアドバイザー等のただのカウンセラーとはワケが違います。
就活を本気で成功させたい方はぜひご愛読ください。
(おかげさまで200記事・10万PV突破しました<(_ _)>)

 

皆さん、こんにちは!
大学の時に独学で経営や企業・就活について勉強していた場所はスタバだったのですが計算してみたら4年間で40万円スタバに使っていた、就活マンです。

 

f:id:shukatu-man:20171221130954p:plain

 

冒頭の挨拶にも書いた通り、大学在学中の4年間でスタバに40万円使いました。

 

これを皆に話すと、たいていは「もったいなー!」「使いすぎー!!」と、いかにも頭が悪そうなことを言われるのですが、僕はむしろ得をしていると考えます。

 

 

それはなぜかと言うと、そもそも僕にとってスタバに払うお金はドリンク代じゃありません。

 

 

場所代です。

 

スタバの空間で勉強をすることは非常に有意義な時間になるのです。

 

ここで馬鹿な人は、こう言うんですよね。

 

「マックでいいじゃーーん!」 

 

まぁ、こう言われると太って早死しとけ。と暴言を吐くわけですが。笑

 

 

そもそもスタバでの勉強とマックでの勉強は、机の快適さ以上に大きな違いがありまして、それが重要なんですよね。

 

 

それが、

 

客層です。

 

 

つまりお客さんの質ですよね。

 

マックに来る客って、うるさい家族かうるさいガキかデブの割合が非常に高いじゃないですか。

 

人は環境に左右される生き物です。

 

そんな客層の空間で勉強していても、自分を尊重できないですし、勉強の質も下がるのです。

 

簡単な例を出すと、偏差値の低い学校にいると学力が余計に下がり、偏差値の高い学校にいると学力は吊られて上がっていく。 

 

日々、自分がどんな環境に身を置くのかは、特に勉強をしたり発想したりなど、人生における自分を高める時間においては非常に重要なのです。

 

 

そしてスタバに費やした40万円ですが、起業や経営の勉強をする時間を買う。つまり将来の投資と考えていました。

 

結果として、今独立し40万円は一瞬でペイしている訳です。

 

 

何が重要なのかという本質を見抜けないような、考えの浅い人は一生平民。

それは変えられないと思います。

 

どんな些細な事も自分の価値観を持つことが重要だと思うのです。

 

 

 

そんなこんなで、僕の人生にとってかけがえのないスタバですが、

就活でよく「スタバでバイトしていた人は就活が有利だ」という話を聞きます。

 

 

こうした抽象化された事柄をすぐに信じてそれ以上何も考えない人は、考えの浅い人だと思うので、この機会に深く考えるクセを付けましょう。

 

スタバでバイトしている人が就活に有利。

 

これについて僕が考える理由はただ一つです。

 

 

年上とフランクに話せるから!

 

最も大きい理由はこれでしょう。

スタバの面白いところは、マニュアルは用意されているが、自分で接客はどんどんアレンジしてもいいよ。というものです。

 

 

大抵の日本の会社って、決められたマニュアル以上のことをやってはいけない!といった鬼のように固い考えですよね。

それに反してスタバでは自分で話し込んでも良いし、お客さんと仲良くなっても良い。

 

 そんな自由な環境だからこそ、年上のお客さんともフランクに話すことが週間化されます。

 

 

日々そんな環境に慣れているのですから、就活における面接でフランクに話すことが容易なのは当然でしょうね。

面接における程よいフランク感は、余裕を生み、優秀さを醸し出すのです。

 

 

まぁ、裏を返せばスタバで働いていなくても、今のバイトで年上のお客さんにフランクに話す、仲良くなる練習を積んでおけば誰でも就活に有利になれますので、そんな心がけをして日々アルバイトしてもいいかもしれませんね。

 

 

ではでは。今日も読んでくれて、ありがとうございまシューーカツ!!